ハンドボール部

2017.11.03

全日本学生選手権 11月3日 石川・いしかわ総合スポーツセンター

初戦を快勝!メダル獲得に向けて好スタートを切る

 独特の緊張感に包まれたコートに立った早大女子ハンドボール部。ついに全日本学生選手権(インカレ)の開幕だ。創部史上初のメダル獲得を目標に臨む今大会の大事な初戦の相手は、初出場の関西福祉科学大。序盤は固さが見られたが、地力で勝る早大が徐々にペースを取り戻し、危なげなく勝利。メダル獲得に向けて上々のスタートを切った。

 RB富永穂香(スポ3=東京・佼成学園女)の先制点で試合は始まった。スタートから1-2-3ディフェンスを採用し、動きが固くなりやすい序盤から足を動かそうと試みたものの、オフェンスでは先制点以降思うような展開をつくれず、前半6分まで1点止まり。立ち上がりは決して良くなかったが、切り替えは早かった。主将のCB安藤万衣子(教4=東京・文化学園大杉並)がカットインで得点を挙げると、3点の差がついたところで相手がタイムアウトを要求。前半15分にようやくエースLB芳村優花副将(教4=愛知・星城)に得点が生まれると、それを皮切りに5連続得点。一気に相手を突き放し、前半を14-5で終えた。

サポートメンバーとともに円陣を組み、チーム一丸となって勝利を目指す

 後半も点差を離したい早大であったが、いきなり安藤が退場し、2連続失点をしてしまう。しかし数的不利な状況を芳村のカットインやGK大沢アビ直美(スポ2=東京・佼成学園女)のセーブで切り抜ける。流れを明け渡さなかった早大は、続いて安藤のカットインによって7メートルスローのチャンスを獲得。RB土屋理子(スポ4=長野・野沢北)がそのチャンスをしっかりと決め、チームの勢いを加速させた。後半15分のタイムアウト後から早大はメンバーを大幅に入れ替え、代わって入ったLW杉山瑞樹(社2=神奈川・横浜創英)とRW久保涼子(スポ3=群馬・富岡東)がそれぞれ2得点を挙げる。また、GK橋本佳那(スポ4=埼玉・市浦和)が逆速攻とリバウンドからのシュートを連続セーブ。「みんなが喜んでくれてうれしかった」(橋本佳)と、4年生の意地で、チームのピンチを救った。最後にはインカレ初出場となるルーキーLB吉田瑞萌(スポ1=東京・佼成学園女)のシュートも決まり、27-18で試合終了のブザーが鳴った。

途中出場でファインセーブを見せ、チームを盛り上げた橋本佳(写真中央)

 下級生の時から活躍を続けてきたメンバーが多い4年生も、今回が最後の大舞台となる。その初戦で、しっかりと勝利を収めた。しかし、開幕ゲームであったことからインカレ特有の緊張感は増大し、序盤の拙攻につながってしまった。試合中盤も、決してミスが少ないとはいえない展開であり、課題はまだまだ残る。しかしベンチ入りしたメンバーが全員出場し、インカレの舞台に慣れることができたのは大きな収穫と言えるだろう。2回戦の相手は再び関西地区の立命大。「またこのチームでハンドボールができるように」(PV楯如美、スポ2=岐阜・飛騨高山)。全員の力を結集させ、目標のメダル獲得へと突き進む。

(記事 佐藤慎太郎、写真 宅森咲子、大山遼佳)


関連記事

インカレ直前特集『masterpiece』/全日本学生選手権(10/29)


全日本学生選手権
早大 27 14−5
13−13
18 関西福祉科学大
GK 大沢アビ直美(スポ2=東京・佼成学園女)
LW 内海菜保(スポ4=香川・高松商)
LB 芳村優花(教4=愛知・星城)
CB 安藤万衣子(教4=東京・文化学園大杉並)
PV 楯如美(スポ2=岐阜・飛騨高山)
RB 富永穂香(スポ3=東京・佼成学園女)
RW 川上智菜美(スポ4=東京・佼成学園女)
対関西福祉科学大 得点表
選手名 前半 後半 合計
#11 富永穂香
#9 芳村優花
#2 安藤万衣子
#8 楯如美
#7 杉山瑞樹
#10 内海菜保
#18 久保涼子
#3 今井季穂里
#4 川上智菜美
#5 土屋理子 1(1) 1(1)
#19 島崎愛
#20 吉田瑞萌
合計 14 13 27

※()は7メートルスローによる得点

コメント

CB安藤万衣子主将(教4=東京・文化学園大杉並)

――全日本学生選手権(インカレ)初日を前に、どんなお話をされましたか

相手の対策も量が少ないながらやっていました。この試合で固くなるのはわかっていたので、練習や試合のときからずっとシュートミスなどを厳しく指摘するようにはしていました。

――実際に試合が始まって、出だしはいかがでしたか

出だしはやっぱり固くて、いつもと違う雰囲気は確かにありました。それはわかっていたことでもあるので、仕方ないかなと思います。優花(芳村副将、教4=愛知・星城)の調子が悪かったんですけど、その中でもみんな声を出して、優花もだしチームとしても立て直せたので良かったです。

――高めのディフェンスでは足を動かすことを狙っていたのでしょうか

優花を2枚目に使って、少しでも足を動かしてエンジンを掛けようというのはありましたね。1週間前に決まって、練習して来ていました。

――きょうの試合でかみ合いはじめたポイントはどこでしたか

穂香(富永、スポ3=東京・佼成学園女)がいいタイミングで速攻ガンガン走って、そこに優花もついていけていたので。10分くらいに、自分たちのきっかけのポストシュートで取れたところから流れに乗れたかなと思います。

――途中出場の選手の活躍を見てどう思いましたか

うれしかったですね(笑)。みんな出したくて。涼子(久保、スポ3=群馬・富岡東)とか7メートルスロー専門になってるけど、コートでプレーしてもすごいからちゃんと出してあげたかったし、きょうだったら理子(土屋、スポ4=長野・野沢北)がベンチに入っていたので出したいと監督(脇若正二、昭60卒=岐阜・加納)にもずっと言っていて。涼子は点を取れたし、理子も一緒にプレーできて、瑞萌(吉田、スポ1=東京・佼成学園女)も出たし良かったです。

――GKでは橋本佳那選手(スポ4=埼玉・市浦和)もいいキーピングがありました

かなも!めちゃくちゃうれしかったですね(笑)。あそこでチームの流れを変えるような、雰囲気を盛り上げるようなキーピングをするようになってくれてうれしいです。下に上手い子も入ってきたり、彼女も色々大変だったと思うので。うれしいです、同期が(活躍してくれて)(笑)。

――27ー18というスコアの印象はいかがですか

30点取れたゲームだったし、15点に抑えられたと思います。メンバーの交代も多くてディフェンスの選手が少なかったりもして。そういう交代とかのごちゃごちゃしたところは、ベンチに下がって見てた菜保(内海、スポ4=香川・高松商)とか智菜美(川上副将、スポ4=東京・佼成学園女)からしたら、「何やってんだ」ってなっても仕方ないかなという感じでした。そこは私と監督とコバ(小林佑弥コーチ、スポ3=茨城・藤代紫水)のコミュニケーションがうまくいかなかったので、反省ですね。

――最後に、次戦への意気込みをお願いします!

まず、自分たちが勝ち上がるのが一番で。すごく応援が来てくれていて、先輩とか高校の同期とか。そのためにも絶対に勝ち上がらないといけないし。日女体大の同期が負けてしまったので、彼女たちの分も負けるわけにはいかないので。チームのために勝ちます。

GK橋本佳那(スポ4=埼玉・市浦和)

――全日本大学選手権(インカレ)初日になりました。どのような気持ちで初日を迎えましたか

いつでも出れる準備はしていました。

――相手校について、始まる前や試合中、どのような印象を受けましたか

結構ポストとかで、うちがやられそうなプレーはあるなと思っていたのですけど、結果やられてしまったので。

――インカレ前日や1週間前など、チームの雰囲気はいかがでしたか

結構良かったと思います。小林佑弥コーチ(スポ3=茨城・藤代紫水)を中心に、対策というよりか、自分たちのプレーをしっかりやって行くといったかたちで、練習を行っていました。

――後半16分のタイムアウト後からの出場でしたが、いかがでしたか

緊張はしませんでした。楽しくできたので、本当に良かったです。

――速攻とリバウンドでのシュートの2連続セーブでは、ガッツポーズも見られました

もう本当に良かったなという気持ちと、みんなすごく沸いてくれたので。すごくみんなが喜んでくれて、うれしかったです。

――差をつけての勝利でしたが、何か課題が見えたり、などありましたら教えてください

前半は結構…、立ち上がりが良くなかったので、あしたにそれを引きずらないようにしたいです。

――なにかその他収穫はありましたか

立ち上がりが良くなかったところから、切り替えて行けたのは良かったかなと思いました。メンバーを変えても同じくらいの強さでできたらよかったのかなと思います。

――これから勝ち上がって行くためには、どこがポイントになるでしょうか

意外と4年生のミスも目立ってしまったので、4年生をもっと中心に、頑張って行けたらと思います。

PV今井季穂里(教4=千葉・昭和学院)

――きょうの試合を振り返って感想を教えてください

自分自身最後の大会になるので楽しもうと思って臨みました。(試合の)入りはみんな動きが固かったので、私が入ったら誰よりも楽しもうと思って準備していました。そういう意気込みでいって点も取れたのでまぁ点数は50点くらいですかね!

――得点を挙げたときはどんな気持ちでしたか

うれしかったです!ハンドボールやっている中で点を取ることが一番楽しいことなのでそれを1点でも取れたことはとても良かったですね。

――先ほど、試合序盤はみなさんの動きが固かったというお話がありましたが、それはやはりインカレ特有のものなのでしょうか

そうですね、相手も知らないチームでしたし環境もいつもと違いましたし。あと、朝早かったのでみんな体と心を合わせるのが大変だったかなと思います。

――金沢に入ってからのチームの雰囲気はいかがですか

以前と変わらず仲良くゆるーく楽しくやっています。ワセダらしいと言えばワセダらしいですけど(笑)。いつも通りですね(笑)。

――4年生の活躍が目立つ試合でしたがいかがでしたか

いや、もう、本当にうれしかったです!理子(RB土屋、スポ4=長野・野沢北)も頑張って本当にプレーしていたし、佳那(GK橋本、スポ4=埼玉・市浦和)も二連続で止めたりして、本当に良かったです。

――最後に、次戦への意気込みをお願いします

全員ハンドボールをできることがワセダの強みだと思うので、自分が出たときに何ができるかを考えていきたいです。あと、今まで応援してきてくれた人への恩返しのつもりで1秒1秒戦えたらなと思います。4年生みんななんですけど、両親とか中高の同級生とかが来てくれているので頑張ります!

RB富永穂香(スポ3=東京・佼成学園女)

――インカレ開幕を迎えましたが、どのような気持ちで臨みましたか

4年生最後の大会ということもあるので、4年生のことを考えて、自分のできることを精一杯やろうと思って臨みました。

――具体的にはどういった意識でプレーしていましたか

雰囲気を盛り上げるというのもそうですし、戦術としても4年生と合わせてきたので、4年生がやりやすい空間をつくることですね。

――インカレ初戦でしたが、固さはありましたか

そうですね、最初はボールが回らなかったりとか、ディフェンスでアグレッシブにと言っていたんですけど、引き気味になってしまうこともあって。でも、それも初戦だから仕方なかった部分もあります。

――チームとして試合を振り返っていかがですか

最初の方は固さもあって乱れたんですけど、結構その後速攻で押したりとかで、自分たちのペースに持ち込めたのは良かったのかなと思います。

――ご自身も速攻を中心に6得点を挙げました

最初は自分も固かったんですけど、走って流れにするしかないなと思ったので(笑)。とにかく走ってました。

――調子は良かったですか

そうですね。良かった方だと思います。

――カットをする場面も見られましたが、ディフェンス面はいかがでしたか

ディフェンス面は戻りでもみんなちょっかいを出してたりとか、セットオフェンスも間を絞めてやっていたので、リーグ戦同様よかったんじゃないかなと思います。

――次戦への意気込みをお願いします

きょう1試合やって、みんな緊張とかもほぐれてきたと思うので、あしたは初っ端から飛ばしていきたいと思います。

PV楯如美(スポ2=岐阜・飛騨高山)

――インカレが開幕しましたがどのような気持ちですか

まずは1日でも長く4年生とこのチームでできるようにしたいなと思って自分の任された役割を確実に果たせるようにということだけを考えて挑みました。

――きょうの試合を振り返っていかがですか

試合には結果として勝てたんですけど、内容を見ると自分たちのミス、ボールをコートを割るようなミスばかりで。相手がどうこうとかじゃなくて自分たちの中でタイミングが合わなかったり。そういう相手とかじゃない自分たちのミスがすごい多かったです。結果は勝てたけどこれじゃ次は、という感じではあります。

――初戦でしたが足は動きましたか

個人的には結構動いて調子も良かったかなと思います。けど、ボールとかいつもと違ったりして、跳ねなかったり滑ったりするのでそこはみんな馴染むまで時間がかかっていたかなと思います。

――ディフェンスが高めだった意図は

自分たちが守って速攻でリズムつくって、初戦だし足が動かないからそれを動かせるようにという意図でした。足を使ってリズムつくって点を獲るという意図で高めをひきました。

――きょうの試合の良かった点は

中で速攻でうまくつながらなかったりした時にベンチから声が掛かったりとか。出てる7人だけじゃなくてベンチもベンチ外も一体となって戦えたのは良かったと思います。

――先ほど自分たちのミスが多かったとおっしゃっていましたが

これからトーナメントで上がっていくとそういうミスの1つも許されないからきょうはそれで良かったんですけど次からは許されないと思うので丁寧にやっていきたいと思います。

――次戦への意気込みをお願いします

このチームでまたできるようにあしたも勝って次に繋げていけるように頑張ります。