庭球部

2017.10.11

全日本大学対抗王座決定試合 10月11日 東京・有明テニスの森公園

王座初日、女子部は全勝で好発進

 団体戦として集大成となる全日本大学対抗王座決定試合(王座)がついに開幕した。女子はダブルス2試合、シングルス3試合で勝敗を争う。初戦の相手となったのは、九州代表の鹿屋体大。11連覇中の女王としての実力をいかんなく発揮し、5-0と全勝で勝利した。

 王座では関東大学リーグからシングルスが2本減る分、ダブルスでの勝利が重要となる。ダブルス1で登場したのは、細沼千紗女子主将(スポ4=東京・富士見丘)・下地奈緒(社1=沖縄尚学)組だ。第1ゲームからブレークし強さを見せつけるも、王座初出場となった下地に緊張からかミスが出てしまう。そんな中、王座4年目の細沼がフォローに入り、6-2でファーストセットを奪取。セカンドセットには下地も調子を上げ、6-2、6-2で勝利した。また、ダブルス2には大矢希(スポ3=愛知・名古屋経大高蔵)・清水映里(スポ1=埼玉・山村学園)組が登場。関東学生トーナメントの女王らしい、確実なショットで相手を圧倒。6-1、6-0で早大に勝利をもたらした。

ダブルス1として出場した細沼(右)・下地組

 シングルス3としてまずシングルスに挑んだのは、4年生にして初めての王座出場となった金井綾香(社4=東京・早実)。「ずっと王座に出たいという気持ちがあった」(金井)という思いが前面に出た試合内容に。力強いショットで付け入るスキを与えず、6-0、6-1で相手を下し、早大の勝利を確実なものとした。シングルス2には、ダブルスに続いて細沼が登場。6-0、6-1と実力差を見せつけた。シングルス1には全日本学生選手権においてシングルスで優勝を収めた清水が登場。「(清水の相手は)結構強い相手だと聞いていた」(細沼)といっただけに、ジュースで競り負ける場面も見えたものの、清水らしい伸び伸びとしたプレーで6-3、6-2と白星を挙げた。

王座初出場となった金井

 単複共に相手を圧倒し、5-0と良いスタートを切った早大。次戦の準決勝では、関西王者でもある関大と対戦する。鹿屋体大戦より厳しい戦いが予想されるが、「今までで一番いい雰囲気、チーム状況」(金井)という中、一人一人が自らの役割を果たし、プレーを出し切ることができれば、必ず勝利につながるだろう。準決勝で弾みをつけ、決勝戦へ少しでも良いかたちで勝ち進みたい。

(記事 中村朋子、写真 熊木玲佳)

結果

2回戦

○早大5-0鹿屋体大

ダブルス1
○細沼千紗・下地奈緒6-2、6-2英凪紗・今凪沙
ダブルス2
○大矢希・清水映里6-1、6-0長嵜悠・平原美咲

シングルス1
○清水映里6-3、6-2今村凪沙
シングルス2
○細沼千紗6-0、6-1英凪紗
シングルス3
○金井綾香6-0、6-1長嵜晴香

関連特集

王座直前特集/全日本大学対抗王座決定試合(10/05)

コメント

細沼千紗女子主将(スポ4=東京・富士見丘)

――全日本大学対抗王座決定試合(王座)初戦を迎えるにあたってのチームの雰囲気はいかがでしたか

きのう最後の練習とミーティングを行なって、一人一言ずつ何か言う場を設けているのですが、そこで一人一人の優勝したいという思いが強いなと感じました。初戦から強い相手で危機感はあったのですが、結果として大差をつけることができて良かったと思います。

――試合前チームにはどのような言葉を掛けましたか

王座ではダブルスで2-0にすれば本当に有利になるので、とにかくダブルス2-0にして、シングルスは後に続こうと話しました。

――ご自身の試合についてはどう振り返りますか

下地(奈緒、社1=沖縄尚学)がすごく緊張していて、ハイタッチするときも手が震えていたので、自分が1年生で王座に出たときもこうだったなと思いましたね(笑)。ファーストセットは硬さもあったのですが、セカンドセットからは徐々に自分たちの良さが出てきたので、初戦としてはまあまあの出来かなと思います。シングルスは、団体戦では緊張するとかはあまりないので、自分から声を出してチームを引っ張っていこうという気持ちでプレーしました。

――5-0という結果についてはどう評価しますか

清水(映里、スポ1=埼玉・山村学園)の相手が結構強いと聞いていて、もしかしたらファイナルセットまでいくかなと思っていたのですが、清水も伸び伸びとやってくれた結果勝つことができたので、そこは良かったと思います。5-0という結果には満足しています。

――最後に、次戦への意気込みをお願いします

関西1位の大学でかなり強敵ではあるのですが、そこを5-0で勝てれば決勝に向けて弾みがつくと思うので、絶対5-0で勝ちます!

金井綾香(社4=東京・早実)

――王座初戦を迎えましたが、チームの雰囲気はいかがでしたか

みんなのことを信頼し合えていて、早慶戦(早慶対抗試合)、リーグ戦(関東大学リーグ)とあった中で今までで一番いい雰囲気、チーム状況だったのではないかなと思います。

――4年目にして王座初出場になりました。どのような気持ちで臨みましたか

入学してからずっと王座に出たいという気持ちはあって、王座に出る難しさはこの三年で身に染みて感じていたので、出場するチャンスをいただけたからには4年生としても絶対チームに1勝を持って帰りたいなと思っていました。

――実際に戦ってみて、リーグとの雰囲気の違いなどは感じましたか

自分のプレーができれば絶対勝てるという自信はあったので、勝つ負けるというよりは内容を重視して無駄な1ポイントがないようにというところで、いいプレーができたかなと思います。

――調子も良さそうでしたね

まだまだ直さなくてはいけない場所はありますが、全体的にはサーブとフォアで自分のプレーができていたなと思います。

――あす以降に向けて

あしたからすごく長い戦いになると思うのですが、4年生としてどんなかたちであれチームに貢献していきたいなと思っています。