バレーボール部

2017.09.24

秋季関東大学リーグ戦 9月24日 埼玉・深谷ビッグタートル

相手エースを封じストレート勝ち!全勝で折り返しを迎える

 早大が持ち味を十分に発揮し強さを見せた。リーグ戦前半の最後の試合となるこの日は駒大と対戦。この秋季関東大学リーグ戦(秋季リーグ戦)から1部リーグに上がってきたばかりだが、ここまで日体大を破るなど勢いに乗せると怖いチームである。それでも、早大は安定した試合運びを見せ相手を寄せ付けない。簡単に2セットを連取すると、3セット目はリードしながらも追いつかれる苦しい展開になったものの最後に振り切り、セットカウント3−0(25-17、25-17、26-24)。3試合ぶりのストレート勝ちを収め、後半へ向け弾みをつける一戦となった。

 相手のエースに仕事をさせなかった。駒大のエース・戸嵜嵩大はここまでで、男子一部リーグ最多の124得点。それに対して早大はサーブで徹底して戸嵜を狙い、駒大に思い通りの攻撃のかたちをつくらせない。「久しぶりに早大の粘りのバレーが出た」と加賀優太(商4=東京・早実)が話したように、守備面においても前回の試合に比べブロックに改善が見られ、相手に一回で攻撃を決めさせない。1、2セット目ともに武藤鉄也(スポ2=東京・東亜学園)のサーブから連続得点を奪い、セット中盤で相手を引き離すと、そのまま淡々と得点を重ねていく。最後まで反撃の隙を与えることなく2セットを先取した。

サーブで連続得点の起点をつくった武藤

 続く第3セット。1点ずつ取り合うと、宮浦健人(スポ1=熊本・鎮西)の強烈なクロスへのスパイク、加賀のブロックや武藤のクイックで先行する。タイムアウト開け直後にも藤中優斗(スポ2=山口・宇部商)がサービスエースを奪うなど、勢いは止まらず5連続得点。序盤で差をつけることに成功し、このまま流れに乗るかと思われたが簡単には勝たせてもらえない。サーブレシーブの乱れから、思うようにサイドアウトを取ることができず徐々に差を詰められ逆転を許した。それでもこの試合で久しぶりにリベロとして出場した村本涼平(法2=京都・洛南)を中心に、ボールをつなぎ粘りを見せる。藤中と加賀が立て続けにバックセンターからのアタックを決め再び一歩前に出るなど一進一退の攻防に。先に20点台に到達したのは駒大。しかし加賀の相手ライトを止めるブロックでブレイクポイントを挙げ再びリード。その後23-23の場面からセッター・小林光輝(スポ3=長野・創造学園)に代え山﨑貴矢(スポ2=愛知・星城)をブロッカーとして投入。狙い通りにワンタッチから切り返すと、加賀の2段トスを藤中が打ち抜き得点。このブレイクポイントによって優位に立った状態でデュースに突入すると、最後は相手のスパイクミスで26-24。見事ストレート勝ちで負けなしの6連勝を飾った。

ブロックを利用したスパイクで得点を奪った藤中

 「1セット目、2セット目は理想のかたちでできた」(村本)。ここにきて相手のキーマンを封じ、センターを使いながら自分たちの攻撃をするという理想的なバレーを展開した早大。強豪校が次々に黒星を喫していく中、内容が悪いゲームも最後には勝ち切るなど確かな成長を見せている。ここからはいよいよ強豪校との対戦が待ち受ける。特にあすの筑波大戦は優勝の行方を占う一つのヤマ場となるだろう。「この一戦にかける思いはみんな強い」(加賀)。ここまで無敗という確かな自信を胸に、チーム一丸となって筑波大戦に臨む。

(記事 杉山睦美、写真 藤原映乃)

セットカウント
早大 25-17
25-17
26-24

駒大
スタメン
レフト 加賀優太(商4=東京・早実)
レフト 藤中優斗(スポ3=山口・宇部商)
センター 武藤鉄也(スポ2=東京・東亜学園)
センター 村山豪(スポ1=東京・駿台学園))
ライト  宮浦健人(スポ1=熊本・鎮西)
セッター 小林光輝(スポ3=長野・創造学園)
リベロ 堀江友裕(スポ2=和歌山・開智)
コメント

加賀優太(商4=東京・早実)

――きょうの試合を振り返って

苦しい展開もあったのですが、久しぶりに3ー0で勝てたことは良かったと思います。

――試合を通してブロックが機能していましたが、ブロックやスパイクレシーブを振り返って

久しぶりに早大の粘りのバレーが出たのかなということは感じました

――サーブ面では戸嵜嵩大選手を中心に狙っているように見えました

戸嵜が攻撃の中心ということは分かっていたので、1,2セット目はそこを徹底的に崩していこうというのは、チームとしての方針でした。そこをしっかりサーブで徹底できたと思います。

――3セット目は苦しい展開となりましたが振り返って

序盤で大分リードした展開の中で、途中サイドアウトが全然取れなくて、流れが相手にいってしまいました。そこから少しバタついてしまったなということを感じます。

――ご自身のプレーとしては

自分はサーブレシーブを乱して、光輝(小林、スポ3=長野・創造学園)に負担をかけてしまいましたし、スパイクもいいところで決められなくて、エースとしての働きはできなかったなと感じています。最後の方で相手のオポに対してブロックが決まったのが唯一良かった点だと思います。

――前半を取りこぼしなく無敗で終えたことは大きな成長と言えるのではないですか

他のチームも落としている中で、下位チームとはいってもそれぞれ実力があるので、僕も早大のみんなも見くびってはいませんでした。そこがこういう結果につながっていると思います。

――ここから強豪との試合が続きますが、勝利を重ねる上でのポイントはありますか

春に比べてメンバーも変わっていて、良いときは自分たちの流れでできているのですが、一本サイドアウトが切れなかったり、少し崩れると3、4点一気に持っていかれてしまいます。悪い流れのときに3、4年生がどれだけ後輩を落ち着かせて、チームの流れをつくれるかというところが重要だと思います。

――筑波大戦へ向けて

この一戦で勝てば大分他のチームとの勝敗数が開くので、この一戦にかける思いはみんな強いと思います。気負いすぎないように試合に臨みたいです。

武藤鉄也(スポ2=東京・東亜学園)

――きょうの試合振り返っていかがでしたか

あしたから上位戦ということもあって、今週しっかり調整できたのでいい試合ができたと思います。

――落ち着いてみなさんプレーされていました

サーブレシーブはあまり返っていなかったんですが、ファーストブレイクは安定して取れていたのでそれが安定したバレーにつながったと思います。

――ブロックとレシーブの関係がきょうは良かったと思います

相手のトスが多い人から順に潰していくという感じでやっていて、よくはまっていたと思います。ですが、速い攻撃に対してまだつけてないかなという感じがあるのでそれをあした修正していきたいと思います。

――苦戦した第3セットを振り返って

最初リードしていたので途中でいらない失点が多かったと思いますね。でも、切り替えができていたので良かったと思います。

――サーブを振り返って

体育館が変わって僕的にはそんなにいい感じじゃなかったんですけど、あしたに向けて修正していけたらと思います。

――筑波大戦に向けて

あしたから上位戦で、僕らが本番だと思っている試合ですので、相手も強いですけどこっちが今まで練習してきたことをしっかり出して、勝敗もそうなのですが、やってきたことをしっかり出すということを頑張っていきたいと思います。

村本涼平(法2=京都・洛南)

――試合を振り返って

相手の1番のエースを1セット目、2セット目でしっかり潰せて、ベンチに下げることができました。1セット目、2セット目は理想のかたちでできたかなと思います。でも、3セット目にリードしてて追いつかれてしまったのはよくなかったと思います。

――3セット目で競ってしまった原因は

全体的にサーブレシーブが向こうのジャンプサーブに押されて返っていませんでした。1セット目、2セット目も返ってはいなかったんですけど、2段トスとかでサイドからの攻撃でうまくやっていましたが、だんだん焦りが出てきて、相手に拾われて、最後にブレイク取られて追いつかれてしまいました。

――ブロックとレシーブの関係について

サイドの選手の打点も高くないので、ブロックでコースを限定して、空いてるところにしっかりレシーバーが入るということをしました。相手もそこしか打てなくて、そこにきたボールをしっかり上げれたのでそれがうまくできたかなと思います。

――練習で意識されましたか

ブロックで手を振ってしまうのが課題で、そうすると後ろのレシーバーが見えないので、抑えるコースを限定していこうというのをみんなでずっと話していて、それがうまくできたかなと思います。

――筑波戦に向けて

自分が出たらきょうみたいにしっかりできればと思います。