ソフトボール部

2017.10.01

第49回東京都大学連盟秋季リーグ戦 9月30日 東京・あきる野市民球場

ルーキーも躍動! 打線かみ合い3連勝

総当たり戦
早 大
中 大
○杖子、山内、石井、杖子(再)-実重
◇(二塁打)実重、浅田 ◇(本塁打)石井

 東京都大学連盟秋季リーグ戦(リーグ戦)を戦う早大は、第3戦で中大と対戦した。この日もスタメンを大きく変更して試合に臨んだ。試合は、初回に1点を失い、新チーム発足以降初めて追う展開となる。しかし、3回に石井智尋(スポ1=千葉敬愛)の本塁打で追いつくと、その直後に4連打と打線がつながり逆転。5回にも打者9人の猛攻で5点を奪い、試合を決めた。9-4で快勝し、開幕からの連勝を3に伸ばした。

 初回の攻撃が三者凡退に終わると、その裏の守備で先制を許した。先発の杖子量哉(スポ3=岡山・新見)が先頭を歩かせてしまうと、中大の2番打者・増田尚弥(1年)がセーフティーバントを仕掛ける。勢いは殺されず、鋭く転がった打球は、がら空きとなった二塁手の定位置付近へ向かった。この打球処理の間に一塁走者が本塁に生還。虚を突かれるようなかたちで状況判断の迷いが生まれ、追いかける展開となった。「(立ち上がりは試合に対して)心の準備というものがしっかりできていなかった」(鳥岡健主将、スポ3=岡山・高梁)。2回の攻撃も、併殺打が出るなど淡白な攻めに終始したが、3回に先頭打者の石井が中堅へ柵越え本塁打を放つと、早大はようやく目を覚ました。「流れに乗りたいなと思って、思い切って振っていった」と高橋尚希(スポ1=宮城・泉館山)が左前打で続くと、実重僚右(人3=高卒認定)の中前打に相手の送球エラーが絡んで勝ち越し。さらに、2番・浅田剛志(スポ1=大阪・清風南海)の左前打で追加点も奪った。高橋と浅田はこの日が初スタメン。「(二人は)良い流れを持ってきてくれた」と鳥岡主将も目を細めた。

本塁打を放ち、ダイヤモンドを一周する石井。一振りで雰囲気を変えた

 杖子が4回を1失点にまとめ、2点リードのまま迎えた5回表に、早大が再び試合を動かした。1番・丹野太郎(スポ2=兵庫・滝川)が無死から出塁し、後続の打者が好機をつくると、4番・鳥岡、6番・織部雅之(スポ2=宮崎南)、代打・石田裕樹(スポ1=福島東)がそれぞれ適時打を放ち、5点を追加。大きく点差を広げた。これで勝利をほぼ手中に収めた早大は、この日も1年生投手をマウンドに送る。5回に登板した山内壮起(スポ1=千葉・成田国際)は、柵越え本塁打を浴びるなど3失点。6回のマウンドを任された石井も、3者連続で四死球を与えるなど、二投手ともに苦しんだが、この経験を生かしたさらなる進化に期待がかかる。

指名選手起用で初スタメンの浅田は2安打の活躍

 初回、内野ゴロ3つで終えた攻撃が失点につながり、相手の攻撃を三者凡退に抑えた2回と4回の守備は、直後の複数得点につながった。攻撃と守備は表裏一体であることや、リズムの重要性を再確認させられた試合だったといえるだろう。次週は、国士舘大と日体大との対戦が控える。ともに9月の全日本大学選手権のファイナリストであり、代替わりが行われたとはいえ全国トップレベルの強豪であることに変わりはない。「一歩も引かず前のめりに戦っていくしかない」(鳥岡)。日本一を目指す上で避けては通れない2チームに対し、新チームとしての初顔合わせでインパクトを残せるだろうか。

(記事、写真 守屋郁宏)

関連記事

電光石火の先制劇! 13得点を奪う猛攻で東大を圧倒/東京都大学連盟秋季リーグ戦(9/25)

コメント

鳥岡健主将(スポ3=岡山・高梁)

――毎試合スタメンを入れ替えて臨んでいますね

高杉監督(聡、平10人卒=群馬・前橋育英)とご相談させていただいて、この秋リーグはいろんな打順のかたちを試してみましょうという話をさせていただきました。毎週試合のスタメンというのは変わっていっているんですけど、現状の自分たちの力で何がベストな打順なのかということを試しているというような意図があります。

――きょうは初回に先制を許す展開となりました

そこに関しては完全にこっちが隙だらけだったというところで、試合の入りの雰囲気というところからもそうだし、自分たちの気持ち、心の準備というものがしっかりできていなかったのかなと思います。強いチームはそんなことはないだろうし、自分たちの弱さが出た典型的なものだったと思います。

――その後試合をひっくり返した攻撃についてはいかがですか

きょうは2番と8番に1年生の初スタメンの人を使ったんですけど、その人たちが起点となって良い流れを持ってきてくれたので、それは良かったかなと思います。

――守備ではこれまでの試合とは違って、杖子選手(量哉、スポ3=岡山・新見)が長いイニングを投げましたね

そうですね。杖子が結構長いイニングを投げてくれて、野手も杖子のリズムだとかをより知れたと思うので、試合の中でのリズムというのをきょう経験できたということを、来週は国士舘や日体大と(試合をする)ということになるので、そこで生かして守備をやっていければいいかなと思います。

――1年生投手についてはどう見ていますか

山内(壮起、スポ1=千葉・成田国際)と石井(智尋、スポ1=千葉敬愛)に関しては、しっかりバッターと勝負できていると思うので、あとは経験を積んでいくというところと、あとは登板していない1年生や2年生のピッチャーもいるので、そういう人たちがいい具合に育ってくればチームは底上げされてくるのかなと思います。

――3連勝となりましたが、来週はインカレのファイナリストの2チームと連戦です

僕らは(インカレで)結果を残していないので、その分ぶつかっていくだけだと思うし、一歩も引かず前のめりに戦っていくしかないと思っているので、頑張りたいと思います。

高橋尚希(スポ1=宮城・泉館山)

――初スタメンでしたがいかがでしたか

最初は少し緊張しましたけど、ヒットも出て楽にできたのかなと思います。

――先制した直後のヒットは、試合の流れの中でも大きな一打だったと思います

その前の石井がホームランを打って、その流れに乗りたいなと思って、自分も思い切って振っていった結果、ヒットが出ました。良かったなと思います。

――三塁手のポジションは、石田選手(裕樹、スポ1=福島東)と1年生同士でのスタメン争いになっていますね

前の代の4年生の塩沼さん(泰成、スポ4=福島・安積)が抜けて、サードが1年生二人ということで、ライバルとして一緒に戦っていければいいかなと思います。

――来週には強豪との連戦が控えますがいかがですか

(自分が)いつ試合に出るかはわからないですけど、出た時は自分のできることをしっかりやりたいと思います。