ア式蹴球部

2017.10.16

第31回関東大学女子リーグ戦 10月15日 早大東伏見グラウンド

直接対決はドロー決着…先制するも逃げ切れず

 雨が降りしきる肌寒い天候の中、前節東洋大に圧勝(○7−0)したア式蹴球部女子(ア女)は関東大学女子リーグ戦(関カレ)第6節神奈川大戦を迎えた。14分にセットプレーからFW河野朱里(スポ3=静岡・藤枝順心)が先制点を挙げると、33分にはDF渡部那月(社3=兵庫・日ノ本学園)が追加点。2点リードで折り返すが、後半に入り神奈川大の猛攻に遭い同点に追い付かれる。MF中村みづき副将(スポ4=浦和レッズレディース)が一時勝ち越しとなるゴールを決めるも再度同点にされ引き分け。首位攻防戦は痛み分けとなった。

 1位と2位の直接対決となったこの試合で先手を取ったのはア女だった。14分、CKを得ると中村が低い弾道でボールを供給。DF奥川千沙副将(スポ4=静岡・藤枝順心)のシュート性のボールを河野が収めゴールネットを揺らす。序盤から雨を含んだピッチに苦戦しバイタルエリアでの崩しが上手くいかない中、セットプレーで待望の先制点を挙げた。その後は勝ち点2差でア女を追う神奈川大にペースを握られるが、DF三浦紗津紀(スポ3=浦和レッズレディースユース)を中心とした守りでシュートまでいかせない。すると33分、再びア女に好機が訪れる。相手FKからカウンターを仕掛け、左サイドに流れた河野から渡部がパスを受ける。切り返してから迷いなく右足を振り抜くと、ボールは美しい弧を描いてネットに突き刺さり、待望の追加点が生まれた。残りの時間もボールを保持されたものの危なげなく前半を終え、2点リードのまま試合を折り返した。

またもサイドから美しいシュートを決めた渡部

 後半開始と同時にMF大井美波(社3=大阪・大商学園)に代えMF熊谷汐華(スポ3=東京・十文字)を投入し、左サイドの活性化を図る。すると開始1分、熊谷との連動したプレスで河野がボールを奪いそのままシュートを放つ。これは相手GKに阻まれるが、中村の「次の一点が勝負を決める」という言葉通り、さらに突き放しにかかる姿勢を打ち出す。さらに53分には熊谷がこぼれ球を拾いシュートを放つも枠から外れる。その後も左サイドを中心に好機を演出するも3点目を奪えないまま時計の針が進む。閉塞感が漂い始めた71分、神奈川大にパスをつながれアーリークロスをMF鈴木綾華(3年)に決められてしまう。さらにその五分後、ミドルシュートのこぼれ球を再び鈴木に決められまたたく間に同点に追い付かれる。しかしこのあとすぐ、ア女が首位の意地を見せる。80分、熊谷が左サイドを突破しクロスを上げ、渡部がシュートを放つ。一度はブロックされるも中村がすかさずゴールに押し込み、再び勝ち越しに成功する。同点に追い付かれた直後の値千金のゴール。これが決勝点になると誰もが信じて疑わなかった。しかし、ア女がリードを保てたのはわずかな時間だった。84分、クリアボールを相手FW曽根舞花(1年)に拾われシュートを許す。回転のかかったボールはGK木村優衣(スポ3=ジェフユナイテッド市原・千葉レディース)が必死に手を伸ばすも届かずゴール左隅に吸い込まれていった。勝ち越した後に許した痛恨の同点弾。試合終了をつげるホイッスルが鳴り、喜びに溢れる神奈川大イレブンを尻目にア女は悔しさを隠し切れなかった。

これが決勝点になると誰もが信じていたが…

 この試合に勝利していれば優勝へ大きく前進できただけに悔いの残る結果となってしまった。「中盤の距離感が遠く、テンポよくボールを回せなかった」と中村が振り返るように、この日はア女自慢のコンビネーションが鳴りを潜め、つまらないミスでバイタルエリアでの崩しが上手くいかない場面が目立った。また前半とは打って変わり後半は守備の軽さが目立ち、「裏に簡単にボールを入れられたり、シュートへのアプローチも甘かった」と三浦は唇を噛んだ。しかし1試合の取りこぼしが順位表を大きく動かす状況の中、首位を明け渡さない意地を見ることはできた。大混戦の関カレも残り3節、優勝へ向けたア女の戦いから目が離せない。

(記事 森迫雄介、写真 大島実咲・篠原希沙)

スターティングメンバー

関東大学女子リーグ戦 第6節
早大 2-0
1-3
神奈川大
【早大 得点者】14河野/33渡部/80中村
早大メンバー
ポジション 背番号 名前 学部学年 前所属
GK 木付優衣 スポ3 ジェフユナイテッド市原・千葉レディース
DF 29 冨田 実侑 スポ1 岡山・作陽
DF 三浦紗津紀 スポ3 浦和レッズレディースユース
DF 奥川千沙 スポ4 静岡・藤枝順心
DF 渡部那月 社3 兵庫・日ノ本学園
MF ◎5 松原有紗 スポ4 大阪・大商学園
MF 27 村上真帆 スポ1 東京・十文字
MF 平國瑞希 スポ4 宮城・常盤木学園
MF →68分 松本茉奈加 スポ1 東京・十文字
MF 10 中村みづき スポ4 浦和レッズレディース
MF 17 大井美波 社3 大阪・大商学園
MF →46分 熊谷汐華 スポ3 東京・十文字
FW 河野朱里 スポ3 静岡・藤枝順心
◎はゲームキャプテン
監督:福島廣樹(昭45教卒=東京・独協)
コメント

MF松原有沙主将(スポ4=大阪・大商学園)

――試合を振り返って

前半もリードしていたので、勝てた試合で引き分けてしまったという感じでとても悔しいです。集中して守備をしていたし、点を入れてから結構いいリズムできていたんですけど、後半は失点してからうまく立て直すことができずに引き分けてしまいました。そういう時に攻め方を統一したり、チームの共通理解をもっと深めないといけないなと感じました。

――無失点に抑えた前半から一転して、後半は3失点となってしまいました

2点リードしてるけど、次の1点が大事だからという感じで後半には気を引き締めて臨みました。後半にもチャンスはあったんですけどなかなか決め切れずに、逆に失点してしまって、相手の流れのままずるずるいってしまったなと思います。そうやって相手の流れになってしまったところを自分たちの流れに戻すことができなかったというのがさらに失点してしまうことにつながってしまったかなと思います。

――相手の印象について

個が強くて、自由なサッカーをしてくるなと思いました。そういった個人の部分で負けないことはもちろんなんですけど、いかに組織的な守備をできるかといったことだったと思います。前半はピンチもあったんですけど全員でしっかり守れていたと思います。ただ後半はあのような感じに崩れてしまったので。失点してから一対一の部分をあまりいけていなかったり、マークのズレをはっきりできていなかったので、自由なサッカーをしてくる相手に対してそういったところをもっと明確にしていかないといけないなと思いました。

――次戦への意気込みをお願いします

関カレを優勝するには本当に勝つしかない状況になってしまったので、まずは目の前の試合に集中して、あとはきょう失点してしまったので、その原因とかをしっかり考えて、チーム全員で強い気持ちを持って挑んでいきたいと思います。

MF中村みづき副将(スポ4=浦和レッズレディース)

――前半を振り返って

試合への入りは良かったと思います。雨の中ということもあってパスミス等も多かったですけど、最終的にはゴールを目指す攻撃が出来ていて、回せるところは回してサイドから裏を狙ったりして2得点できたのは非常に良かったと思います。

――2点リードして迎える後半への姿勢は

雨の中ということもあり、2点差は全く安心できる点差じゃないってのはスタッフの方からも言われていたので、次の1点が勝負を決めるということをみんな承知で取りにいったんですけど、なかなかリズムに乗れずに逆に相手に乗られてしまったかなと思います。

――きょうのご自身のプレーについて

後半の途中からボールロストする場面が多くなってしまいました。それはもちろん自分が(ボールを)受ける位置や角度が悪かったというのもあるんですけど、そこでもっと味方を上手く使えたら良かったなと思っています。

――2点差を追い付かれた後、一時勝ち越しとなるゴールを決めました

クロスが上がってきて、直接自分に欲しかったんですけど、こぼれ球がナツ(DF渡部那月、社3=兵庫・日ノ本学園)のところに入って、それがこぼれてきそうだったのでそこを狙えてたのが良かったと思います。

――きょう出た課題というのは

守備面では(相手を)ハメに行ってるのにハメきれず、相手にいなされてそのままシュートに行かれる場面が多かったですし、攻撃面ではさっき言ったように、自分のところで(ボールを)取られてしまうというのはあって、自分が悪いのはもちろんですが、もっと味方をいいところに立たせてそれを使えるようにすれば良かったとは思います。あと中盤の距離感が遠かったというのはみんな言ってたので、それを修正してもっとテンポよく回せるようにすれば良かったです。

――何かと対戦の多い神奈川大の印象は

とても雰囲気が良く、楽しくサッカーをしてるように感じました。みんな足元も上手いし流動的にボールを動かす攻撃的なサッカーをしているように思います。

――今後への意気込みを

本当はきょう勝ちたかったのですが、引き分けてしまった以上、優勝するためには今後引き分けも負けも許されない状況になったので今まで以上に気を引き締めて練習に取り組み、それをしっかり試合で出せるようにしていきたいです。

DF三浦紗津紀(スポ3=浦和レッズレディースユース)

――苦しい場面が多かったと思いますが、守備の面振り返っていかかですか

崩されたっていう印象がないのでまだ整理がついていないんですけど、やっぱり奪われた後の切り替えだったり、奪われた後に失わないボールの回し方っていうのが全然出来ていなくて、それに対する守備の対応も遅れてしまったという印象です

――前半を振り返って

前半はボールをしっかりつなぐことが出来ていて、ボールを持たれてしまってもしっかりゴールから遠ざかるような守備が出来ていたので、あまりシュートまでいかれなかったのかなと思います

――後半を振り返って

裏に簡単にボールを入れられてしまったり、シュートのアプローチにいけなかったり、そのこぼれにもいけなかったりという悪循環が起きてしまっていたので、そこが自分達が打開出来なかった原因かなと思います

――やはりそれが後半3点決められてしまった原因ですか

チームとして悪い時間や悪い流れを打開出来ないチーム状況なので、誰が仕切ってやっていくのかというのも、皆がしっかり謙虚にやっていかなければいけないなと思います

――課題や修正点など見つかりましたか

2-0から3-3にされたということは、課題だらけだと思いますし、気持ちとかだけの問題ではないと思うので。やっぱり自分達が倒しにこられる立場であるっていうのをしっかり自覚して、もっと謙虚に一人一人がやっていかないとこういう試合になってしまうと思います

――次戦に向けての意気込みをお願いします

次戦は武蔵丘短大ということで、今期まだ公式戦で1回も当たってないのでどういう相手かわからないんですけど、そういう中でも、謙虚に、相手もリスペクトしながら自分達がやらなければいけないことをしっかりやっていきたいと思います