ソフトボール部

2017.09.16

第49回秋季リーグ戦 9月16日 埼玉・東京富士大学日高総合グラウンド

新チーム始動!完封で白星発進

TEAM
国士舘大
早  大 ×
○伊藤、廣瀬―加藤◇(二塁打)落合

 全日本大学選手権(インカレ)を終え、新体制で再び動き出した女子部。新チーム発足後、秋季リーグ戦(リーグ戦)が始まるまでの練習期間は五日間と短かったが、チームのコンディションをリーグ戦に整えてきた。序盤こそ併殺打などで打ちあぐねたものの、3回2死三塁からの四連打で3点を先制。投げては伊藤貴世美(スポ1=千葉経大付)と廣瀬夏季(スポ2=北海道・とわの森三愛)の盤石な継投で相手打線を完封し、4−0で国士館大を下した。

 短い練習期間の中、加藤千陽新女子主将(スポ3=愛知・星城)を中心にとにかくボールを打ち込んできた。1、2回は三者凡退で無得点に終わったが、打順が2巡目に回ると、打ち込みの成果が徐々に表れる。3回、先頭打者の岡田夏希(社2=神奈川・厚木商)が死球で出塁し、犠打と凡打で三進。続く1番・神樹里乃(スポ2=北海道・とわの森三愛)は初球を振り抜くと、この打球が中前適時打に。岡田が先制のホームを踏む。「この回で試合を決めたかった」と振り返る神は、2死でありながらすかさず盗塁。攻めの姿勢を貫き、一気に畳み掛けた。その後、増子奈保(スポ2=東京・日出)らの三連打で2点を追加。5回にも1死二塁の場面で落合未稀(人3=栃木・太田原女)から左中間を破る二塁打が生まれ、4点目を奪う。「みんなが思いっきり振ってくれた」と加藤が語ったように、ここぞという場面で一人一人がフルスイングを心がけ、得点の好機を逃さなかった。

先制タイムリーを放った神

 新体制になっても、伊藤の安定感は折り紙付きだ。2回、先頭打者に右前打を許すが、次打者を犠打失敗の併殺打に打ち取るなど、チャンスを広げさせない。3回には右翼手・古川晴野(スポ2=神奈川・厚木商)が頭上を越える当たりを捕球する好守備を見せるなど、守備から攻撃へのリズムをつくり、早大に流れを引き寄せた。伊藤は5回3安打無失点の好投。その後登板した廣瀬も6、7回を三者凡退に切って取り、見事完封勝利をもたらした。

伊藤の安定感は健在

 初陣を白星で飾った。リーグ戦優勝を狙う女子部にとっては、幸先の良いスタートだといえるだろう。得点のチャンスはものにできたものの、「出塁が少なかった」と加藤が課題を指摘するように、下位打線での安打はわずか1にとどまった。塁を埋めた状態で上位打線に回せることができれば、得点率はより高まるだろう。新チームは始まったばかりで、のびしろは十分。女子部の成長物語から目が離せない。

(記事、写真 中澤紅里)

コメント

加藤千陽女子主将(スポ3=愛知・星城)

ーーきょうの試合を振り返ってみていかがですか

五日前から、とにかくボールをたくさん打つことと、フルスイングでバットをたくさん振るということを意識して練習してきました。きょうの守備では引いてミスをするということがなかったので良かったです。打撃の方も、最初は出塁ができなくて得点のチャンスが生まれていませんでしたが、アウトのなり方がしっかりミートしてとらえた打球を取られていたので、五日間の練習の成果が出ていると思います。練習してきたことをみんながしっかりやっていたので、勝利につながったと思います。

ーー新体制では、どういったチームにしていきたいか、というビジョンはありますか

長期的な目標で言えばもちろんインカレ優勝なんですけど、それまでの細かい計画を今立ててしまうと縛られてしまう部分があると思います。短いスパンで目標をどんどん更新していこうと考えています。まず秋季リーグでは、フルスイングすることと、守備で前に出ること掲げています。練習では、とにかくそれにこだわってやってきました。

ーーその目標通り、きょうの試合では得点の好機でしっかり振れていたと思います

そうですね、みんなが思いっきり振ってくれていて、ファールも良い打球のものが多かったです。ファールが多いということはそれだけ振れているということだと思います。意識してやろうということを共通認識でみんなが実行しています。できていなかったのは自分ぐらいだったので、キャプテンとしてみんなの代表に立つ以上、責任感を持ってしっかりやっていかなければならないと思いました。

ーーリーグ戦での目標はやはり優勝でしょうか

はい。勝って優勝することを目標としていますが、ただ勝つのではなくて、試合をこなすたびに課題が出てくると思います。それを次の試合までに克服してレベルを上げながら勝利をつかんでいきたいです。

ーーきょうは勝利を飾りましたが、課題というのはありましたか

ミートはできていたのですが、打球が野手の正面にいってしまったり、出塁は少なかったです。いかにヒットを生み出せるかということを念頭において練習に臨み、毎試合ヒット数を更新できるようにしたいです。

ーーリーグ戦での意気込みをお願いします

まだメンバーも固まっていなくて探り探りですが、一人一人が自分にできることを全力でやって、そしてチームとしてやることも統一してみんなで意識したことが試合で発揮できるように、一戦必勝で臨みたいと思います。

神樹里乃(スポ2=北海道・とわの森三愛)

ーーきょうの試合を振り返ってみていかがですか

新チーム始まって初戦を勝つことができたのは、私たちにとって大きいと思います。

ーー神さんから先制のタイムリーが生まれました

伊藤がしっかり抑えていたので、なんとか先制点を取って私たちのリズムを作りたくて、そこには先制点が必要で、走者に岡田がいたので、ファーストストライクから思いっきり振っていこうと意識をしていました。

ーーその後も盗塁など、一貫して攻めの姿勢を貫きましたね

ツーアウトだったのですが、上位打順に回っていたので、この回で試合を決めたいという吉村先生の思いで盗塁のサインが出ていたと思います。私が二塁に進めば、その後強打者が続き、得点のチャンスが広がるので、思いっきり走りました。

ーーリーグ戦でのご自身の役割は

きょうの試合は1番で起用してもらったので、なるべく全打席出塁できるようにしたいです。出塁したのをみんなで声を出して打ち重ねていって、得点して勝利をつかみたいです。その

ーーリーグ戦の意気込みをお願いします

チームが発足して時間が短いですが、目の前の試合をしっかり戦っていきたいです。どんどん思い切ったプレーをしていけたらいいと思います。