剣道部

2017.09.25

9月24日 韓・日交流学生親善試合  韓国・龍仁大学武道場

韓国の地で早大剣士が躍動!チームの勝利に貢献

 ことしは大韓民国(韓国)・龍仁大学にて韓・日交流学生親善試合が開催された。男子が15人制、女子は5人制の団体戦を2回行う今大会、日本からは関東選抜で、韓国からは大学選抜で選ばれた精鋭たちが日頃の鍛錬の成果を競い合った。早大としては久田松雄一郎主将(スポ4=佐賀・龍谷)、河村奈穂(スポ4=大分鶴崎)の2人が参戦。いつもとは違った雰囲気に戸惑いながらも、両者活躍をみせチームの勝利に貢献。日本代表は男女ともに2試合とも勝利し、見事全勝を果たした。

相手に隙を与えない

 河村の1試合目は副将として出場。2勝リード、河村が勝てば日本の勝利が決まるという大一番だ。序盤は勢いのある相手に攻められるも、河村は冷静にいなし反撃の機会を伺う。そして中盤、相手が技を畳み掛けてきたその一瞬の隙を狙ってメンを繰り出す。相手も応じるようにメンを繰り出したが軍配を上げたのは河村。「この4年間ずっと練習していた」という相メンを制した。しかしその直後相手にメンを取り返され結果は引き分けに。惜しくも勝利を決めることはできなかった。続く2試合目は大将に抜てきされる。1本リードで迎え、引き分け以上で日本の勝利が決まる局面、後のない相手が猛攻を仕掛けてくるが、河村も「前が勝ちを取ってくれたので落ち着いて試合ができた」といつも通りのプレーでしっかりと守り抜き引き分けに。日本の勝利を決定づけた。

 一方、1試合目に6将として出場した久田松は慣れない韓国相手に苦戦を強いられる。開始直後にコテを奪われペースを乱されると、相手に激しく打ち込まれる展開が続く。しかし中盤には何とかメンを奪い試合はイーブンに。そのまま流れを引き寄せたい久田松だったが「普段は手を出さないようなところで手を出してしまった」と終盤に技を仕掛けたところを返り討ちにあい、メンを捉えられ無念の2本負け。チームは勝利したが久田松個人としては物足りない結果となった。続く2試合目では引き分けが続くもどかしい試合の中、中堅として参戦。またも序盤は攻められるが「我慢するところは我慢していつも通りできた」と我慢の末に相手の隙を狙い引きコテを決める。そのまま流れを掴んだ久田松は相次いでメンを叩き込み2本勝ちを収める快勝。この2本勝ちがチームにも流れをもたらしその後は5勝を上げ勝利、しっかりと貢献を果たした。

見事な2本勝ちを決めた

 男女ともに日本の2勝となった今大会、選手たちも晴れやかな表情で試合を終えた。いつもとは違った国際基準に苦しむ場面もあったがそれそれに得るものもあっただろう。河村、久田松もしっかりと役割を果たしきり活躍をみせた。今大会で得た経験と自信を糧に、早大剣士は一段と強さを増していく。

(記事 松本一葉、写真 石塚ひなの、石黒歌奈恵)

コメント

久田松雄一郎主将(スポ4=佐賀・龍谷)

――1試合目振り返っていかがでしたか

緊張して、というか普段とは違う環境で、しかも韓国の選手だったっていうのもあっていつもでは絶対に打たれないようなところ、手を出さないようなところで手を出してしまって打たれてしまった、というところは反省するところだったなと思います。

――韓国の選手はやりにくかったですか

そうですね、まあ日本の剣道とはまたちょっと違うんで。簡単に言えばやりにくかったですね

――2試合目は見事2本勝ちを収めましたね

(1試合目から)気持ちを切り替えて、我慢するところは我慢して。いつも通り出来たかなと思います。

――早慶戦に向けてチームはどうですか

まだ、選手が決まったばっかりで、(決まった)次の日には今大会のためにこっち(韓国)に来てしまったので。また(日本に)帰ってミーティングしながらチームを高めて士気を高めていけたらなと思います。

河村奈穂(スポ4=大分・鶴崎)

――試合前の円陣で大西ななみ(さん、筑波大)から何か言葉があったように見えました

はい、1試合目で緊張すると思うけれど、自分らしい試合をすれば大丈夫だという言葉をいただきました。

――1試合目は2勝リードで迎えましたがいかがでしたか?

前の2人が流れを作ってくれたので、本当は私で決めたい気持ちはありました。結果は引き分けでしたが、負けなくてよかったと思います。

――相メンが決まりましたね

相メンはずっとこの4年間練習してき出頭メンだったので、決めることができてよかったと思います

――続いて2試合目ですが、(監督から)大将に指名されていかがでしたか?

まさか私が大将に指名されるとは思っていなくて、もし勝負が回ってきたらどうしようと思っていました。でも2試合目も前がしっかり勝ちを取ってきてくれたので、落ち着いて試合ができました。

――(河村選手が)引き分け以上で日本の勝利になる場面でしたが意識したことはありますか?

思い切りいって打たれることは仕方がないと思うのですが、下がったところを打たれるのはよくないので、そこは意識していました。

――今回の結果はチームとしていかがでしたか?

昨年の女子は一敗一分けで男子は二敗だったので、昨年よりよい結果が出せてよかったです。

――普段対戦しない韓国の選手と試合をしてどう思いましたか?

韓国の選手は勢いとガッツがすごがったので、それに惑わされずに自分の剣道をするのが少し難しいと感じました。

――最後に、早慶戦に向けて早大の調子はいかかですか?

4年生はその早慶戦で引退となるので、勝利に向けてもう一度チームで気を引き締め直しています。最後にいいかたちで終われるように取り組んでいるところです。