野球部

2017.08.26

夏季オープン戦 8月24日 安部球場

宇都口が決めた!地力を見せる逆転サヨナラ勝利/関学大戦

TEAM
関学大
早 大 2x
(早)松本、藤井寛、柴田、○北濱-小藤、岸本
◇(本塁打)三倉、加藤(二塁打)富田、吉澤、加藤、宇都口

 ここまで3勝1敗1分で迎えた夏季オープン戦の第6戦。この日は関学大と対戦した。1点を先制した直後にすぐさま2点を取られ、逆転される。続いて4回、加藤雅樹(社2=東京・早実)の中越えソロ本塁打を含めた3安打で再びリードを奪うが、7回に同点とされると8回にまたもやリードを奪われ再び追う展開に。そして9回表、最後の守りを北濱竣介(人4=石川・金沢桜丘)が無失点で抑え迎えた9回の攻撃。会場の期待が高まる中、加藤、宇都口滉(人4=兵庫・滝川)の中越え適時二塁打が連続し、このシーソーゲームを逆転サヨナラ勝ちで制した。

 この日の先発は松本皓(教2=東京・早実)。初回から持ち味のスライダーを駆使し、三者凡退に抑える上々の立ち上がりを見せる。2回に内角低めのスライダーをすくわれ、右越え2点本塁打を浴びるものの、その後は4回から3イニング連続で三者凡退に抑える好投を見せた。松本は本塁打による失点のみに抑える粘投を見せ、7回からは継投に入る。しかし、2番手でマウンドに上がった藤井寛之(法2=福岡・東筑)は、代わって先頭に中前打を浴びると、中越え適時三塁打で同点に追い付かれてしまう。続く3番手・柴田迅(社1=東京・早大学院)も1死から中越え三塁打を浴びると三塁への適時内野安打で勝ち越し点を献上。最後の攻撃に懸けるため、これ以上の失点は絶対に防ぎたい9回は、右肩の故障により実戦登板から遠ざかっていた北濱が登板を果たした。安打2本で1死一、三塁のピンチを背負うものの、そこからが落ち着いていた。走者を背負ってから一段とギアを上げた投球でまずは三ゴロで2死とすると、続く打者の打球は中堅手のグラブに収まり、スリーアウトチェンジ。なんとか無失点でしのぎ、最終回の逆転サヨナラ劇につなげた。

復帰後初登板で勝利を呼び込む投球を見せた北濱

 打線は初回、三倉進(スポ4=愛知・東邦)の右越えソロ本塁打で幸先良く先制。その後は追加点が欲しい早大だったが、2,3回と無得点に終わる。しかし、4回、先発・松本の好投に応えるかたちで、加藤の中越えソロ本塁打が飛び出しまずは同点。さらに、指名打者で起用された富田直希(教2=東京・早実)の左中間への二塁打、吉澤一翔(スポ1=大阪桐蔭)の左中間適時二塁打で勝ち越しに成功した。しかし、その後は相手の四死球や安打で得た好機を生かし切れず。5回以降無得点のまま、1点を追う最終回の攻撃を迎えた。まずは福岡高輝(スポ2=埼玉・川越東)が四球を選び出塁すると、2死二塁の場面で打順が主砲・加藤に回る。ここで加藤は2ボール1ストライクからの直球を迷いなく強振。打球は強烈なライナーとなって中堅左へと抜けていき、土壇場で4-4の同点に。逆転への期待が高まりネット裏の熱気が一段と帯びる中、続く5番・宇都口の打球も快音を響かせ中堅へ。一直線に伸びた打球は前進守備の中堅手の頭上をはるかに越え、外野の芝生の上ではねた。それを見た二塁走者がゆっくりとホームイン。中軸二人から連続で長打が飛び出し、劇的な逆転サヨナラ勝利を収めた。

サヨナラ適時二塁打を放つ宇都口

 投げては松本の6回2失点で抑える好投、最終回での北濱の踏ん張りが光った。中盤の得点機をものにできない攻撃面での不安は残るが、リードされて迎えた最終回、2死から中軸の連続長打が飛び出したことは一つの大きな成果である。2死から同点に追い付き、「負けなかった」ことがまず大きいが、そこで終わらず最後に勝ち切ったことにまた大きな意味がある。この勝利は間違いなくチームにとって価値ある1勝。このような試合を勝ち切った経験をさらなる駆動力とし、東京六大学秋季リーグ戦での躍進へとつなげていきたい。

(記事 宮崎愛美 写真 内野楓、島形桜、尾崎彩)

関連記事

攻撃のミスが響き屈辱の完封負け/JX―ENEOS戦(08/13)

主力が躍動 投打がかみ合い快勝!/神戸学院大戦(08/11)

序盤波に乗れずも中盤に逆転/天理大戦(08/10)