軟式庭球部

2017.10.22

天皇賜杯全日本選手権 10月21日 群馬・前橋総合運動公園テニスコート

層の厚さを見せつける!船水・上松組が8強入り

  日本のナンバーワンペアを決める大会、天皇賜杯全日本選手権が開催された。早大から出場した選手は前日の2回戦までを全組が勝ち上がり、2日目になるきょう少しでも多く勝ち上がろうと奮闘した。内本隆文(スポ2=大阪・上宮)・星野慎平(スポ3=奈良・高田商)組、安藤優作(社3=岐阜・中京)・内田理久(社1=三重)がベスト16、船水颯人(スポ3=宮城・東北)・上松俊貴(スポ1=岡山理大付)はベスト8入りを果たし、あすの準々決勝に臨む。

 後藤佳佑(社1=東京・早実)・三輪(同大)組、長尾景陽(社3=岡山理大付)・松本倫旺(スポ2=熊本・済々黌)組、福井達輝(先理1=香川・丸亀)・大津悠平(スポ3=宮城・東北)はなかなか自分たちの展開に持ち込むことができずに惜しくもベスト64で姿を消した。3回戦をファイナルで制し、勢いに乗る内本・星野組。そのまま勝ち上がり、5回戦で高校生ペアとの対戦となる。序盤、内本がシュートボールで高校生らしい勢いのあるプレーをうまくさばきリードを守る。しかし徐々に相手前衛のミドルに打ち込むスマッシュに打つ手がなくなってきてしまう。星野がポーチボレーで得点を決め、主導権を握りかえそうとするが相手の集中力は途切れなかった。ゲームカウント3−5で敗れ、8強入りを果たせなかった。

強烈なストロークを放つ内本

 3回戦、4回戦と追い込まれてから驚異の粘りを見せ5回戦に駒を進めた安藤・内田組。「相手がああいう形(ダブル前衛)で来るとは想像もしていなかった」(安藤)。増田・九島(一馬、平28スポ卒=現ミズノ)組の平行陣での攻撃に後手に回ってしまう。中盤、相手の鋭いスマッシュを何度も二人で凌ぎ得点につなげる場面も多く見られた。安藤のストレートに突き刺さるシュートボールや内田のポーチボレーで応戦するも重要な場面でのあと一本が出なかった。ゲームカウント2−5、ベスト16で姿でを消すこととなった。唯一あすの準々決勝に駒を進めたのは船水・上松組だ。圧倒的な強さで勝ち上がり、8強入りした。

要所で積極的にポーチに出た内田

 アジアチャンピオンらしい貫禄の強さで勝ち上がった船水・上松組。あすからはさらなる厳しい戦いが予想されるが目指すはもちろん優勝だ。昨年星野と優勝した船水は連覇がかかる。ダブルスでなかなか結果を残せていない今期。二人が頂点に立つ姿が見れるか。期待がかかる。

(記事 栗林桜子、写真 松本一葉・岡部稜)

コメント

安藤優作(社3=岐阜・中京)・内田理久(社1=三重)組

――5回戦の増田・九島戦を振り返っていかがですか

安藤 相手がああいう形(ダブル前衛)で来るとは想像もしていなかったので苦戦しました。

内田 打つところがなかったです。

安藤 結構頑張った方だと思います。ゲームで見ていけば結構競っていたので、あと一本取れていたらわからなかったゲームもありました。

――きょうの試合は逆転する試合が多くありました

安藤 追い込まれてから、やばいなと気持ちを切り替え試合を楽しむことができました。最初からしっかりとやれていればよかったかなとは思います。

内田 今日はひたすら耐える日だなという感じでした。

――今大会の具体的な目標というのはありましたか

内田 前のインタビューで優勝目指しますって言ったのですが、余裕で無理でした(笑)。

安藤 僕はまずは初戦を勝ち上がることが目標でした。きょうも序盤から危ない試合が多かったので、どこまで行こうかなというのは考えていました。2年前が絶世期でベスト8まで進むことができたので、そこまで行きたいなと思っていたのですが。きょうは自分でもよく頑張ったと思うので満足です。。

――来年のこの大会の目標をお願いします

安藤 ことし以上っていうとハードルが上がってしまうので、来年もことしの結果までは行きたいです。

内田 退化しないように頑張っていきたいです。