野球部

2017.08.26

夏季オープン戦 8月25日 安部球場

快勝も歯がゆさ残る一戦に/城西国際大戦

TEAM
早 大
城西国際大
(早)増田圭、今西、野口-岸本
◇(本塁打)福岡ソロ(三塁打)山田(二塁打)三倉、山田
 

 24日に行われた関学大との一戦を劇的なサヨナラ勝利でものにした早大。きょうも城西国際大を本拠地・安部球場に迎えた。前日の勢いそのままに、初回に岸本朋也(スポ3=大阪・関大北陽)山田淳平(教2=東京・早実)の適時打で4点を先制。3回に先発の増田圭佑(文3=茨城・江戸川学園取手)が2点本塁打を浴びるものの、5回に福岡高輝(スポ2=埼玉・川越東)のソロ本塁打が飛び出し、5-2で逃げ切った。

 マウンドに上がった増田圭はオープン戦初先発。初回、2死から中前打と四球でいきなり一、二塁のピンチを招く。しかし、ここは落ち着いて5番打者を左飛に打ち取り無失点で切り抜ける。3回は先頭の9番打者に11球粘られた末に左前打を許すが、続く1番に初球を打たせ4-6-3の併殺打に仕留めてみせた。これで波に乗ったと思いきや2番にも左前打、3番には簡単に追い込みながら徐々にタイミングを合わされ2点本塁打を打たれた。駒大戦以来、オープン戦2本目となる痛恨の被弾であった。この日の増田圭は4回を投げ被安打6失点2。追い込んでから相手に粘られ、球数が多くなってしまった印象だ。また2死から不要な走者をため、なかなかリズムに乗ることができなかった。追い込んでから、2死を取ってからの投球に課題が残る内容であった。5回からは今西拓弥(スポ1=広島・広陵)が登板。6回2死二塁から左前打を許すが、加藤雅樹(社2=東京・早実)の見事なダイレクト送球で得点を与えなかった。今西は毎回走者を許したがバックにも助けられ、3回を無失点に抑えた。8回からは野口陸良(スポ2=埼玉・早大本庄)が登板。力のある直球が光り、テンポよく試合を締めくくった。

3回を無失点に抑えた今西

 打線は初回、福岡の左前打を皮切りに、1死満塁の好機をつくる。ここで久々にスタメンマスクを任された5番・岸本。5球目をしぶとく左前に運び2人が生還。幸先よく先制に成功した。2死からは山田が右中間へ適時三塁打を放ち2点を追加。このまま城西国際大を圧倒したい早大であったが2、3、4回で追加点を奪うことができない。この嫌な流れを断ち切ったのは初回に攻撃の口火を切った福岡であった。2球目の高めに浮いた直球を見逃さず右越えソロ本塁打。この日、福岡は4安打を放ち、存在感を示した。続く6回は無死二、三塁の好機をつくるがまさかの無得点。7、8回も先頭が塁に出るものの、得点に結び付けることができなかった。

5回にソロ本塁打を放った福岡

 この日も早大の安打数は10本と、比較的好調を維持している。しかし打線の『つながり』を強化することが必要である。5点に終わったが、それ以上に点を取ることができた試合であった。東京六大学秋季リーグ戦では1点を争う厳しい試合が続くだろう。だからこそワンチャンスを確実に生かす攻撃を徹底していかなければならない。選手一人ひとりが自分の役割を理解し、チーム全員で点を奪いに行く野球を目指すべきである。春の雪辱を果たすために――。打線の『つながり』の強化が王座奪還へのカギかもしれない。

(記事 永池隼人 写真 林大貴、中山茉優、脇屋樹生)

関連記事

宇都口が決めた!地力を見せる逆転サヨナラ勝利/関学大戦(08/24)

攻撃のミスが響き屈辱の完封負け/JX―ENEOS戦(08/13)

主力が躍動 投打がかみ合い快勝!/神戸学院大戦(08/11)