庭球部

2017.09.10

関東大学リーグ 9月10日 東京・亜大日の出キャンパステニスコート

法大に6-3で勝利、いざ慶大戦へ

 上位2校が全日本大学対抗王座決定試合(王座)への切符を手にする関東大学リーグ(リーグ)も中盤戦。早大は第3戦で法大と対戦した。ダブルスを中心に全体的なレベルの高いチームだが、シングルス下位陣で勝利を決めてリーグ3連勝。慶大戦を前に、白星をまた一つ重ねた。

 法大は全日本学生選手権(インカレ)で2組がベスト8入りするなど、ダブルスの層が厚いチームだ。油断のできないペアぞろいだが、河野優平副将(スポ4=福岡・柳川)・島袋将(スポ2=三重・四日市工)組がサービスやツーボレーで積極的なプレーを見せ、寒川雄太・鈴木保貴組(法大)を相手にダブルス1として順調に1勝目を挙げた。ダブルス2の坂井勇仁(スポ3=大阪・清風)・田中優之介(スポ1=埼玉・秀明英光)組も、セカンドセットでサービスキープに苦しんだものの、持ち前の力強いストロークから勢い付きフルセットを制する。しかし、ダブルス3で齋藤聖真(スポ3=神奈川・湘南工大付)・千頭昇平(スポ1=愛知・誉)組がインカレベスト4の楠原悠介・小見山僚組(法大)に厳しい戦いを強いられた。齋藤のサービスゲームでキープができずにファーストセットを3-6で落とすと、セカンドセットでも序盤からミスが重なり0-4までリードされてしまう。流れが完全に相手に傾くかと思われたが、早大ペアはそこから「(相手が)伸び伸びやっている中でも単発のミスをうまく生かし、かつ相手のナイスプレーをこちらがしぶとく返せた」(齋藤)と粘り強く追い上げてタイブレークまで持ち込み、このセットを奪取した。突入したファイナルセットではファーストゲームからブレークポイントをにぎるも、「焦って流れを止めてしまった」(千頭)とキープを許す。そのまま流れを引き寄せることができず、楠原のボレーや小見山のストロークに押されて黒星を喫した。

敗北し肩を落とす齋藤(左)・千頭組

 ダブルスでは1敗したものの、圧倒的な選手層を誇るシングルスでは力を示しておきたい早大。チームの勝利は下位陣で決め切った。3勝目を挙げたのは、前回の中大戦でフルセットの末に団体戦初敗北を喫している小林雅哉(スポ2=千葉・東京学館浦安)。ミスも見られたが、テンポの速い試合の中でも相手の球を拾い、隙を見て攻めるプレーを貫いた。シングルス6の田中の試合はシーソーゲームとなったが、ストローク戦の中で冷静なプレーも見せストレート勝ち。法大戦勝利まであと1勝とした。シングルス4の三好健太副将(スポ4=埼玉・秀明英光)の試合は接戦となる。フォアを中心に攻めてゆくがミスも多く、相手のショットやネットプレーでペースをつかませてもらえない。しかし「いく時はいこうと決めて、気持ちの面でしっかり切り替えができていた」(三好)とファースト、セカンド共に7-5で取り切った。シングルス3の坂井は法大のエース太田との対戦となったが、変わらぬ好調ぶりをアピール。強烈なフォアハンドやサービスをたたき込み完勝した。古田伊蕗(スポ3=静岡・浜松市立)は関東学生選手権で下した岡垣光祐との再戦に臨んだが、ストロークからネットに詰められるなど相手の勢いに押されてストレート負け。島袋はファーストセットを落とした時点で棄権し、早大は6-3で法大戦を終えた。

フォアで攻め込む三好

 次戦の相手はここまで全勝の慶大。後半前のヤマ場を迎えることとなる。今回は「個人戦の結果で見れば(早大の方が)レベルの高いテニスをしているが、実際は危ない場面が多い。そこは団体戦の怖さ」(小倉孝介主将、スポ4=神奈川・湘南工大付)と中大戦に続き取りこぼしなく勝利を収めることはできなかったが、それぞれ課題を見つけた分だけ修正もできるはずだ。リーグを戦う中でも、チームとしてさらに成長を続けてほしい。

(記事、写真 熊木玲佳)

結果

○早大6-3法大

ダブルス1
○河野優平・島袋将6-3、6-1寒川雄太・鈴木保貴
ダブルス2
○坂井勇仁・田中優之介6-1、4-6、6-2太田悠介・前崎直哉
ダブルス3
●齋藤聖真・千頭昇平3-6、7-6(5、1-6)小見山僚・楠原悠介

シングルス1
●島袋将5-7(RET)前崎直哉
シングルス2
○坂井勇仁6-1、6-2太田悠介
シングルス3
●古田伊蕗2-6、6(2)-7岡垣光佑
シングルス4
○三好健太7-5、7-5藪巧光
シングルス5
○小林雅哉6-3、6-3松尾魅人
シングルス6
○田中優之介6-4、6-4鈴木保貴

関連記事

王座へ向けて中大に大きな1勝/関東大学リーグ(9/08)
リーグ初戦は9-0発進!層の厚さ見せつけた/関東大学リーグ(9/05)

コメント

小倉孝介主将(スポ4=神奈川・湘南工大付)

――まず法大のダブルスに2-1という結果になりましたが、どうご覧になっていましたか

できれば3-0にしたかったのですが。齋藤(聖真、スポ3=神奈川・湘南工大付)・千頭(スポ1=愛知・誉)は初めて組んでそのまま夏関(関東学生選手権)も優勝して、負けを経験したことをないペアだったので、今回初めて負けてしまったのは本人たちがどう捉えているか分からないのですが、結果的には全体で勝てたので落ち込まずに次また頑張ってほしいなと思います。

――シングルスは苦しんだ場面もありつつ下位陣で勝利を決めました

個人戦の結果で見ればこちらがレベルとして高いテニスをしているのですが、実際にやってみるとむしろ危ない場面が多かったり、実際に上の方で古田(伊蕗、スポ3=静岡・浜松市立)が負けてしまったりがありました。やはり団体戦の怖さだなと。ただ4、5、6で勝てたことはプラスに捉えていきたいなと思います。

――きょうの結果はどう捉えますか

強敵相手に勝てたことはすごく良かったなと思います。でもその中で負けてしまった選手は勝ちたかったところでもあるので、次の慶大はかなり強敵なのですが、どうオーダーをつくっていうか、この二日間どう準備していくかをしっかり考えないと負けてしまうかなという不安があります。この二日間を有意義に使って準備させたいと思います。

三好健太副将(スポ4=埼玉・秀明英光)

――最上級生として、今回の関東大学リーグ(リーグ)にはどのような気持ちで臨んでいますか

4年生でシングルスに出ているのは僕だけなので、僕がリーグに出るということはとりあえず勝ちを1本もってくるということだと意識して試合に臨んでいます。

――リーグを迎えるにあたりご自身の調子は

インカレ(全日本学生選手権)が終わって夏関もあったのですが、リーグに向けてしっかり調整できていたので調子は絶好調です。いつも絶好調です。

――藪巧光選手(法大)との対戦に向けてプランはありましたか

1回試合をやったことがあって、その時はすごく打ってくる選手だなと思っていたのですが、きょう試合をしてみるとうまくラリーをしてきて緩急もつけてきたので、自分が試合をしようと思っていたプランと違う戦い方になりました。でもそういう試合になるのは今まで経験してきたので、その試合の中で自分がどうすればいいか考えてやっていきました。

――具体的に試合の中でどう修正していきましたか

相手のサービスがあまり良くなかったのですが、僕のショットもあまり良くなかったので、中に打ってそこから勝負していこうと思いました。あまりリスクを犯さないことを意識していましたね。

――どちらのセットも競った中で勝ち切れた要因は

正直やっていて負けそうとかやばいという感じはなくて、それは試合の中で良かったなと。いく時はいこうと決めていて、最後のゲームもブレークできる気がしていたので、気持ちの面でしっかり切り替えができていたのかなと思います。

――ここまでチームの雰囲気はいかがですか

僕から見てまだまだ選手だったりサポートだったり隙があるので、4年生としては気になるのですが、でもすごくいいチームだなと。応援もすごく気持ちが伝わってきますし、選手は応援に応えようというのがすごく見えるので、その部分はすごくいいチームだなと思います。

――次は重要な慶大戦になります

慶大は早大に対して勝ちにくるので、執着心や何をしてでも勝とうというところを見せてきますが、こちらもそれにビビらず、自分のやってきたことを出せば絶対に負けないと思います。早大も強いので、こちらがチャレンジャーの気持ちでしっかり挑みたいと思います。

齋藤聖真(スポ3=神奈川・湘南工大付)・千頭昇平(スポ1=愛知・誉)

――法大はダブルスの強いチームですが、どのような気持ちで臨まれましたか

千頭 僕らの相手が一番成績を収めている相手で、インカレもベスト4に入っている選手ですし、優勝した河野(優平副将、スポ4=福岡・柳川)・坂井(勇仁、スポ3=大阪・清風)組にもあと少しのところまでいっていたので、そう簡単に取れる相手ではないなと思いました。

――齋藤選手は関東学生トーナメント(春関)でも対戦していますね

齋藤 髙村(佑樹、スポ2=千葉・東京学館浦安)と組んでいる時と千頭と組んでいる時ではダブルスとしてのプレーが変わってくるので、同じスコアで勝てるとは思っていなかったのですが、春関の時のイメージで臨んだ結果少し油断していたつもりはないですが、一度やったというところが相手はこれくらいかなと思ってしまったところがあります。春関から4カ月経っているので、これだけ上達してくるんだなと。そこは今後まだ団体戦がありますし、やったことがあるペアと当たったとしたら考え直さなくてはいけない点かなと思いました。

――試合の中でイメージを修正し切れなかったと

齋藤 前回簡単に勝っただけに認め切れなかったところもあったのかなと思います。

――ファーストセットでは齋藤選手のサービスキープに苦しみました

齋藤 ファーストサーブが入りませんでした。セカンド(サーブ)だとあれだけリターンやストロークがいい相手だと厳しいかなというところがあって。きのうの練習で少しサーブが良かったのでいいイメージのまま入り過ぎてしまって、自分が悪い時にどういうプレーをしなくてはいけないというイメージがつくれていなかったので、そこも修整しなくてはいけない点かなと思います。千頭は大学のダブルスにまだ慣れていないところがあると思います。ジュニアとは全然違うので。そこが抜け切れていないとさっき言っていました。

千頭 ジュニアの頃より大学生の方がより完成されているというか。ジュニアは勢いでやってくることができたのですが、勢いではどうにもならないです。ダブルスとしての正しい動きをちゃんとやらないと勝てないです。ノリでは勝てないです。

――セカンドセットは振り返って

齋藤 セカンドは相手が明らかに油断していて、油断していてもそういうチームなので伸び伸びやってきたというところで。伸び伸びやっている中でも単発のミスをうまく生かしてなおかつ相手のナイスプレーをこちらがしぶとく返すことによってつながった1ポイントがファーストセットより多かったのがぎりぎりで取り切れた理由かなと思っています。そういうことをするのは難しいのですが、2セット続けられなかったのが最後のセットを取り切れなかった原因かなと思います。

――ファイナルセットではブレークチャンスをものにできず、逆にブレークされてしまう展開でした

齋藤 あれは僕のせいですね、こいつは何も悪くないです。

千頭 ファーストゲームが流れをつくるところだと思いますが、ブレークポイントが30-40で僕のサイドにきて、リターンがいいところに返ったので焦って自分がストレートに打ってしまって。小見山くん(僚、法大)とのラリーはバックサイドであれば負けるつもりはなかったのですが、そこで焦ってしまって流れを止めてしまったのかなと思います。ファイナルセットのファーストゲームのブレークポイント、そこですね。

――公式戦では初黒星となります。小倉主将から「二人がどう捉えているかは分からないが」との言葉も聞かれましたが、どう捉えていますか

千頭 いつも聖真さんにやってもらっていて、僕はリターンをしっかりうまく返してボールをつくる係なので。毎回毎回勝てるわけではないのでうまく受け止めて自分がもっとダブルスを練習することが必要だと思いました。(夏関優勝によるWCで)全日本選手権(三菱全日本選手権)に出られるかもしれないのですが、ダブルスもうまくなればシングルスにも絶対生きてくると思うので、僕はやらないといけないことを練習して、聖真さんのような動きをできるようになりたいです。全日本選手権にもし出られたらその時はサービスが常に200キロを出せるように。200キロのサービスが出せたら優勝できるかなと思います。ビッグサーバーになって10月に現れます。

齋藤 このペアでも初負けなのと、(個人としては)公式の団体戦ではダブルスで初めて負けたので、悔しいですね。でも団体戦での負けというのは結局勝ちの1本につながるかどうかで、僕らの1敗を仲間がカバーして勝ちにつなげてくれました。悔しいといえば悔しいのですが、僕は結構落ち込んでしまうので落ち込まないように切り替えていかないと、団体戦は間が空くので、いい負けに、ポジティブに考えたいです。

――千頭選手はこのリーグで団体戦初出場になりますが、初戦から緊張はありませんでしたか

千頭 緊張はなぜか少しもないです。緊張しないタイプですね。ケガ明けの4月とかは緊張しましたけど、ことしは楽しくやれればいいなという感じでやっているので、最後までやり切ることが。楽しめていますね。

――ここまでお二人とも単複での出場があります。選手層が厚い分準備が難しい側面はありませんか

齋藤 僕はもうそろそろダブルス専門になってくるので、そういう気持ちで。でもきょうみたく急にシングルスのオーダーが変わったりとか、島袋がRET(棄権)していましたけどそういう事故があったりするかもしれないので、そういう意味では準備しておかなくてはいけないかなと改めて感じました。

千頭 僕はサーブが遅いですし、ダブルスにはとても向いていないと思うのですが、今はダブルスが苦手でも苦手な部分を克服していけばダブルスも自然に得意になってくると思います。

――次の慶大戦に向けて

齋藤 僕はさきほど言った単複の準備を忘れずにということと、もう少し千頭とやらなくてはいけない点があったので、二日間でしっかり修正するというところを徹底してやりたいと思います。(具体的な修正点は)サービスゲームですね。リターンゲームはいいリターンが入れば取れるという自信があるので、それよりまずサービスゲームでどれだけ短い時間でキープできるかが大事になってきます。サーブの後の動きだったりとか、僕サービスでブレークされるのが一番良くないと思うので、僕が千頭をいかにうまく使えるかというところを考えてフォーメーションだったりを確実にしていこうと思います。

千頭 ダブルスに出られるように単複あるものだと思ってやるのが一番大事ですね。あとは勝っても負けても人生終わるわけではないので、その試合にチームのみんなと先輩方で全力で立ち向かっていきたいです。