準硬式野球部

2017.10.08

東京六大学秋季リーグ戦 10月8日 早大東伏見グラウンド

黒須「相手が上だった」一発に沈む

法大1回戦
早大
法大 ×
(早)●黒須、田中宏―吉田龍
◇((二塁打)森田

 「あそこまで完璧に打たれるとは思っていませんでした」(黒須裕太、人4=栃木・真岡)。チームの大黒柱は6回に浴びた決勝本塁打を振り返ると、思わずうつむいた。打線は初回に先制点を挙げたがそれ以降は相手投手を攻略できず。好投する黒須を援護できなかった。東京六大学秋季リーグ戦(秋季リーグ戦)でここまで6戦全勝と勢いのある法大を止められず、大事な初戦を落とした。

 1番・森田達貴(スポ3=埼玉・県浦和)が右翼線への二塁打で出塁。その後、無死一、三塁と好機をつくったが笹井健佑(社4=東京・早実)が併殺打に倒れてしまい、初回は1点止まり。それ以降は多種多様な変化球を駆使し、早大打線をのらりくらりとかわしていく相手サウスポーの術中にはまっていった。それでも6回にこの日が22歳の誕生日だった吉田康佑(先理4=東京・早実)が失策で出塁する。ここは確実に二塁へ走者を送りたい場面だったが、森田がバントをさせてもらえず好機を広げられない。初回以来に先頭打者が出塁した回だったが、無得点に終わってしまった。
 2回に同点に追い付かれながらなんとか強力・法大打線を抑えてきた黒須だったが、味方が得点機を逸した直後に痛恨の一発を浴びた。先頭の4番打者を打席に迎えると、初球、変化球で様子を見たのちの2球目・内角への甘いスライダーを完璧に捉えられ、打球は右翼フェンスを越えていった。同打者を警戒し、前の打席から外角球を意識づけておいたのにも関わらず浴びた一発に「あの一球をミスショットしない相手バッターが上だった」(黒須)と脱帽。中盤に痛い失点を喫した。

調子が悪いながら6回2失点と踏ん張ったエース黒須

 勝ち越しを許した早大は打線も意地を見せたいところだったが、なかなか連打が生まれず。好機らしい好機もなく、試合はあっという間に最終回へ。内野安打で塁に出た鈴木夏亥副将(社4=東京・早実)を一塁に置き、2死で矢坂颯雅(社4=東京・早実)。その矢坂が放った打球は右翼線へ転がっていく。これを見て一塁走者の鈴木夏が本塁へ激走するが、クロスプレーでタッチアウト。あとわずかなところだったが、1−2の1点差で敗れた。

決死のスライディングもわずかに届かず…

 この日は、連打は初回のみで適時打はなし。いまいち打撃の調子が上がらないところが今季の不安材料だ。あす負けると、秋季リーグ戦の自力優勝の可能性が消滅する。しかし早大は下級生の時からレギュラーとして出場する多くの4年生野手を擁する。実りの秋とするためこのまま引き下がるわけにはいかない。2回戦で雪辱果たせるか。

(記事 加藤耀、写真 金澤麻由)

関連記事

勝ち点獲得!完封リレーで東大に完勝/東京六大学秋季リーグ戦(9/26)

新戦力の活躍もあり東大に快勝/東京六大学秋季リーグ戦(9/25)

コメント

黒須裕太(人4=栃木・真岡)

――きょうの投球を振り返って

先制点を取ってもらって、楽に投げられたと思うんですけどやっぱり強力な法大打線ということで丁寧に投げようと思っていました。ただ丁寧に行こうとしすぎたせいでカウントが悪くなってしまって、結果的に打ち取ることはできていましたが、後手後手なピッチングになってしまいました

――序盤、マウンド上で首をかしげたりする様子も見られました。投げている球と自分の感覚がズレていたのでしょうか

そうですね。本当に自分が思ってる球を投げることができなかったのですが、結果として打ち取っているというかたちでした。攻めたピッチングと言うよりも守りのピッチングをして長打を避けよう、避けようというピッチングになっていたと思います。

――ただそれでも被安打5の内、4本が長打でした

甘いところにボールがいったときに法大打線が打ってきていたのでそれが4本の長打につながったと思います。やはり甘いボール逃さないというところが法大打線の凄いところだと思います。

――またきょうはいつもよりゴロアウトよりフライアウトが多かったと思いますが

自分のピッチングは、調子がいい時はボールが低めに集まってゴロが多くなるのですが、きょうは高めに浮いたボールが多かったのでフライが多かったですね。

――試合中はどんな試合展開を想定していましたか

勝つとしたら接戦だと思っていたので、点差を開かせない、余計な点を与えないことを意識していました。その通りにいったんですけど最後まで逆転できなかったのが痛かったですね。

――決勝点は6回に浴びたソロ本塁打でした。あの場面を振り返って

インコースのスライダーでした。若干甘く入ったと思うんですけど、それでもその前の打席からずっと外を見せておいてからのインコースだったのであそこまで完璧に打たれるとは思っていませんでした。いやあ、もう本当にあの一球をミスショットしない相手バッターの佐々木(勇哉、2年)が上だったのかなと思います。

――あらかじめマークしていたということですね

そういうことですね。

――1回戦を落としました。あした以降の意気込みを

勝ち点取れるように、ここから連勝できるように頑張っていきたいと思います。