庭球部

2017.10.27

三菱全日本選手権 10月26日 東京・有明テニスの森

河野・坂井組はベスト8で敗退

 三菱全日本選手権(全日本選手権)も本戦4日目を迎え、早大からは女子ダブルス2回戦に1組、男子ダブルス2回戦に3組が登場。上唯希(スポ3=兵庫・園田学園)・大矢希(スポ3=愛知・名古屋経大高蔵)組と河野優平(スポ4=福岡・柳川)・坂井勇仁(スポ3=大阪・清風)組が2回戦を突破した。河野・坂井組はこの日行われた3回戦で敗北し、このペアで学生として出場する最後の大会を終えた。

★上・大矢組、ストレート勝利で準々決勝へ!

ベスト8入りを果たした上(左)・大矢組

 1回戦で加治遥(島津製作所)・林恵里奈(平29スポ卒=現福井県体育協会)の先輩シードペアを倒した上・大矢組。2回戦では守屋友里加(テニスユニバース)・清水千夏(福島工業)組と対戦した。ファーストセットは互いにブレークがあったが、相手のミスにも助けられて徐々にリードを広げてゆく。前に上がってきた足元を狙うなど、相手をうまく崩して6-2でこのセットを奪った。セカンドセットは3-0まで4ポイントしか許さぬ上々の立ち上がり。しかし「相手が食らい付いてきたところで自分たちが引いてしまった」(大矢)と、甘くなった球をたたかれたりミスが増えたりで3-3まで追いつかれてしまう。それでも「ちゃんと攻めて強気でいこうと話し合い、それが実行できた」と上。自分たちで修正し、6-4で逃げ切った。次戦の相手は第2シード。藤原里華(北日本物産)には島津全日本室内選手権決勝で敗れているだけに、全日本でリベンジを果たしたいところだ。強敵ではあるが、学生の勢いでいい試合を見せてほしい。

(記事 熊木玲佳、写真 田中佑茉)

★河野・坂井組はベスト8で敗退

河野(左)・坂井組は準々決勝で姿を消した

 1回戦で前回覇者ペアを撃破した河野優平(スポ4=福岡・柳川)・坂井勇仁(スポ3=大阪・清風)組。第2シードを倒しての勝ち上がりであるだけに、全日本学生選手権チャンピオンとして一つでも多く上へ進みたいところだ。
 ダブルス2回戦は、坂井が関東学生選手権決勝で敗れた齋藤聖真(スポ3=神奈川・湘南工大付)・千頭昇平(スポ1=愛知・誉)組との同士打ちとなった。ファーストセットから互いにミスがあったものの、坂井・河野組がストロークやボレーでポイントを重ねれば齋藤・千頭組も負けじと巧みなショットで応戦し、見応えのある展開に。ワンブレークずつで突入したタイブレークは相手のミスを見逃さず攻め込んだ河野・坂井組が7-0でもぎ取り、「いいプレーがありながら取り切ることができなかった」(齋藤)と振り返るセットとなった。セカンドセットでも、齋藤・千頭組がポイントを握りながらもブレークできないゲームが続く。キープキープが続いたが、河野・坂井組が第7ゲームで強気のプレーを貫き、千頭のサービスをブレーク。「僕らがあと数ポイント取っていれば逆のスコアになったかもしれないし、それがテニスの面白いところ」(千頭)。紙一重の戦いはそのまま逃げ切った河野・坂井組が制し、2回戦を突破した。
 同日に行われた3回戦では笹井正樹(SYSテニスクラブ)・福田創楽(イカイ)組と対戦。序盤からスピード感のある試合が展開される。第3ゲームの河野サーブをラブゲームでブレークされるが、4-5で迎えた笹井のサービスゲームで激しいラリー戦を制しブレークバック。そのままタイブレークに持ち込んだが、「相手の方が一本攻撃的だった」(坂井)と一進一退の攻防は相手に軍配が上がった。セカンドセットはそれぞれのゲームこそ競ったものの、勝負どころで取り切れない場面が目立つ。相手のサーブや絶妙なショットにも苦しめられ、1-6で奪われてストレート負けを喫した。
 ベスト8のカベは越えられなかったものの、「悔しい敗戦だったが、またトライできる大会なので結果を上げていけたら」(河野)、「2年連続でベスト8なので、来年はベスト4に入れるように」(坂井)と表情は明るい。これからは社会人、最上級生と立場を変えるが、それぞれが来年のこの大会に戻ってくることを楽しみにしたい。

(記事 熊木玲佳、写真 小田真史)

★島袋・田中組はプロ相手に2回戦で力尽きる

 1回戦で法大の楠原悠介・小見山僚組を倒した島袋将(スポ2=三重・四日市工)・田中優之介(スポ1=埼玉・秀明英光)組。この日は第4シードの江原弘泰(日清紡ホールディングス)・片山翔(伊予銀行)組に挑んだ。「ファーストセットは本当に硬かった」(田中)と単発のミスが続く。ワンブレークされた後も相手サーブを崩せる気配はなく、3-6で落とした。セカンドセットではサービスからポイントを重ねるが、相手が前に詰めるスピードも速く、なかなかリードを奪うことができない。「相手が先手先手できてこちらに勢いのあるプレーをさせてくれなかった」(島袋)。レベルの高い大会で勝利する難しさを痛感した試合になったようだ。

(記事 熊木玲佳)

 男子は混合ダブルスに出場する田中を除き全選手が敗退。大会を後にする選手たちからは、「昨年までは『プロはすごいな』としか思わなかったが、ことしは悔しい。自分のレベルも少しずつ上がっているのでは」(島袋)、「今のプレーでは勝てないとはっきり分かった。今後は自分に必要なことにトライしつつ勝ちにこだわりたい」(千頭)との声も聞かれた。一つのシーズンを終え、また来年に向けて鍛練の冬を過ごしてほしい。

結果

▽男子ダブルス2回戦

〇河野・坂井(7-6(0)、6-4)齋藤・千頭

〇島袋・田中(3-6、5-7)江原弘泰(日清紡ホールディングス)・片山翔(伊予銀行)


▽男子ダブルス3回戦

●河野・坂井(6-7(5)、1-6)福田創楽(イカイ)・笹井正樹(SYSテニスクラブ)


▽女子ダブルス2回戦

○上・大矢(6-2、6-4)守屋友里加(テニスユニバース)・清水千夏(福島工業)


コメント

河野優平(スポ4=福岡・柳川)・坂井勇仁(スポ3=大阪・清風)

――まず齋藤聖真(スポ3=神奈川・湘南工大付)・千頭昇平(スポ1=愛知・誉)組との同士打ちとなった1試合目から振り返っていただけますか

河野 一言でいうと、疲れました。ジュースが多くてサービスめっちゃ打たされて、疲れましたね。部員に負けたくなかったので、そこは勝てて良かったです。

坂井 あの二人には夏関(関東学生選手権)決勝で負けていたのでリベンジできたのは良かったのですが、タフマッチ過ぎて・・・。ジャッジ(に疑念が残る場面)もあったのですが、大きくイライラすることなく進められて良かったなと思います。

――坂井選手は疲労面ではいかがでしたか

坂井 結構連戦連戦だったので、正直結構疲れていますね。終わった瞬間にふぁーってドッときました。

――2試合目を振り返っていかがですか

河野 悔しいですね、タイブレークを取り切れず。あそこを取っておけばもしかしたら反対(のスコア)になったかもしれないというのがあるので。でも終わりなので、反省してもという部分はちょっとありますし、とりあえず賞金をもらいにいって喜びたいと思います。

坂井 正直終わった瞬間はあーって感じもあったのですが、タイブレークでチャンスがありながら一本相手の方が上手だったというか、攻撃的だったというところですね。僕らが悪かったわけではないのですが、河野さんとラストだったので悔しいですけど全日本(三菱全日本選手権)ベスト8までこられて。2年連続でベスト8にきたので、来年はベスト4に入れるように目標を立ててやっていきたいと思います。

――お二人で組む最後の大会になると思います。振り返っていかがでしたか

河野 一番思っているのは、坂井が組んでくれたからこそこの舞台にも立っていますし、1回戦勝ったのは坂井のおかげで、坂井がいないとまずベスト8自体にも辿り着けなかったなと。坂井は単体の力が強いので、(自分一人では)インカレ(全日本学生選手権)も優勝できなかったと思いますしここまでこられなかったのですが、坂井が頑張ってくれて、2割くらい僕が仕事人でやってここまでこられたことは本当に感謝していますし、大学四年間の中でいい思いをさせてもらった。(今回は)悔しいですけど、去年1回戦負けなのでそれに比べたら全然いい思い出です。また機会があったら坂井と組んでもらいたいです。

坂井 河野さんと学生で組むのは最後なので、ドローを見たときは正直あーっと思ったのですが、1回戦ジャイアントキリングして、2回戦でリベンジして、3つ目で力尽きてしまったのですが、きょうも楽しくダブルスができたので。きょうはちょっと足引っ張ったかなという場面も多かったのですが、良かったです、とりあえず。来年はシングルスもダブルスももう1つ勝てるように頑張りたいです。あと河野さんはインカレ優勝して全日本ベスト8に入っても王座(全日本大学対抗王座決定試合)に出ていないという伝説を残しているので、しっかり語り継いでいきたいと思います。

――河野選手は卒業後もテニスを続けられると思います。意気込みをお聞かせください

河野 きょうは悔しい敗戦でしたけど、この大会はインカレとは違ってまだまだトライできる大会なので、また結果を上げていけたらいいなと。来年からは大人になるので、大人しくプレーをしようと思います。あのスタイルはきょうで終わりです。次からは社会人らしく戦いにいきます。

――坂井選手は全日本学生室内選手権(インカレインドア)の前に何か大会に出場する予定はありますか

坂井 兵庫(ノアチャレンジャー)と豊田(ダンロップワールドチャレンジ)の予選にサインはしにいこうと思っていて、出られなくても何かしらちょろちょろ試合に出ると思います。あとはキャプテンになったので、なったからといって何かを劇的に変えるわけではないのですが、同期はみんな仲がいいですし、後輩もみんないいやつばかりなので、頼りながら僕のスタイルで去年の4年生みたいにいいチームをつくれるように頑張りたいと思います。

――では最後に、お互いに一言メッセージをお聞かせください

河野 今井さん(慎太郎、平28スポ卒=現東通産業)には失礼になるかもしれないのですが、今までで最強のパートナーでした。おそらく僕の技術のなさにがっかりする場面もあったと思うのですが、何も文句言わずにやってくれてありがとう。本当に坂井のおかげでいい思いをさせてもらいました。

坂井 「河野さん、愛してる」って書いておいてください。

齋藤聖真(スポ3=神奈川・湘南工大付)・千頭昇平(スポ1=愛知・誉)

――きょうの試合を振り返って

齋藤 (ファーストセットは)お互いブレークも長いジュースもあって、チャンスがありながらキープというかたちで、いいセットだったと思います。ちょっと相手の方が運が良かった部分もあって、僕の日頃の行いが悪かったのかなと思います。楽しいセットではありましたが、運であったりチャンスを生かせなかったりで、タイブレークも0-7で取られたのは・・・。これは仕方ないと思うしかないのですが、いいプレーもありながら取り切ることができなかった悔しいセットでしたね。セカンドは展開としては一緒でしたが、チャンスがあってもブレークできないのが僕らの現状で。久々に組んだのでここまでやれただけすごいと思うのですが、もし次に組むことがあればもっと仲良くなってから・・・。全日本はよく頑張ったと思います。

千頭 お互いにそんなに差があったわけではなくて紙一重のところで、勝負どころで向こうの方がポイントを取得していたことが多かったので、このスコアになったのかなと。僕らがあと数ポイント取っていれば逆のスコアになったかもしれないですし、またそれがテニスの面白いところだと思います。

――試合としては楽しめましたか

齋藤 はい。

千頭 すごく楽しめました。でも僕としてはやっぱりサーブですね。自分の1つ1つのレベルを上げないと駄目だなと今大会を通して思いました。・・・200キロ出そうと思ったんですけど正直無理でしたね。サーブももちろんですけど全部ですね、全部のショットの質を上げる必要があると感じました。大学生はラリーがだいぶ長くなるのですが、そこを見逃してくれなかったです、シングルスでは。甘くなったら自分からすぐ打ってきますし、そこがプロでやってる人との違いかなと思いました。そこで勝つためにはどうプロの人と試合するか考えながら練習しないといけないなと思います。

――通用する点はありましたか

千頭 ・・・と考えたら出てこないので。

齋藤 僕が言いましょう。フットワークは十分だと思います。でもさっき言っていたようにラリーを長くしてポイントを取る足の使い方をしているので、前に入るとかポジションを上げるとか、その動作が(足りない)。僕にはその足がないのでちょっとうらやましいですけど。ダブルスをやっていてもたまに後ろにばかりいってしまう時があるのですが、意識を少し変えるだけで全然違うので絶対通用すると思います。全日本が初めてにしてはこいつメンタル強いなという感じだったので、こいつはこの経験を得て来年強くなってここに戻ってくると僕は信じています。

――千頭選手は福田創楽選手(イカイ)とのシングルスをどう振り返りますか

千頭 スコアでは競っているのですが、内容は相手の方が余裕を持ったプレーをしていて、どんどん打ってきて自分が守る展開になってしまって、ミスに助けられてゲームが取れていたようなものでした。大事なところはしっかりと入れてきて一気にきますし。自分からのポイントを増やしていかないといけないなと思いました。ただきょう大学生の望月選手(勇希、中大)がしっかり福田選手に勝っていて、望月選手はプロの試合で優勝したりしているので、勝ち方を知っているなと。そういう舞台でたくさん試合をしているので、何も気にすることなくやっていけたのかなと思います。来年はケガをしないことはもちろんですし、プロの試合にトライして自分のプレーを上げていきたいです。

――次の学生大会個人戦はインカレインドアになると思います

千頭 今のプレーでは勝てないとはっきり分かったので、その大会では自分に今後必要なことにトライしつつ、うまくいかなくなることが多くなるかもしれませんが、先を見据えたらやらなくてはいけないことなので、もっと自分でトライして、それをこなしつつ勝ちにこだわっていきたいです。それで負けたら負けたでまた練習します。

齋藤 去年単複ベスト8なので、単複ベスト4を目指したいです。・・・ダブルスは優勝です。

島袋将(スポ2=三重・四日市工)・田中優之介(スポ1=埼玉・秀明英光)

――今回の全日本にはどのような意気込みで臨んでいましたか

島袋 単複共に1つでも多く勝ち上がることを目標としていて、その中でもダブルスは新しいペアで田中というすごく勢いのある奴だったので、勝てる自信はすごくありました。でもプロの方たちが一枚二枚上手で、取りたいところを取らせてくれなかったりとか、こういう大舞台で勝つ難しさを改めて痛感できた試合だったかなと思います。

田中 去年はシングルスの予選決勝で負けていて、ことしもシングルスは予選からだったのでまず予選を突破することを第一目標にしていました。あとはダブルスもあったので、島袋さん頼りにならないように自分で頑張ろうと思ってこの大会を迎えました。

――きょうの試合ではどのようなことを意識していましたか

島袋 相手はフューチャーズとかで優勝していて格上だということは分かっていて、その中でも学生の勢いのよさを見せるプレーをしたかったのですが、やっぱりそれに付き合ってくれなくて、先手先手でやってきて。僕らも勢いよくやりたかったのですが、やらせてくれなかったというのが一番の敗因ですね。サーブリターンの部分でも向こうの方が確率が高かったですし、今回ブレークポイントも一度もなくて、言ってしまえばノーチャンスだったので、もう少し競りたかったなという思いは正直なところあります。

田中 僕も島袋さんがおっしゃっていた通り学生の勢いを出してプロ相手にどこまでいけるかと思っていたのですが、ファーストセットは本当に硬くて、いつもよりさらにミスしていたりとか、リターンもミスが多かったりとか、僕がフォアサイドをやっていたので僕がミスすることで勢いを止めてしまったかなという感じがあって。1ポイント目が全然取れなかったのは僕の中で反省する点というか、すみませんという感じでした。

島袋 緊張していて硬くなっていたことは気づいていたのですが、そこでリラックスできるように声掛けができなかったという責任を感じています。

――田中選手は清水悠太選手(イカイ)、島袋選手は関口周一選手(Team REC)とのシングルスをどう振り返りますか

田中 高校の時一緒に海外を回っていた奴で、1年前までは手の内が分かっていたのですが、この一年で差を感じました。強かったです。直前に世界スーパージュニアで優勝していたので疲れがあるなとは思っていて、途中疲れを見せてくれたのでそこを突く隙があったのですが、世界1位はそんなに甘くなくて。ファイナルセットはしっかり立て直してきて、ファイナルセットの入り方とかも相手の方が一枚上手だったので、1年の差はそこなんだなと感じました。

島袋 チャンスが何度もあって、特にセカンドセット5-2というリードした場面で向こうもギアを上げてくることは分かっていたのですが、それに対応できない力のなさを改めて感じて。5-3の自分サーブで取りきれなかったことが敗因、課題かなと感じました。取りたいところで取り切れない力のなさはシングルスの試合で改めて感じました。トップの人に負けてめっちゃ悔しかったんですよ、今回。昨年まではプロすげえわとしか思えなくて、逆に今回はすごく悔しくて。第3シードで世界でも結果を残している選手に対してあそこまで戦えて、悔しいという思いをすることができて。少しずつだとは思いますが、自分のレベルも上がっているのではないかと改めて感じることができたので、来年は悔しい思いを晴らすくらいの、リベンジもしくはさらに上の選手に勝てるように頑張ろうと思います。

――学生の個人戦としてはインカレインドアが控えていますが、それまでに他の大会へ出場する予定はありますか

島袋 兵庫と豊田に出ます。チャレンジャーで単複出るチャンスがあって、ダブルスはまた上杉さん(海斗、慶大)と組ませていただくことになったので、ダブルスでも多く勝ちたいなと。シングルスでは今回の悔しさをバネに、チャレンジャー精神で臨みたいなと思います。

――田中選手は混合ダブルスへの意気込みをお聞かせください

田中 ベスト4にきたので、ここまできたら優勝しかないですね。ペアが強いので、足を引っ張らないように頑張
ります。

上唯希(スポ3=兵庫・園田学園)・大矢希(スポ3=愛知・名古屋経大高蔵)

――まずきょうの試合を振り返っていかがですか

 セカンド3-0でリードしてたので、ファーストの流れでセカンドも本来はそのままいきたかったっていうのが正直なところです。

大矢 セカンドはそうなんですけど、ファーストセットはブレーク合戦で始まってしまって、第3ゲームの時に私のサーブでキープできてたら、もうちょっとセカンドセットいい流れで入れてたのかなって感じています。

――最初にリードした状態から追いつかれてしまったのはどうしてだったのでしょうか

 3-1になったゲームは初めて相手にキープされたゲームで、そこでただキープされただけなのに、私だけかもしれないんですけど、キープされてしまったという感じで。それで次に私のサービスゲームを落としちゃって、自分たちでちょっと気負いすぎたわけじゃないんですけど、気持ち的にちょっと引いてしまった部分があったかなというふうには思います。

大矢 3-0になってそのままいければよかったんですけど、相手もけっこう食らい付いてきたところで自分たちが引いちゃったところが出てしまったと思うので、終盤になるにつれてしっかり向かっていけたんですけれど、3-0の時からそういうプレーができていたら良かったなとは思います。

――その中でもしっかりと勝ち切れました

 セカンド中盤でちょっと守りっていうか逃げた部分があったんですけど、最後はちゃんと攻めて強気でいこうって2人で話し合って、それを実行できたことが勝ちにつながったかなと思います。

大矢 と思います(笑)。

――次戦に向けて意気込みをお願いします

 いまちょうど次の相手が決まったところで、第2シードと対戦できるので、藤原さん(里華、北日本物産)、まあペアの相手は違うんですけど、島津の全日本室内(島津全日本室内選手権)で負けてしまってるので、リベンジしたいなというふうに話してました。リベンジします!

大矢 島津の決勝で負けて悔しかったので、今回リベンジできるように頑張ります。