バドミントン部

2017.09.16

関東大学秋季リーグ戦 9月14日 町田市立総合体育館

前半戦を終え、男女で明暗分かれる

  関東大学秋季リーグ戦の2日目。男子は今大会から一部に昇格した筑波大、女子は日体大と対戦した。男子は春の王者としての強さを発揮し4ー1で勝利。一方女子は、接戦をものにすることができず開幕2連勝はかなわなかった。

 ゲームカウント2-0、勝てばチームの勝利が決まる場面で出て来たのは、第1ダブルスの中里裕貴(スポ4=埼玉栄)・小野寺雅之(スポ1=埼玉栄)組。対戦相手は今春行われた関東学生選手権の男子ダブルスのAブロックでベスト4入りしており、油断できない相手だった。第1ゲームは終始シーソーゲームとなり、ゲームポイントを先取されてしまう。しかし「競ったときこそ自分たちが攻め込む展開を多くした」という中里の言葉通り、最後まで積極的なプレーを絶やさず驚異的な粘りを見せる。そしてジュースの末、23-21でこのゲームを手にした。続く第2ゲームでも互いに一歩も譲らない試合展開となるが、最後は3連続で得点を決めてゲームセット。チームに勝利をもたらした。その後は第2ダブルスで敗北、第3シングルスで勝利しゲームカウント4-1でこの試合を終えた。前半戦を2連勝で終え優勝に向け幸先のよいスタートを切ったが、後半戦でも強豪校との戦いが待ち構えている。大きな壁を越え春秋連覇なるか。ここからが勝負どころだ。

接戦をものにした中里・小野寺(左)組

 シングルス1、2と連続して落としてしまった女子。迎えた中西貴映女子主将(スポ4=埼玉・大宮東)・吾妻咲弥(スポ1=福島・富岡)組は、第1ゲーム序盤から自分たちのリズムでリードを奪う。しかし、少しずつ相手に連続得点を許すと、ついにゲームポイントを取ったところで同点に追い付かれてしまう。ジュースとなってからは再三リードを奪うものの、大事なところでの一本が決められず、なかなか決着がつかない。しかし、「最後に粘ってくれたのは吾妻」と先輩中西が信頼を寄せるルーキー吾妻の驚異的な粘りで第1ゲームをなんとか奪取。その後の第2ゲームは終始相手にリードされ続け、簡単に奪われてしまう。続く第3ゲームは終盤まで一進一退のシーソーゲームだったが、長いラリーを確実にものにした中西・吾妻組が6連続得点でこのゲームを取り、団体戦スコアを1-2とした。しかしダブルス2で登場した中村幸(スポ3=富山国際大付)・片桐悠夏(人2=西武台千葉)組がストレートで敗北し、この試合の敗戦が決定。最後にシングルス3で出場した松本茜(社2=福岡・九州国際大付)がゲームカウント2-0で勝利し、なんとか意地を見せた。

粘り強いプレーで勝利した中西・吾妻(左)組

 2試合目を終え、男女で明暗がくっきり分かれた。しかしこの関東大学秋季リーグ戦が、全日本学生選手権に向けた最後の調整となる。「自分が勝たないことには始まらない」と強い言葉で語ってくれた中西女子主将。目前の試合で勝利を重ね、大舞台へのいいステップとなるか。

(記事 佐藤菜々、佐藤慎太郎 写真 岡部稜、橋本望)

結果

▽男子団体〇4ー1筑波大

シングルス1 古賀穂(スポ3=福島・富岡)〇2-0(21-14、21-8)

シングルス2 松本康平主将(スポ4=埼玉栄)〇2-1(14-21、21―16、21-18)

ダブルス1 中里裕貴(スポ4=埼玉栄)、小野寺雅之(スポ1=埼玉栄)〇2-0(23-21、21-16)

ダブルス2 渡辺俊和(スポ2=埼玉栄)、鈴木朋弥(商2=宮城・聖ウルスラ学院英智)●1-2(21-11、19-21、20-22)

シングルス3 吉村徳仁(スポ2=富山・高岡第一)〇2-1(21-18、20―22、21-15)

▽女子団体●2-3日体大

シングルス1 吾妻咲弥(スポ1=福島・富岡)●0-2(23-25、18-21)

シングルス2 松岡英美(スポ4=福岡・九州国際大付)●0-2(9-21、18-21)

ダブルス1 中西貴映女子主将(スポ4=埼玉・大宮東)、吾妻〇2-1(26-24、16-21、21-15)

ダブルス2 中村幸(スポ3=富山国際大付)、片桐悠夏(スポ2=西武台千葉)●0-2(18-21、15-21)

シングルス3 松本茜(社2=福岡・九州国際大付)○2-0(21-17、21-11)

関連記事

大事な開幕戦、男女共に勝利で飾る/関東大学秋季リーグ戦(9/14)

コメント

中里裕貴(スポ4=埼玉栄)

――前半2日間を終えて、調子はいかがですか

調子は悪くはないんですけど、1日目は勝てず反省もあって、小野寺(雅之、スポ1=埼玉栄)のタイプや、自分のタイプといった、その歯車が合わないというのがあったのですが、きょうはきのうの反省を生かして自分たちのプレーを話し合って、修正をして勝てたのではないかと思います。

――きょうの第1ゲームで競り勝てた要因は何だと思いますか

きのうの負けを結構引いていたので、攻め込まれるとこちらも気持ちが引いてしまうし全体的に引いてしまうので、競ったときにこそ自分たちが攻め込む展開を多くしたのが要因だと思います。

――夏は2人のダブルスの中で、どういったところを重点的に練習してきましたか

小野寺が遠征などでいなかったのですが、練習しているときは自分たちのしっかりとした形をからだで慣らして、コンビネーションを上げていったということがあります。あとは個人の技術練習もしっかり練習してきました。

――後半に向けて意気込みを教えてください

今大会2勝していて、春も優勝しているので、あと3戦全部勝って完全優勝を目指したいと思います。

中西貴映女子主将(スポ4=埼玉・大宮東)、吾妻咲弥(スポ1=福島・富岡)

――シングルス1、2が負けてからでしたが、どんな気持ちで試合に入りましたか

中西 そんなに前のことは気にせず、自分たちの試合に勝てればいいかなという気持ちで入りました。

吾妻 シングルスのことをうまく切り替えられないまま試合に入ってしまったので、良くなかったかなと思います。

――きょうの試合を振り返っていかがですか

中西 相手は応援の力とかを借りてすごい乗ってきてる印象でした。自分が1年生と組むということで、引っ張っていく場面であったりとか、アドバイスをする場面とかは多く取れるようにしたつもりだったんですけど、予想外に競ったなって(笑)。もうちょっといい展開でいけるかなと思ったんですけど、相手も調子が良さそうだったので、その中でも勝ち切れたのは良かったなと思います。

吾妻 1ゲーム目の最後で、1本取りたいところで簡単なミスが続いてしまったので、そこをしっかり取れとけば2ゲーム目もっといいかたちにできたのかなと思います。でもやっぱり最後は先輩に助けられました。

――1、3ゲーム目はリードしていながら追い付かれるという苦しい展開でしたが、粘り勝ちできた要因は何だと思いますか

中西 私はもう楽しんでやっていました(笑)。だから特にプレッシャーもなかったですし。吾妻がよく頑張って攻撃をしのいで、2ゲーム目は決めきられていた球を粘ってくれていたので、これはいけるなって(笑)。そこを最後粘ってくれたのはこっち(吾妻)なので。そのおかげかなと思います。

吾妻 最後は本当についていくしかできなかったので、ミスしないように心掛けていました。

――夏に強化したポイントはありますか

中西 レシーブですね。一緒に練習できている時間がそんなになくて、その中のコンビネーションというよりかはお互い弱い部分を強化するようにしました。組み始めた時から攻めは点数が取れていたので、守りの部分を強化した気持ちでいます。

――先輩とダブルスを組むというのは気持ちの部分でいかがですか

吾妻 本当に支えられてますし、自分の気持ちが弱い部分も助けられています。いまプレーを一緒にしていても楽しいので、それを試合でもっと楽しめるように頑張ります。

――中西選手にとっては最後のリーグとなります。お二人の残り試合の意気込みをお願いします

中西 自分が勝たないことには始まらないですし、それ以上に最後っていうのは大事だなとはきのうから感じています。4年生も優勝したいとすごく言っているので、それができるのはベンチに入っている選手じゃなくて、コートに立っている選手が勝たないことには優勝はまずないので、自分がコートに立つ人間として、またキャプテンとして、まず自分が勝ってチームにいい流れを持っていければいいかなと思っています。

吾妻 1年生なので、もうちょっと(相手に)向かっていって、自分らしいプレーをしてそれが結果につながるというのがいいと思います。なのできょうのことはしっかり忘れて、あさってから切り替えて楽しくプレーできたらいいなと思います。