庭球部

2017.09.08

関東大学リーグ 9月7日 東京・亜大日の出キャンパステニスコート

王座へ向けて中大に大きな1勝

 第2戦が行われた関東大学リーグ(リーグ)で、早大は中大との一戦に臨んだ。中大には個人戦で結果を残した選手が多く、今季勢いのあるチームだ。しかし早大はダブルス3本を取り、シングルス下位陣で勝利を決定づける。7-2で全日本大学対抗王座決定試合(王座)へ向けて大きな白星を挙げた。

 中大のシングルス上位陣には実力者がそろっているだけに、早大はダブルスで全勝しておきたいところだ。関東学生選手権優勝ペアの齋藤聖真(スポ3=神奈川・湘南工大付)・千頭昇平(スポ1=愛知・誉)組が起用されたダブルス3では序盤で競ったものの、セカンドセットは突き放して最初の1勝を持ち帰る。ダブルス1の河野優平副将(スポ4=福岡・柳川)・島袋将(スポ2=三重・四日市工)組は関東学生トーナメント(春関)でタイトルを獲得した大和田秀俊・望月勇希組と対戦。ツーボレーでポイントを重ねた早大ペアがファーストセットを奪う。セカンドセットでは相手の多彩なプレーに苦しめられるが、「ダブルス1を取ったら勢い付くと河野さんとも話していた。(厳しい時間帯も)待ち構えて準備ができていた分きちんと対応できた」(島袋)とタイブレークを制し2勝目を挙げた。ダブルス2の坂井勇仁(スポ3=大阪・清風)・田中優之介(スポ1=埼玉・秀明英光)組の試合は小倉主将が「確実に取ってチームの流れを最初に引き寄せたかった」と語るカードだったが、ファーストセットは「すごく緊張してミスが多かった」(田中)と安定感に欠き落としてしまう。しかし「切り替えて声を出して集中できたのが良かった」(坂井)とセカンドセットをワンブレークで奪い返すと、ファイナルセットでは田中も波に乗り切って逆転勝利。3-0でシングルスへ折り返した。

単複で活躍を見せた坂井(右)・田中組

 一気に勝負をつけたいシングルスでは、4の三好健太副将(スポ4=埼玉・秀明英光)が昨年のリーグ、ことしの春関に続き斎藤和哉と対戦。6-3、6-1というスコア以上に苦しめられた試合となったが、最上級生として手堅い白星を持ち帰る。チームの勝利を決めたのはシングルス6を務めたルーキーの田中だ。「(チームの勝利を)意識する場面があって途中硬くなったが、最後は1年生らしく伸び伸びしていこうと思った」(田中)。強気なプレーで宇佐美皓一を下した。早大の勝利は決定したものの、王座へ向け残る試合でも力を示したいところだ。2に登場した坂井は今季好成績を残している大和田を相手に「きょうは僕が良くて相手を封じ込められた」と自分のペースで試合を進め、圧巻のストレート勝ち。しかしシングルス5の小林雅哉(スポ2=千葉・東京学館浦安)は初戦から一転して本調子からは程遠く、フルセットの戦いの末公式の団体戦で初黒星を喫する。3の古田伊蕗(スポ3=静岡・浜松市立)も粘ったが相手の勢いを止めることができず敗北。残るはエース対決だ。昨年のリーグでも望月に敗れており、「絶対に勝つという気持ちで挑んだ」と島袋。両者共に好プレー続きの熱戦となったが、望月の球をしのぎ切って鋭いサーブ、ショットを繰り出した島袋に軍配が上がった。

エース対決を制した島袋

 シングルスでは2本落としたものの、小倉主将は「(中大は)王座にも出場する可能性がある。しっかり勝ち切れたことは良かった」と振り返る。しかし次に対戦する法大も油断できる相手ではない。「選手はしっかり分析を行なっている。あとは心の準備をさせるだけ」(小倉主将)。ことしも日本の頂点に輝くため、1勝ずつ積み重ねてゆく。

(記事 熊木玲佳、写真 田中佑茉)

結果

○早大7-2中大

ダブルス1
河野優平・島袋将6-4、7-6(5)大和田秀俊・望月勇希
ダブルス2
坂井勇仁・田中優之介3-6、6-3、6-2宇佐美皓一・正林知大
ダブルス3
齋藤聖真・千頭昇平6-4、6-1小峰良太・玉城翔平

シングルス1
○島袋将3-6、6-4、6-4望月勇希
シングルス2
○坂井勇仁6-1、6-2大和田秀俊
シングルス3
●古田伊蕗6-3、4-6、3-6正林知大
シングルス4
○三好健太6-3、6-1斎藤和哉
シングルス5
●小林雅哉6-4、4-6、4-6田中凛
シングルス6
○田中優之介6-3、6-4宇佐美皓一

関連記事

リーグ初戦は9-0発進!層の厚さ見せつけた/関東大学リーグ(9/05)

コメント

小倉孝介主将(スポ4=神奈川・湘南工大付)

――中大は戦力的にも怖い相手であり、独特な応援の雰囲気もあります。どのように臨まれましたか

ダブルスで3-0ということがすごく求められた試合で、やはりうちは選手がそろっている分(シングルス)4、5、6で取り切るかたちが理想でした。ダブルスで3-0にすることができて良かったのですが、実際に試合をやってみると取りたかった小林(雅哉、スポ2=千葉・東京学館浦安)と古田(伊蕗、スポ3=静岡・浜松市立)が取れなかったので、やはり勝つということは簡単ではないなと思いました。でも島袋(将、スポ2=三重・四日市工)がインカレ(全日本学生選手権)チャンピオンとして、シングルス1として強敵の望月(勇希)に勝ち切れたことはすごく良かったなと思います。

――ダブルスで勝負をつけにいったオーダーだったと思いますが、苦しい時間帯もあったものの勝ち切ることができました。どうご覧になっていましたか

夏関(関東学生選手権)で優勝した齋藤(聖真、スポ3=神奈川・湘南工大付)・千頭(昇平、スポ1=愛知・誉)を3で出しました。千頭は特に今までシングルスプレーヤーでやってきたと思うのですが、ダブルスでもしっかり戦えるということがきょう見ていて分かったので、また一つ戦力がそろったかなという感覚があります。それでもどの試合も競って、特にダブルス2は確実に取ってチームの流れを最初に引き寄せたかったのですがファイナルにいってしまったので、やはりシングルス同様甘くないなと。

――1日を通じ、主将としてベンチコーチにも何度か入られていましたね

選手はいざ話してみると周りから見ている以上に自分で精いっぱいになっている部分もあるので、そこをサポート側がどうやってやわらげてあげるかということがカギになってくると思います。個人戦と違ってベンチコーチがいるということをしっかり生かすのが団体戦だと思うので、そういう点を意識して難し過ぎず簡潔にアドバイスしていいプレーができるように心がけました。

――中大に7-2で勝利したという結果についてはどう捉えますか

理想は9-0なのですが、まずはしっかり勝ち切れたことは良かったと思います。中大はやはり力を付けてきて、王座(全日本大学対抗王座決定試合)にも出場する可能性があるので、改めて強敵だなと。ことしは中大と対抗戦ができていなかったので、その独特な雰囲気なども改めて感じて怖いチームだなと思いました。

――次の法大戦でも気が抜けないと思います。意気込みをお聞かせください

法大は特に中大に比べてダブルスがより強くなるので、そこで押し負けないようにするのと、シングルスはあちらはほとんど(ランキングなどの関係上)入れ替えが可能なので誰がくるか分からない状況ですが、選手はそれに対して分析を行って準備はしてきているので、誰がきても大丈夫なように、あとは心の準備だけをしっかりさせたいなと思います。

坂井勇仁(スポ3=大阪・清風)・田中優之介(スポ1=埼玉・秀明英光)

――まず田中選手は初めてのリーグを経験していますが、初戦から緊張などはしていましたか

田中 すごく緊張していましたね。きょうも慣れずにずっと緊張していました。

――今大会からダブルスのサイドを変えましたね

田中 僕は(今の)バックの方が得意かもしれないです、ファーストセットを除いたら。

坂井 どっちでもできるのですが、回り込み逆クロスがいいので武器が増えるかなと。

――ダブルスの相手は坂井選手が関東学生トーナメント(春関)で敗れた宇佐美皓一・正林知大組でした。ファーストセットではミスも目立ちましたが、中盤からは波に乗りましたね

坂井 春関で負けた相手だったのでファーストを落とした瞬間前のことを思い出してしまったりしたのですが、(春関とは)ペアも違うのでここから巻き返していければと思いました。ファーストは田中くんが緊張していたみたいなのですが、僕もどうしようかなという感じだったので、そこから切り替えて二人でできたのが良かったかなと思います。

田中 ファーストセットはすごく緊張してミスが多かったのですが、セカンドセットになって切り替えられたことはすごく大きかったなと。ファーストセットは本当にどうすることもできなくて、聞いたんですよ、坂井さんに。「どうすればいいですか」って。

坂井 僕もどうしようと考えていた時だったのですが、とりあえず「声を出そう」と。

田中 声を出そうということになったので叫び散らしました。セカンドからは出しましたね、しっかり。

坂井 何かしないと、という感じだったので、声を出して集中できたのが良かったかなと思います。

――以前田中選手と組むと坂井選手の調子がいいとのお話がありましたが

坂井 田中くんの調子がいいと僕も調子がいいです。お互いにいい影響を与えられるペアなので。

――シングルスでは田中選手が結果的にチームの勝利を決めました

田中 三好さん(健太副将、スポ4=埼玉・秀明英光)が勝ってくれたので「これ勝ったら(早大の)勝ちか」と意識する場面があって途中硬くなったところはあるのですが、最後は1年生らしく、緊張どうこうより伸び伸びしていこうかなと思ってずっと試合していました。

――坂井選手はダブルスに続き春関で敗れた大和田選手にリベンジを果たしました。坂井選手のペースで試合を進められたのではないでしょうか

坂井 きょうは僕が良かったので、相手を封じ込めた感じでした。セカンドは0-2になって少し危ない場面もありましたがしっかり打ち切れたので、きょうは良かったなと思います。

――次の法大も気が抜けない相手ですが、意気込みをお聞かせいただけますか

田中 シングルス、ダブルスどちらに出るかも、出るかどうかすらもまだ分からないのですが、もし出たらしっかり伸び伸びと自分のプレーを貫き通せるように準備していきたいと思います。

坂井 ことしは(自分たちの)オーダーが読めないので、いいことなのですがその分準備をしっかりしないといけないと思います。実際きょうも急にオーダーが変わったので、そういう事態にもしっかり対応できるよう頑張りたいと思います。

島袋将(スポ2=三重・四日市工)

――きょうの中大戦はどのような気持ちで臨みましたか

中大は今乗っているチームで、エースの望月(勇希)を筆頭に盛り上がりがあって強いチームというのは分かっていて、それに比べて早大もシングルス、ダブルス共にメンバーがそろっていて、勝たなくてはいけないというのはありました。僕自身は去年シングルスで負けているので、チャレンジャー意識で臨みました。

――そのシングルスは去年のリベンジを果たせましたね

はい。内心めちゃめちゃうれしいです(笑)。

――ご自身のプレーを振り返っていかがですか

望月には勝ったことがなかったので、試合入る前から絶対に勝つっていう意気込みで挑みました。自分のテニスをするところはして、粘るところは粘ってというメリハリをうまくつけられたかなと思います。

――シングルスは2本落としている状況でしたが、その中でエースとしての意地を見せられましたね

周りの試合はあんまり見ていなかったので知らなかったのですけど、負けたくなかったのが一番なので良かったかなと思います。

――ダブルスはいかがでしたか

ダブルスは望月・大和田(秀俊)という強いペアリングだというのは分かっていて、でもダブルス1を取ったら勢い付くと河野さん(優平副将、スポ4=福岡・柳川)とも話していたので、出だしに集中して最後まで気を抜かずにできたのが良かったかなと思います。

――途中嫌な時間帯もあったように思います

そうですね。嫌な時間帯もあったのですが、そこを狙ってくるような強いペアというのは分かっていて、自分たちがリードしていてもいつかは絶対巻き返してくるだろうなとは思っていたので、そこを待ち構えて準備ができていた分、ちゃんと対応できたかなと思います。

――次は法大戦ということで、油断できない相手ですね

そうですね。これだけメンバーがそろっているので出られるかどうかはまだ分からないのですが、出られた場合はしっかりと自分の持ち場で思い切って戦いたいなと思います。