ソフトボール部

2017.09.21

第49回秋季リーグ戦 9月18日 埼玉・早大所沢グラウンド

先制点奪うも直後に逆転許し敗北。開幕連勝ならず

TEAM
東女体大
早  大
●伊藤、廣瀬―加藤
◇(二塁打)増子、川崎、遠藤
TEAM
日女体大
早  大 ×
○伊藤、廣瀬―加藤
◇(二塁打)増子 ◇(三塁打)岡田、神

 台風が去って一夜明けたこの日、早大は東女体大、日女体大とのダブルヘッダーに挑んだ。昨季を2位で終えた東女体大との一戦は、先制点こそ早大が挙げたものの、直後に逆転を許し今季初の黒星を喫してしまう。日女体大戦では終始コンスタントに得点を重ね、試合が終わってみれば5−2で勝利。しかし、11残塁といまひとつ好機をものにできていないのが印象的な試合内容だった。

 東女体大戦での先発は、国士館大戦と同じく伊藤貴世美(スポ1=千葉経大付)だ。伊藤は3回まで、毎回走者を得点圏に背負いながらも要所を詰め、ホームベースを踏ませない粘りの投球を披露。この伊藤の粘投が打線に火をつけた。3回裏、1死から2番・増子奈保(スポ2=東京・日出)が左翼手の頭を超える二塁打で出塁。次打者・落合未稀(人3=栃木・太田原女)は三ゴロで倒れたが、4番・川崎楽舞(スポ2=千葉・木更津総合)が左越え適時二塁打で先制点を奪うことに成功する。しかし4回、それまで粘投を続けていた伊藤であるが、ついに相手打線につかまった。「4回に投げる球が無くなってしまった」と伊藤が振り返ったように、先頭打者に中前打を放たれ、犠打で二進される。次打者には右翼線を破る適時三塁打を浴び、あっけなく同点に追いつかれてしまった。その後も守備での連携ミスなどで失点し、この回で3点を献上。一気に苦しい展開となる。6回にも伊藤に変わって登板した廣瀬夏季(スポ2=北海道・とわの森三愛)が1点を許し、1−4で最終回の攻撃を迎えた。1死から代打・遠藤真衣(スポ1=東京・日出)が三塁手のグラブをはじく左前二塁打を放つと、続く神樹里乃(スポ2=北海道・とわの森三愛)が左前打で一、三塁と好機を広げる。そして2番・増子が中堅に犠飛を放ち、1点を返した。3番・落合が左中間に打球を放ち、2死一、三塁と得点の好機を演出したが、反撃もここまで。次打者・川崎は遊ゴロで倒れ、試合終了。昨季2位との実力の差を感じる試合となった。

守備の連携ミスが失点に絡んだ

 秋季リーグ戦(リーグ戦)第三戦の相手は日女体大。試合は序盤から動いた。早大は敵失絡みで初回に先制すると、3回には落合の左前適時打で追加点を奪う。その後3点目を加え、5回にも2死一塁から岡田夏希(社2=神奈川・厚木商)と神が連続で三塁打を放ち、2点を挙げた。先発は東女体大戦に引き続き伊藤が登板。持ち前の安定感で5回を無得点に抑え、東女体大戦での疲れを感じさせなかった。最終回、6回から登板していた2番手・廣瀬は、打ち取った打球が立て続けに内野安打となり、1死二、三塁の場面を迎える。次打者に中越え2点適時三塁打を浴び3点差まで詰め寄られてしまうが、気持ちを切り替え打者との勝負に集中。後続を凡打に切って取り、3点のリードを守り抜いた。

相手の猛追を冷静にかわした廣瀬

 「まだ詰めの甘さがある」と加藤千陽女子主将(スポ3=愛知・星城)が言うように、19残塁とこの日の二試合では好機を生かしきれていない。次戦では春季リーグ戦覇者である日体大と対戦する。覇者との対戦においては、より少ないチャンスをいかにものにできるかが勝利へのカギとなるだろう。「チャレンジャー精神を持って臨みたい」と伊藤が意気込むように、格上ではあるが、早大の実力を測るには絶好の相手だ。次の一戦が全日本大学制覇への糧になるように、一週間で課題を消化し、万全の状態で臨みたい。

(記事 中澤紅里、写真 萩原大勝)

コメント

加藤千陽(スポ3=愛知・星城)

--きょうの二試合を振り返ってみていかがですか

みんなのおかげできょうの二試合を終えれたという感じで、自分はキャプテンとして何もできなかったです。感謝している部分と、申し訳ないなというのが今の率直な気持ちです。

--東女体大戦での打撃に関して、どういった部分に苦戦しましたか

全体的に見て、凡打というよりも野手の正面にフライが多かったと思います。あと一歩のところでヒットが出ないとか、内野を抜けないだとか、そういう部分が多いかと思うので、爪が甘いのかと感じています。

--投手陣の状態はいかがですか

五日間の練習でこの三連休の試合に臨んだのですが、長い休みがあった割にはしっかり今できるベストピッチングをしているかなと思います。全然悪いという感じではないので、これからどんどん状態を上げていかなければならないとは思いますが、今できることはしっかりできているとは思います。

--日女体大戦では、東女体大戦と比べて打順がかなり入れ替わっていましたが

先生と私と副キャプテンの手塚と相談してこのメンバーで試合に臨みました。みんな一生懸命練習しており、スタメンを確定するのが難しい状態で、迷っていて探り探りの状態です。みんな試合に出れてもおかしくないレベルにいるのに、10人を選ばなければいけなくて。全員出したいけど、限りがあるので、そこはこれから練習とかで3年生が後輩一人一人を見てワセダがどの相手にも勝てるように模索してやっていきたいと思います。

--次戦に向けての意気込みをお願いします

新チームの練習が始まってまだ一週間しか経っていなくて、今までの一週間は技術面よりも身体をしっかり動かしてインカレ前の状態に戻すことを意識してやってきました。今日からの一週間はそういうことではなくて、攻守のそれぞれ細かいところを詰めてやっていきたいと考えています。次の一戦では、チーム全体でつなぎや連携を意識して臨みたいと思います。

伊藤貴世美(スポ1=千葉経大付)

――きょうの2試合を振り返っていかがですか

4年生がいる代の春リーグに比べてリズムよくみんなで足も動かして点を取って勝てたのは良かったなというところで、前回は全然勝てなかったのでこれで2試合勝てて良かったです。1試合目は先制点を取った後に点を取られてしまったので、そこをしっかり守りきればまた違ったのかなというのがあるので、次のページシステムで勝てればなと思います。

――1試合目の援護をもらったあとの投球について

結構ミートされている打球が多くて、かわしかわしで3回まで投げてたんですけど、審判のストライクゾーンとか自分の持ち球とか色んな要素が絡まって4回に投げる球が無くなってしまいました。それで速度を上げるという課題をもらったので、次に当たるときまでに速度を上げて他の球を活かせるようにするというのを今回学びました。

――きょうの試合を通して他に何か反省点は見つかりましたか

一番は1試合目に抑えきれなかったというのが反省なんですけど、今までの自分のピッチングの中では安定感が出てきて大量失点にまでは繋がる試合が少なくなってきたのでそれは良かったと思います。今自分が目標にしているのが1試合を完封できるピッチャーになるということなのでそれに向けてやるべきことをやっていきたいと思います。

――次戦へ向けての意気込みをお願いします

次は日体と当たるので、今の自分の実力がどれくらい通用するかっていうのをチャレンジャー精神を持って臨んで絶対勝ちたいと思います。