その他

2017.10.15

【連載】早慶戦・全日本直前特集『不屈』第3回 川﨑茜副将×杉村麻記副将×河村奈穂

 最終回は早大剣道部を4年間支え続けてきた3人の最後の対談。川﨑茜女子主将(文4=京都・日吉ヶ丘)、杉村麻記女子副将(社4=茨城・守谷)、河村奈穂(スポ4=大分鶴崎)にあふれる早大への思いと今までの思い出、そしてこれからのことを語っていただいた。

 

※この取材は10月6日に行われたものです。

「やれることはやってきた」(河村)

関東女王に輝いた河村

――春の個人戦を振り返っていかがですか

川﨑 昔すぎてあんまり覚えてない(笑)。私誰に負けたっけ

杉村 (法大4年の)吉村(遥選手)やん。

川﨑  そっか、遥に負けたんか(笑)。

――河村さんは関東女子学生選手権1位でしたが

河村 え、私から?(笑)。

(一同) よっ、関東1位!(笑)。

河村 疑惑の1位(笑)。まあうれしかったです。

――お二人はご覧になっていかがでしたか

杉村 うれしかったよね。

川﨑 うん、うれしかった。

杉村 すごい感動しました。

――祝勝会はされましたか

河村 しました。あっ、させて頂きました。

杉村 え、なんかいつもと全然違うんだけど(笑)。

川﨑 ね、違う。猫かぶってる(笑)。

河村 被ってないよ。

杉村 いつもと声違うもん(笑)。

川﨑 クロやん(笑)。

杉村 クロや〜(笑)。

河村 え、クロって何。

杉村 今剣道部で流行っとる。

川﨑 うーん。多分話さんでいい(笑)。河村さんどうぞ。

杉村 ほら、喋って喋って。面接だと思って(笑)。

河村 えっと、全国大会でも上位を目指していたんですけど、そんな簡単にはいかず、年下の関東の子に負けちゃったので、それはとても悔しい思いをしました。

――今年は10人もの出場枠がありました

川﨑 私たちは確定枠で決まってましたね。小西波瑠(スポ3=大分鶴崎)と太田麻友(スポ2=茨城・守谷)と私たちの五人が決まってて、残りを争うっていう感じだったので。私たちも部内の決定枠っていうので出たので、その分プレッシャーはあって、関東勝って全日本出なきゃなって。4年生なのもあってそういう気持ちはありました。私たちは負けましたけど奈穂が優勝してくれたし、団体で勝ちたいっていう思いが強かったのでそんなに引きずらなかったです。

――個人を終えて、全日本女子学生優勝大会(団体戦)に向けて取り組んできたことはありますか

一同 めっちゃあったよね(笑)。

川﨑 もうすごいんで(笑)。

杉村 頑張りました。もうね、やばかったよね(笑)。

川﨑 まず、きょねんの全日本(女子学生優勝大会)の時、来年は絶対この舞台に立ちたいって思って見に行ったんですよ。で見てて、その優勝した明治大学の方と喋る機会があって、その時に合宿とかで体幹を鍛えるとかいうことをしていて、それで私たちも(体幹トレーニングを)しようと思って、その見終わった時から1年間ずっと続けてきて、っていうことが1つで。

河村 素振りもじゃない?

杉村 それが体幹だって(笑)。

河村 失礼しました。

一同 (笑)。

川﨑 体の部分ではそういうことをやってきましたね。で、心の部分で。はい、杉村さんどうぞ(笑)。

杉村 なんていえばいいんだろう。メンタルを鍛えるのかなあれは(笑)。あーとかいって(笑)。

(一同) (笑)。

川﨑 全然伝わらんやん(笑)。

河村 杉村さんのお母さんの知り合いでね。

杉村 そういうのを専門的にやっていて、クリスタルボールっていう、音が響いてそれで心を落ち着かせるっていうのがあって。めっちゃ通ってたんですけど、効果が・・・(笑)。

一同 (笑)。

河村 とにかくやれることはやってきたんですけど。

杉村 私たち毎大会前には警視庁に通ってたんですよ。

川﨑 そうですね、やっぱり出稽古でも大学の人とやるより警察の方とかとやる方が強くなると思ってたので。2、3ヶ月に1回、計3回くらいは警視庁にお世話になって、練習試合と稽古をつけてもらうっていう感じで今年始めましたね。

――学生ではない人と試合を行ってみていかがでしたか

杉村 緊張感あるよね。

川﨑 雰囲気とかも全然違って締まりました。でも普段はすごくいい人ばかりで、試合前とかもすごく応援してくださって。そういう部分でもパワーを貰えたなって思いました。

――夏合宿は振り返っていかがでしたか

川﨑 もう喋りすぎた。

杉村 いっぱい喋って(笑)。

河村 選考?

川﨑 あ、そうだね。

河村 メンバーを決めるために選考があったんですけど、すごくシビアな戦いでした。

川﨑 私たちも、それはもう全員で部内戦をしました。結果を見て決めるっていうよりも試合の内容とかを見て、監督さんや幹部が話し合って選手を決めたって感じでしたね。

――杉村さんは部内戦優勝と伺っています

杉村 よくご存知で(笑)。

一同 拍手

――2年生の活躍が目立っていたのではないでしょうか

杉村 人数もすごく多いですし。

川﨑 自主練もすごくしてます。

――では、惜しくも2回戦敗退となった団体戦についてはいかがですか

一同 悔しかったです。

川﨑 駒大のオーダー的には予想通りだったんですけど、剣風が、早大はあまりガツガツ行く人がいなくて、そういったところが審判から見て駒大の方が勢いあるな、っていう風に思われて負けたのかなと思います。実力的には私たちも負けていなかったと思うので。でも、やっぱり、実力だけではなくてその日のメンタル状況だとか。そういうところが試合に出てしまって、結果負けにつながってしまったのかなと思います。

――試合後は何か皆さんで話されましたか

川﨑 話したね。

杉村 結論言って(笑)。

河村 え、結論?

杉村 話し合った結果。

河村 え、いい子すぎた?頑張りすぎた?

川﨑 違う、ワセダにきてよかったってやつ(笑)。

河村 あ。それかあ。

一同 (笑)。

――試合後のインタビューで川﨑さん、杉村さんが言ってくださったのが印象的でした

河村 私が一番思いました。

杉村 嘘つけ。言ってないやん(笑)。

河村 本当だって(笑)。

――ワセダでの4年間を振り返っていかがですか

杉村 1年から4年まで、厳しい先輩がいらっしゃったりした時期もあったので、年によって雰囲気は違いましたよね。

――今年の雰囲気はどのような感じでしょうか

川﨑 みんながみんな仲が良い感じです。

杉村 みんなフットワーク軽めっていうか(笑)。なんて言えばいい?

河村 なめられてる(笑)。

川﨑 悪く言えばな(笑)。

川﨑 でも、後輩たちもどんどんこっちに来てくれます。

――それぞれの高校の時からの後輩について何か意識するところはありますか

杉村 私は太田には負けないように頑張ろうって思ってます。

川﨑 私はそんな後輩がいるからどうとかは別になくて。高校からずっと後輩っていうのはもちろんあるんですけど、大学は大学っていう別のチームなのであんまり高校の後輩がいるということは意識しなかったですね。

――河村選手は小西選手ともう15年の付き合いになりますが

河村 おなじみの小西ね(笑)。ずっと一緒にやってきて、ともに成長してきたので、来年は彼女が主将になるので今年以上の結果を出せるように頑張って欲しいと思います。

――きょねんから成長したことはありますか

杉村 引き技、、、決められなかったです(笑)。

一同  (笑)。

杉村 でも片手ゴテを打てるようになりました。技が増えましたね。

川﨑 なんか弱くなったな。

杉村 それはないよ。

川﨑 変わんなかったですね。でも変わっても逆にダメだったかなあって思う自分もいて。

河村 うーん。

杉村 すぐ転ばなくなったじゃん。

川﨑 体幹鍛えて(笑)。

河村 そうですね(笑)。体幹を鍛えて転ばなくなったのと、多分力強くなったと思います。

――思い出に残っている試合はありますか

一同 関東新人戦(関東女子学生新人戦)(笑)。

――早大初の優勝となりました

河村 楽しかったです。

杉村 楽しかった。今鳥肌立った(笑)。やっぱり一人一人名前が呼ばれるので。

――では個人戦ではありますか

杉村 きょねんの全日本は、私個人での全日本初めてだったのでそこで結果を残せたのはうれしかったです。

川﨑 初めてでってすごいよな。

河村 茜も初めてで2位やで(笑)。

杉村 すご過ぎる(笑)。

川﨑 いやあ、あれはあんまり試合っていう感じがしなくて、あまり印象に残ってなくって。逆に2年生のときに関東で全日本を懸けたところで負けて、そのあとに敗者復活があったんですけど、私がここで負けたら次は私か川上ゆきさん(平28年スポ卒=熊本・菊池女)のどちらかしか全日本に出れないっていう状況だったんですね。これ負けたら絶対死ぬって思って本当に必死で。これどっちかが全日本いけない、ましてや相手は先輩でっていうので。もしも私がこの試合に負けて次で先輩に勝ってしまったときとかは、もう本当に全日本に出れてなかったと思うので(笑)。なのでこの全日本が懸かってた試合が一番心に残ってますね、負けられないっていう感じで。

河村 やっぱりきょねんの関東で、結果的に優勝された明大の大亀杏さんにすぐ2本負けしちゃったのが忘れられないです。

「二人に支えられたからキャプテンでいられた」(川﨑)

――互いの印象の変化はありましたか

川﨑 きょねんもな、話したよな(笑)。

杉村 きょねんなんて言ったっけ(笑)。

河村 麻記(杉村)がギャルかと思ったとか(笑)。

一同 (笑)。

――河村さんは昨年の対談で人の話を聞かないと言われてましたが

一同 (笑)。

河村 ええ、じゃあ変わったと思うので(笑)。ちょっと聞いてみましょう(笑)。

杉村 理解ができないです(笑)。

河村 え、ちょっともっと酷くなってるやん(笑)。

一同 (笑)。

川﨑 聞こえてるけど理解できんっていう(笑)。

杉村 理解が遅いですね(笑)。

河村 こうやって言ってくるんですけど、これは愛情の裏返しだと思います。

川﨑 あ、こういう返しが上手くなりました。

河村 おい(笑)。

一同 (笑)。

――川﨑さんは主将になって変化はありましたか

河村 もうなんかしっかりしてるし、自分が一番上でしっかりしなきゃいけないっていうので、後輩に対する優しい面と厳しい面のメリハリがしっかりしてて、みんなついていくっていう感じですね。

――では杉村麻記副将は

杉村 私副キャプテンとして何にもしてないんですけど、茜が合宿とかでいない時には、代わりが私に務まるのかなとめっちゃ不安になります。

河村 でもいつもと全然変わらず(笑)。いつも通りこなしてました(笑)。

一同 (笑)。

――河村さんの印象は変わりましたか

川﨑 うーん、これ真剣な。

河村 うん、真剣に言って(笑)。

川﨑 結構試合のオーダーの時とかに相談するのが、まあ副将とは相談するっていうのが今までの流れであったんですけど、結構この二人に相談したりしてて。奈穂(河村)は何も役職は就いてないけども、すごい裏側からチームを支えてきてくれたなと思いますね。私も二人に支えられたからキャプテンでいられたと思いますね。

河村 嬉しいです。

一同 (笑)。

杉村 初めて聞いた(笑)。

――三人での思い出は

川﨑 ありすぎて覚えてない(笑)。

河村 とりあえず食べたことしか(笑)。

一同 (笑)。

杉村 いっぱい食べたよな(笑)。

河村 体づくりをちゃんとしてきて(笑)。

一同 (笑)。

杉村 よく言えばね(笑)。

河村 食トレみたいなね(笑)。

――好きな食べ物は何でしょうか

川﨑 肉とか(笑)。

杉村 (河村さんは)チョコバナナクレープ(笑)

河村 あの昔言ったやつですよね(笑)。

杉村 フルーツタルトも。(笑)

河村 本当に監督さんとかOBさんとかにいっぱいご飯に連れて行ってもらって、でいっぱい話して。

川﨑 そうだね。多分今までで一番したよね。

杉村 一番(仲が)深いよね。

川﨑 やっぱりそれだけOBの方も期待してくださってて。それで期待されすぎたなっていうのは少し思いました。

河村 恩返ししたかったんですけど。

杉村 できなかったね(笑)。

河村 食べて終わりました(笑)。

杉村 吸収して終わった(笑)。

――校内で会われることはありますか

杉村 ないよね(笑)。

河村 だって埼玉だよ(笑)。

杉村 遠い。

川﨑 どこやねん(笑)。

杉村 結構同期6人が仲良くて。

河村 みんな学部もバラバラで。でも仲良しです。

――昨日の大会では大田尚奈(人科4=山口・岩国)さんが大会実行委員長を務めていらっしゃいました。

杉村 今教育実習行ってます(笑)。

川﨑 (ワセダだと)結構いい役が回ってきますね。

――4年生は仲の良い学年だとお聞きしますが

川﨑 仲はいいけど結束力は感じないよね(笑)。

杉村 結構バラバラだよね(笑)。

――オフの日はどのように過ごされていますか

杉村 私はペットの犬を飼ってるので一緒に遊んだり散歩したりしてます。

河村 丸の内(笑)。

杉村 丸の内にこの前行って散歩させてきました(笑)。

河村 おしゃれかよ(笑)。

杉村 自転車に乗せて(笑)。

川﨑 趣味・・・。

河村 あれやん、うまいもの探し(笑)。

杉村 食べログ見て(笑)。

川﨑 美味しいもの探ししてます(笑)。

杉村 めっちゃ見つけるのうまいですよ(笑)。

河村 いつも同期会とかプライベートでもここ行こうって感じですぐ決めてくれて。

杉村 ハズレがないよね。

――河村さんはいかがですか

杉村 寝ること(笑)。

河村 ダメなやつやん(笑)。

一同 (笑)。

河村 後は、休日は友達を見つけてとにかく遊んでます。

――剣道部の皆さんで遊ばれることはありますか

川﨑 ありますね。夏何したっけ。

杉村 ビアガーデン?(笑)。

――おしゃれですね。後輩の方と遊ぶことはありますか

川﨑 個人個人でって感じですね。

――新人戦を控える後輩たちにメッセージをお願いします

河村  例年以上に良いメンバーだと思うので何も考えずに楽しんで思い切ってやって上位に上がって欲しいと思います。

杉村 やっぱり新人戦は1、2年生しか出れなくて、私も出れるものなら何回でも出たいものなんですけど、やっぱり楽しんでやったもん勝ちかな、と思うので楽しんでやって欲しいと思います。

川﨑 結構今の1、2年生はすっごい剣道好きな子が多くて、毎日練習後に自主練もしてて本当にすごいなと思ってて。そういう部分を私たちが駄目だった分、しっかり結果を残してもらって。私たちは新人戦前に引退しますけどやっぱり1、2年生が活躍してくれれば、私たちもチーム全体でやってきてよかったなと思えると思うので期待してます。

――話は変わるのですが、杉村さんは入学が決まる前に川﨑さんとお話ししたそうですが

杉村 国体?

川﨑 ああ。

杉村 よろしくね〜って(笑)。

一同 (笑)。

川﨑  ギャルやった(笑)。共通の友人がいて、京都の子が守谷に行ってて。その子つながりでちょくちょく話したっていう感じです。 でも遠征とか行ったんですけどその時は一言も喋ってないです(笑)。

杉村 怖かったです(笑)。

川﨑 よう言うわ(笑)。

――プライベートな時間が多い大学生活で仲良くなるポイントは何でしょうか

河村 やっぱり稽古後のご飯とか飲みじゃない?

川﨑 本当に食べること飲むことが好きっていうのが同期6人共通してたんで、そこから仲良くなったのかな。それがないと仲良くなれないよね。

河村 過ごす時間が多ければ多い分だけ仲良くなれると思います。

――4年間で辛かったことはありますか

川﨑 毎年の合宿ですね。

――女子の方でも一発芸をされるのですか

川﨑 ありましたね。

河村 後輩の時はめっちゃやったよね(笑)。

杉村 メドレーとかやったよね(笑)。でも女子同士だけですね。

――得意な一発芸は

河村 今年やってないもんな。何やったっけ。

杉村 人まねとか。身内ネタですね(笑)。

川﨑 先輩の真似とかな(笑)。

――辞めたいと思ったことはありますか

川﨑 ないですね。

河村 やっぱりワセダでよかったって思います。毎日思ってます(笑)。

――では一番楽しかったことは何でしょうか

川﨑 同期会、バーベキュー。

杉村 海楽しかったよね。

川﨑 きょねん合宿の翌日にみんなで集まってバーベキューしたんですけど、海の近くで。普通に男子とかに持ち上げられて海に放られるっていう(笑)。みんなびしょ濡れでした(笑)。

一同  (笑)。

川﨑 楽しかったですね。

「この3人でよかった」(杉村)

杉村。団体戦では悔し涙が頬を伝いました

――卒業後の進路を教えてください

河村 私は実業団ですね。

――お二人はいかがですか

川﨑 (剣道は)しないですね。

河村 でも多分します、彼女らは(笑)。

C

河村 でも(川﨑は)剣道部あるんで。

杉村 私はないので。

河村 なんか作ってくれるらしいんで(笑)。

川﨑 創立(笑)。

河村 OLさんが(笑)。

杉村 これから私たちは河村の応援団になります(笑)。

川﨑 河村の応援団します(笑)。

河村 差し入れよろしくお願いします(笑)。

川﨑 また食べることばっか(笑)。

杉村 (差し入れは)チョコバナナクレープ(笑)。

河村 重いわ(笑)。

一同 (笑)。

――卒業後も同期の方でお会いしますか

川﨑 したいですね。

杉村 言ってるよね、飲んでる時に。

川﨑 私がどこに行くかわからないので。どこか地方に行っても月に1回は遊びに来たいと思います。

河村 結構他の子たちは東京に残るので。

杉村 あと大田以外

河村 (地方に行くのは)大田と川﨑くらいですね。

――昨年卒業された方々と会われることはありますか

川﨑 はい。川上ゆきさんはよく道場に稽古に来てくださいます。

河村 阪本皇子さん(平28年スポ卒=長崎・島原)もわざわざ名古屋から新幹線で来てくださって。でも1試合しか見せることができなくて。

川﨑 2試合な。

河村 申し訳なかったです。間違った(笑)。

――来年も応援に来られますか

杉村 はい、行きます。

川﨑 時間があれば。

杉村 (来年も)インタビューしてもらおう(笑)。
OB枠(笑)

一同  (笑)。

川﨑 OGから(インタビュー)な(笑)。

河村 それやばい(笑)。

――話は変わりますが他大学との剣風の違いは

川﨑 他の大学に比べたらそんなに高校時代に活躍していたメンバーではないので。他の大学はもう日本一とかを取った選手がいるのが当たり前だったりして。その部分で打たないと逆に負けてしまう、向こうがやりにくいようにやるのがワセダのスタイルだ、って私たちは4年間ずっと思ってましたね。

――お互いにメッセージをお願いします

川﨑 ありがとう。

河村 それだけ?(笑)。

杉村 今までありがとう(笑)。

川﨑 まだ終わってないから(笑)。早慶戦があるんよ(笑)。

杉村 同期が試合に出てたのがこの3人なんですけど、この3人でよかったなって。すごい楽しいし。一生懸命みんなで頑張れるし、すごい私にとってありがたかったです。

河村 3人が剣道で結果を残していかなくちゃいけないメンバーで。残り3人もそれぞれ役職があって、しっかり責任を持ってやってたんです。その中で私は一番何もできない存在だったんですけど、本当にみんなに支えられて、こんなですけど、成長できたので、本当に感謝の気持ちしかないです。あと少し、よろしくお願いします。

川﨑・杉村 よろしくお願いします(笑)。

川﨑 結構前半の1、2年生の時とかから、すごい尊敬してくれたのかな。なんかそういう雰囲気がすごいあって、すごいうれしくて。本当にキャプテン決まるときも、みんなから茜しかいないっていう風に言ってもらえてうれしかったし、余計にこのメンバーで勝ちたいっていう思いがありました。結構負けず嫌いな子とか多いんですけど、でもその中でもやっぱり人の良いところは認め合って、駄目なところは指摘し合える仲だったんで。私自身もキャプテンとして、いろいろ大変なこととかあったんですけど、周りがすごくアドバイスくれたり辛いとき支えてくれたから、本当にやってこれて、本当にワセダに来てよかったし、本当にこの同期、女子は6人ですけど、後輩含めて、みんなに出会えてよかったなって思います。なので早慶戦は、絶対慶応倒します(笑)。

――早慶戦への意気込みをお願いします

河村 本当に最後の大会なので、悔いの残らないように、元気いっぱいで盛り上がって終わりたいと思います。

――今のチームの雰囲気はいかがですか

川﨑 そうですね。まず今週男子があるので、男子に頑張ってもらいたいです。そのあと、最後、やっぱり後輩たちも多分すごい、この4年生に勝ってもらいたい、いい思いしてもらいたいって思ってくれてるはずなので、しっかりみんなでその期待に応えて、美味しいお酒を買って飲みたいって思ってます(笑)。

杉村 やっぱり最後の大会になるので、私先鋒で出るんですけど、最初からチームの勢いを、ワセダの方に持っていけるように精一杯戦って、この3人で戦うのも最後なので、もう絶対勝ちます!

川﨑 寂しい・・・。

――早慶戦はうれし泣きで終わるということでしょうか

杉村 (団体戦で)早スポさん泣かせちゃったから(笑)。今度はうれし泣きします。なのでまた泣いてください(笑)。

一同 (笑)。

川﨑 この三人が泣いたら寄っていこ(笑)。

――剣道にはこれからも関わっていきますか

杉村 私はもう、試合出るとかプレイヤーとしてはもうやらないと思うんですけど、同期が出てたら応援に行ったり、後輩の応援をしたりとか、そういう部分で携わっていきたいです。

川﨑 私もです(笑)。

杉村 以下同文(笑)。

河村 (実業団でも)活躍されている先輩方が多いので、見習って、ちょっとずつ頑張ります。

――ありがとうございました!

(取材・編集 松本一葉、佐々木まどか、千葉洋介)

ラストイヤーの3人が選んだのは「恩返し」でした

◆川﨑茜(かわさき・あかね)(※写真中央)

1996年(平8)1月20日生まれ。身長163センチ、O型。京都・日吉ヶ丘高出身。文学部4年。対談でも他の二人からの熱い信頼が伝わってきました。食べログで美味しい店を見つけるのが得意だそう。プライベートでも部内でも部員の心と胃袋をしっかりつかんでいらっしゃいました。!

◆杉村麻記(すぎむら・まき)(※写真左)

1996年(平8)3月1日生まれ。身長163センチ、B型。茨城・守谷高出身。社会科学部4年。少し泣きそうになりながらもお互いへのメッセージを語るその姿勢に、ただならぬワセダへの愛を感じました。クリスタルボールに通って身につけた精神力で早慶戦では勝利を飾り、嬉し涙を流してくれることでしょう!

◆河村奈穂(かわむら・なほ)(※写真右)

1995年(平7)12月10日生まれ。身長165センチ、AB型。大分鶴崎高出身。スポーツ科学部4年。川﨑選手にも返しが上手くなったと褒められた河村選手。ユーモアのあるボケとツッコミで場を盛り上げて下さいました。卒業後も他の二人からの差し入れ、チョコバナナクレープを食べて日本一に輝いて下さることでしょう!