バレーボール部

2017.09.30

秋季関東大学リーグ戦 9月30日 神奈川・小田原アリーナ

流れを取り戻せず、日女体大にストレート負け

 開幕から2試合連続の黒星スタートとなった早大。何とか白星を挙げたい中、この日挑んだのは日女体大。第1、第2セットは中盤まで早大がリードする互角の争いを見せたが、第2セット終盤の6連続失点以降流れは日女体大に。第3セットでは大差をつけられ、セットカウント0−3(23−25、20−25、9−25)でストレート負け。またしても勝利をつかむことはできなかった。

 立ち上がりは相手のミスもあり3連続得点、好スタートを切る。攻めては井上裕利恵(スポ1=岡山・就実)や森佳央理(スポ3=群馬・高崎女)が強烈なスパイクを決めるなど早大がリードする展開が続く。しかし終盤に入ると早大のサーブミスも目立ち、徐々に流れは相手側に。その後は体格の良さを生かした力強いスパイクを連発され一気に逆転されてしまう。早大も『粘り』の攻撃でスパイクミスを誘い必死に食らいつくも最後まで追い付けず23−25で惜敗。第1セットを落としてしまった。気を取り直して迎えた第2セット。浅野泉里(文4=岐阜)の連続得点や相手のスパイクミスもあり、またしても序盤からリード。流れは早大に。次こそはリードを守り抜き、1セットを取り返せるかのように思われた。

 きょう攻め手となった井上

 しかし、19−17から相手のスパイクと早大側のタッチネットで連続失点すると、あっという間に追い付かれてしまう。その後は日女体大のブロックを崩すことができずなかなか攻撃が決まらない。何度もはじき返される中でレシーブにもミスが連発し気づけば4失点。そのまま悪い流れは断ち切れず第2セットも相手に許してしまう。もう後がない第3セット、早大はどうにか1セットを奪い返したかったがコートを支配したのは日女体大のリベロ・森田茉莉(2年)。森や中川知香(スポ4=神奈川・川崎橘)のスパイクはどこまでも拾われ続け得点できない。一方のブロック陣は相手のセンター・北山きすみ(4年)、レフト・鶴田佳菜(3年)の重く早いスパイクに対応できず、大量得点を許してしまった。早大は終始攻められ続け、9−25と大差で敗北。2試合連続のストレート負けを喫した。

 懸命にスパイクを打ち込む森

 相手の鋭いスパイクと頑丈な壁の前に自分たちのプレーができなかった今回の試合、攻守両面において課題が浮き彫りになった。あす対戦する日体大は春季関東大学リーグ4位の強豪だ。気持ちをしっかりと切り替え、ワセダらしいプレーで初白星を飾りたい。

(記事 松本一葉、写真 川浪康太郎)

セットカウント
早大 23-25
20-25
9-25

日女体大
スタメン
レフト 中川知香(スポ4=神奈川・川崎橘)
レフト 富澤結花(スポ2=東京・文京学院大女)
センター 浅野泉里(文4=岐阜)
センター 森佳央理(スポ3=群馬・高崎女)
ライト 井上裕利恵(スポ1=岡山・就実)
セッター 芹澤友希(スポ4=茨城・土浦日大)
リベロ 河治えみり(社1=北海道・旭川実)
コメント

森佳央理(スポ3=群馬・高崎女)

――立ち上がりはよかったように見えましたが、振り返って

先週の松蔭大との対戦から、自分たちのバレーをしっかりやろうと試合に臨みました。出だしは相手のミスに助けられてこっちが雰囲気をつくれたというのがあったのですが、次からは相手のミスで助けられるのではなく自分たちで(雰囲気を)つくっていきたいです。

――第2セットの中盤から流れが変わりましたが

先にこっちが20点取ったのですが、20点以降意識してしまって、その時うしろにいたので何もできなくて、弱気になってしまった部分がありました。

――前回足りなかった「粘り」の部分に関してはいかがですか

相手のブロックがうまくて、特にレフトはブロックにかかってしまうことが多くて、攻撃を繰り返すためにうしろがフォローしないといけないのですがそこが甘かったです。あとはアタッカー陣が打ちきれなかったです。

――チームとしてブロックの出来はいかがですか

きょうは相手のセンターがほとんどターンしか打ってこなくて、レフトもクロスしか打ってこないと分かっていたのですが、それでもこっちが止められないしディグ(スパイクレシーブ)が取れないのは対策不足だと思います。ブロックとディグの関係を確認できなかったのがよくなかったです。

――あしたの試合に向けた意気込みをお願いします

みんないろいろと思うところはあると思うのですが、しっかり切り替えて、今度は自分たちで出だしから雰囲気をつくれるようにしたいです。