卓球部

2017.10.27

第84回全日本大学総合選手権個人の部 10月27日 埼玉・所沢市民体育館

全日学が開幕!男女ダブルス1組ずつがランク入りを達成!

 ついに全日本大学総合選手権個人の部(全日学)が開幕した。世界選手権銀メダリストから全日本選手権2位の強豪まで、全国の猛者達がしのぎを削る今大会。初日のきょうは主にダブルスが行われた。早大からは男女合わせて7ペアが出場し、男子は上村慶哉(スポ4=福岡・希望が丘)・緒方遼太郎(スポ1=東京・エリートアカデミー/帝京)組、女子は金子碧衣(スポ2=愛知みずほ大瑞穂)・鎌田那美(スポ2=北海道・駒大苫小牧)組がランク入りを達成。あすの準々決勝以降が楽しみな結果となった。一方シングルスの1回戦では、4名が2回戦へと駒を進めた。

 竹岡純樹(スポ4=青森山田)・硴塚将人(スポ2=東京・エリートアカデミー/帝京)組はランク入りまで、あと一歩だった。2、3回戦を難なく突破した竹岡・硴塚組。ランク入り決定戦で、昨年度関東学生選手権ダブルス王者を対戦相手に迎えた。宮本・定松組(中大)の巧みな戦術に苦しめられ先制を許したが、第2ゲームから徐々に本領を発揮する。相手の意表をつく竹岡の絶妙なフリックが決まれば、硴塚が腕のしなりが効いたバックハンド。強敵からゲームを奪い返し、試合をイーブンに戻す。重要な第3ゲームを落としてしまったが、まだまだ諦めない。3度以上同点に追いつかれてもリードを奪い返す。そして、9ー9にまでこぎつけた。ここで2点連取し、逆転勝利に望みをつなぎたいところであったが、百戦錬磨の強豪はそう甘くなかった。逆に、2点を決められ敗北。早大勢でランク入りを決めたのは上村・緒方組のみという結果なった。

惜しくもランク入りを逃してしまった竹岡・硴塚(左)組

 女子ダブルスでは、金子・鎌田組が金星を挙げ、見事ランク入りを果たした。昨年度は惜しくもランク入り決定戦で敗れてしまった金子・鎌田組。ことしも順調に勝ち進み、ランク入り決定戦では前回大会優勝ペアと対戦した。「きょねんの試合とかを見て、サーブからの三球目で点を取ってくることは分かっていたので、そこで自分たちから崩れないようにして自分たちのペースに持っていけるように」(鎌田)と語るように、今大会に向けて万全の調整をしてきた金子・鎌田組。第1ゲームを奪うが、第2ゲーム以降相手の強烈な攻撃を止めきれず、ペースを握られてしまう。勝負の分かれ目となったのは第3ゲーム。序盤に相手に大きくリードされるが、金子・鎌田組は台から下がることなく粘り強くラリーに食らいついてジュースに持ち込み、15-13でこのゲームを奪った。その後は一進一退の展開となり、鎌田が鮮やかなフォアのカウンターを決めたかと思えば、相手は得意の三球目攻撃で応戦する。フルゲームの接戦の末、抜群のコンビネーションで攻めきった金子・鎌田組が第1シードを撃破し、早大勢としては2年ぶりのダブルスでのランク入りを達成した。

前回大会優勝ペアを下し、ランク入りを果たした金子・鎌田(左)組

 あすはダブルスの準々決勝以降と、シングルスの4回戦までが行われる。上村・緒方組は関東学生選手権に続く2冠を狙って、金子・鎌田組は全日本選手権出場権のかかるベスト4、さらには初タイトルへ向かって、それぞれ大勝負に挑む。持てる力を存分に発揮して、ことし1年間のダブルス強化の成果を見せてくれることだろう。

(記事 本田京太郎、吉田寛人 写真 本田京太郎)

結果

▽男子ダブルス

2回戦

○上村・緒方組3ー0桐村・広沢組(立命館大)

○竹岡・硴塚組3ー1大西・新宮組(天理大)

○平野・葉波組3ー1山本・高橋組(近大)

3回戦

○上村・緒方組3ー1渡邊・三浦組(日大)

○竹岡・硴塚組3ー1三谷・矢野組(法大)

●平野・葉波組0ー3堀・卯木組(愛工大)

4回戦

○上村・緒方組3ー0船本・遠藤組(明大)

●竹岡・硴塚組1ー3宮本・定松組(中大)

▽女子ダブルス

2回戦

○田中・加藤結組3ー0石川・鶴見組(東北福祉大)

○鳥屋・林組3ー2伊井・桒村組(朝日大)

○鎌田・金子組3ー1澤田・田熊組(近大)

○阿部・徳永組3ー0細川・西谷組(札幌国際大)

3回戦

○田中・加藤結組3ー0高東・望月組(筑波大)

○鳥屋・林組3ー0一ノ瀬・鈴木組(青学大)

○鎌田・金子組3ー0三條・熊中組(青学大)

●阿部・徳永組1ー3小室・奥下組(日大)

4回戦

○鎌田・金子組3ー2楠川・石田組(愛工大)

●田中・加藤結組1ー3安藤・枝松組(専大)

●鳥屋・林組0ー3秋田・森田組(中大)

▽男子シングルス

1回戦

○坂内3ー1中鉢(東北学院大)

○竹岡3ー0高田(福岡大)

○中窪3ー0田口(中京学院大)

○葉波3ー0小池(京産大)

▽女子シングルス

1回戦

●渋谷1―3望月(近大)

コメント

▽女子

金子碧衣(スポ2=愛知みずほ大瑞穂)・鎌田那美(スポ2=北海道・駒大苫小牧)

――今大会はどのような目標を立てて臨みましたか

鎌田 全日学でベスト4に入れば全日本(選手権)に出られるので、まずはベスト4に入ってその先に繋げていきたいです。

――リーグ戦が終わってからはどのような練習をしてきましたか

金子 全日学で当たる相手が大体分かっていて、(戦い方を)知っている選手も多いので、サーブからの三球目と、レシーブからの四球目攻撃のパターン練習を2人でやってきました

――ランク入り決定戦では前回大会優勝ペアが相手でしたが、具体的にはどのような対策を立てましたか

鎌田 きょねんの試合とかを見て、サーブからの三球目で点を取ってくることは分かっていたので、そこで自分たちから崩れないようにして自分たちのペースに持っていけるように戦いました。

――準々決勝の相手は関東学生選手権優勝ペアですが、意気込みをお願いします

鎌田 直近の試合は0-3で負けているので、次こそは勝てるようにしっかり対策を立てて頑張りたいと思います。

金子 朝一の試合になるのでしっかり準備して、足を動かして、1セットからいいプレーができるように頑張りたいと思います。