剣道部

2017.11.21

関東学生新人戦 11月19日 東京武道館

強豪・法大相手に完敗、ベスト16に沈む

 この日早大は新体制で迎える最初の大会、関東学生新人戦に挑んだ。試合は序盤から接戦となり苦しい状況が続くが、2年連続の大将に起用された秋山健太(スポ2=福岡大大濠)が何度もチームの窮地を救う活躍を見せる。しかし最後は先鋒・次鋒の敗北からの流れを変えることができず、法大相手に完敗を喫した。

持ち前の勝負強さを見せた秋山

 シードのため2回戦からの出場となった早大は、初戦で日文大と対戦。先鋒は引き分けに終わるが、続く次鋒戦で公式戦初出場の吉村逸平(社1=東福岡)が見事二本勝ちを収める。その後は五将戦で一本負け、中堅戦は一本勝ち、副将戦は一本負けといった両者一歩も譲らないシーソーゲームが続く。しかし、大将戦では秋山が持ち前の勝負強さを見せ二本勝ち。なんとか接戦をものにした。続く3回戦では、次鋒が二本負けを喫し相手を追いかける展開に。そんな中、中堅・中嶋優樹(法2=国学院久我山)が「相手が崩れたところをきちんと技で抑えることができた」と一瞬の隙をつきコテを決め、一本勝ちを果たし試合をイーブンに戻す。その後は引き分けが続き試合は代表戦に。「やっぱり代表に出すなら秋山しかいないので、大丈夫だろうっていう気持ちで送りだしました」(中嶋)と皆の信頼を一身に背負った秋山は「前がしっかりつないでくれたので、自分が(みんなが)回してくれたら(自分は)勝つって言ったし、それは負けられないなと思って。とりあえず絶対に負けないっていう気持ちで臨みました」と気を抜くことなく長丁場を制し、またもチームの勝利を決めた。

 

 迎えた4回戦では強豪・国士館大と矛を交えた。なんとかつないで副将・大将戦で勝負を決めたいところだったが、初戦からまさかの3連敗。層の厚さを見せつけられてしまう。もう負けが許されない状況となった中、続く中嶋も一本には結びつかず無念の引き分け。勝負の行方は三将・岡田悠貴彦(スポ2=福井・高志)に委ねられることに。一本勝ち以上が最低条件となる中、岡田も果敢に攻めるが序盤、空いたところをメンで仕留められてしまう。最後まで手を緩めることなく反撃の機会を伺ったが、最後まで旗は上がらず一本負け。悔しい敗戦となり、「やっぱり自力の差が出てしまいました」(岡田)と肩を落とした。もう勝負は決まってしまったが、副将戦には藤田啓人(スポ1=東福岡)が出場。チームの敗戦を引きずることなく力を出しきり見事二本勝ち、一矢報いる結果となった。最後の大将戦は引き分けとなり、終わってみれば1(2)—(5)4と完敗。藤田の活躍は光ったが、強豪校との力の差を感じさせられる結果となった。

敗戦に肩を落とす一同

 「自力のなさと詰めの甘さが出てしまってこういう結果になった」と秋山は試合後振り返る。最後まで自分たちのペースで試合を進めることができなかった今大会、強豪校と比べて層が薄さが目立ったことは今後の課題だ。しかし、秋山、中嶋、藤田などの中心メンバーがしっかりと勝ち星を挙げたことはチームの励みとなっただろう。これからは長いオフに入り、安井奎祐新主将(スポ3=茨城・水戸葵陵)のもとでより一層励んでいくこととなる。『自力』をつけていくために。早大はこれから鍛錬の冬を迎える。

(記事 松本一葉、写真 岡田静穂)

2回戦 ○早大3(5)―(3)2日文大●

先鋒 奥村   ×   篠崎

次鋒 吉村 ドコー    鈴木

五将 和田   —メ   亀井

中堅 中嶋  メー    鈴木

三将 岡田   ×    秋田

副将 藤田   —メ   津野崎

大将 秋山 メメ―メ   佐藤

 

3回戦 ○早大1(2)―(2)1國學院大●

先鋒 奥村   ×    古澤

次鋒 吉村  ツーメメ  保坂

五将 土居   ×    佐藤

中堅 中嶋  コー    桝田

三将 岡田   ×    藤野

副将 藤田   ×    平野

大将 秋山  ―メ    山科

(代)秋山 ド―     藤野

 

3回戦 ●早大1(2)―(5)4法大○

先鋒 奥村   —メ    大力

次鋒 和田   —メメ   平岡

五将 吉村   —メ    伊藤

中堅 中嶋   ×     竹内

三将 岡田   —メ    森塚

副将 藤田 メメー   設楽

大将 秋山   ×   新名

 

早大 ベスト16

コメント

秋山健太(スポ2=福岡大大濠)

 

――本日の試合にはどのように臨まれましたか

私が一番上の立場で出る試合だったので、とりあえず私につないで私で勝負するっていうのがチームの方針でしたね。

――2年連続の大将ということでしたが緊張はありましたか

いや、そんなに緊張はしてないですね。

――では2回戦を振り返って、見事二本勝ちを収めましたね

先に(自分が)1本をとって、その後すぐ2本目を相手に取られてしまって。そこは自分の得意なところでもあったんですけど、そこで旗が向こうに上がってしまったのでそれが今からの改善点なのかなと思います。

――3回戦は代表戦となりましたがどのような心意気で臨まれましたか

前がしっかり私の言った通りにつないでくれたので、自分が(みんなが)回したら(自分は)勝つって言ったし、それは負けられないなと思って。とりあえず絶対に負けないっていう気持ちで臨みました。

――チームメイトからは何か声を掛けられましたか

とりあえず頼む、っていう感じで。みんなが応援してくれましたね。

――4回戦は悔しい結果となってしまいましたね

(相手が)法政(大)で、私と同じスポーツ推薦ばっかりなので、しかも相手は1学年5人っていう状態だったので、自力では前の方は勝てないっていうのはわかってました。それでどう戦うかっていうので、私たちの方針としては絶対に私と藤田(啓人、スポ1=東福岡)につなぐって決めてたんですけど、やっぱり自力の差が大きくて、後は本人の欲が出て、自力のなさと詰めの甘さが出てしまってこういう結果になったのかなと思います。

――大将としてメンバーにどのような声掛けをされましたか

とりあえず気持ちで負けないように頑張ってこいって感じで言いました。

――ご自身の試合はいかがでしたか

相手は有名選手で、(自分は)ちょっと体調管理ができてなくて声が枯れてて。でもやっぱりもっと強くなって、周りも一緒に頑張らせるようにやっていかなければこれから上級生になって通用しないかなって思います。

――新体制となって初の公式戦となりましたが今の雰囲気はいかがですか

キャプテンが中心となって、全体的にサポートしてくれていたのでいい雰囲気でやってこれているなと思います。

――これからオフに入られますが、何かやっていきたいことはありますか

もちろんオフになっても稽古をするのは当たり前なんですけど、自分だけでなく周りも巻き込んでしっかりやって。オフは長いのでそういう面で春先に向けて自分の剣道で変えて、良くしていこうと思います。

――最後に来年へ向けての意気込みをお願いします

もう(大学生活も)半分を過ぎて、後残りの試合も半分になってしまったので、とりあえず春先の個人戦に向けて前日はしっかり寝て、(トーナメントの)上に上がれるようにメンタル面も技術面も鍛えていけたらいいなと思います。

岡田悠貴彦(スポ2=福井・高志)

 

――きょうはどのような意気込みで試合に臨まれましたか

(自分の)ポジションが三将だったので、後ろの2人(副将、大将)は強いし、そこにしっかりと回せるようにしようと思っていました。

――2年連続の出場となりましたが、後輩ができて何かご自身のなかで変化などはありましたか

いや、特に(笑)。今年も強い子は入ってきたのでまあきょねんと同じ気持ちで。私はつなぐっていう感じで。

――2、3回戦では引き分けでつながれましたがいかがでしたか

2回戦はそんなに(緊張せず)伸び伸びとまではいかないんですけど、いつもどおり出来たって感じで、3回戦は相手が強かったので、本当に一生懸命守ってつなぎました。

――4回戦は勝ちたいところでしたね。

やっぱり(前が)3敗だったので私が取りにいかなければいけなかったんですけど、相手も有名選手だったし、やっぱり自力の差が出てしまいましたね。

――では、その自力をつけていくためにはこれから何が必要だと思われますか

やっぱり(相手とは)今までの練習量が違うのでそこを補えるように竹刀をたくさん振って、師範とか監督とかにしっかり掛かって自分たちにないものを補って、自分から1本を取れるようにしていきたいと思います。

――ベスト16という結果を振り返っていかがですか

ワセダに入ったので、もうちょっと上の方を目指せるように頑張ろうと思います。

――では最後に来年への意気込みをお願いします

来年からもう3年生になるんで、もう新人戦とかもないし、しっかり本当のレギュラーに入って活躍できるように頑張ります。

中嶋優樹(法2=東京・国学院久我山)

 

――きょうはどのような意気込みで臨まれましたか

きょうはとりあえずつないでつないでチームで戦って、最後競り勝つことができればいいかなっていう気持ちでずっと戦ってたんですけど、最後の法政(大)戦ではちょっと前3人がばたばたって負けてしまって、そこで流れを戻すことができなかったのが悔やまれるところですね。

――今回は中堅での出場となりました

試合に臨むまでちょっと調子があまり良くなかったんですけど、それできょうはどう戦おうかなって思って。調子悪いのに思いっきりいっちゃうとそこで打たれてってなってしまった時に後ろ(三将、副将、大将)がどんどんきつくなっちゃうので、きょうは自分のできることを徹底してあまり無理をせずにっていう試合を心掛けました。

――各試合を振り返りたいのですが、まず2回戦は見事メンを決められましたね

そうですね、なんか急にメンを打てる気がして(笑)。まあそれで打ったら当たった、っていう感じですね。

――3回戦は負けている状況から、1本勝ちでイーブンに持ち越されました

あれも結構狙った技っていうか、たまたまチャンスが舞い込んできて出した技だったんですけど、狙い通りというか、相手が崩れたところをきちんと技で抑えることができたのでよかったです。

――代表戦には秋山健太(スポ2=福岡大大濠)選手が臨まれましたがどのような経緯で決まったのでしょうか

やっぱり代表に出すなら秋山しかいないので、大丈夫だろうっていう気持ちで送りました。

――その時何か声は掛けられましたか

頑張れよ、とは言いました(笑)。まあ大丈夫だろうとは思ったので何か特別なことを言って変に影響するのも嫌ですし、任せておけば大丈夫だと思ったので。

――最後の法大戦は白星を挙げたかったところでしたね

そうですね。相手も何回かやったことのある相手で、私の得意なところもわかってて、見事に抑えられちゃった感じで。そこを攻め崩すことができればよかったんですけど、その力が今回なかった、っていうことがわかった試合でしたね。

――ベスト16という結果を振り返っていかがですか

きょねんと同じということで、本当はもう1つ2つ上にいきたかったんですけど、やっぱり自力がなくてその自力の差を埋めることができなかったんで、これからどういう稽古をしていくかっていうのを考えていかなければいけないなと思いましたね。

――新体制となりましたが今の部内はいかがですか

結構いい感じできてるとは思います。

――安井奎祐新主将(スポ3=茨城・水戸器量)はいかがですか

剣道に関してはもちろんなんですけど、普段の生活に関してもいいことを言ってくださるというか、試合に臨むためには普段の生活からしっかりしないといけないということも言ってくれるので頼れる主将だなと思ってます。

――これからオフに向けてあっていきたいことなどはありますか

なぜかわからないんですけど、体重が落ちてしまって。私結構細いのでガタイがいい人と当たっちゃうと当たり負けしてしまう時とかあるので、ちょっと減った分の体重を増やしたいと思います。

――では最後に来年に向けての意気込みをお願いします

もう今シーズン終わってしまったので、来年、自分たちがどういう稽古をしてどうやって試合に臨まなきゃいけないかっていうのをしっかり考えないとワセダは勝てないと思うので頭を使ってやるべきことをやっていけたらなと思います。