応援部

2017.09.29

早東合同デモンストレーション 9月28日 早稲田キャンパス

百点満点の応援でワセダに勝利を

 東京六大学野球秋季リーグ戦(秋季リーグ戦)、3カード目となる東大戦を前に、この日早稲田キャンパス3号館の前では東大運動会応援部を招いての合同デモンストレーション(デモスト)が行われた。応援部の活気あるステージに、夏休みが明け久々に大学に来た学生たちも足を止めてさっそくワセダの空気を感じていた。

『SMILY』で笑顔はじけるチアリーダーズ

  ワセダの第一応援歌、『紺碧の空』とともに始まったデモスト。十分な盛り上がりの中、続けてチアリーダー演目である『SMILY』が披露された。曲にあった溢れんばかりの笑顔とポップながらも迫力のある振り付けに、思わず観客からも笑顔がこぼれた。

力強い突きを見せる舟橋

 その後、井上雄太連盟常任委員(教4=愛知・海陽)がセンターリーダーを務め再び『紺碧の空』を披露すると、東大応援部も負けじと第一応援歌『闘魂は』、『チャンスパターンメドレー』で会場を盛り上げる。ワセダは『大進撃』や『スパークリングマーチ』、『コンバットマーチ』等の定番曲を含む『応援曲メドレー』で対抗し、白熱の応援合戦となった。そんなデモストの締めは舟橋寛元副将(文構4=福島・日大東北)による『早稲田大学校歌』。腕を振り上げ観客も一体になって応援する姿を、後ろから大隈重信像も見守っていた。

 秋季リーグ戦、ワセダには未だ勝ち点がない。東大戦はもちろん、その後の試合も着実に勝ちにいきたいところである。選手にエールを届けるならば、やはり神宮球場での応援に参加することをお勧めする。ワセダにはせっかくこんなにも力強い応援部がいるのだから、それにあやかり、共に神宮球場で『紺碧の空』を歌ってみてはいかがだろうか。

(記事 今山和々子、写真 下長根沙羅、永池隼人)

コメント

舟橋寛元副将(文構4=福島・日大東北)

――きょうのデモンストレーション(デモスト)を振り返っていかがでしたか

いつも東大とはリーグ戦の順位の関係で初戦にやることが多くて、そうするとデモストとか全然出来ないので、秋にデモストやって、しかも授業期間じゃないとデモストってやらないんですよ。それをやれてすごい良かったなと思いました。

――いまのところリーグ戦で早稲田は勝ち点を取れていませんが、今回のデモストの意気込みはいかがでしたか

やっぱり東大だからといって油断することはなく、もうどんな状況においても応援は応援で、野球部の試合展開に左右されない応援を我々は目指しているので、とにかく百点満点の応援をすることが野球部の勝利に繋がるのではないかと考えています。

――最後に、来てくれた学生に対して何かコメントをお願いします。

皆さん、とにかく来て、紺碧を歌いましょう!