庭球部

2017.10.15

全日本大学対抗王座決定試合 10月14日 早大・東伏見三神記念テニスコート

「俺たちが王座だ」!13連覇達成!

 ついに迎えた全日本大学対抗王座決定試合(王座)、運命の決勝戦。早大は13連覇を懸けて、宿敵・慶大との一戦に臨んだ。雨のために日程が延期になり、早大の本拠地で行われることとなった今回の決勝。これで引退となる4年生のためにも、ホームで有終の美を飾りたいところだ。関東大学リーグ(リーグ)では5-4と辛勝した相手だったが、「反省点をしっかり話し合って各自理解した上でこの決勝に臨めた」という小倉孝介主将(スポ4=神奈川・湘南工大付)の言葉通り、この王座という大舞台で8-1という結果を残し、文句なしの王座に輝いた。

 まずはダブルス2の齋藤聖真(スポ3=神奈川・湘南工大付)・髙村佑樹(スポ2=千葉・東京学館浦安)組がストレートで相手を下し、チームを勢いづける。「相手が一歩引いてくれたところに僕らがどんどんプレッシャーをかけられたのがすごく良かった」(髙村)。チームとしても春の早慶対抗試合、関東大学リーグと続けて黒星を喫した相手だったが、ペアで入念に作戦を練りながら勝ち取った1本は、早大にとって大きな1勝目となった。しかし隣のコートで試合をしていたダブルス3の島袋将(スポ2=三重・四日市工)・千頭昇平(スポ1=愛知・誉)組は、あと一歩及ばず敗北。「相手とどう勝負していくかという駆け引きの部分で甘さがあった」(島袋)。勝つチャンスはあっただけに、悔しい結果となった。なんとしてでもダブルスで勝ち越してシングルスにつなげたい早大。ここでダブルス1の坂井勇仁(スポ3=大阪・清風)・田中優之介(スポ1=埼玉・秀明英光)組が奮闘する。どちらが先にブレークできるかがカギを握ったこの試合。ファーストセットはワンブレークで逃げ切った慶大がものにしたが、逆にセカンドセットは早大がワンブレークを守り切った。勝敗の行方はファイナルセットへ。「相手の弱点を先に崩していければチャンスがある」(坂井)。田中が迫力あるプレーで攻め込むのに対し、坂井がテクニックを見せるなど、二人の絶妙なコンビネーションが光る。拮抗(きっこう)した状態の中でも、9ゲーム目のブレークチャンスを確実にものにした早大ペアに軍配が上がった。

最高のかたちで1勝目を挙げチームに流れを呼び込んだ齋藤(手前)・髙村組

 そしてことしのシングルスは強かった。「心が折れそうなときもプッシュしてくれた」(千頭)。応援の力も借りながら千頭が6-3、6-1という圧倒的なスコアで、まずはチーム3勝目をもぎ取る。「気持ちでは負けていなかった」と語る小林雅哉(スポ2=千葉・東京学館浦安)は、セカンドセットこそミスが目立ったものの、強気な姿勢を崩さず長時間に及ぶ激闘を戦い抜いた。あと1勝で悲願の王座優勝の瞬間が訪れる。田中が勝利すればチームの優勝が決まるという場面でルーキーに期待がかかるが、これはリーグの慶大戦と全く同じ状況だった。リーグではこの大事な場面で負けてしまっている田中。リベンジに燃える中、ファーストセットから好プレーを連発し、力強いショットで相手のリズムを封じ込めた。セカンドセットは互いに譲らぬ状態が続いたが、先にブレークされてしまい巻き返すことができない。迎えたファイナルセット、「ここできついそぶりを見せたらいけない」(田中)と自分を奮い立たせた田中。ラリー戦でも体力負けすることなく、1年生らしい伸び伸びとしたプレーで相手を翻弄(ほんろう)する。付け入る隙を見せない圧巻のプレーで、チームの勝利を決めた。優勝が決まってからは、その流れに続くように坂井、髙村、島袋の3選手が白星を挙げ、シングルスは全勝。層の厚さを見せつけた。

チームの13連覇を決めた瞬間の田中

 リーグや準決勝で敗北手前の戦いを経験したが、見つかった課題を修正し、強くなって決勝へ乗り込んだ早大。多くの選手が優勝の喜びに浸る中、小倉主将は「彼らなら絶対14連覇を達成してくれると思うので、あとは見守るだけ」(小倉)と先を見据えた。信頼を寄せる仲間へ向け、小倉が送ったエールだ。これから始まる新体制の中核を担う選手たちは、「僕らなりのいいチームをつくっていければいい」(坂井)、「プレーで引っ張っていく」(齋藤)などと、それぞれの思いを口にした。来年もこの王座という舞台で、部員全員の笑顔が見られることを願う。14連覇への道は、既に始まっている。

(記事 田中佑茉、写真 熊木玲佳、松澤勇人)

★『打倒上杉』――エース対決を制す!

試合に勝利し安堵(あんど)の表情を浮かべる島袋

 島袋と上杉海斗の試合は早慶のエース対決となった。島袋はこれまで上杉に勝ったことがなく、4年生の上杉にとってはこれが最後の学生大会。だからこそ島袋には、どうしても上杉に勝ちたいという強い思いがあった。しかしファーストセット、先に主導権を握ったのは上杉だった。上杉の狙い澄ました鋭いボールでミスを誘われ、次々とポイントを奪われる。それでもセカンドセットから気持ちを切り替えた島袋。「ラケットをしっかり振って強気でプレーすることができた」(島袋)。第2ゲームを1ポイントも落とさずにキープすると、そこから一気に流れを引き寄せた。ファイナルセットに入ってからもその勢いは止まらず、大事な場面では先に攻撃を仕掛ける。最後は島袋の放った渾身のショットに、慶大のエースも追いつくことができなかった。試合後、「『打倒上杉』という目標を達成できてうれしい」と喜びをあらわにした島袋。チームの顔が相手エースを沈めたことで、早大はシングルス完勝を果たした。

(記事 田中佑茉、写真 吉田優)

王座13連覇を果たした男子部

結果

○早大8-1慶大

ダブルス1
○坂井勇仁・田中優之介3-6、6-3、6-4逸崎凱人・畠山成冴
ダブルス2
○齋藤聖真・髙村佑樹6-2、6-2福田真大・今村昌倫
ダブルス3
●島袋将・千頭昇平6-4、3-6、4-6上杉海斗・山崎瑛二

シングルス1
○島袋将4-6、6-3、6-2上杉海斗
シングルス2
○坂井勇仁6-2、6-1逸崎凱人
シングルス3
○千頭昇平6-3、6-1甲斐直登
シングルス4
○髙村佑樹6-4、6-3畠山成冴
シングルス5
○田中優之介6-2、4-6、6-1今村昌倫
シングルス6
○小林雅哉7-6(2)、2-6、6-3韓成民

関連記事

関大に辛勝、気持ちを引き締め決勝戦へ/全日本大学対抗王座決定試合(10/13)
「隙なく、圧倒的に」。全試合ストレート勝ちで最高のスタートを切る!/全日本大学対抗王座決定試合(10/11)
王座展望~男子編~/全日本大学対抗王座決定試合(10/09)

関連特集

王座直前特集/全日本大学対抗王座決定試合(10/05)

チャンピオンスピーチ

チームをまとめ上げ、下級生から厚い信頼を寄せられた小倉主将

小倉 まずはじめに、今大会を運営してくださいました株式会社ダンロップスポーツマーケティングさまをはじめとするスポンサーの皆さま、そして全日本学生テニス連盟の皆さま、このような大会を開催してくださり深く感謝しています。そしてライバルである慶大とこの王座決勝という舞台で戦えたことをとても誇りに思います。このような結果が出せたのはOB、OGの皆さまの支えがあり、ご父兄の皆さまの支えがあり、そして日頃から一緒に練習してきたコーチ陣の皆さまの支えがあってこそだと思います。これから後輩たちがまた王座14連覇に向けて練習し、達成してくれると思うので、いちOBとしてしっかりと応援したいと思います。本日はありがとうございました。

全試合に単複出場し全勝を収めた大会MVPの坂井

坂井 まずはじめに、本大会を主催してくださった全日本学生テニス連盟の皆さま、スポンサー各社の皆さま、本当にありがとうございました。また、朝早くから夜遅くまで練習に付き合ってくださったコーチ陣の方々、OB、OG、ご父兄の方々、そして大阪から応援に来てくれたお母さんとお姉ちゃん、ありがとうございました。僕は去年の王座が終わってからことしの王座での全勝を一つの目標としてやってきたので、ことしMVPが取れて本当にうれしく思います。またらいねんもまた新しいチームが一から始まりますが、14連覇を目指して頑張っていきたいと思います。ありがとうございました。

※監督と出場選手、4年生のコメントはこちらから