庭球部

2017.08.26

関東学生選手権  8月25日 東京・有明テニスの森

単複共に早大勢が4強入り

蒸し暑い中行われた本戦5日目。男子シングルスでは、坂井勇仁(スポ3=大阪・清風)と佐藤祥次(スポ2=福岡・柳川)が準々決勝で敗退。三好健太副将(スポ4=埼玉・秀明英光)と古田伊蕗(スポ3=静岡・浜松市立)の同士打ちでは、古田が全日本学生選手権(インカレ)2位の三好を破り、ベスト4へ駒を進めた。ダブルスでは、古賀大貴(スポ2=大分舞鶴)・安上昂志(スポ2=福岡・柳川)組との同士打ちを制した齋藤聖真(スポ3=神奈川・湘南工大付)・千頭昇平(スポ1=愛知・誉)組、坂井・田中優之介(スポ1=埼玉・秀明英光)組が準々決勝を突破。古田・樋口廣太郎(スポ1=福岡・柳川)組はベスト8で大会を去った。

 シングルスではインカレで初めて本戦に進出し、関東学生選手権(夏関)で予選から勝ち進んでいる佐藤がベスト4入りを懸け、大和田秀俊(中大)と対戦。序盤から、長いラリーが目立った。第1セットでは調子の上がらない大和田を相手にラリーをものにし、6-1と良い立ち上がりを見せる。しかし、第2セット以降、後半から相手の左右前後に揺さぶるショットについていけず、「精神的に少し弱い部分が出てしまった」(佐藤)と最終セットでも挽回できないまま敗戦した。また、坂井も本調子とはいかず、2-6、4-6と終始流れをつかめなかった。インカレから間もなく行われた夏関での連戦に「思うように足が動かなかった」(坂井)と振り返る。早大勢で唯一ベスト4に進出したのは三好との同士打ちを制した古田。「ここから先は相手が誰であろうとチャレンジャーだと思うので、しっかり楽しみながら優勝を目指していきたい」と決勝をかけた次戦へ意気込んだ。

シングルスでは敗退した坂井

ダブルスでは、6月に開かれた昭和の森オープンで優勝をしている坂井・田中組が準々決勝に挑んだ。第1セットをタイブレークの末取ると、ギアを上げた坂井のフォアや田中のサーブが決まり、6-4でゲームセット。優勝に向け、一歩前進した。古賀・安上組との対戦となった齋藤・千頭組は、相手の隙を突いて第1セットを6-1で奪うも、第2セットは接戦になる。それでも「団体戦に出ているし、先輩として意地があった」(齋藤)と培った経験を生かし、古賀・安上組に思うようにプレーをさせず、タイブレークを制して勝利した。一方で、古田・樋口組は強豪ペアを相手に善戦するも、第1セットを5-7で落としてしまう。その後は、ジュースをたびたび取られ相手ペースに。第2セットを2-6で落とし、準決勝進出とはならなかった。

今季成績を残している古賀・安上組

 しつこい暑さの中での連戦に、疲労も蓄積している頃だろう。しかし条件はみな同じだ。ここで勝ち抜くスタミナやメンタルが重要なカギになる。優勝に王手をかけられるか、次戦に注目が集まる。

(記事 中村朋子、写真 佐々木一款、小田真史)

関連記事

島袋が敗退するも、4選手が準々決勝進出/関東学生選手権(8/24)
最後の個人戦・夏関がスタート/関東学生選手権(8/24)

コメント

齋藤聖真(スポ3=神奈川・湘南工大付)

――ダブルスでは第1シードの欠場などがありましたが、ここまでの勝ち上がりを振り返っていかがですか

河野さん(優平副将、スポ4=福岡・柳川)と髙村(佑樹、スポ2=千葉・東京学館浦安)が欠場することは前日に聞いていて、その後望月(勇希)・大和田(秀俊、ともに中大)の欠場や逸崎(凱人)・畠山(成冴、ともに慶大)が出ないということを知ったので今回はチャンスだと思っていました。気合の入った大会でしたし、初戦からワセダ対決でダブルスが結構できるペアだったので、そういうことを含めてここまで勝ち上がることができて良かったなと思います。

――きょうは古賀大貴(スポ2=大分舞鶴)・安上昂志(スポ2=福岡・柳川)組との対戦でした

普段からダブルスで練習や試合を一緒にしていて、お互いアドバイスや意見を言い合いながらやっていたペアだったので手の内を知っていました。その上で僕と千頭(昇平、スポ1=愛知・誉)が今大会初めてのペアということで、どちらかというと僕たちの方が相手に手の内を見せていない部分もあったので、そこをしっかり生かしていこうと臨みました。僕たちの方が相手のことを知っていたのでその分やりたいプレーをさせないということが徹底的にできたかなと。

――ファーストセットは6-1というスコアになりました

ファーストは結構大事なポイントで運が良くて。3、4回ですが、ゲームポイントであったりとか、15-15、30-30で1本欲しい時のラッキーポイントであったりしました。6-1ではあったのですがそこまでスコアを気にしてはいなくて、セカンドで相手がここを取られたら負けるということで気持ちやテンションを上げてやってくることは分かっていました。それを踏まえても少し僕が引いてしまった部分があったので、セカンドはスコア的に競ってしまったのかなと思いました。

――それでもセカンドをものにできたのは相手ペアを知っていたという点が大きかったのでしょうか

そうですね。あとは僕の方が団体戦に出してもらって経験があったりとか先輩の意地があったりとかがあって。セカンド3-5で僕サーブの時、相手がいいプレーで押している中で1本僕のサービスエースで相手の集中を断ち切って、というプレーができたので、相手のいいプレーを続けさせないという意味で僕の今までの経験を生かせたのかなと思いました。

――改めて、千頭選手とのペアリングはいかがですか

見て分かると思うのですが、髙村よりサーブが少し遅いので。僕の前での動きが結構大事になってきて、セカンドサーブでも僕もプレッシャーをかけないといけないですし、ストレートアタックとかも跳ね返す力がないとやっていけないと思っていて。それはポジティブに考えればいい練習になりますし、くると分かっていた分こちらもしっかりと対策を立てて臨めます。髙村とは違うポイントの取り方にはなるのですが、泥臭くつなげてつなげて最後に少ないチャンスをものにするという大きなパターンは一緒なので、すぐ合わせやすかったのかなと。

――ダブルスとしてはかたちになっていると

そうですね。千頭のサービスゲームをどれだけキープできるかというのがカギなので、僕のサービスゲームは千頭がしっかり動いてくれてすごくいいプレーができていますし、今大会でいえば勝てば2試合ありますが、その2試合の中でもペアとしてのプレーを上げていけると思うので、そこは今後に期待ということで考えています。

――シングルスについても振り返っていただきます。2回戦では疲労が響いてしまったのでしょうか

疲れというか、全然体調が良くなくて。大学に入ってから勝ちたいと思えば思うほど緊張してしまって、ジュニアまで僕は個人戦で全然緊張しなかったのですが、大学からすごく緊張するようになってしまって、夜寝られなかったりとか。なおかつオフの過ごし方、休息の取り方がすごくプレーに影響してしまうので、それも含めて・・・。緊張しないのは難しいのですが、いつも以上にうまくいかずにああいう感じになってしまいました。僕も分からないのですが、本当に全然動けなくて、きちんと休みを取っているので疲れているわけではないのですが・・・。何を言っても言い訳になってしまうので何と言っていいか分からないのですが、不甲斐ないです。

――調整が難しかったと

そういうことになりますね。

――あす以降のダブルスに向けて意気込みをお聞かせください

大会が始まる前は単複共にディフェンドを考えていました。シングルスはこういう結果になって残念だったのですが、切り替えてダブルスはディフェンドというよりは優勝を狙わないといけないと思っているので、まず次をしっかり勝つということと、リーグもあるのでそれを見据えてやっていかないと。僕は特にシングルスよりはダブルスを頑張っていかないといけないので。あとは千頭、後輩を育てるという意味でも先輩らしくプレーしていかないといけないなと。あと2試合、しっかりワセダらしくやっていけばいいかなと思います。

坂井勇仁(スポ3=大阪・清風)

――シングルスでは本調子とはいかないところでしたが、疲れなどがあったのでしょうか

そうですね。相手もすごくしぶとい相手だったのですが、思うように足が動いていなくて、ああいったロースコアで終わらせられてしまったというのはあります。こういった連戦連戦になった時、いかにスマートに勝ち切って勝ち上がれるかが大事になってくると思うので、次はリーグ(関東学生リーグ)、王座(全日本大学対抗王座決定試合)、インカレインドア(全日本室内選手権大会)とあるのですが、もっと体力を温存しながら勝ち上がるためにイメージしながら練習していきたいと思います。

――相手の選手は調子が上がっている選手でしたが

相手はサーブはあまり武器ではなかったので、そこをしっかりフォアで回り込んで、こちらがバックで打つ回数を増やされてしまった上で、こちらも足がしっかり動かせなかったというのが主な敗因です。

――いつもなら決まるようなショットが決まらなかったりミスもあったりしましたが、どのようなところを修正していきたいですか

やはり僕はサーブとフォアで攻めていきたいプレイヤーなので、そこをしっかり練習して修正していけばいいかなと思います。あとは、試合が続くので、ケガに気をつけながらやっていきたいと思います。

――一方でダブルスは一方で攻撃が効いている印象でした。ダブルスを振り返っていかがですか

やはりシングルスよりは動く範囲が半分になるので、そんなに足が動かないというのは気にならなかったのですが、その場その場でしっかり球に力を込めていければいいなという感じがあって。それが中盤以降はうまくいったのかなと思います。

――ファーストセットはタイブレークで取りました。振り返っていかがですか

キープでずっと続いていてタイブレークでミスなくできたのですが、田中(優ノ介、スポ1=埼玉・秀明英光)がいいサーブを打ってくれて、有利に進められて良かったなと思います。

――田中選手とのペアはいかがでしたか

田中とはフューチャーズで一度組んで優勝しているので、自信を持って戦えるペアなのですが、やはり同じ寮で毎日一緒にいるので、そんなに組みにくさはなく、楽しくできていると思います。

――明日は準決勝ですが、それに向けて修正したい点や、こういうところを推していきたい、という点があれば教えてください

そうですね。あしたは寒川雄太・鈴木保貴ペア(法大)で、インカレ(全日本学生選手権)でも対戦しているペアだったのですが、インカレではセカンドセットの出だしとかに課題の残る試合になってしまったので、あしたは出だしから元気出して。きょうはあまりブレークできなかったのですが、しっかりブレークしていければなと思います。

古田伊蕗(スポ3=静岡・浜松市立)

――ダブルスのペアリングはいかがですか

春関の時から樋口(廣太郎、スポ1=福岡・柳川)と組んでいて春関は予選で負けてしまったのですが、夏関では春関の反省を生かして、いい意味で楽しんでダブルスをすることができたので、このペアリングは良かったと思います。

――きのう、きょうと1部の強豪ペアに善戦しました。振り返っていかがでしたか

ダブルスは今まで苦手意識があったので、今回ベスト8に入ることができたのは良かったです。きょうの試合は相手が強かったのですがチャンスはあったと思うので、強い相手にもしっかりダブルスで自分のプレーをすれば、ある程度通用するのかなと思いました。

――今後のダブルスでの目標はありますか

今回ベスト8に入ったので、次の大会は出られたらインカレインドア(全日本学生室内選手権)なのですが、ちょっと可能性が低くて次は新進(関東学生新進選手権)とかになるので、そこでも8以上とかを狙っていけたらいいかなと思います。

――シングルスではインカレ2位の三好健太副将(スポ4=埼玉・秀明英光)との対戦でしたが、どういうゲームプランで臨みましたか

三好さんはストローク全般がすごくいいので、先に展開されると自分のプレーができないと思いました。色々頭を使いながら三好さんにいかに打たせないかと、インカレからの疲れもあると思うので走らせて走らせて疲れさせてというのは意識としてありましたね。

――三好さんにバックを攻められても粘り強く返していく印象がありました

三好さんがスライスでバックの浅いところを狙ってきて、それに対して本当はもうちょっと何か攻めたかったんですけど、そこを無理にいかなかったのが良かったのかなと思います。三好さんがあまりストレートを打ってこなかったので、そこをしのげれば何とかなると思っていたので良かったと思います。

――早大で唯一4強に残りましたが、この先の戦いの意気込みをお願いします

こうやって自分1人だけ残ることはなかなかないので、ここから先は相手が誰であろうとチャレンジャーだと思うので、しっかり楽しみながら優勝を目指していきたいと思います。

佐藤祥次(スポ2=大分舞鶴)

――本日シングルスを振り返っていかがでしたか

ファーストセットは向こうのミスがあって、長いラリーはあったのですがその中でポイントを重ねていくことができて。セカンドセットの途中から向こうのミスが減ってきて、それでも4-3とリードしていたのですが、そこから向こうのミスがどんどんなくなっていって、僕の方も前半と同じパターン、テンポでやってしまって。それで向こうが良くなってきて(セットを)取られて、負けてしまって。インカレや春関で、リードしていたところを結局勝てないというところが出てしまいました。

――相手は中大の大和田秀俊選手でしたが、何か対策は練っていましたか

向こうは結構打ってくるタイプで、タイプ的には結構相性はいいと思っていて、それがファーストセットはまって。セカンドセットの途中までは良かったのですけど、やはり向こうも経験があるので、そういうところに違いがあったのかなと思います。

――序盤はいい立ち上がりで、中盤から大和田選手の調子が上がってきました。それでもいいショット決まったりなど粘り強いところが見られたと思いますが、いかがですか

後半になると、自分の体力面だったり、メンタル面だったり、やはり向こうも左右前後に振ってきて、自分の思うようなショットが行かずに、自分の中でイライラとか精神的に少し弱い部分が出てしまったかなと思います。

――長いラリーが多かったですが、体力面には自信がある方でしょうか

そうですね、基本的にはラリーをしているだけなので。体力で負けてしまったら負けなので、自信はある方だと思います。

――後半の方では長いラリーを落としてしまうことがありました。疲れなどは

足が全く動かなくなってしまって、やはり前半なかった簡単なボールをミスしてしまったりだとか、そういうところで相手に楽にプレーさせてしまったかなと。

――こういった長い試合は今後もあると思いますが、今後どのようなことを修正していきたいですか

長い試合でも勝ちきれる体力と、自分がどういう風にポイントを取っているのかということを試合の中で自分で考えてやらなければいけないなと思います。

――インカレから夏関まで、短い期間でした。何かその期間中に修正したことはありますか

チャンスボールのミスなどがインカレで目立ってしまって。そこを少し練習したのですが、やはりきょうの試合でもミスがあって。結局打たされてしまうところがあったのですが、その打たされる中で、やはりミスしてしまったというところが。練習はしたのですが、まだまだ足りないかなと思います。

――その中でも、インカレと夏関といい成績を残していますが、どのようなシーズンを送っていますか

春関は2回戦で負けて、そこから悔しい思いがあって。インカレも初めて本戦に上がって、シードに勝てるチャンスがあったのにもかかわらずやはり勝ち切れなかったので、シードである河野さん(優平副将、スポ4=福岡・柳川)、齋藤さん(聖真、スポ2=神奈川・湘南工大付)が負けてしまったというのがあるのですが、そういうところで結果を残していかないと、今後リーグなどで試合に出れるようにならないので、そういうところで一戦一戦頑張るだけです。

樋口廣太郎(スポ1=福岡・柳川)

――古田選手とのペアリングはいかがですが

古田さんはすごく優しくて、一緒に楽しもうと言ってくれるので、緊張せずにできるのがいいところだと思います。僕も結構緊張してしまうタイプなので、リラックスして声を出してというのが、古田さんのおかげで引き出せて、いいプレーができたと思います。

――きのう、きょうと1部の強豪ペアと善戦していましたが振り返っていかがでしたか

慶大だけには負けたくなかったので勝つという気持ちもありましたが、気合いで負けないと考えながら、慶大には本当に負けたくなかったので頑張りました。

――古田選手とのペアでのこれからの目標を教えてください

今回はベスト8で終わってしまったのですが、二人のコンビネーションが欠けていたので、これからそこをもっと練習して、もっと強いペアに勝てるように、自分たちの武器を発揮できるように頑張りたいです。