庭球部

2017.08.27

関東学生選手権  8月26日  東京・有明テニスの森

古田が決勝進出!ダブルス決勝は同士打ちに

 夏の戦いもいよいよ終盤だ。関東学生選手権(夏関)では準々決勝が行われ、早大男子からはシングルスに古田伊蕗(スポ3=静岡・浜松市立)、ダブルスに坂井勇仁(スポ3=大阪・清風)・田中優之介(スポ1=埼玉・秀明英光)組と齋藤聖真(スポ3=神奈川・湘南工大付)・千頭昇平(スポ1=愛知・誉)組が登場。それぞれ勝利を収め、決勝へ駒を進めた。

 早大勢で唯一シングルスに勝ち残っている古田。相手はここまで田中や島袋将(スポ2=三重・四日市工)を下してきた岡垣光祐(法大)だ。ファーストセットは「すごく苦しい展開が多かった」との言葉通り、岡垣のフォアハンドやネットプレーに翻弄される。古田のミスも重なり、2-6でこのセットを落としてしまった。続くセカンドセットはキープキープが続くが、「岡垣がちょっとつらそうだったので、踏ん張ればチャンスがあると思いながらやった」と奮起。ラリーで追い込んで第6ゲームをブレークすると、要所でいいプレーを見せた古田が6-2で奪い返す。迎えたファイナルセットでは、しつこくラリーする中で隙を見て前に出た古田。相手のプレーにも粗さが目立つようになり、6-1と突き放した。入学後初の決勝戦は大和田秀俊(中大)との一戦になる。「気負わず、自分のプレーがしっかりできればいい」と意気込んだ。

持ち味を発揮し逆転勝利した古田

 ダブルスでは早大勢2組が安定した強さを見せた。坂井・田中組は法大の寒川雄太・鈴木保貴組と対戦。「今大会、二人とも調子は良くなかった」(田中)としながらもファーストセットを6-4で奪うと、セカンドセット中盤の苦しい時間帯も「自分たちがリターンをミスして相手がのる展開が多かったので、絶対に2球連続ミスしないとか、先にストレートを打とうとかを話し合っていた」(田中)と乗り切る。最後はサーブから攻めるプレーで相手を圧倒して準決勝を突破した。今大会初のペアリングとなっている齋藤・千頭組の相手は明大の合戸廉太朗・安増篤史組。互いにサーブの良い対戦となったが、ファーストセットは第1ゲームでのワンブレークで奪い切る。セカンドセットからは「相手の前衛の動きを見てどう通すかを考えて話し合った」(齋藤)と相手のプレッシャーをロブやパッシングでうまくしのぎ、危なげなく決勝進出を決めた。「(同じくダブルス決勝で坂井と対戦した昨年は)勝ちたいという気持ちが強過ぎて逆に空回りしてしまった。今回は楽しもうかなと」(齋藤)、「ダブルスですし二人で楽しんでこそ勝ちにつながってくる」(千頭)と、見応えのある同士打ちになりそうだ。

初のペアリングながら決勝へ進出した齋藤(左)・千頭組

 春関から続いた個人戦シーズンも、この夏関で一区切り。来週には関東大学リーグの開幕を控えているだけに、いい結果で終えて流れに乗りたいところだ。決勝戦で選手らが見せるプレーを楽しみにしたい。

(記事 熊木玲佳、写真 石﨑開)

結果

▽男子

シングルス準決勝

○古田伊蕗2-6、6-2、6-1岡垣光祐(法大)


ダブルス準決勝

○坂井勇仁・田中優之介6-3、6-3寒川雄太・鈴木保貴(法大)

○齋藤聖真・千頭昇平6-4、6-1合戸廉太朗・安増篤史(明大)

関連記事

単複共に早大勢が4強入り/関東学生選手権(8/26)
島袋が敗退するも、4選手が準々決勝進出/関東学生選手権(8/24)
最後の個人戦・夏関がスタート/関東学生選手権(8/24)

コメント

齋藤聖真(スポ3=神奈川・湘南工大付)・千頭昇平(スポ1=愛知・誉)

――前の試合が長引いたり雨が降ったりしましたが、待ち疲れはありませんでしたか

齋藤 なかったですね。

千頭 ダブルスなので、あまりないですね。

――サーブのいい相手でしたが、ファーストセットから振り返っていただけますか

齋藤 合戸のサーブが良くて結構リターンに苦しんだのですが、リターンを返したポイントはこちらが取っていたのでまず返すことだったり、相手の前衛の動きを見てどう通すかということだったりを考えて話し合ってやっていたのでうまくできたかなと。単純に集中力で僕のミスが多い時間帯があったのですが、そこはあした修正します。

千頭 僕は聖真さんに言われたことをきっちりやるというのが仕事なので、それをしっかり実行できたところもありました。できなかったところもあると思うので、あす同士打ちですがしっかりミスがないようにやりたいと思います。

――あすは坂井勇仁(スポ3=大阪・清風)・田中優之介(スポ1=埼玉・秀明英光)組との試合になります。まず齋藤選手は去年のこの大会でも決勝で坂井選手と当たっていますが、リベンジという気持ちはありますか

齋藤 リベンジというより、坂井さんなのでチャレンジャーという気持ちは毎回一緒なのですが、去年もそうだったのですが勝ちた過ぎて逆に空回りしてしまった部分があるので今回は楽しもうかなと思っています。もちろん勝ちにいくのですが、あまり大事にいったり緊張感を出し過ぎたりするとあまり良くないので。こいつ(千頭選手)には僕にいい感じに気持ちを上げさせてくれるプレーがあって、髙村(佑樹、スポ2=千葉・東京学館浦安)とはお互いに固くなっちゃうので、そこはこのペアの良さかなと。それを生かしたいなと。

千頭 テニスは楽しむことが第一で堅苦しいスポーツではないので。ダブルスですし二人で楽しんでこそ勝ちにつながってくるので、あすも精一杯楽しみたいと思います。

古田伊蕗(スポ3=静岡・浜松市立)

――きょうの相手は全日本学生選手権(インカレ)、関東学生選手権(夏関)と成績を伸ばしている岡垣光祐選手(法大)でした

バックがうまいというのは知っていて、僕もフォアよりバックの方がミスが少ないのですが、ラリーが長くなると思うので気持ちで負けずにしっかりあきらめずにいこうとは思っていました。

――ファーストセットは2-6というスコアになりました

向こうがすごく良かったのと、自分の足が緊張で全然動いていなくて。向こうにしっかりやられたので、ファーストはすごく苦しい展開が多かったです。

――セカンドセットはいかがでしょうか

岡垣がちょっとつらそうだったのを見て、ここを頑張って踏ん張れば全然チャンスがあると思いながらやったら、思った通りに動かずに先にブレークすることができて6-2というスコアになりました。そこはしっかり粘り強くできたのが良かったです。

――ファイナルセットはしっかり取り切りました

ファイナルは向こうが疲れていて自分の調子も上がっていたので、ラリーする中でしっかり攻めていこうという風にやったらしっかり攻めることができて6-1というスコアで取ることができたと思います。

――あすはいよいよ決勝戦です

気負わず、自分のプレーをしっかりできればいいかなと思います。

田中優之介(スポ1=埼玉・秀明英光)

――今大会にはどのような気持ちで臨んでいましたか

インカレではベスト8という成績を残すことはできて、ここで勝っておけばリーグでのれるかなと思っていたのですが1回戦で負けてしまって。他大に逆にプレッシャーをかけられるかたちになってしまって、シングルスは良くないと自分でも思っていたので、ダブルスは頑張ろうと思っていました。

――きょうのダブルスを振り返っていただけますか

今大会正直二人とも調子はよろしくなかったのですが、きょうは二人でノリノリでリターンをブレークしてからのることができたので良かったかなと。

――セカンドセットでは相手の時間帯もありましたが

そこでも二人で坂井さん(勇仁、スポ3=大阪・清風)としっかり話し合ってこうしていこうと決めていたので、坂井さんの言う通りやっていたら取れたという感じですね。相手のサーブで自分たちがリターンミスして相手がのる展開が多かったので、絶対に2球連続ミスしないとか、先にストレートを打とうとか、そういうことを決めていました。

――あすはいよいよ決勝です

どちらが(相手に)きてもいいように準備していきたいと思います。