卓球部

2017.10.29

第84回全日本大学総合選手権個人の部 10月28日 埼玉・所沢市民体育館

男女単5人がランク入りを決める!

 全日本大学総合選手権(全日学)2日目は男女ダブルス決勝までと、男女シングルスのランク決定戦までが行われた。ダブルスに出場した早大2ペアはこの日の初戦にコートを去ることとなったが、シングルスでは男女計5名がランク入りを達成。昨年と同様の5名だが、内容は昨年以上だ。硴塚将人(スポ2=東京・エリートアカデミー/帝京)や田中千秋女子(スポ4=愛知みずほ大瑞穂)、金子碧衣(スポ2=愛知みずほ大瑞穂)がランク決定戦で粘りに粘った。惜しくも勝利には結びつかなかったが、全国の舞台で早大の強さを堂々と見せつけた。

 あと2点が遠かった。先にランク入りを果たした上村慶哉(スポ4=福岡・希望が丘)と緒方遼太郎(スポ1=東京・エリートアカデミー/帝京)に続きたい硴塚のランク決定戦。今大会ダブルス2位の渡辺裕介(明大)との一戦は、互いに一歩も譲らない大熱戦となった。先制したのは硴塚だ。リードされていても、のびのびとプレーし、すぐに追い返した。4ー4の場面から徐々に差を広げて第1ゲームをものにすると、第3ゲームも奪取。普段はあまり感情を出さない硴塚が、この試合は闘志むき出しだった。その後、第4ゲームを取られて、試合は一進一退の攻防に。そして、フルゲームにまでもつれ込み、9ー7とあと2点のところまで相手を追い詰める。一気に仕留めたいところであったが、ここで硴塚の放ったボールはネットに阻まれ9ー8。ここで、硴塚はタイムを取り、心を落ち着かせる。そして、タイム直後は激しいラリー戦に。懸命に返球するがボールはネットを超えずに9ー9。そして、サーブ権が変わった直後、ボールはまたもネットに阻まれた。9ー10と絶対絶滅の場面、全力で球を打ち込んだが、今度は台を超えてしまい、試合終了。敗北の瞬間、硴塚の手からラケットがするりと落ちた。

今大会ダブルス2位の強敵をフルゲームにまで追い込んだ硴塚

 鎌田那美(スポ2=北海道・駒大苫小牧)、阿部愛莉(スポ3=大阪・四天王寺)らが早々とランク入りを決め会場に残った台は徳永美子(スポ3=福岡・希望が丘)、田中の2人。2ゲームを先取し絶好のスタートを切ったが両者だったが結果の明暗は分かれた。徳永は序盤から対策をしていたカットマンを相手に得点を次々に重ねていくが、徐々に球質に対応されはじめ状況は変わる。ドライブ、スマッシュをしつこく拾われ失点が増えゲームカウントを2―2に戻された。ただゲーム数で並ばれても慌てない。緩急を入れたドライブ、ツッツキを織り交ぜた攻撃を主体に試合を展開し粘る相手を突き放した。田中も同様に点数を先行していくことになったが、後半になると消極的な姿勢が目立ち先に攻めることができない。試合は最終ゲームにもつれこむ。追い込まれてから返球しにくい体の中心を狙ったスマッシュ、バック、フォアの連打を次々に打ち込んだが、競った場面でボールを台に入れることができず敗戦。ランク入りを目前に姿を消すことになった。

カットマンに苦しみながらもランク入りを決めた徳永

 「ランク入りをした選手はみんな強い」(徳永)。勝ち残った選手全員に優勝の可能性がある。あすの試合まで残された時間は少ないが体力、精神面を整えワセダの精鋭たちが大学日本一の座をつかみにいく。

(記事 本田京太郎、喜柳純平 写真 本田京太郎)

関連記事

全日学が開幕!男女ダブルス1組ずつがランク入りを達成!(10/27)

結果

▽男子ダブルス

準々決勝

●上村・緒方組0ー3稲嶋・千葉組(埼玉工大)

▽女子ダブルス

準々決勝

●鎌田・金子組0ー3伊藤・瀬山組(中大)

▽男子シングルス

2回戦

○葉波3ー0宮本(法大)

○上村3ー0田坂(福岡大)

○平野3ー0佐藤(東北大)

○硴塚3ー2馬場(立命館大)

○緒方3ー1三和(札幌大)

●坂内0ー3松下(愛工大)

●竹岡0ー3矢野(法大)

●中窪1ー3藤田(日体大)

3回戦

○上村3ー0備本(関学大)

○硴塚3ー0岩城(中大)

○緒方3ー1渡辺(専大)

●葉波0ー3松山(愛工大)

●平野1ー3福田(日大)

4回戦

○上村4ー2三浦(筑波大)

○緒方4ー2遠藤(専大)

●硴塚3ー4渡辺(明大)

▽女子シングルス

2回戦

○田中3ー1徳住(立命館大)

○鳥屋3ー2船本(愛工大)

○徳永3ー1田熊(近大)

○阿部3ー0水野(新潟大)

○金子3―0森川(熊本学園大)

○鎌田3―0妻木(近大)

●林1―3切石(神戸松蔭大)

●加藤夏0ー3橋田(同大)

3回戦

○田中3ー1三橋(日体大)

○徳永3ー0上村(日大)

○阿部3ー1高橋(淑徳大)

○金子3―1伊藤(中大)

○鎌田3―1若原(中京大)

●鳥屋0ー3谷岡(日体大)

4回戦

○徳永4ー2吉良(中大)

○阿部4ー2森田(中大)

○鎌田4―1上田(愛工大)

●田中3ー4美濃口(中大)

●金子2―4朝田(同大)

コメント

▽女子

徳永美子(スポ3=福岡・希望が丘)

――今大会の目標はありましたか

きょねんがベスト4でしたのでそれ以上を目指していました。ただ、私は精神面で試合の流れが左右することが多いので1回ずつ頑張りたいと思っていました。

――きょうの試合全体を振り返って

1回戦目の相手にすごい緊張をしてしまって自分の力が発揮できませんでしたが、2回戦目からはカットマン相手に勝てたので良かったかなと思います。

――ペンホルダーやカットマンなどの相手と戦いました

1回戦の人は左ペンホルダーの人がいなくてシェイクの人と回転が違っていたりボールの質も違うので対策は取れませんでしたが、カットマンはしっかり対策して臨めました。

――昨年に続くランク入りを決めました

ランク決定が1つの壁だと思うのできょう最後苦しかったのですがそこで1回勝てたことは良かったです。

――明日にむけて

ランク入りをした選手はみんな強いので試合の結果もどうなるか分かりませんので自分らしく元気を出してやれることをしっかりやっていきたいと思います。