庭球部

2017.10.25

三菱全日本選手権 10月25日 荏原湘南スポーツセンターほか

男子シングルスは全選手が敗退、残るはダブルス3組

 雨の影響で3会場に分かれて試合を消化した三菱全日本選手権(全日本)。この日早大からは男子シングルスに3人が登場した。

★高橋悠介を相手に今後につながる一戦

坂井にとって今後への糧となる一戦だった

 坂井勇仁(スポ3=大阪・清風)は、荏原湘南スポーツセンターにて今大会の優勝候補・高橋悠介(三菱電機)と対戦した。
 ファーストセットは第1ゲームですんなりサービスキープし上々の滑り出しとなるが、相手にフォアを封じられてなかなか自分のプレーをさせてもらえない。状況打開の糸口をつかめず、ツーブレークダウンの2-6でこのセットを落とした。続くセカンドセットでもサーブから攻める場面が多く見られたが、高橋も簡単には決めさせてくれず、じわじわとリードを広げられる。それでも徐々にペースをつかみ始めた坂井。深く返し、相手より先に展開するポイントが増えてくる。しかし、競った場面で落とさないのが相手の強さだった。中盤までに開いた差を埋めることはできず、このセットも2-6でダウン。第2シード撃破はならなかった。
 高橋は今季複数のフューチャーズでタイトルを獲得し、先日の楽天ジャパンオープンでも本戦出場を果たすなど、ここ最近勢いのある選手だ。しかし、坂井もファーストサーブが入ったポイントはほぼものにしており、ラリー戦でも相手を追い詰めることができていた印象だ。スコア以上の好試合を展開したといえるだろう。しかし、坂井のパフォーマンスが悪くなかっただけに、実力の差を見せつけられる結果となったのも事実。今回の対戦を、今後の成長の糧にしてほしい。

 ナショナルトレーニングセンターでは島袋将(スポ2=三重・四日市工)と千頭昇平(スポ1=愛知・誉)の試合が行われた。島袋は第3シードの関口周一(Team REC)と対戦。第1セットを3-6で落として迎えた第2セットでは5-2まで相手を追い詰めるも、そこから5ゲーム連取を許し敗北。このカードを突破できれば上位進出のチャンスがあっただけに、悔しい結果となった。また、ジュニア時代から顔を合わせていた福田創楽(イカイ)との試合に臨んだ千頭。第1セットでは互いに譲らぬシーソーゲームが展開されるが、5-6で迎えたサービスゲームでブレークを許しセット先取を許すと、セカンドセットも2-6で落とした。

 学生大会を飛び出し、プロ選手を相手に普段とは異なる経験ができたことだろう。大学テニス界の先頭に立ち、さらに高いレベルで活躍できる選手となってほしい。また、シングルスでの戦いは終わったものの、この日登場した3人にはあすダブルス2回戦が控えている。ダブルスこそ大学生が力を発揮するチャンスだ。この舞台を楽しみ、最高のパフォーマンスを見せてほしい。

(記事、写真 熊木玲佳)

結果

▽男子シングルス2回戦

●島袋(3-6、5-7)関口周一(Team REC)

●千頭(5-7、2-6)福田創楽(イカイ)

●坂井(2-6、2-6)高橋悠介(三菱電機)