バドミントン部

2017.10.23

全日本学生選手権 10月23日 愛知・一宮市総合体育館

男女複で2組が4回戦へ

 全日本学生選手権3日目のこの日。男女ともにダブルスの1〜3回戦が行われた。早大からは男子が5組、女子が3組の計8組が出場。このうち中里裕貴(スポ4=埼玉栄)・小野寺雅之(スポ1=埼玉栄)組と中西貴映女子主将(スポ4=埼玉・大宮東)・吾妻咲弥(スポ1=福島・富岡)組が勝ち残る。大会5日目に行われる4回戦に挑む。

 男子ダブルスの1回戦に出場した富岡寿将(社4=熊本・八代東)・菅原栄史(スポ3=宮城・聖ウルスラ学院英知)組。第1ゲームを21ー19と苦しみながらも先取した。しかし第2、3ゲームでの接戦をものにすることができず、まさかの初戦敗退。悔しさの残る試合となった。松本康平主将(スポ4=埼玉栄)・古賀穂(スポ3=福島・富岡)組は昨年果たせなかった3回戦に進出した。第1ゲームでは一時6点差をつける。そして試合を優位に進め、先にゲームポイントを奪った。しかし、そこから5連続得点を許し逆転負けを喫す。第2ゲームからは完全に相手ペースの試合展開となり、12ー21で完敗。4回戦出場はかなわなかった。同じく3回戦に進んだ中里・小野寺組。第1ゲームをジュースの末落とすが、その後のゲームで勢いを取り戻し逆転勝利。男子で唯一4回戦への切符を手にした。

初戦で敗退した富岡・菅原(左)組

 1回戦に登場した4年生ペアの松岡英美(スポ4=福岡・九州国際大付)・三谷奈央(文構4=香川・高松第一)組は、粘り強いラリーや力強いドライブ攻撃で積極的な攻めを展開。シーソーゲームの中15-15から一気に相手を突き放し、第1ゲームを奪取した。しかし、21-23、20-22とジュースの末に、続く2ゲームを落としてしまう。「少しでも多く勝ちたかった」と試合後三谷は悔しさものぞかせた。3回戦まで進んだ中村幸(スポ3=富山国際大付)・桃井伶実(スポ2=石川・金沢向陽)組は幸先のよいスタートを切り、第1ゲームのイレブンを先取する。しかし連続得点を許し逆転されると、接戦にもつれ込んだ。19-17とリードしている場面で、相手が放ったシャトルがラインのわずかに内側に落ちる。続いてネットインで前方にシャトルが落下。不運なかたちで失点が続き、再び並ばれてしまった。19-20になり、最後はサービスエースで21点目を献上。第2ゲームも序盤で相手が勢いに乗り、必死に食らいつくが最後まで流れを奪い返すことはかなわず。ここでコートを後にすることになった。一方の中西・吾妻組は2、3回戦ともに多彩なコース取りで相手を翻弄(ほんろう)して快勝。4回戦へと駒を進める。

最後のインカレで惜しくも敗戦した三谷(左)・松岡組

 大会4日目は、シングルスの1~3回戦が行われる。早大からは計10人が出場。昨年この種目で3位になった古賀、ベスト8になった中西も2回戦から登場する。何人が大会5日目まで残れるか、注目したい。

(記事、写真 佐藤菜々、橋本望)

▽男子ダブルス

3回戦

中里裕貴(スポ4=埼玉栄)、小野寺雅之(スポ1=埼玉栄)〇2-1(20ー22、21ー12、21ー9)

松本康平主将(スポ4=埼玉栄)、古賀穂(スポ3=福島・富岡)●0-2(20ー22、12ー21)

2回戦

松本康、古賀〇2-0(21ー6、24ー22)

中里、小野寺〇2-0(21ー10、21ー12)

渡辺俊和(スポ2=埼玉栄)、鈴木朋弥(スポ2=宮城・聖ウルスラ学院英智)●0-2(14ー21、9ー21)

浅原大輔(スポ2=宮城・聖ウルスラ学院英智)、吉村徳仁(スポ2=富山・高岡第一)●1-2(21ー18、15ー21、13ー21)

1回戦

松本康、古賀〇2-0(21ー16、21ー16)

渡辺、鈴木〇2-0(21ー9、21ー18)

富岡寿将(社4=熊本・八代東)、菅原栄史(スポ3=宮城・聖ウルスラ学院英智)●(21ー19、18ー21、19ー21)

▽女子ダブルス

3回戦

中西貴映女子主将(スポ4=埼玉・大宮東)、吾妻咲弥(スポ1=福島・富岡)〇(21-13、21-12)

中村幸(スポ3=富山国際大付)、桃井伶実(スポ2=石川・金沢向陽)●0-2(19-21、13-21)

2回戦

中西、吾妻〇2-0(21-10、21-14)

中村、桃井〇2-1(21-18、15-21、21-13)

1回戦

松岡英美(スポ4=福岡・九州国際大付)、三谷奈央(文構4=香川・高松第一)●1-2(21-15、21-23、20-22)

関連記事

男子団体24年ぶり悲願の優勝!女子は3位/全日本学生選手権(10/23)

インカレ開幕!男女ともにベスト4入り/全日本学生選手権(10/22)

コメント

三谷奈央(文構4=香川・高松第一)

――きょうの試合を振り返っていかがでしたか

松岡(英美、スポ4=福岡・九州国際大付)と組むのは初めてで、インカレ(全日本学生選手権)に出られてとりあえず良かったです。でも一勝はしたかったというのが、正直なところです。

――インカレに向けてどんな点を強化してきましたか

自分はダブルスだけなのですが、今まであまりちゃんとダブルスをやってきませんでした。前衛をしっかりできるように、練習しました。

――ご自身のプレーの持ち味は何だと考えていますか

しっかり動いて全部取るのと、背が低い分ドライブでしっかり押していくというのが持ち味かなと思います。

――戦ってみて、相手の印象はいかがでしたか

いつも一緒に練習している中村(幸、スポ3=富山国際大付)・桃井(怜実、スポ2=石川・金沢向陽)組と比べたら、戦いやすい相手だったと思います。でも思ったより自分たちが緊張して、ロブなどでミスをしてしまいました。その何点かの積み重ねが、最後の勝敗を分けてしまったかなと思います。

――団体戦を含めてこのインカレ全体を振り返って、どうでしたか

楽しかったです。団体戦ではダブルスで勝って、自分の役割を果たすことができて良かったです。個人戦は同期と組んで少しでも多く勝ちたかったのですが、もう少しいけたかなと悔いもあります。

――後輩に向けて一言お願いします

ずっと自分たちの代は、団体戦でも支えてもらってきました。後輩たちはことしの3位を超えられるよう、もっと強くなっていってほしいです。

菅原栄史(スポ3=宮城・聖ウルスラ学院英知)

――今回の全日本学生選手権はダブルスのみの出場となりましたがどのような気持ちを持って試合に臨みましたか

パートナーの富岡さん(社4=熊本・八代東)が最後だったので、自分ができることをやって勝てるとこまで勝つという気持ちでした。しかし、1回戦で負けてしまいました。

――ペアの富岡選手が最後のインカレということもあり、何か意識したことはありますか

勝とう勝とうと思うと力んでしまって自分のプレーができなくなってしまうので、できるだけリラックスしてやろうと最初に思いながらコートに入りました。

――きょうの試合を振り返っていかがですか

シャトルが飛んだので、いろいろ考えてしまいました。リードしていたのもひっくり返されてしまったり、自分たちのプレーができなかったりしたのでそこが敗因だと思います。

――来期に向けて抱負をお願いします

団体戦はうれしい思いをしたので、このまま2連覇できるように副キャプテンとして責任を持って行動をしていきます。個人戦は悔しい思いしかないので来年絶対インカレでベスト8以上に入れるようにこれから頑張りたいと思います。