バレーボール部

2017.10.08

秋季関東大学リーグ戦 10月8日 神奈川・青学大相模原体育館

要所のミスで粘り切れず 因縁の嘉悦大に敗北

 依然として力の差があった。この日の対戦相手の嘉悦大には、去年の秋季関東大学リーグ戦(秋リーグ)の入れ替え戦で敗れ、2部降格となった苦い過去がある。再び1部に舞い戻った早大は、雪辱を果たさんと序盤から攻撃的なバレーを展開しリードを奪う。しかし力み過ぎたか、肝心な場面でミスが生じ、点差を覆されるとそのまま流れを取り戻せず。セットカウント0-3(20-25、18-25、18-25)でストレート負けを喫した。

 立ち上がりは好調だった。序盤から森佳央理(スポ3=群馬・高崎女)がスパイク、フェイント、さらにはブロックポイントで3連続得点を挙げリードを奪うことに成功。試合は早大ペースに見えたが、ここからが問題だった。スパイクを打つチームという相手のイメージに囚われ、相手セッターのツーアタックを皮切りに、虚をついたフェイントで失点、たちまち逆転を許してしまう。その後レフトからは富澤結花(スポ2=東京・文京学院大女)が強烈なスパイクを放ち、ライトからは井上裕利恵(スポ1=岡山・就実)がブロックアウトを奪う健闘を見せるも、空いたスペースを見逃さない嘉悦大のフェイントに大苦戦。「もっと柔軟に対応できればよかった」(富澤)と先入観があったことを悔やんだ。

先陣を切って得点を挙げた森

 続く第2セットでは中川知香副将(スポ4=神奈川・川崎橘)の外のコースを狙ったスパイクで先行すると、一進一退の攻防を展開。試合の流れが変わったのは最近の早大の得点源となっている浅野泉里(文4=岐阜)が速攻を決め15-15になった直後だった。ここにきてレシーブやスパイクのミスが勃発。たちまち引き離されると最後は相手の4連続得点で失セット。点を取りきれない歯がゆさを味わった。続く第3セットでは相手がサーブミスをするまで無得点で6点を献上し、第1、第2セットから一転追う展開に。先日ピンチサーバーとして活躍したルーキー吉内文(スポ1=山口)を投入し挽回を図るも追いつくには至らず。因縁の相手との1戦は、またも早大の敗北に終わった。

レフトからスパイクを打つ富澤

 失点してはならない場面でのミスに泣かされた試合であった。攻撃面では1部で戦う術を確立させつつある早大だが、一方で得意なはずの粘りのバレーは影を潜めている。相手の速く、強いスパイクに対応しきれていないことが原因だが、裏を返せば失点を減らす伸びしろがあるということだ。念願の1勝に向けて、成長するしかない。

(記事、写真 坂巻晃乃介)

セットカウント
早大 20-25
18-25
18-25

嘉悦大
スタメン
レフト 中川知香(スポ4=神奈川・川崎橘)
レフト 富澤結花(スポ2=東京・文京学院大女)
センター 浅野泉里(文4=岐阜)
センター 森佳央理(スポ3=群馬・高崎女)
ライト 井上裕利恵(スポ1=岡山・就実)
セッター 芹澤友希(スポ4=茨城・土浦日大)
リベロ 飯田友美(商2=長野・諏訪清陵)
リベロ 河治えみり(社1=北海道・旭川実)
コメント

富澤結花(スポ2=東京・文京学院大女)

――きょうの試合を振り返って

きのうよりも自分たちのバレーが、特にブロックとレシーブの関係ができなかったです。全部やられたって感じでした。

――第1、第2セットでは先行しましたが、そこも自分たちのバレーはできていなかったということでしょうか

先制できていても、いいところで自分たちがミスをしてて。そういうところは自分たちのやりたいバレーじゃないかなと思います。

――きょうは相手に打ち込まれたというより空いたところに落とされることが多かったですが、レシーブについては

すごく打ってくるチームだとみんな思っていて、ガチっと固まっていたと思います。そこを不意についてフェイントを決められたという感じだったので、もっと柔軟に対応できればよかったなと思います。

――第3セットでは相手のリードを詰められない展開になりましたがそうなった要因などはありますか

最初にスコアが5-0とかになると雰囲気も悪くなって、巻き返せない感じになっちゃいました。どんなに(点を)離されても追いついて行こうという雰囲気にできればいいのかなと思います。

――明日の順大戦に向けて意気込みをお願いします

3連戦で疲れてるんですけど、それは相手も同じ状況だし、きょう筑波大に勝ってすごく勢いに乗っていると思うので粘って頑張りたいと思います。