卓球部

2017.09.07

秋季関東学生リーグ戦 9月7日 港区スポーツセンター

金子がリーグ戦初白星!男女共に上々の滑り出し!

 ついに、このチーム最後の団体戦が幕を開けた。秋季関東学生リーグ戦(秋季リーグ戦)開幕戦は男女共に春季リーグ戦と同じ組み合わせとなり、男子部は法大、女子部は淑徳大と対戦。それぞれ4ー1で下し、悲願のリーグ制覇に向けて上々のスタートを切った。

リーグ戦初白星を手にした金子

 2年目の金子碧衣(スポ2=愛知みずほ大瑞穂)が、リーグ戦初勝利でチームの開幕戦白星に大きく貢献した。ダブルスで競り負け、嫌な雰囲気が漂う四番手に、金子は登場。その悪い流れをストレート勝ちで払拭してみせた。女子選手では珍しいYGサーブを駆使する金子は、そのサーブを織り交ぜて相手を翻弄(ほんろう)。「サーブが有効だったおかげで、自分のペースで攻撃することができた」(金子)。高めに浮くことがあったと反省点を口にしたが、要所でのサーブの効き目は抜群だった。試合は、金子の軌道修正から、阿部愛莉(スポ3=大阪・四天王寺)・徳永美子(スポ3=福岡・希望が丘)組がストレート勝ちで続き、淑徳大を圧倒。見事、開幕戦を白星で飾ることに成功した。インカレ優勝メンバーである鎌田那美(スポ2=北海道・駒大苫小牧)に続いて、頼もしい若手が台頭。悲願のリーグ制覇に向けて、うれしいニュースとなった。

 男子団体初戦は春季リーグ戦でストレート勝ちを収めた法大。春季に続きストレートで勝利したい早大はいまだリーグ戦無敗を誇る上村慶哉主将(スポ4=福岡・希望が丘)、竹岡純樹(スポ4=青森・青森山田)らを3番手までに並べた攻撃的な布陣で挑んだ。初戦に出場した上村は、威力のあるフォアドライブ次々に打ち込み相手を圧倒。2番手に出場した硴塚将人(スポ2=東京・エリートアカデミー/帝京)は上村に続きたいところだったが、第1ゲームを取られてから、流れに乗り切れない。序盤に効果的だったサーブも対応され、得意とするバックハンドもネットにかかる。1ゲームこそ奪い返したものの、ミスを連発し敗戦。嫌な流れになりかけたが今季絶好調の竹岡が奮起する。広角への打ち分け、要所でのYGサービスの使用で得点を重ね、3―1で勝利。この結果で勢いにのったワセダはダブルスも取り、最後はルーキー緒方遼太郎(スポ1=東京・エリートアカデミー/帝京)が盤石の試合運びをみせ試合を締めた。

硴塚は次戦では勝ってくれるだろう

 男女ともに初戦をものにした早大。ストレートで勝ちきれなかったことは課題だが、1人が負けても、すぐにカバーできることは大きな強みだ。目標とする優勝に向けては強豪校との対戦までに白星を落とさないことが必須条件。あすは2試合行われるが、勝ちきれるかどうかが重要となるだろう。

(記事 本田京太郎、喜柳純平、写真 橋本望)

関連記事

秋季関東学生リーグ戦展望(男子部)(9/3)


秋季関東学生リーグ戦展望記事(女子部)(9/3)

関連特集

【連載】秋季関東学生リーグ戦直前特集(9/4~9/7)

結果

▽男子 第1戦

VS 法大 ◯4―1

○上村慶哉3―1南波裕輝

●硴塚将人1―3高取侑史

○竹岡純樹3―1藤森文人

○上村慶哉・緒方遼太郎組3―1高取侑史・青山昇太組

○緒方遼太郎3―0大槻周瑛

▽女子 第1戦

VS 淑徳大 ○4―1

○阿部愛莉3―2島津郁実

○徳永美子3―1松澤帆乃果

●田中千秋・加藤結有子組2―3高橋美帆・松澤帆乃果組

○金子碧衣3―0趙甜甜

○阿部愛莉・徳永美子組3―0竹本朋世・島津郁実組

コメント

▽男子

――調子の方はどうでしたか

体の方は悪くなかったのですが最初からおとなしいプレーというか安全にいこうとしすぎて、それで途中から自分の思うようなプレーができなくなってしまいました。

―― 反省点はありますか

相手のサーブが分かりづらくて自分のレシーブの入りが良くなくてそこから崩されました。自分のサーブも最初は良かったのですが途中からは対応されてしまい後手に回ってしまうプレーが多かったです。

――具体的な修正点はありますか

自分の持ち味はもっとバックバンドでふっていくことなのですが、きょうはミスを少なくしようとして自分が緊張して逆にミスをしてしまいました。そのためミスを恐れずふっていくプレーが大事になると思います。

――明日に向けて

きょうの負けはあまり気にせずに気持ちを切り替えてやっていきたいです。

▽女子

金子碧衣(スポ2=愛知みずほ大瑞穂)

――開幕戦ということで、どんな意気込みで試合に臨まれましたか

インカレで優勝したと言っても、まだリーグ戦で優勝はしたことがないので、全員で向かっていく気持ちは忘れないようにと試合に臨みました。

――リーグ戦初勝利でした。率直な感想を教えてください

試合に出場できない選手もいる中で、代表として出させてもらっていました。コーチ陣の方に「楽しんでこい」と言われて送り出されて、その言葉通りに楽しめたのが、初勝利の要因かなと思います。初勝利は嬉しかったです。

――鎌田選手など、同級生の活躍にはやはり刺激は受けていましたか

そうですね。でも、自分が出たいという気持ちがある中でも、選ばれたメンバーは代表として試合をしてきてくれているので。刺激を受けながらも、全力で応援もします。

――リーグ戦初勝利の要因は

サーブが効果的だったので、多くのサーブで相手を惑わして自分のペースで試合をすることができました。それと、レシーブでの工夫も生きましたね。

――次戦以降での意気込みを教えてください

もし自分が出場する機会があれば、勝ち負けも重要ですが、一番はチームにいい影響を与えられるような試合をしたいと思います。そして、ベンチにいるときは、しっかりと声を出して、選手を勢いづけられるように、頑張りたいです。