バドミントン部

2017.09.18

関東大学秋季リーグ戦 9月16日 神奈川・日本体育大学健志台キャンパス

男子団体戦今季初黒星、女子はうれしい白星

 関東大学秋季リーグの後半戦が始まり、男子は中央大学、女子は筑波大学と対戦。男子は秋季リーグ初の黒星を喫した。一方女子は春季リーグ王者の筑波大にマッチカウント3—2で試合を制した。

 第1シングルスに出場した古賀穂(スポ3=福島・富岡)は危なげなく、相手に大差をつけてストレート勝ち。続く第2シングルスは非常に長い試合となる。第2シングルスに出場した松本康平主将(スポ4=埼玉栄)は第1ゲームでジュースに持ち込むなど、粘りを見せたが、惜敗。その後の第1ダブルスでは勝利するも、第2ダブルスで負けを喫し、試合は第3シングルスにもつれ込む。第3シングルスには春季リーグでも活躍した小野寺雅之(スポ1=埼玉栄)が登場。相手は日本代表にも選ばれており、格上の選手との戦いとなった。第1ゲーム、第2ゲームともに、序盤はリードする場面も見られたが、中盤で相手に連続で点を取られてしまう。するとそこから立て直すことができずに、マッチカウント0ー2で惜しくも敗北。試合後に「自分の力を出しきることができなかった」と語った小野寺。男子は今季初の団体戦での黒星となった。

悔しい黒星を喫した小野寺

 一方、女子は春季リーグ覇者の筑波大と対戦。第1シングルス、第2シングルスで続けて快勝し序盤からワセダが流れをつかむ。マッチカウント2−0で迎えた第1ダブルスには中村幸(スポ3=富山国際大付)・桃井怜実(スポ2=石川・金沢向陽)ペアが出場。相手は8月に行われたユニバーシアード競技大会でも活躍したペアである。第1ゲームでは中盤まで互角の戦いを見せるが、11—10から相手に6連続でポイントを取られると、流れを完全に持っていかれる。そのまま流れを奪い返すことができずに、第1ゲームを落とした。「ずっと相手のペースだった」と桃井。続く第2ゲームでも挽回することができずに9—21で敗北。チームの勝利を決めることはできなかった。しかし続く第2ダブルスでは、中西貴映女子主将(スポ4=埼玉・大宮東)・吾妻咲弥(スポ1=福島・富岡)組がストレートで相手を下し、ワセダに白星をもたらした。

格上相手に食らいつく中村・桃井(左)組

 男女どちらも2勝1敗で、大会4日目を迎える。男子は春季リーグ王者としてのプライドをかけて、残りの2試合、負けられない戦いとなる。女子もきょうの白星で優勝への道が近づいた。

(記事 小林理沙子、写真 佐藤菜々)

結果

▽男子団体●2ー3中大

シングルス1 古賀穂(スポ3=福島・富岡)〇2-0(21-14、21-8)

シングルス2 松本康平主将(スポ4=埼玉栄)●0-2(19-21、19―21)

ダブルス1 中里裕貴(スポ4=埼玉栄)、小野寺雅之(スポ1=埼玉栄)〇2-0(21-15、21-17)

ダブルス2 渡辺俊和(スポ2=埼玉栄)、鈴木朋弥(商2=宮城・聖ウルスラ学院英智)●0-2(17-21、11-21)

シングルス3 小野寺●0-2(16-21、17―21)

▽女子団体〇3-2筑波大

シングルス1 中西貴映女子主将(スポ4=埼玉・大宮)○2-0(21-11、21-16)

シングルス2 吾妻咲弥(スポ1=福島・富岡))〇2-0(21-12、21-19)

ダブルス1 中村幸(スポ3=富山国際大付)、桃井伶実(スポ2=石川・金沢向陽)●0-2(14-21、9-21)

ダブルス2 中西、吾妻〇2-0(21-19、21-3)

シングルス3 松岡英美(スポ4=福岡・九州国際大付)●0-2(9-21、14-21)

関連記事

前半戦を終え、男女で明暗分かれる/関東大学秋季リーグ戦(9/16)

大事な開幕戦、男女共に勝利で飾る/関東大学秋季リーグ戦(9/14)

コメント

小野寺雅之(スポ1=埼玉栄)

――リーグ戦で初めてのシングルスでしたが、シングルスの調子はいかがですか

ずっとダブルスしか練習していなかったので、でも、1戦目と2戦目も一応最後にオーダーに入っていたんですけど、その前に試合が終わっていたので、あまり調子的には良くないと思います。

――相手はユニバーシアードにも出場された選手でしたが、そこを意識して試合に臨まれましたか

そうですね。やっぱり日本代表のAチームに今いるんですけど、本当に向かって行くだけだったので、失うものはなかったので、もっと自分の力を全部出しきりたかったんですけど、やっぱりまだうまくいかない部分があって、全部出しきれなくて負けたので、ちょっと悔しい部分があります。

――2セット目は途中までリードされている場面もありましたが、どのような点が敗因になったとお考えですか

やっぱり上の選手なので、少しでも点数が開くと相手のペースになってしまって、だんだん大差になってしまって負けちゃうので、点数が開いたときにもっと冷静になりたかったんですが、もう点数が欲しい気持ちがあって結構簡単にミスをしてしまって、追いつかれた感じだったので、やっぱりリードしているときでも一回冷静になって、1点ずつという風にしたらよかったのかなと思いました。

――明日以降の試合に向けて一言お願いします

まだ優勝を狙える位置にいるので、また明日から出ると思うので自分の100%の力を出しきれば結果も付いてくると思うので、自分の100%の力を出しきりたいです。

桃井伶実(スポ2=石川・金沢向陽)

――きょうの試合の相手はユニバーシアードで活躍していた選手でしたがどのような気持ちで試合に臨みましたか

自分たちより格上なので思い切ってやろうと2人で話していました。

――実際に試合をしてみていかがでしたか

前に詰めてくるのがものすごく速くて、それにはまってしまい、ずっと相手のペースでした。自分たちのやりたいことが全然できなかったので、それが悔しかったです。

――やりたかったこととは具体的にどういったものだったのですか

自分たちは攻めの形に持っていくとテンポ良く点数を取ることができるのですが、守りに入ってしまうと引いてしまうのでそこから攻めの形に持っていくことが苦手です。なので、相手より攻める時間を長くしたかったのですが、それができませんでした。

――明日以降に向けて意気込みをお願いします

明日以降も強い相手とやると思うので後悔の残らないようにしたいです。また、自分たちの攻める形のプレーを多くやって勝ちに行く気持ちを持って頑張ります。