庭球部

2017.09.09

関東大学リーグ 9月8日 神奈川・慶大日吉蝮谷コート

第2戦は明大に5-2で勝利

 関東大学リーグ(リーグ)第2戦に臨んだ女子。迎えるは昨年の入れ替え戦で創部初の1部昇格を果たした明大だ。「すごく勢いがある」(細沼千紗女子主将、スポ4=東京・富士見丘)と警戒する相手だったが、5-2で下して白星を積み上げた。

 ダブルスではさすがの強さを見せた。この日のダブルス2には細沼・清水映里(スポ1=埼玉・山村学園)組が登場。相手は初戦で筑波大の牛島里咲・並木友花組に勝利を収めている熊谷ひかる・齊藤佳帆組だったが、序盤の固さを見逃さず一気にたたみ掛ける。相手のいいプレーもあったが、「(相手は)バックが得意ではないということで、左利きの清水と私が前で決めるかたちがうまくいった」(細沼)と6-1、6-1で実力を見せつけた。ダブルス1の上唯希(スポ3=兵庫・園田学園)・大矢希(スポ3=愛知・名古屋経大高蔵)組も初戦からの安定感をそのままにストレート勝ち。同級生ペアは「二人のいいプレーができていて、流れが悪くなる時が少ない」(大矢)と自信をのぞかせた。「去年から早大はダブルス2-0というイメージがある」(細沼)。この日も90分足らずでダブルス2本を取りチームの流れをつくった。

上(左)のストロークと大矢のボレーでポイントを重ねた

 3面展開となったシングルスでまずコートに入ったのはシングルス2の大矢と4の金井綾香(社4=東京・早実)、そして5の大河真由(スポ2=千葉・秀明八千代)だ。最初に試合を終えたのは大矢。攻め込まれても持ち前の粘り強さを見せ、相手のペースを崩してゆく。ミスを引き出して6-1、6-1で勝利し、チームに3つ目の白星を持ち帰った。しかし、早大の勝利を決める4勝目がなかなか挙げられない。大河の試合は明大の主将・熊谷とのラリー戦となったが、相手のショットに押されて波に乗れず。金井もフォアハンドを武器にファーストセットを6-2で奪ったものの、セカンドセットでは左右に走らされてミスが早まってきた。明大の追い上げムードが高まる中、シングルス3を務めた細沼は「しっかり勝利を決めて金井を楽にさせたいなと思った」と試合に臨む。その言葉通り、積極的なプレーでポイントを着実に積み重ねた細沼。相手をストレートで下してチームの勝利を決めた。大河は食らい付いたものの、熊谷の意地を前に敗北。金井も劣勢から何度も追い上げを見せたが一歩及ばず、セカンド、ファイナルセット共にタイブレークの末落とした。シングルス1の上は勝利を収め、5-2で明大との戦いを終えた。

チームの勝利を決めた細沼

 「筑波大に競った明大に5-2で勝てたことは良かった」(細沼)。しかし、シングルス2本で接戦の末に敗北するなど、取り切れなかった部分があったのも事実だろう。全日本大学対抗王座決定試合に向け、油断は許されない。連戦の中でも課題を修正しつつ、まずは次の亜大戦で全勝を収めたい。

(記事、写真 熊木玲佳)

結果

○早大5-2明大

ダブルス1
○上唯希・大矢希6-1、6-2竹本琴乃・宮田みほ
ダブルス2
○細沼千紗・清水映里6-1、6-1熊谷ひかる・齊藤佳帆

シングルス1
○上唯希6-3、6-1齊藤佳帆
シングルス2
○大矢希6-1、6-1宮田みほ
シングルス3
○細沼千紗6-2、6-1吉田百花
シングルス4
●金井綾香6-2、(5)6-7、(7)6-7竹本琴乃
シングルス5
●大河真由4-6、4-6熊谷ひかる

関連記事

ついにリーグ開幕!攻めの姿勢で優勝目指す/関東大学リーグ(9/06)

コメント

細沼千紗女子主将(スポ4=東京・富士見丘)

――まずきょうの明大戦を前にチームの皆さんにはどのような言葉をかけましたか

去年(の関東大学リーグ、リーグ)は6-1か7-0できていて(初戦の)山梨学院大にも7-0で勝てたので、きょうも絶対に7-0で勝とうと言っていたのですが、明大はすごく勢いがあるので、それにビビらずに向かっていこうという話をしました。

――清水映里選手(スポ1=埼玉・山村学園)がダブルスに入るオーダーとなりました

(明大の)ダブルス2の2人があまりバックが得意ではないということで、左利きの清水を使ってわたしが前で決めようというかたちになりました。それがすごくうまくいったので良かったかなと思います。

――ダブルスではいい流れをつくれました。ご自身の試合を振り返っていかがですか

去年から早大はダブルス2-0というイメージがあるので、ダブルス2に出ているからには絶対に勝たなくてはいけないなと思いました。清水と伸び伸び楽しくできたので良かったと思います。

――シングルスでは細沼選手がチームの勝利を決めるかたちになりました。金井綾香選手(社4=東京・早実)や大河真由選手(スポ2=千葉・秀明八千代)が苦しんでいることは試合に入る際に意識していましたか

ありました。やっている時に金井が先に終わるかなと思っていたのですが、私の方が早く終わりそうだったので、しっかり勝利を決めて金井を楽にさせたいなと思ったのですが、私も6-0でいけるところを6-1になってもたもたしてしまったので、そこはしっかり1ゲームで決めなくてはいけなかったかなという反省点はあります。

――ダブルス2-0、シングルス3-2という結果をどう捉えていますか

筑波大に競った明大に5-2は良かったのかなと思うのですが、金井も競った場面で相手の方が強気でした。練習量やトレーニング量は早大が絶対勝っているので、そこは強気でいってほしかったなと。大河も振り切れなかった場面が多かったので、全員の課題なのですが向かってくる相手に対して打ち切らなくてはいけないかなと思います。

――その中で大矢希選手(スポ3=愛知・名古屋経大高蔵)がシングルスでも活躍を見せており、頼もしい印象です

大矢は去年からダブルスをずっと組んですごく頼もしいなと思っていましたし、シングルスでも伸び伸びプレーできるようになって、必要な存在ですね。

――次は亜大戦になります

亜大も底力がありますし、圧倒的にずば抜けている人はいないのですがみんなが同じレベルだからこそシングルス5でも1でもどこからでもやってくる力があるので、私たちもそれに引かずに頑張りたいと思います。

大矢希(スポ3=愛知・名古屋経大高蔵)

――まずきょうの明大戦にはどのような意気込みで臨みましたか

シングルスは今回のリーグで初出場なのですが、山梨学院大戦でシングルス1で出ると知った時にドキっとしたというか、緊張があって。でも初戦でシングルス1を経験したから今回の明大戦でのシングルス2も戸惑いが少なくて、自分のやることをやればしっかり勝ち星を挙げられると思っていたので、きょうはきちんとできたかなと思います。

――ダブルスでは初戦からいい流れをつくれていますが、きょうの試合を振り返って

初戦でも今回でも(上唯希選手、スポ3=兵庫・園田学園と)二人のいいプレーができていて、あまり流れが悪くなる時が少ないと思います。でもここから何があるか分からないので、さらに気を引き締めて臨みたいと思います。

――シングルスでは持ち味を生かした試合ができていましたね

きょうは相手も強気に攻めてくるタイプでその分ミスも多い選手だったので、私のプレースタイルは相手としてはすごく嫌だったと思います。でも欲を言えば深いボールでもう少し攻められたらなとコーチ陣の方からもアドバイスをいただいたので、次戦からの課題としたいと思います。

――先ほどのお話にもありましたが、今季は上選手とのダブルスでは1、シングルスの出場もあるということで去年から団体戦に臨む気持ちに変化はありますか

あまりないですね。自分が与えられたところで絶対1本取ってこようという気持ちでやっています。

――次の亜大戦に向けて意気込みをお聞かせください

毎年なかなか大差をつけて勝てている相手ではないので、出場したら自分の与えられたところで1本取ってチームにいい流れをつくりたいと思います。