卓球部

2017.11.24

全日本学生選抜選手権 11月24日 大阪府・東和薬品RACTABドーム・サブアリーナ

男女5名が決勝トーナメントへ!全日本学生選抜選手権が開幕

 ことしの学生卓球大会の締めくくりとなる全日本学生選抜選手権が開幕した。この大会は、全日本大学総合選手権個人の部(全日学)の上位進出者、外国人留学生、その他推薦選手にのみ出場権が与えられるハイレベルな大会である。早大からは男子4名、女子3名の計7名が出場し、初日のきょうは男女それぞれ8つのグループに分かれて予選リーグが行われた。結果は、男女合わせて5名が予選を勝ち抜き、あすの決勝トーナメントに駒を進めた。

 男子部のエース上村慶哉(スポ4=福岡・希望が丘)は圧巻の強さを発揮した。今大会が最後の学生大会ということで気合いが入る上村は、予選グループ2戦目で大きくリードを許す苦しい展開となるが、早大での四年間の経験で培ってきた対応力で見事逆転勝利を収める。その後は危なげなく白星を重ね全勝で決勝トーナメント進出を果たした。また、硴塚将人(スポ2=東京・エリートアカデミー/帝京)は2位通過で嬉しい決勝トーナメント進出を果たした。勝てば予選突破に大きく前進する坪井勇磨(筑波大)との一戦。しなやかなバックハンドドライブや鮮やかなカウンターを軸として優位に試合を展開し、勝利まであと2点と迫る。しかし、ここからなかなか得点が奪えず逆転を許してしまう。その後も嫌な流れを止められずに敗れたが、他選手との直接対決の成績により予選を通過した。

敗れたが筑波大のエースを追い詰めた硴塚

 またしても届かなかった。2年連続の出場となった鎌田那美(スポ2=北海道・駒大苫小牧)は、昨年度大会の覇者である山本怜(中央大)と同組で対戦した。序盤は早い展開のラリーに付いていくことができず、ゲームカウント0-2とされてしまう。しかし、ここから持ち味である三球目攻撃が決まり出し、2セットを奪い返す。最終セットは両者ともに積極的に攻撃を仕掛けて競り合った展開となるが、ミスなく厳しくコースを突いてくる山本に対し、鎌田は一歩及ばず敗れた。続くカットマンとの対戦でも最後まで自分のペースに持ち込むことができず、昨年に続いて悔しい予選敗退となった。

強敵を相手にあと一歩のところまで迫った鎌田

 予選リーグの後に行われた組み合わせ抽選の結果、あすの決勝トーナメント初戦で上村と緒方遼太郎(スポ1=東京・エリートアカデミー/帝京)の同士打ちが決定した。この1年間ダブルス、シングルスで早大男子部を引っ張ってきた2人による直接対決。上村が先輩としての威厳を示すのか、はたまた緒方が上村に引導を渡すのか、熱い戦いから目が離せない。全日学ベスト4の郡山北斗(専大)と対戦する硴塚は、「自信はあります」と力強く語ってくれた。女子部も昨年度ベスト4の徳永美子(スポ3=福岡・希望が丘)、エース阿部愛莉(スポ3=大阪・四天王寺)の躍進に期待したいところだ。

(記事 吉田寛人、写真 本田京太郎)

結果

▽男子 予選リーグ

Dブロック

○上村3―1重本(広島修道大)

○上村3―0宮本(中大)

○上村3―1張(龍谷大)

○上村3―2周(日大)

→ブロック1位通過

Gブロック

●松原0―3白根(近大)

●松原0―3高橋(関学大)

●松原1―3定松(中大)

●松原0―3松下(愛工大)

→ブロック5位 予選敗退

Hブロック

○硴塚3―0呉(大阪経済大)

●硴塚2ー3孔(岡山商科大)

●硴塚2―3坪井(筑波大)

○硴塚3―1長野(福岡大)

→ブロック2位通過

Eブロック

○緒方3―1李(芦屋大)

●緒方1―3渡辺(明大)

○緒方3―0髙橋(東北福祉大)

○緒方3―0須郷(新潟大)

→ブロック2位通過

▽女子 予選リーグ

Cブロック

○徳永3―0塩見(同大)

●徳永2―3前瀧(東京富士大)

○徳永3―0上田(愛工大)

→ブロック1位通過

Dブロック

○阿部3―0黄(芦屋大)

●阿部2―3田口(筑波大)

○阿部3―1木村(宮崎大)

→ブロック2位通過

Hブロック

○鎌田3―0切石(神戸松蔭女子学院大)

●鎌田2―3山本(中大)

●鎌田1―3李(朝日大)

→ブロック3位 予選敗退

コメント

▽男子

硴塚将人(スポ2=東京・エリートアカデミー/帝京)

――決勝トーナメント進出おめでとうございます

素で嬉しいですね。

――坪井選手との試合では優位に試合を進めていました

自分が(台の)前で攻めていてカウンターとかもよく決まって、自分から攻めていけたところが良かったかなと思います。

――4ゲーム目に勝ちきれなかった原因は何だと考えていますか

自分の気が抜けてしまったというのもあるんですけど、相手は最後までしつこく入れてきていたのに対して自分が決めきれなかったのが原因かなと思います。

――あすの決勝トーナメントでは郡山選手との対戦が決まりました

直近ではユニバーシアードの選考会で対戦して負けたんですけど、左利きの選手にはそんなに苦手意識はないので、チャンスはあるんじゃないかなと。自信はあります。

――最後にあすに向けて意気込みをお願いします

目標はもちろん優勝ですけど、一つ一つしっかり勝っていければなと思います。