野球部

2017.09.04

夏季オープン戦 9月3日 安部球場

東都の雄に僅差で勝利!秋季リーグ戦へ弾みをつける/亜大戦

TEAM
亜 大
早 大 x
(早)小島、〇今西、清水、早川-岸本
◇(三塁打)三倉(二塁打)加藤

 8月初旬から1カ月間続いた夏季オープン戦も最後の試合を迎えた。この日の相手は幾多の名選手を輩出してきた東都大学野球連盟の強豪・亜大。初回から膠着(こうちゃく)したゲームが続くが、6回に織原葵(社4=東京・早実)の左前適時打が生まれ、2点を先制する。投げては先発の小島和哉(スポ3=埼玉・浦和学院)が5回無失点の好投を見せるなど、4投手の継投で亜大打線を1点に抑え勝利した。

 夏季オープン戦最後の先発マウンドを任されたのは小島。初回は先頭打者に出塁を許しはしたものの次打者を併殺に抑え3人で攻撃を終わらせる。2回以降も安定した投球を続け、5回を被安打2、無失点に抑えた。この日の小島は2四球を喫したものの後続を完璧に断ちエースの役割を存分に果たした。救援陣は6、7回を任された2番手・今西拓弥(スポ1=広島・広陵)がいずれの回も三者凡退に切ってとり文句なしのリリーフをやってのける。8回に1点を失うものの、4番手・早川隆久(スポ1=千葉・木更津総合)が最終回を無失点で切り抜け、亜大打線を最少失点に抑えた。

5回を被安打2と亜大打線を寄せ付けなかった小島

 打線は初回から1死一、二塁の好機をつくるが4番・加藤雅樹(社2=東京・早実)が遊ゴロ併殺に倒れ得点を挙げることができない。その後も得点圏に走者を進めながら本塁へ還せない拙攻が続く。しかし6回、福岡高輝(スポ2=埼玉・川越東)三倉進(スポ4=愛知・東邦)の左前打などで2死満塁の好機をつくると、次打者の織原がフルカウントからの6球目をたたき、打球は左翼前方へ落ちる2点適時打となる。結局これが決勝点となり、亜大を1点差で退けた。

6回2死満塁の好機で2点適時打を放った織原(左)

 この日の勝利で夏季オープン戦を7勝1敗2分で終えた早大。試合を重ねるにつれて徐々に投手陣が安定し、目標とする『守り勝つ野球』を結果で示した。特に直近の強豪との2試合は、各大学が強力打線を敷く東京六大学秋季リーグ戦(秋季リーグ戦)に向けて結果内容ともに明るい材料と言えるだろう。一方の打線は効率よく得点ができない試合が散見され、この日の亜大戦でも得点圏での残塁が目立った。1点が結果を大きく左右する秋季リーグ戦では好機を逸することなく着実に得点を挙げる攻撃が求められる。狙うはもちろん4季ぶりの覇権奪回。秋季リーグ戦開幕が目前に迫ってきている。

(記事 森迫雄介 記事 望月優樹、金澤麻由)

関連記事

韓国の強豪相手に勝利!夏の成果が出た一戦に(09/02)

2投手による無失点リレーで接戦を制す/専大戦(08/30)

快勝も歯がゆさ残る一戦に/城西国際大戦(08/25)