ソフトボール部

2017.10.15

第49回秋季リーグ戦 特別ページシステム 10月14日 埼玉・早大所沢グラウンド

決勝進出ならず…東女体大にまたも喫する

TEAM
早  大
東女体大 ×
伊藤、●廣瀬―加藤
◇(二塁打)加藤

 「優勝するつもりでいたので…。本当に悔しいです」。試合直後のインタビューで、加藤千陽女子主将(スポ3=愛知・星城)は悔しさをあらわにした。「ここまできたら優勝しかない」(加藤)と意気込んで臨んだ秋季リーグ戦(リーグ戦)特別ページシステム準決勝。東女体大を相手に迎えた。3失点した直後の攻撃で同点に追いつき、リーグ戦を1位通過した相手になんとか食らいつく姿勢を見せる。しかし、5、6回に1点ずつ追加点を許し、力尽きた。3−5で敗北を喫し、最終順位は3位。目標としていた優勝には届かなかった。

 早大は試合序盤から得点圏に走者を置き、先制のチャンスにまでこぎつける。しかし、とらえたと思われた打球を放つが相手の好守に阻まれ、なかなかホームを踏むことができない。一方の守備では、先発・伊藤貴世美(スポ1=千葉経大付)が得点圏に走者を背負う苦しい場面を迎えるが、後続を凡打に仕留め得点を許さず。両者ともに『あと1本』が出ないもどかしさのある試合展開となった。試合が動いたのは4回裏。東女体の攻撃だった。1死一塁の場面で犠打処理に失敗したことで、1死一、三塁と好機を広げられてしまう。守備でのほころびから、相手に流れが渡ってしまった。2死二、三塁となり、次打者が放った打球は遊ゴロに。打ち取ったかに見えたが、遊撃手・増子奈保(スポ2=東京・日出)が一塁に悪送球。この失策で2人が生還し、先制点を奪われてしまう。その後も1点を許し、伊藤は降板。変わってマウンドに立った廣瀬夏季(スポ2=北海道・とわの森三愛)が三振に打ち取ったものの、3点を追いかける展開となった。

この日は不必要な失点が目立った

 直後の5回、それまで散発3安打に沈んでいた打線がついに奮起する。連打と四球で1死満塁とすると、2番・小野寺詩織(スポ1=千葉経大付)と3番・落合未稀(人3=栃木・大田原女)の左前適時打で同点に追いつくことに成功。勝負を振り出しに戻した。依然として1死一二塁の逆転の好機であったが、後続に安打が生まれず。東女体大を畳み掛けることはできなかった。すると、直後の守りで廣瀬は簡単に2人を打ち取り2死とするが、次打者・古谷祐花(2年)に投じた2球目を右翼フェンスの先まで運ばれてしまう。さらには6回、2死二塁の場面で一ゴロの打球処理の間に本塁を陥れられた。再び東女体大の背中を追いかける展開となったが、早大には余力が残っておらず、1番から迎えた最終回は三者凡退に倒れ決勝進出とはならなかった。

ソロ本塁打となった打球を見上げる廣瀬

 勝てる試合だった。早大が敗北を喫したのは、守備での『隙』がまだあったからであろう。格上相手の試合ではミスは許されない。「今後にどう生かすのかが大事」と加藤が言うように、最終目標はあくまで『インカレ優勝』。リーグ戦で得た悔しさを糧に、さらなる高みを目指したい。次なる戦いの舞台は10月末に控える関東大学選手権。全日本大学選手権(インカレ)同様、トーナメント形式の大会だ。インカレと同じ形式での大会は貴重な経験になるだろう。すべては『インカレ優勝』のため、実りある大会にしてほしい。

(記事 中澤紅里、写真 望月優樹)

コメント

加藤千陽女子主将(スポ3=愛知・星城)

――きょうの試合を振り返っていかがですか

きょうは、二試合とも勝って優勝するつもりでいたので、率直に悔しいです。

――きょうの試合のために一週間どのようなことを意識して練習に臨まれましたか

両チームとも強いので、自分たちがもっている力を全部発揮しないと勝てません。試合では一瞬で勝負が決まる場面があるので、そういう場面で生かせるように、一つ一つのプレーを大事にして練習をしてきました。

――試合では守備でのほころびが目立つ場面が幾度か見られました

ゴロをギリギリでとって、悪い姿勢から投げて悪送球になって2失点しました。これからあのゴロをただのショートゴロだと思って処理できるレベルまで上げていかないといけません。小野寺がセンター寄りのライナーをグラブで弾いて取れなかったというのがありましたが、今までは普通にセンター前になっていたものが触れるところまで守備範囲が広がってきているのが感じました。それは練習の成果だと思いますし、ライナーを取れるまではまだまだ練習が足りていないなとも感じました。今後にどう生かすのかが大事だと思うので、きょうの試合を関カレやインカレに向けて取り組んでいきたいと思います。

――3失点後、すぐに同点に追いつき、勝てる試合であったように思われました

同点に追いついた直後にまた打たれて反撃をされたというときに、次の回で自分たちが反撃しないといけないのに、きょうはそこまでいきませんでした。点を取られたらそれ以上にやり返すという思いを持ってやっていかなければならないと思います。

――関東大学選手権への意気込みをお願いします

関カレでは日体大と対戦するので、しっかり分析して自分たちがどう戦うのかを話し合って全員で臨んで優勝したいと思います。