庭球部

2017.08.26

関東学生選手権 8月25日 東京・有明テニスの森公園

ベスト4が出そろう

  関東学生選手権は大会5日目を迎え、各種目準々決勝の試合が行われた。早大からはシングルス2人、ダブルス3組が勝利を収めベスト4入り。翌日の準決勝では早大同士の試合も見られることとなった。

 大河真由(スポ2=千葉・秀明八千代)の相手はジュニア時代からよく知る筑波大のルーキー千村もも花。序盤からジュースの長いゲームが続くが、「最初からチャレンジャー精神で臨んだ」という大河が落ち着いて徐々にペースをにぎってゆく。シーソーゲームの中でもラリーでポイントを重ね、6-4でファーストセットを先取した。セカンドセットでは千村のミスが続き4-1までリードを広げるが、「千村さんがまた盛り返してきて、自分が逆にリズムを失ってしまった」とじわじわ追い上げられてゆく。5-4で迎えた大河のサービスゲームでは何度もマッチポイントをにぎったものの、8度のジュースの末にブレークされ千村のペースになるかと思われた。それでも千村のミスを引き出して1ポイントずつ積み上げた大河。「周りの応援の方が声をかけてくださって何とか勝ち切れた。チャレンジャーでやろうと思っていたので、気持ち的に追い込まれる時間帯が少なかったのが良かった」と2セットで勝負をつけた。上唯希(スポ3=兵庫・園田学園)と大矢希(スポ3=愛知・名古屋経大高蔵)の同士打ちは、上がファーストセットを取り迎えたセカンドセット途中で、大矢が体調不良により棄権。準決勝では上が大河の挑戦を受けるかたちとなる。

千村をストレートで仕留めた大河

 ダブルス3試合のうち、木村優子副将(教4=千葉・秀明八千代)・山田菜津子(文構1=石川・大聖寺)組と辻紘子(教3=東京・早実)・廣川真由(社3=埼玉・浦和学院)組の同士打ちはフルセットにもつれる熱戦となった。序盤から互いの意地がぶつかり合うが、ファーストセットは相手のミスにも助けられた辻・廣川組が6-2と突き放す。しかし、セカンドセットで波に乗ったのは木村・山田組。「相手の前に出る姿勢に自分たちが引いてしまい、流れを持っていかれた」(廣川)と、勢いで勝った木村・山田組がベスト4進出を果たした。残る2試合では早大ペアが圧倒的な実力を見せ、上・大矢組と剱持梓(社2=東京・早実)・森川菜花組(社2=山口・野田学園)がそれぞれ勝利を収めている。

同士打ちを制しベスト4入りした木村・山田組

 それぞれのインカレを終え今大会に臨んでいる選手たち。「夏関は楽しくやろうと話していた。(大河との同士打ちも)いいところを出し合っていい試合ができたらいい」と単複第1シードの上は語る。タイトルを目指しつつ、各選手が自ら納得のできる試合をしてほしい。

(記事 熊木玲佳、写真 熊木玲佳、佐々木一款)

結果

▽女子

シングルス準々決勝

○上唯希6-4、3-2(RET)大矢希 ○大河真由6-4、7-5千村もも花(筑波大)

ダブルス準々決勝

○木村優子・山田菜津子2-6、6-2、10-4辻紘子・廣川真由 ○上唯希・大矢希6-2、4-6、6-2小松莉奈・林(東学大) ○剱持梓・森川菜花6-1、6-1井上・福田(明大)

関連記事

女子シングルスは3人がベスト8を決める/関東学生選手権(8/24)
多くの選手が2回戦突破、上々の滑り出し/関東学生選手権(8/24)

コメント

上唯希(スポ3=兵庫・園田学園)・大矢希(スポ3=愛知・名古屋経大高蔵)

――全日本学生選手権(インカレ)から1週間あきましたが、フィジカル、メンタル共にリセットできていましたか

 気持ちの面での切り替えは、インカレはインカレという感じなので。

大矢 私もそんな感じで、1試合終わったという感じです。結果は残せなかったけれど私はそんなにコンスタントに結果が残せているわけではないので、よし夏関(関東学生選手権)頑張ろうという感じです。オフももらえていたので体も大丈夫でした。

 気持ちの面でテニスに対してはあったかもしれませんが、インカレでは気負った部分で負けたので、夏関は楽しくやろうと大矢とも話し合っていました。シングルスでも、それが今できているのではないかなと思います。

――ここまでのシングルスをそれぞれ振り返っていただけますか

大矢 きのうは辻(紘子、教3=東京・早実)と大学に入って初めてやったのですが、辻は結構足も速くて深くロブを返してくるスタイルだったのでそういう風にくるだろうと準備していました。そうしたら結構攻めてきて、びっくりして私の方がしっかりつなげてという感じになってしまって。ファーストセットを取られて「負けちゃうのかな」と思ったのですが、相手のミスに助けられて。辻との試合が一番精神的にも体力的にもきつかったなと感じます。

 1回戦以外全部同士打ちで。森川(菜花、社2=山口・野田学園)も倉持(美穂、商1=東京・早実)も大学に入って初めてやりました。森川はスコア的には簡単だったのですが、6-3、6-3の試合と同じくらいに終わっていて、内容的にも結構きつくて。全員ワセダがレベルアップしているんだなと感じました。倉持とは普段の平日練習も授業の関係であまりかぶらないので、正直分からなくて。ストローク力が本当に素晴らしくて、ストロークでばんばん打ち合ったら確実に負けていて。ファーストは集中できていなくて、何を打っても返ってくるしストロークがすごいから前にも出られないしとイライラしていて落としてしまって。「ここで負けるのはやばい」と。インカレの時は大矢と横(のコート)でお互い負けたので、今回も(同様に隣合ったコートで)お互い負けたらやばいぞと勝手に思っていて(笑)。大矢もセカンドで挽回していたので、ここで頑張ろうと。ファーストダウンでセカンド頑張っている人が横にいるのに私がこのまま負けたらやばいぞと奮起して、インカレでは大事なところで攻められなかったのですが、夏関はインカレの反省もあって、いくところはちゃんと強気で。倉持はストロークがすごいということは分かったので、自分が嫌がらずしつこくやって、いけるところは強気でいこうと思ったのがいいようにいったかなと思います。

大矢 じゃあ私が隣にいたおかげ?

 そういうことかもしれない(笑)。

――大矢選手はきのうのシングルスでもファーストセットの途中でブレークを取っていましたが、体調は大丈夫でしょうか

名前1 高校の時から気持ち悪くなることはよくあって、季節や気温は関係なしに多いのですが・・・。食事も気を付けていてOS1だとか飲み物も気を付けているのですが、なってしまうのでこれはそういうものだと思って付き合っていくしかないなと割り切っています。高校までは「勝たなきゃ、勝たなきゃ」という思いが強すぎて過呼吸になるのが多かったので、きょうはそう思ってやっていたわけではないのですが、もう少し気楽に考えて。真面目に考えすぎてしまうので、もう少し上みたいに適当な部分も取り入れた方がいいなと思うことがあります(笑)。

――ダブルスの試合までに回復できましたか

大矢 2時間くらいあったので。隼さんだったり1年の武田だったりがずっと氷を当ててくれたり、辻も試合前なのに運んでくれたりしてくれて、周りに助けられてダブルスは何とか勝つことができて、本当に周りのおかげだなと。上も試合中なのに、私がしゃがんだら飛んできて「のんちゃんここ暑いから動こう」って言って。「あ、飛んできてくれてる、みんな」って(笑)。(あす以降は)ダブルスだけになったので、上と楽しく頑張ります。

――きょうのダブルスの試合を振り返って

 相手がどうというより、大矢が過呼吸になってしまって不安な部分もあって。1ゲーム目ちょっとまずくて。

大矢 足に力が入らなくて、ボールが飛ばせなかったんですよ。

 やばいきょう、と思って。

大矢 負けるかも、と最初に思ったのですが、上がすごい笑顔で「大丈夫、大丈夫」って言うんですよ。上が引っ張ろうとしているんだなと。

 珍しく(笑)。

大矢 いつもは二人で頑張るのですが。隼さんからは「カバーしようとしなくていいから」と言われていたのですが、上が引っ張っていこうとしてくれて、徐々に徐々に打てるようになって。

 途中でいつもの大矢に戻っていきました。もう大丈夫、いつも通りできるなと。

大矢 相手がどうこうというより自分たちが戻れたというのが勝因だったかなと思います。

――あすは同士打ちが控えています

 同士打ちなのですが、実際にやったことはないので。あまり練習も一緒にやらないので、足が速いということだけは分かっているので攻め急がずいつも通りやれば勝機はあるのではないかなと。きょうみたいに楽しくやれば自分たちのテニスができると思うので頑張ります。

大矢 相手がどうこうというより自分たちがしっかりやることをやるだけかなと思うので、攻め急がず守り過ぎず。

 いく時はいく、中で勝負していく。

大矢 しっかりとやれるように頑張りたいと思います。

――上選手のシングルスは大河真由選手(スポ2=千葉・秀明八千代)との試合ということで、また同士打ちになります

 もう同士打ちには慣れたので、何と言ったって4試合目なので(笑)。大河はいつも一緒に練習していますしお互いのいいところ悪いところを把握しているので、いいところを出し合っていい試合ができたらいいなと思います。

廣川真由(社3=埼玉・浦和学院)

――きょうの試合は同士打ちとなりましたが、どのようなプレーを心掛けていましたか

相手が思い切りプレーしてくるのは分かっていたので、その勢いに負けず、自分たちも攻めていこうという気持ちで臨みました。

――きょうのセットをそれぞれ振り返っていかがですか

ファーストセットは相手のミスが多く、取ることができましたが、セカンドセットから相手の前に出る姿勢に自分たちが引いてしまい、流れを持っていかれ、負けてしまいました。

――これから団体戦のシーズンに入っていきますが、チームの一員としてどのような気持ちでシーズンを迎えますか</p

チームのために少しでも貢献できるようにベンチから頑張っていきたいと思います。

大河真由(スポ2=埼玉・秀明英光)

――きょうの相手は千村もも花選手(筑波大)でした。対戦経験も多いと思いますが、どのような試合になると予想していましたか

そう簡単には勝たせてくれないと思っていて、チャレンジャー精神で最初から臨めたのが良かったかなと思います。

――ファーストセットは徐々に大河選手のペースになっていきました

緊張もしていたのですが、千村さんのことは同じ千葉県で高校の頃からずっと知っていて、どういう風に展開してくるかある程度分かっていたので、びっくりすることがなくて。落ちついて進められたかなと思います。

――セカンドセットでは中盤から流れをつかまれ苦しい展開となりました

セカンドの序盤から中盤にかけて千村さんの集中力が下がる時間帯があって、ある意味何もしないで4-1というかたちになりました。そこから千村さんがまた盛り返してきて、自分が逆にリズムを失ってしまって追い上げられて、こちらが固くなってしまうという感じでしたね。でも周りの応援の方が声をかけてくださって、何とか勝ち切れたという感じです。

――大河選手のマッチポイントが何度もありましたが、意識してしまう部分はありましたか

そうなんですよ(笑)。思い切りプレーすることができなくて、相手のミス待ちというか、自分から積極的にいくことができなかったのは反省点です。

――それでもストレートで収めましたが、試合を振り返って良かった点はどこですか

きょうは試合を通してサーブの確率が良くて、そこが一番勝ちにつながったかなと思っています。あとはチャレンジャーでやろうと思っていたので、気持ち的に追い込まれる時間帯が少なかったのが影響したかなと。

――次戦は上唯希選手(スポ3=兵庫・園田学園)との試合になりますね

対戦させていただけるので、思い切り楽しんでやれたらいいなと思います。