バドミントン部

2017.10.22

全日本学生選手権 10月21日 愛知・一宮市総合体育館

インカレ開幕!男女ともにベスト4入り

 学生日本一を決める戦い、全日本学生選手権(インカレ)がことしも開幕。大会初日は、団体戦の1~3回戦が行われた。男子は層の厚さを示し、快勝を重ねる。女子も数々の接戦をものにして相手を下していった。2年連続となる男女そろってのベスト4入りを決め、悲願のアベック優勝へ望みをつないだ。

 男子は高知大との初戦、団体戦スコア2-0の場面で中里裕貴(スポ4=埼玉栄)・富岡寿将(社4=熊本・八代東)組が登場。このペアでの公式戦出場は、久々のことであった。幸先よく4連続得点をとり試合を始めると、第1ゲームを21-10で奪取。第2ゲームでも一度もリードを許さず、白星をつかみ取った。2回戦では、第2シングルスの吉村徳仁(スポ2=富山・高岡第一)が第2ゲームを23-21でものにし、その後逆転勝ちを収める。第1ダブルスでは相手の勢いに苦しむ場面も見られたが、団体戦スコア3-1で3回戦進出を決めた。3回戦の帝京大戦では、古賀穂(スポ3=福島・富岡)がこの日3度目のシングルス1を務めあげ、松本康平主将(スポ4=埼玉栄)もジュースにもつれ込んだゲームをものにしてそれに続く。最後は中里裕貴・小野寺雅之(スポ1=埼玉栄)組がストレートで仕留め、翌日行われる準決勝への切符を手にした。

久々に公式戦でペアを組んだ中里(左)・富岡組

 「絶対にチームのために勝つ」。今大会団体戦のみの出場となった松本茜(社2=福岡・九州国際大付)の言葉だ。1、2回戦を順当に勝ち上がった女子は、3回戦で立命大と対戦した。同時に試合が行われたシングルス1の中西貴映女子主将(スポ4=埼玉・大宮東)とシングルス2の松本茜。中西が今大会チームとして初めてゲームを落としてしまうが、隣で戦う松本茜は冷静だった。第1ゲーム、序盤は相手に主導権を握られるが、中盤の2回の連続得点で逆転。相手も粘り強く追いすがりジュースにもつれ込むがなんとかこのゲームを奪う。続く第2ゲームでもいきなり7連続失点と突き放されるが、「周りのおかげ」(松本茜)と周囲の応援を力に中盤怒涛(どとう)の10連続得点で一気に逆転すると、最後は積極的な攻撃で相手コートにシャトルを沈める。団体戦に全てを懸ける松本茜が、執念で勝利を手にした。同時に試合を行っていた中西もなんとかゲームカウント2-1で勝利。その後のダブルス1を落としたが、ダブルス2の中西・吾妻咲弥(スポ1=福島・富岡)組が激戦を制してマッチカウント3-1に。去年に引き続きベスト4進出を決めた。

チームに大きく貢献した松本茜

 『日本一』を決める大舞台。去年のインカレ団体戦では、男子が3位、女子が2位と悲願の日本一にあと一歩及ばず、悔しい思いをした。その悔しさをバネに、ことしもまた日本一が手の届くところまで来ている。この愛知の地で、ワセダ旋風を引き起こせるか。男女アベック優勝を目指し、早大バドミントン部は大会2日目に挑む。

(記事 橋本望、佐藤慎太郎、写真 佐藤菜々)

▼男子団体

▽3回戦〇3-0帝京大

シングルス1 古賀穂(スポ3=福島・富岡)○2-0(21-18、21-18)

シングルス2 松本康平主将(スポ4=埼玉栄)○2-0(21-12、23-21)

ダブルス1 中里裕貴(スポ4=埼玉栄)、小野寺雅之(スポ1=埼玉栄)○2ー0(21-14、21-14)

▽2回戦〇3-1敬和学園大

シングルス1 古賀穂◯2-0(21-15、21-9)

シングルス2 吉村徳仁(スポ2=富山・高岡第一)◯2-1(17-21、23-21、21-16)

ダブルス1 渡辺俊和(スポ2=埼玉栄)、鈴木朋弥(商2=宮城・聖ウルスラ学院英智)●0-2(8-21、13-21)

ダブルス2 中里、小野寺雅之(スポ1=埼玉栄)◯2-0(21-12、21-15)

▽1回戦〇3-0高知大

シングルス1 古賀◯2-0(21-17、21-7)

シングルス2 松本康〇2-0(21-16、21-12)

ダブルス1 中里、富岡寿将(社4=熊本・八代東)◯2-0(21-10、21-18)

▼女子団体

▽3回戦〇3-1立命大

シングルス1 中西貴映女子主将(スポ4=埼玉・大宮東)〇2-1(17-21、21-14、21-15)

シングルス2 松本茜(社2=福岡・九州国際大付)〇2-0(22-20、21-18)

ダブルス1 中村幸(スポ3=富山国際大付)、桃井伶実(スポ2=石川・金沢向陽)●0-2(19-21、18-21)

ダブルス2 中西、吾妻咲弥(スポ1=福島・富岡)〇2-1(20-22、22-20、21-9)

▽2回戦〇3-0日大

シングルス1 松岡英美(スポ4=福岡・九州国際大付)〇2-0(21-19、21-19)

シングルス2 吾妻咲弥(スポ1=福島・富岡)〇2-0(21-15、21-18)

ダブルス1 中村幸(スポ3=富山国際大付)、桃井伶実(スポ2=石川・金沢向陽)〇2-0(23-21、21-8)

▽1回戦〇3-0久留米大

シングルス1 中西貴映女子主将(スポ4=埼玉・大宮東)〇2-0(21-6、21-10)

シングルス2 松本茜(社2=福岡・九州国際大付)〇2-0(21-13、21-7)

ダブルス1 三谷奈央(文構4=香川・高松第一)、松田美架(スポ4=神奈川・茗渓学園)〇2-0(21-17、21-15)

中里裕貴(スポ4=埼玉栄)

――最後の全日本学生選手権(インカレ)ですが、この大会にはどのような思いで臨んでいますか

大学最後なので、団体戦も個人戦も優勝したいです。

――初戦は富岡寿将(社4=熊本・八代東)選手と久々にペアを組んでいましたが、いかがでしたか

楽しかったです。練習も何回かはしたのですが、結構ぶっつけ本番のような感じでした。でも前組んでいた感覚があったので、楽しくプレーできました。

――小野寺雅之選手(スポ1=埼玉栄)とのダブルスでは、インカレに向けて特に強化してきた点はありますか

東日本学生選手権でいろいろ課題が出てきていました。自分たちのかたちとしては、やはり攻撃に重点を置いていて、富岡と組んでた時とはまた動きが全然違います。埼玉栄で身に着けた感覚で一緒にやると、立ち回りもしやすいので、すぐに攻めに入る展開を多くするというのを意識しています。

――きょうはどの程度発揮できたと感じますか

いい試合ばかりだったのですが、もうちょっとしっかりできるところがあったなと思います。あしたはもっと強い相手と当るので、最初から気持ちを入れて頑張っていきたいです。

――あす以降に向けて意気込みをお願いします

優勝しか見えていないので、団体戦で優勝して、その流れで個人戦でも優勝したいです

松本茜(社2=福岡・九州国際大付)

――今回は団体戦のみの出場ですが、団体戦に懸ける思いを教えてください

自分は個人戦がない分、団体戦に照準を合わせられるから、出たら絶対にチームのために勝とうと思っていました。

――以前スランプ状態にあるというお話をしていましたが、どういう気持ちで試合に入りましたか

全然勝てないときもキャプテンとか4年生の人たちが、団体では使いたいと言ってずっと信じてくれていて、その期待にどうしても応えたくて。それは勝つことだと思っていました。今回団体戦で出番があるかわからなかったなかで、こうしてチャンスをいただいたからには期待に応えて負けたくないと思って臨みました。

――きょうの試合を振り返っていかがですか

1回戦は自分のプレーができて、終始優位に立ってプレーして、スムーズな勝ち方ができました。3回戦は自分が取らないとという思いがあって。横で中西さん(貴映女子主将、スポ4=埼玉・大宮東)が試合をしていて1セット取られてしまって。いつも先輩たちに頼ってばかりで、今まで勝てなかった分絶対に勝ちたいと思ってやっていました。結果的には自分として思い切ったプレーが競っている場面とかでもできて、それは応援とか、横で中西さんが試合をしているという安心感、そういう周りのおかげで冷静に戦えたし、勝てたと思います。

――3回戦は第1、2ゲームともに序盤相手に走られる展開になりましたが、どういう風に立て直しましたか

1セット目も2セット目も焦っていました。相手に振り回されて決め急いでいた部分があったので、ラリーをすればこっちが優位になれると思って、落ち着いて真ん中でもいいから1本1本ミスをせずにしっかり攻めていこうと思っていました。

――この接戦を勝ち切ったことで、スランプ脱出の糸口が見えたのではないでしょうか

そうですね(笑)。やっとチームのために勝つことができたのはうれしいし、自分の自信にもなりました。

――きょうの内容に点数をつけるなら何点ですか

70点ですかね。

――あと30点は何が足りなかったのですか

やっぱり同じレベルの相手とか、そういうところで勝つことができたのは良かったけど、終盤で集中力が切れちゃって連続得点を許したり、追い付かれたりとまだまだ自分の弱いところが出ていたから、最後まで集中して勝ち切るのが課題ですね。

――あしたは優勝に向けて負けられない戦いとなります。意気込みをお願いします

去年は決勝で負けてしまって、本当に悔しい思いをしました。初めて全国制覇まであと1歩のところまでいったので、余計に悔しかったです。ことしは4年生をはじめ、みんなが優勝を狙っていると思うので、試合に出たらチームのために勝ちたいし、自分の役割を果たせるようにきょうから準備をしていきたいです。