準硬式野球部

2017.10.10

秋季東京六大学リーグ戦 10月9日 早大東伏見グラウンド

高橋の一発で法大に勝利

                  

法大2回戦
法大

早大
(早)◯杉山―吉田龍
♢(本塁打)高橋 (二塁打)笹井、鈴木夏

 大事な法大との一回戦に敗れてしまった早大。負けると自力優勝がなくなるきょうの試合は絶対に負けられない。先発を任された杉山周平(教2=神奈川・山手学院)。危なげのない投球で法大打線をわずか3安打に抑える快投を披露する。春のリーグ戦で打ち崩せなかった相手投手を捉えられないでいた打撃陣だったが、6回走者を二塁に置いた場面で高橋峻介(人4=秋田・横手)に先制の本塁打が飛び出し先制する。8回にも相手の守備の隙をついて一点を追加して勝利をつかんだ。

 大事なマウンドに上がったのは杉山。下級生ながらチームで重要な役割を担っている投手だ。初回、走者を出すものの、森田達貴(スポ3=埼玉・県浦和)の好守備にも助けられ無失点に抑える。その後も、きょうの試合三塁手としてスタメン出場した今駒顕二郎(教3=東京・早大学院)の好守備にも助けられるなどスコアボードにゼロを重ねていく。5回以降は安打を打たれることなく法大を完璧に抑え込み3安打完封勝利。守備陣も集中力を切らすことなく最後まで守りきり好投の杉山を支えた。

杉山の投球は文句無しだった

 初回、スタメン起用された先頭打者の今駒が安打で出塁すると、続く森田の打球の処理を相手選手が誤るなど無死二、三塁の好機を作る。しかし、この好機の場面で中軸の選手に一本が出ず無得点に終わりきのうの嫌な記憶がよみがえる。3回にも先頭打者の杉山が安打で出塁すると、今駒も内野安打で出塁し好機を作る。続く森田は犠打で走者を進め好機を広げる。しかしこの場面でもまたもや中軸の打者に一本が出ず得点できない。試合が膠着状態になってきたかに思われた6回。二塁打で出塁した笹井健佑(社4=東京・早実)を得点圏に置いて迎えた打者は高橋。初回の好機では併殺打に倒れていたがこの打席では違った。インコースのボールを思い切り振り抜くと「打った瞬間フェンスは超えた」と振り返るように強烈な打球がレフトの頭を超え値千金の先制本塁打。8回にも笹井が安打で出塁すると、この試合好機で一本が出ていなかった鈴木夏亥副将(社4=東京・早実)が右翼へ安打を放つ。笹井の一つ先の塁を目指す走塁が相手の守備の乱れを誘い1点を追加した。ワセダの高い走塁意識がもたらした1点だった。

先制の本塁打を放った高橋

 負ければ自力優勝がなくなるという難しい試合を勝利したワセダ。守りからリズムを作るワセダらしい試合展開だった。好投した杉山はもちろんのことだが、数多くの好守を見せ杉山を助けた守備陣の頑張りが高橋の本塁打につながったに違いない。負けられない試合はまだまだ続く。明日の第3戦も守備からリズムを作る野球で勝利を掴みたい。

(記事 写真 藤本壮汰)

コメント

高橋峻介(人4=秋田・横手)

――ナイスホームランでした

はい、ありがとうございます。

――打ったボールはどのようなボールでしたか

真ん中のちょっと抜けたインコース気味のボールだったんですけど体が反応して打ったという感じです。

――感触としてはどうでした

打った瞬間フェンスは超えるなと思っていたんで、後はポールを巻け巻け切れるなと思いながらボールを見ていました

――相手投手をなかなか打ち崩せずいましたが打席に立ったりしてどのように見ていましたか

きのうの試合で相手投手に苦戦させられたということもあってチームとして決め事を決めてみんなで共有して打とうというふうに決めてそれを意識した結果かなと思います。

――秋のリーグ戦では多くの試合でクリーンアップを打っていますが打撃の調子はいかがですか

僕自身打撃にムラがあるタイプなのですが、毎試合毎試合コンスタントに打てているので春に比べると改善できているところかなと思います。

――あしたの試合への意気込みをお願いします

あしたの試合に勝つと勝ち点も取れて優勝もまだまだあるので全力でプレーして勝ちたいと思います。