庭球部

2017.08.24

関東学生選手権 8月24日 東京・立川ルーデンス

女子シングルスは3人がベスト8を決める

  暑い日差しが照り付ける中行われた大会4日目。立川ルーデンスでは女子シングルス3回戦が行われた。6人が出場し、3人が次のステージへ。大河真由(スポ2=千葉・秀明八千代)が岩井真優(筑波大)を相手に勝利を上げた一方で、細沼千紗女子主将(スポ4=東京・富士見ヶ丘)が敗退し明暗が分かれる結果となった。

 筑波大のレギュラー選手との戦いとなった大河。序盤は相手の出方を伺って思うようにプレーができず、2-6でファーストセットを落としてしまう。セカンドセットからはブレークが続く接戦をものにし、何とか6-4、6-3で勝利。「ファーストサーブの確率を上げてキープできたら良かった」(大河)と課題はあったものの、厳しい戦いが予想される関東大学リーグにつながる試合となった。続く細沼は苦しい戦いを強いられる。出だしこそ相手のミスもあり4-1まで突き放したが、次のゲームでブレークを許してしまう。そこから相手に主導権を握らせてしまい、ファーストセットを5-7で落とした。セカンドセットこそ6-3で取りファイナルセットへとつなげたが、相手の勢いを止められず1-6で敗北。今季納得のいく結果が出ていなかっただけに夏関で自信を取り戻したい細沼だったが、悔しくも3回戦敗退となった。

着実に勝ち上がっている大河

 残る2試合は意地のぶつかり合う同士打ちに。大矢希(スポ3=愛知・名古屋経大高蔵)と辻紘子(教3=東京・早実)の同級生対決では、辻がファーストセットから攻撃的なプレーを見せて大矢のミスを引き出し6-2で先制する。しかし、ファーストセット途中でのトイレットブレークによって「私にとっては良くない間ができた」と辻。セカンドセットでは流れを大矢に渡してしまった。迎えたファイナルセットではウィークポイントを突かれてミスを誘われ2-6でゲームセット。「大矢は体力もあるし、しっかりやられた」(辻)と相手をたたえた。上唯希(スポ3=兵庫・園田学園)と倉持美穂(商1=東京・早実)の試合も熱戦に。ファーストセット序盤では上がリードするも、倉持が積極的に前に出て少しずつ追い上げこのセットを奪った。しかしセカンドセットからは、上がミスを出しつつも持ち前の鋭いショットからポイントを重ねる。倉持は健闘するも6-3、6-3で2セットを連取され、「長いラリーやゲームで先輩の方が展開が早かった。ミスや攻めた時の決定力で勝敗がついた」(倉持)と、上級生の意地を見せつけられる結果となった。

先輩を相手に健闘した倉持

 インカレで細沼が口にした、主将としてのプレッシャー。自らに課す重荷は「テニスを楽しめない状態が続いていて、それがプレーにつながってしまっている」と夏関でも克服はできなかった。リーグ、さらには全日本大学対抗王座決定試合(王座)に向け、主将の復活に期待したい。また、夏関は団体戦前最後の個人戦である。残されたメンバーが上位進出し、早大の覇権を示せるか。夏の戦いも終盤にさしかかろうとしている。

(記事 熊木玲佳、平松史帆、写真 中村朋子)

結果

▽女子

シングルス3回戦

●細沼千紗5-7、6-3、1-6熊谷ひかる(明大)

○上唯希4-6、6-3、6-3倉持美穂

○大矢希2-6、6-4、6-2辻紘子

○大河真由6-2、4-6、6-2岩井真優(筑波大)

関連記事

多くの選手が2回戦突破、上々の滑り出し/関東学生選手権(8/24)

コメント

細沼千紗女子主将(スポ4=東京・富士見ヶ丘)

――全日本学生選手権(インカレ)から一週間でしたが、体調や気持ちの切り替えなどはいかがですか

 シングルスで初戦負けしてしまったので体力的には大丈夫だったのですが、気持ちの面で切り替えはできていなかったと思います。

――今回を含め、フルセットでの敗戦が目立ちます

 主将になってからチームのためにと思ってプレーしているんですけど、思い過ぎてしまって引いてしまう場面が多くて相手の方が強気で、ファイナルはその強さが出ているのかなと思います。

――苦しい戦いが続いていますが、要因としてはプレーの不調と精神的なものと、ご自分の中ではどちらの方が大きいのでしょうか

 気持ちの面でテニスが崩れてしまっているのかなと思っていて、テニスを楽しめていない状態が続いてしまっているのでそれがプレーにつながってしまっているのかなと思います。

――きょうの試合を振り返って、最初は4-1まで相手を圧倒していました

 私が何をしたというよりは相手のミスが多くて、それに私が助けられていて。4-1まではとりあえず返したら相手がミスをしてという感じだったので、こちらが何をしたという感じではないかなと思います。

――その後、ブレークされてから相手のペースに持っていかれた印象でした

 4-1でその後の2ゲームを集中して取れたらよかったんですけど、相手も開き直って打ってきてそれが入り始めて(ファーストセットを)取らせてしまったので。乗らせないためにももう少し考えられれば良かったのかなと思います。

――セカンドセットに入って、ポイントも取らせずに3ゲーム連取しました

 相手が勝手にミスしてくれた感じだったので切り替えというよりは相手が攻め急いで取れたという感じでした。

――そこからは苦しい戦いになりましたね

 仲間が応援していたんですけど、情けない試合になってしまったと思います。

――ここから団体戦に向けて主将として意気込みをお願いします

 私が4年間で一番結果が残せていなくて、最後の年に懸ける思いが強かった分、精神的にきついのですが、それは個人の思いであってみんなには関係ないので、こんな主将で情けないのですが私の背中を見て頑張ってほしいです。

辻紘子(教3=東京・早実)

――きょうの会場である立川ルーデンスは辻選手の出身クラブですね

受付の人とかコーチ陣とかも知っている人が多くて、みんな頑張ってねと言ってくれたので。ホームという感じで、懐かしい気持ちもありながら落ち着いてできました。

――きょうは同期の大矢希選手(スポ3=愛知・名古屋経大高蔵)との一戦になりましたが、どのような試合にしていこうと思っていましたか

大矢の方がシードも上ですし、試合経験も豊富なので、チャレンジャーの気持ちでファイトできたらなと思って挑みました。

――ファーストセットから振り返っていただけますか

私はあまり攻めるタイプではないのですが、きょうはチャレンジャーなので打っていこうと思って打ったのに対して、いつもと違うプレーができたこともあってストレートで取れました。ただ4-1になった時に大矢がトイレットブレークを取って、「この間はまずいな」と思って。(ファーストセットは)そのまま取れたのですが、セカンドは流れが悪くなってしまって、そのまま取って取られてというゲームが続いたのですが、落としてその後ファイナルはもう私がよくミスしてしまうところを大矢が見抜いて、狙われて。スピン系でフォア側に打たれて、私がミスしてしまうというパターンが多くなってしまいました。最後は大矢も体力がありますし、しっかりやられました。

――あす以降のダブルスについて

あしたは同士打ちで元気のいいペアなので、元気負けしないように、廣川がいろいろやってくれるとは思うのですが、声を出して頑張りたいですし、私はダブルスでここまで勝ち上がれたのは初めてなので、あとは本当に元気出してやるだけだなと思います。

大河真由(スポ2=千葉・秀明八千代)

――まず試合を終えての感想をお願いします

 出だしは流れを作ることができなかったんですけど、セカンドセットがいいカタチで入れてそこから試合を通して集中できたので自分としてはいい試合だったと思います。

――ファーストセットで最初にゲームを3つ落としてしまったと思いますが、自分の中で何か原因はありますか

 自分の中でやることが定まってなく、相手の出方を伺ってしまって攻めるのか守るのかはっきりしない状態で試合をしてしまったと思います。

――ファーストセットを落としてしまって、セカンドセットへの切り替えなどはいかがですか

 いいショットとかいい展開ができないままファーストセットを落としてしまったので逆にやれるだけやってみるとうまく切り替えができたのでよかったと思います。

――ファイナルセットではブレークしてされてと競っていたと思いますがそちらはいかがでしたか

 セカンド以降、私がリターンから強気でできていたんですけど相手もリターンからうまく返してきてブレイクブレイクだったんですけど、できたらもう少しファーストサービスの確率を上げてキープできたらよかったのかなと思います。

――相手は筑波大のレギュラー選手でした。リーグに向けて収穫のある試合になったのではないですか

 そうですね。そうなるといいと思います(笑)

――次の試合へ向けての意気込みをお願いします

 リーグ戦に向けて良くも悪くも影響してくる試合だと思うので自分のできることをやりきるだけだと思います。

倉持美穂(商1=東京・早実)

――きょうの対戦は上唯希選手(スポ3=兵庫・園田学園)との試合になりましたが、どのような意気込みで臨まれましたか

今の自分ができることを試合でやることを目標として戦いました。積極的に攻めに回れるように、前に入れるようにやりたいなと思いました。

――それぞれのセットを振り返っていかがでしたか

リードされる展開だったのですが、踏ん張るところと攻めるところを意識してやることができたので、ファーストが取れたと思います。セカンドセットは0-4になってしまってそこから3-4にしたのですが、最初リードされてしまったのが取られてしまった原因かなと。(ファイナルセットは)リードされたのですが、長いラリーやゲームになることが多くて、そういう時に先輩の方が攻めが一本早いといった展開の早さであったり、逆に自分からの何でもないミスや攻めた時の決定力であったりで勝敗がつくと思いました。ミスしたところを決められるようになればもっと良くなるかなと思いました。

――上選手を相手にフルセットを戦いましたが、終えてみて率直な感想は

試合の中でもっとここを強化しなくてはいけないなというところがすごく良く分かりました。

――今後は団体戦シーズンに入ります

ワセダとして出させていただいているので、これからリーグ(関東大学リーグ)も始まってきて他大との勝負になると思うのですが、ワセダが勝つということを目標として、チームに貢献できるよう自分のできることをやっていきたいなと思います。