庭球部

2017.09.15

関東大学リーグ 9月13日 東京・中大多摩キャンパス内テニスコート

坂井が決めた!宿敵・慶大を撃破

 関東大学リーグ(リーグ)も第4戦、最大のヤマ場を迎えた。未だ黒星のついていない慶大との一戦である。「慶大との対戦はやはり独特の雰囲気、緊張感がある」(小倉孝介主将、スポ4=神奈川・湘南工大付)との言葉通り、緊迫した雰囲気の中試合は進んだ。ダブルスでは1-2と慶大にリードされたが、シングルスで下位陣が奮闘すると、それに応えるように坂井勇仁(スポ3=大阪・清風)が接戦を制し早大の勝利を決めた。

 ダブルスでは苦しい試合が続く。久々の復活となったダブルス3の齋藤聖真(スポ3=神奈川・湘南工大付)・髙村佑樹(スポ2=千葉・東京学館浦安)組は上杉海斗・山崎瑛二組(慶大)を前に力を発揮することができない。ファーストサーブがなかなか決まらず、またダブルフォルトでポイントを落としてしまう。結局、流れをつかみ切れずに4-6、4-6で敗北してしまった。一方のダブルス2の坂井・田中優之介(スポ1=埼玉・秀明栄光)組は田中のサーブがしっかり決まり6-3でファーストセットを奪取。セカンドセットは相手の粘りもあり硬直状態が続いたが、最後は9-7でタイブレークを制し、早大に待望の勝利をもたらした。ダブルス1の河野優平副将(スポ4=福岡・柳川)・島袋将(スポ2=三重・四日市工)組はファーストセットを4-6で落としてしまう。セカンドセットではジュースの多い展開を制し、6-3でファイナルセットへ。しかし最初に3ゲーム連取されると、そのまま3-6で慶大に2つ目の勝ち星を与えてしまった。

久々のペアリングとなった齋藤(左)・髙村組

 1-2で迎えたシングルス。最初に登場したのはシングルス6の千頭昇平(スポ1=愛知・誉)とシングルス3の三好健太副将(スポ4=埼玉・秀明栄光)だ。この2人はストレートで勝利を収め、チームに勢いをつけた。シングルス4の小林雅哉(スポ2=千葉・東京学館浦安)はファーストセットこそ相手に攻め込まれたがなんとか粘り切ると、セカンドセットは小林雅のペースに。6-4、6-1で4勝目を挙げた。シングルス4の田中も続きたいところだったが、勝ちを急ぐあまりプレーに硬さが出てしまい、結局1-6、1-6で完敗。ここまでで4-3、決着はまだついていなかった。早大の運命を託されたのはシングルス2の坂井とシングルス1の島袋である。この2人の対決はし烈を極めた。坂井が対戦したのはこれまでも多く対戦し、さらに今回ダブルスでも戦った逸崎凱人(慶大)だ。ファーストセットは焦りからか逸崎に主導権を握らせてしまう。第4ゲームでブレークされると挽回できずに3-6でファーストセットを終えた。続くセカンドセットは自らのサービスゲームをすんなりキープした坂井だったが、相手の粘りもありなかなかブレークできない。ジュースが繰り返される展開でやっと抜け出せたのはゲームカウント5-4で迎えた第10ゲームだった。8度のジュースが続いたが、最後は坂井が与えたチャンスボールを逸崎がミスショット。戦いはファイナルセットにもつれ込む。ここでも逸崎との死闘は続いたが、やはり流れは長いジュースを制した坂井にあった。第6ゲームに入る頃には逸崎の集中力が切れたのか、坂井が3ゲームを連取。6-3で白星を挙げ、この瞬間早大の勝利が確定した。コート付近で応援していた部員たちは次々に拳を突き上げ、喜びをあらわにした。上杉海斗とのエース対決に臨んだ島袋は、二度のタイブレークを含むフルセットの末に敗戦。「最終的には自分が焦ってしまってコートの中で勝負できなかったのが敗因。勝ちたかった」(島袋)と肩を落とした。

値千金の勝利を収めた坂井

 結果として、慶大を5-4で下した早大。接戦を落としたダブルス、そのビハインドから盛り返したシングルス下位陣の勢い、勝負を決めなければいけないというプレッシャーに負けず、幾度にもわたるジュースを制した上位陣の踏ん張り。これら全てが『伝統の一戦』の名に恥じぬよう戦った証しだろう。それでも早大は満足していない。「シングルスもダブルスもチームを代表する1が取れなかったのは課題だと思う」(小倉)と目指していたのは完勝である。この日得た課題をしっかり修正しリーグ最終戦の明大戦の勝利、さらにはその先の全日本大学対抗王座決定試合でも頂点まで駆け上りたいところだ。

(記事 平松史帆、写真 平松史帆、熊木玲佳)

結果

○早大5-4慶大

ダブルス1
●河野優平・島袋将4-6、6-3、3-6今村昌倫・福田真大
ダブルス2
○坂井勇仁・田中優之介6-3、7-6(7)逸崎凱人・畠山成冴
ダブルス3
●齋藤聖真・髙村佑樹4-6、4-6上杉海斗・山崎瑛二

シングルス1
●島袋将6(3)-7、7-6(4)、3-6上杉海斗
シングルス2
○坂井勇仁3-6、6-4、6-2逸崎凱人
シングルス3
○三好健太6-1、6-1甲斐直登
シングルス4
○小林雅哉6-4、6-1畠山成冴
シングルス5
○千頭昇平6-1、6-2韓成民
シングルス6
●田中優之介1-6、1-6今村昌倫

関連記事

法大に6-3で勝利、いざ慶大戦へ/関東大学リーグ(9/10)
王座へ向けて中大に大きな1勝/関東大学リーグ(9/08)
リーグ初戦は9-0発進!層の厚さ見せつけた/関東大学リーグ(9/05)

コメント

小倉孝介主将(スポ4=神奈川・湘南工大付)

――慶大戦を前にチームの皆さんにどんな言葉をかけられましたか

全員春(早慶対抗試合)で経験はしているのですが、他大と違って慶大との対戦はやはり独特の雰囲気、緊張感があって、特に慶大は勝ちにこだわってくるのでどんなことでもやってきます。最後まで油断ができないこと、その上でしっかり自分たちが力を出せれば勝てるよということを伝えました。

――きょうのオーダーは

慶大はかなり入れ替えができたので誰がどう当たるか難しかったのですが、今のベストメンバーで戦った結果ですね。

――ダブルスは1-2という結果になりました

オーダーを考える時から3-0、2-1、1-2、0-3、お互いに穴がないのでどういう結果にもなり得るという話をしていました。特にこちらにはシングルスに力のあるメンバーがいるので、1-2になっても焦らないということを意識してみんなにも伝えていました。少し慶大に勢いがあって3-0をつけられなかったので、明大戦に勝って王座が決まったらまたダブルスを強化していきたいと思います。

――シングルスの結果はどうご覧になりますか

千頭(昇平、スポ1=愛知・誉)は1年生らしく思い切ってチームの1勝に貢献してくれたのと、4年の三好(健太副将、スポ4=埼玉・秀明英光)がチームに勢いをつけて3年の坂井(勇仁、スポ3=大阪・清風)がしっかり接戦をものにしてくれたのはすごく良かったなと思います。ただここ最近ずっと勝っていた勢いのある田中(優之介、スポ1=埼玉・秀明英光)が同世代の相手に負けてしまったのは、こちらとしてもシングルス6として自信のあるメンバーだったので、少し考えなければいけないところだと思います。シングルスもダブルスもチームを代表する1が取れなかったというのは、チームとして勝てたのは良かったのですが、大きな課題だと思うので、そのあたりももっと考えていかなければならないなと思います。

――今回の早慶戦をどう振り返りますか

去年と同じく苦しい早慶戦ではありました。ダブルス1-2で折り返してシングルスの下4本で勝負を決めたかったのですが、決まらないというところでやはり慶大は強いなと。サポートも全力を尽くすように言ったのですが、相手のサポートもしっかりしていてチーム全体に隙がないので、また別の怖さを感じました。

――慶大に勢いがあったという印象と早大に隙があったという印象ではどちらが強いですか

早大に隙がないとは言えないです。何本か負けている時点で確実に隙はありますし、取りたいところが取れなかったことだったり、何人かケガ人がいたり、完璧な状態で戦えていない時点で隙があったと。慶大は何回も早大に負けていて、チャレンジャー精神ですごい勢いできたので、本当にどちらが勝ってもおかしくなかったのですが、何とかしのいだというかたちで。次対戦する時には負けてもおかしくないので、もう一度リーグ(関東大学リーグ)が終わった後にみんなに伝えて挑みたいなと思います。

――次は最終戦の明大戦です

絶対9-0をつけたいなというのがまずあります。やはりまだオーダーは決まっていないのですが、次の世代の選手を出してみるということも視野には入れているので、そういう選手にも準備させて、どんな状態でも勝てるようにしていきたいなと思います。

坂井勇仁(スポ3=大阪・清風)

――今回の対戦は早慶戦となりましたが、どのように臨みましたか

僕は単複出ることになったので、出た試合は絶対勝ちにいこうという気持ちで臨みました。特にダブルスの逸崎凱人・畠山成牙組(慶大)には去年と同じコートで小堀さん(良太、平29スポ卒=東京・大成)と(ダブルスを組んで)負けていたので、あんまりいいイメージはなかったのですが、田中がいいプレーをしてくれたので勝つことができて良かったと思います。

――逸崎選手とはこれまでに何度も対戦されていて、更に今回はシングルスでも対戦されました

 逸崎・畠山組とやるのはこれで10回目で。逸崎とシングルスをやるのは大学に入って初めてだったのですが、高校のときは何回かやっていたので、高校のときは結構負けていたのですが。今回はファーストセットで焦ってしまった部分もあってファイナルセットまで持っていけてしっかり落ち着いてできたのは良かったと思います。

――まず、ダブルスに関してですが、試合を振り返っていかがですか

ダブルスは終盤、どちらに転ぶか分からない状況で、相手のセットポイントもありましたし展開も多かったのですが、きょうは本当に田中がいいリターンを打ってくれて、僕が前の時もいいサーブを打ってくれたので、動きやすかったです。その分、僕にミスが多くなったので次の明大戦までには修正していかないといけないなと思います。

――シングルスに入る前にきょうの戦いを決める一戦になるというのは感じていましたか

島袋(将、スポ2=三重・四日市工)も万全というわけではなくて、僕に結構かかるかなと思っていたんですけど、それは逸崎も感じていたみたいで、お互い少し硬くなった場面があって、ブレークブレークになってしまったところもあったと思います。そこで先に抜け出せたのは良かったのかなと。

――途中で田中選手が負けてしまいましたが

彼には未来があるので(笑)

――それでプレッシャーは感じましたか

プレッシャーはありましたけどここまで、シングルス4、5、6が頑張ってくれたのでそれに乗っかるように頑張れたのはよかったと思います。

――シングルスの試合内容を振り返っていかがですか

 このコート自体が速いサーフェスでそんなに得意というわけではないのですが、逸崎の低い玉に無理やりいこうとしてしまったり、ジャッジが厳しかったりで、プレッシャーもあって少しイライラしてしまって。応援の方をしっかり見て声出してボールにしっかり集中していったら、徐々に徐々に戻っていって。ベンチコーチも交代してくれて、ありがたかったなと思います。

――セカンドセットの最後はジュースが長く続きましたが、気持ちの面ではいかがでしたか

 あれは取っても取られてもという感じだったんですが、最後のチャンスボールをミスってくれて。あれが入ってたら(ゲームカウントが)5-5でまたジュースでとなっていたかもしれないので、きょうの試合は本当にギリギリで紙一重だったと思います。

――きょうの試合を振り返って技術的によかったところ、悪かったところはありますか

 きょうはファーストセットで先にブレークされてしまったんですけど、僕はサービスを打って、フォアを打ってということができればどんな相手にも通用するんじゃないかと思っていて。フューチャーズとか大きいプロも出る試合とかに出て少しずつ手応えがつかめてきていて、そういうのをしっかり自信に変えて戦っていければいいなとは思っています。

――では次戦に向けて意気込みをお願いします

オーダーがどうなるか分からないですけど僕自身の準備はしっかりして、いつでも戦えるようにしていきたいなと思います。

島袋将(スポ2=三重・四日市工)

――早慶戦にはどのような意気込みで臨みましたか

伝統ある早慶戦ということで、今回単複というかたちで出させていただき、シングルス1、ダブルス1として絶対に勝たないといけないと思っていて。相手が誰であろうと全力で頑張ろうという気持ちで頑張りました。

――ダブルスは春に続き今村昌倫・福田真大組(慶大)との対戦になりました

春に負けていて、絶対勝ちたいという気持ちがありました。河野さんとのコンビネーションが悪かったとは思いませんが、ポイントポイントの気持ちで取りにいかないといけない場面で、向こうの方がどんどんきたなと。逆に自分たちは押されているところで引いてしまったというのが今回の大きな敗因の一つかなと思います。

――上杉海斗選手との試合にはどのように臨みましたか

上杉さんはサーブとフォアが得意でタイプとしては自分と似ていて、どんどんくるということは分かっていたのでラリー戦でいかにポイントを取るかというところを意識していました。動きが速いのでバックに打っても回り込まれたりして、バックだけではなくてフォアに展開して、オープンコートができたところでバックを突くという感じで。最終的には自分が焦ってしまってコートの中で勝負できなかったというのが敗因かなと思います。

――試合に入る前には勝敗が決まっておらず、坂井選手の試合も読めない状況でしたが重圧はありましたか

変に意識せずに、上杉さんを倒すということを考えていました。最終的に坂井さんが勝ったということで、自分も頑張らないといけないという気持ちにさせていただいて、それでセカンドセットを取れたという部分もあります。でも勝ちたかったなと思います。

髙村佑樹(スポ2=千葉・東京学館浦安)

――きょうは全日本学生選手権(インカレ)以来の試合でいきなり早慶戦での出場となりました

 ケガはしていたのですが、リーグの後半になったら出るかもしれないというのは分かっていて。いきなり早慶戦だったのですがそんなに気にせずに試合には入れたと思います。

――感覚としてはいかがでしたか

テニス自体はしていたので、そんなに差はなかったと思います。

――試合内容を振り返っていかがですか

上杉さん(海斗、慶大)が前で動いてきて、自分たちのやりたいプレーができずに相手にどんどん攻め込まれてしまったという感じでした。

――自分たちのしたいプレーというのはどのようなものでしょうか

 サービスゲームで前衛が動いて、前衛がポイントを取るということです。サーブゲームで勢いを付けていくということです。

――サーブの確率があまり良くありませんでした

セカンドサーブを相手にたたかれだしてから少しそれを怖がって。それによってファーストサーブが入らなくなって、相手に更に打たれるという展開になってしまいました。サーブが入らなかった原因はそこだと思います。

――ペアリングに関してはいかがでしたか

齋藤さん(聖真、スポ3=神奈川・湘南工大付)とはずっと組んでいるのでペアリングは悪くなかったと思うのですが、少し2人で考えたりとか、もう少しアイデアを出せていれば良かったかなと思います。

――では次の試合に向けて意気込みをお願いします

次は明大戦ですが、出られるか分かりませんが王座(全日本大学対抗王座決定試合)に向けて次は1つも落とせないという気持ちでいきたいと思います。

田中優之介(スポ1=埼玉・秀明英光)

――リーグ第4戦、早慶戦ということでしたがどのような気持ちで臨まれましたか

慶大が相手で本当に1番のヤマ場だと思っていたので、絶対勝つと思っていました。きのうのオーダーがきた時点で、僕が2本(勝利を)持って帰ると決めていました。結果としてはシングルスで負けてしまったので、本当に今は悔しい気持ちがすごくあります。

――ダブルスを振り返っていかがでしたか

ダブルスは坂井さん(勇仁、スポ3=大阪・清風)と僕のできることは全て出し切ったなという感じです。そしたら絶対勝てると思っていたので、そこは素直に僕らが実力で勝ったのかなと思います。

――シングルスを振り返っていかがでしたか

シングルスは2巡目に入ったのですが、シングルス3の三好さんとシングルス5の千頭が勝ってくれて小林さん(雅哉、スポ2=千葉・東京学館浦安)ももうすぐ勝ちそうだったので、やっぱり僕が絶対勝ってチームの勝利をと思ったのですが、勝ちというものに目がいきすぎて自分のプレーができなくなってしまいました。最後はなんとか立て直したのですが、相手にいいプレーをやられたりもしてという感じです。

――チームの勝利が懸かった試合で、相手も同じ1年生でしたが意識した部分はありましたか

去年の総体でやっているのですが、一応1勝1敗とかなので絶対勝ちたいという気持ちもありましたし、チームとしての勝ちも見えてきて自分自身が緊張して、自分で自分の首を絞めるようなことをしてしまったのが本当に悔しいですね・・・。

――シングルス1、2の応援に気合が入っていましたが、自分が勝ちきれずに託したという思いがありましたか

最初は落ち込んでいたのですが、僕がここで落ち込んでいても何も変わらないなと思って、団体戦なのでまだ終わったわけではないので、本当に坂井さん、島袋さんにも応援はできるので。託したという思いもありました。

――次の明大戦への意気込みをお願いします

まだ出るかどうかわからないですけど、きょうできなかった自分のプレーをぶつけていきたいと思います。