ハンドボール部

2017.09.10

関東学生秋季リーグ 9月10日 神奈川・日体大健志台キャンパス第一体育館

まさかまさかの…優勝遠のく2敗目

 残り試合も少なくなった関東学生秋季リーグ(秋季リーグ)は第6日目を迎えた。前日筑波大に快勝し、勢いに乗って試合に臨んだ早大。この日の相手の順大は、関東学生春季リーグの入れ替え戦に勝利し、秋から1部に昇格した。初戦で筑波大を破るなど、こちらも勢いに乗ったチームだ。立ち上がりは早大がペースを握るが、徐々にスピードに乗った相手に押し込まれ始め、前半終盤に逆転を許す。そのまま相手に主導権を握られてしまった早大が、痛すぎる2敗目を喫した。

 秋になってからほとんど先制点を奪えていなかった早大。この試合は、LW三輪颯馬(スポ3=愛知)の華麗なループシュートで始まった。その後も三輪の勢いは止まらず、高めの順大ディフェンスをうまくかき回してクロスプレーやサイドからシュートを決め、試合開始から8分間で5得点。その間にもLB小畠夕輝(スポ3=岡山・総社)の豪快なミドルシュートなどが生まれ、7-3と相手を突き放した。しかし順大もそう簡単に流れを渡してはくれない。得意としている早いパス回しが徐々に軌道に乗り始めると、早大ディフェンスも少しずつ崩れ始め、押し込まれるシーンが目立つようになる。なんとかリードを保とうと3年生らが奮起するが、ついに前半25分に逆転を許してしまう。流れを完全に失ってしまった早大は残り1秒で退場者を出してしまい、3点ビハインド、さらに1人選手を欠いた状態で前半を終えた。

難しい体勢からシュートを打つ小畠

 なんとかこの劣勢を立て直したい早大は、1人少ないながらCB山﨑純平(社3=岩手・不来方)がノーマークシュートを決めると、続いてRW清原秀介(商2=東京・早実)もノーマークのチャンスをしっかりとものにし、不利な状況をイーブンで終える。するとようやく勢いを取り戻し始めたのか、後半7分までに6得点を奪い、同点に追い付くことに成功した。このまま逆転したいところであったが、ここからセットオフェンスで攻め手がなくなってしまう。無理な体勢でのシュートを強いられ、なかなかシュートが決められない。その間に順大は着実に得点を重ねていき、10分間早大が得点を取れないうちに再び5点のリードを奪われてしまう。これで完全に相手を勢いに乗せてしまった。必死に追いすがるワセダセブンの奮起もむなしく、4点のリードを許したまま無情にも試合終了のブザーが鳴り響いた。

自慢のディフェンスも不発に終わってしまった

 前日の試合で、「セットオフェンスが課題」と芳村優太コーチ(平27スポ卒=愛知)が語っていたが、この試合はその課題がさらに浮き彫りになるかたちとなった。また早いリスタートや速攻で押し込んでくる順大に対して受け身になってしまい、今季最多の35失点を喫した。悔しい敗戦となったが、下を向いていても始まらない。前を向いて、目の前の敵を確実に倒す。これが早大ハンドボール部の使命だ。

(記事 佐藤慎太郎、写真 宅森咲子)


関連記事

春の王者筑波大に快勝!優勝へ望みをつなぐ/関東学生秋季リーグ(9/10)

強敵中大に引き分け!リーグ優勝に向け前進/関東学生秋季リーグ(9/03)

まさかの大量失点で今季初黒星/関東学生秋季リーグ(9/02)


関東学生秋季リーグ
早大 31 16−19
15−16
35 順大
GK 羽諸大雅(スポ2=千葉・市川)
LW 三輪颯馬(スポ3=愛知)
LB 小畠夕輝(スポ3=岡山・総社)
CB 山﨑純平(社3=岩手・不来方)
PV 松本光也(社4=神奈川・法政二)
RB 伊舎堂博武(社3=沖縄・興南)
RW 清原秀介(商2=東京・早実)
対日体大 得点表
選手名 前半 後半 合計
#5 小畠夕輝
#18 三輪颯馬
#7 伊舎堂博武 5(2)
#9 山﨑純平
#4 松本光也
#17 清原秀介
#8 宗海皓己
合計 16 15(2) 31

※()は7メートルスローによる得点

コメント

PV松本光也副将(社4=神奈川・法政二)

――試合全体を振り返っていかがでしたか

立ち上がりは自分たちのリズムでいいかたちでスタートしてすごい良かったんですけど、前半うまくいかない時に自分たちのミスからリズムが崩れてしまって相手にうまく攻められたりうまく守られてしまいそこから相手のペースになってしまいました。後半折り返して3点差を詰める時、ここぞという時に得点が重ねられなくてずっと3点差4点差という開いた状態でずるずるいってしまって最後ずっと追う展開になってしまい、60分間通して流れを変えることができなかったというのが今回の敗因だと思います。

――失点が多かったですが、ディフェンス全体を振り返っていかがでしたか

試合前に相手選手で絞る選手というのを決めていたんですけど、やってみたら相手にうまく崩されてしまって、どこからでも点を取られるという展開になってしまいました。ディフェンスの勝負所を試合を通して修正できなかったというのがリズムをつくれなかったという所につながったと思います。あと、際の部分ですね。際だったり気持ちの部分で、ここ1本守らなきゃいけないという時に際で相手の方が気持ちで押し切ってきたのでそこで負けてしまったという所が自分たちの課題なので修正していきたいと思います。

――相手のスピードにやられてしまいました

そうですね。スピードがある選手が多いチームだったのですが、そういったスピードで来る選手に対しての守り方というのがまだワセダは全体的にできていないのでそこをもう1回自分たちの練習の中で強化していきたいです。そういった選手はいろんなチームにいると思うのでその課題を克服していきたいと思います。

――相手の高めのディフェンス対策はどのようにしてきましたか

日大の時も高いディフェンスだったのでそこを継続で。中間で僕がもらって上を助ける動きをしたり、(相手が上に)出てくる分空間ができるのでそこをうまく使うという練習をしてきたんですけど、それを60分間通して、うまくいく時もあるんですけどなかなかうまくいかない時もあるのでもっと練習が必要だなと思いました。

――相手を勢いづかせてしまった点に関して、チームとしてどこが悪かったと思いますか

ここ1本という時に簡単なミスをしてしまったり、相手がそれに乗っかってミスをうまく突いてきて相手の流れになってしまうというかたちでした。試合に出ているメンバーの気持ちの部分で、相手は気持ちを前面に出して戦ってきたのですが、(自分たちは)気持ちを前面に出してきょうはプレーできていなかったと思うので、そこの部分で自分たちは負けてしまっていたのかなと思います。

――後半追い上げた後5連続失点し、10分間ワセダの得点が無かったのですが、オフェンスの改善すべき点は何だと思いますか

やっぱり上3枚に頼ってしまっている部分があるのでそこをサイドだったりポストに入る自分だったりがもっとプレーに絡むというか連携できるようにしていかないと相手のディフェンスも慣れてきたら守れてしまうので。60分間ずっと同じ攻めをしているとさすがにきついのでそういった攻めのバリエーションという所を試合中に工夫してできない部分がオフェンスミスにつながったと思います。

――まだ試合が続きますが来週に向けて意気込みをお願いします

きょう落としてしまったことは切り換えて、来週もまだ続くのでこの1週間またしっかり来週に向けて全員で一戦一戦勝ちにいけるように頑張っていきたいと思います。

RB伊舎堂博武(社3=沖縄・興南)

――きょうの試合を振り返っていかがですか

相手はパス回しと横の動きが良かったので、苦戦すると思っていました。予想通り苦しめられて、それに対応できなかったっていう感じですね。

――立ち上がりは良かったですが、その勢いを持続できませんでした。悪かった点は何だと思いますか

最初は速攻で押そうということをチームとして決めていて、颯馬(三輪、スポ3=愛知)からのスタートから2本くらい取れていい流れができてたし、相手も(スピードが)速いとはいえ最初は勢いがなかったので、そこまで苦労することはなかったです。試合の時間が経つにつれて、走れる距離とかスピードとかがワセダと順大で差が出てきて、クイックスタートとかにもついていけず、スタミナ切れなのか集中力が切れたのかはわかんないですけど、対応できなかったっていうのはきょう出た課題だし、これを残り3試合で克服できるようにみんなが意識してやらないと、インカレ(全日本学生選手権)にはいいようにつながらないかなと思います。

――スピードをつけて走り込んでくる相手でしたが事前にどんな話をしていましたか

パス回しがうまいから、それをさせないためにしっかりコンタクトするだとか、けん制を仕掛けるとかそういう簡単なことを話していました。前半はそれができていても後半になると足が止まってたり、相手がその速さを維持していたから、それに対応できていませんでした。横に早く動くチームには得意意識は持っていないですね。

――オフェンスもかなり苦しみましたが上で回していていかがでしたか

試合が終わってから聞いたんですけど、僕を中心に守っていたらしくて、僕が攻めると2、3人寄ってきていました。僕がパスを回せたら良かったんですけど、それがうまくいった時間帯もあったり、うまくいかない時間があったり、波がかなり多かったです。そこでもっと周りを生かせたら良かったですね。あと僕自身の問題点としては、ディフェンスで簡単に失点したりすると、モチベーションが下がっちゃって、せっかく取った得点もプラマイだとマイナスになってしまう状態なので、そういう点はなくしたいですね。僕もインカレまでにこういう問題を解決していきたいです。

――残り試合は本当に負けられない戦いとなります。どの部分を修正するべきだと思いますか

僕自身としては、メンタル的な問題ですね。技術とか体力面は大丈夫だとして、メンタル面を意識してやっていきたいです。