庭球部

2017.08.24

関東学生選手権 8月24日 東京・有明テニスの森

島袋が敗退するも、4選手が準々決勝進出

 本選4日目を迎えた関東学生選手権(夏関)。この日は男子シングルス3回戦が行われた。早大からは同校対決を制した三好健太副将(スポ4=埼玉・秀明英光)をはじめ、4選手がベスト8に進出。着実に勝利を収めている一方で、先日の全日本学生選手権(インカレ)を制した島袋将(スポ2=三重・四日市工)はストレートで敗れ、3回戦で姿を消した。

 昨年の夏関、ことしの関東学生トーナメント、さらには先日のインカレと数々のタイトルを獲得し、ここ最近のシングルスでは敵なしの島袋。この日王者の前に立ちはだかったのは、法大の岡垣光祐だった。早大勢を倒して勝ち上がり勢いに乗る相手に対して先にリードを奪いたいところだったが、1ゲーム目からブレークを許してしまう。持ち味であるフォアハンドでのミスが相次ぎ、第1セットを奪われる苦しい展開に。続く第2セットも相手のペースで試合が進む。中盤こそ強いフォアハンドのショットも見られ反撃を図ったが、最後まで要所でのミスが目立ち、このセットも落としてしまった。「自分のテニスができなかったことが今回の敗因」。自らのミスが響き、準々決勝進出はならなかった。

夏関での上位進出はならなかった島袋

 島袋の敗退の一方、早大には力のある選手がそろっていることを実感する日でもあった。インカレで2位に輝いた三好と安上昴志(スポ2=福岡・柳川)の一戦は、フルセットにもつれ込む接戦に。ミスに乗じて第1セットを奪った安上に対し、三好も粘り強さを発揮し第2セットを取り返す。最終セットのラリー戦では両者互角の争いを繰り広げるが、「リターンからつないでラリー戦へ展開していくというかたちにうまく持っていかれてしまった」(安上)と、得意の攻撃パターンを展開した三好に軍配が上がった。また、インカレでも安定した強さを見せた坂井勇仁(スポ3=大阪・清風)、古田伊蕗(スポ3=静岡・浜松市立)の二人は危なげなくストレート勝ち。さらに佐藤祥次(スポ2=大分舞鶴)は1ゲームも落とさずに圧勝し、関東大会初のベスト8入りを果たした。

着々と戦績を上げている佐藤

 夏関での対戦相手には、約1週間後に始まる関東大学リーグで対戦する1部校の選手も多い。直接全国へつながる大会ではないが、学生王者として負けられない戦いを控える早大としては、今大会での勝利も大きな意味を持ってくる。インカレに引き続き上位を独占し、他大を圧倒したいところだ。

(記事、写真 吉田優、松澤勇人)

結果

▽男子

シングルス3回戦

○三好健太3-6、7-5、6-4安上昂志

○坂井勇仁6-1、6-4甲斐直登(慶大)

○古田伊蕗7-5、6-1正林知大(中大)

○佐藤祥次6-0、6-0藪巧光(法大)

●島袋将1-6、3-6岡垣光祐(法大)

関連記事

最後の個人戦・夏関がスタート/関東学生選手権(8/24)

コメント

島袋将(スポ2=三重・四日市工)

――きょうはどのような対策をして試合に臨みましたか

しつこい相手だということは分かっていたのでタフな試合になるとは思っていたのですが、出だしから自分のテニスができなかったのが今回の敗因だと思います。

――ファーストセットではいきなりサービスゲームを落とす展開でした。サービスゲームで苦戦していたように思ったのですが

(ファーストサーブの)確率も良くなかったですし、インカレ(全日本学生選手権)と比べたらサービスゲームにおいては質も悪かったかなと思います。

――ミスも多く出てしまっていました

ストローク戦での単発ミスだったり、自分の武器であるフォアで展開できなかったというのは悔しいですね。

――セカンドセットでは中盤にかけて巻き返しましたが、攻め方を変えた部分はありましたか

プレー自体はとにかくミスが多かったのでコートの中で勝負しようと思っていて、あとは声を出してやっていたのですが、最後は向こうに持っていかれたという感じでした。

――セカンドセットの中盤までブレークができませんでしたが、そちらについてはいかがですか

サーブの確率も良くてコースも良くて、(リターン後の)3球目のボールが結構良かったのでそれがとても嫌でした。

――相手選手は今大会勢いのある選手でしたが、プレーしていて感じましたか

そうですね。ただインカレの時から(勢いがあることは)分かってはいたのでそれなりの準備をしたつもりだったのですが、対策がまだ甘かったかなと思います。

――今大会はフルセットの試合が続いていましたが、疲れはありましたか

疲れ自体はきょうはあんまり感じなかったんですけど、メンタル的に何か物足りないというか、もう少しできたのではないかなと思います。

――具体的にはどのような場面で感じたのでしょうか

やっぱり出だしですね。最初からあんなに離されて、向こうも勢いがありますし、巻き返すのは相当難しいなと。もう少し出だしは気持ちを入れていきたいです。

――初日のダブルスについても振り返っていただきたいのですが、そちらはいかがでしたか

同士打ちということで、知ってる相手とやるのはやりづらさも少しあったのですが、1年生と組んでチャレンジャーという気持ちでいきました。チャンスはあったのですが、それを生かせずに負けてしまったのは悔しかったです。

――これから開幕する関東大学リーグに向けて、昨年はあまり勝利を挙げられませんでしたが、ことしに懸ける思いなどあればお聞かせください

あと1週間ちょっとで始まるのですが、夏関(関東学生選手権)で負けたということでこの短い期間を大切にして、万全の状態で挑めるように、去年負けた悔しさを晴らせるように頑張りたいと思います。

――修正していきたい課題などはありますか

調子自体はそんなに悪くないので、サービスゲームの質をもう少し上げるとか細かいところを詰めていくこと。あとは団体戦は緊張すると思うのでストロークでの安定感というところも意識して練習していきたいと思います。

安上昂志(スポ2=福岡・柳川)

――試合が終わった瞬間の率直なお気持ちは

やっぱり勝ちたかったな、という気持ちですね。

――今大会にはどういった意気込みで臨みましたか

インカレは初戦で負けてしまって悔しかったので、夏関では良い成績を残したいなと思って臨みました。

――ここまでの勝ち上がりを振り返って

1回戦は調子が悪かったのですが、そこで何とか勝ち切れたので、きのうの試合は強い相手だったのですが辛抱してプレーできたと思います。

――きょうの相手は三好健太副将(スポ4=埼玉・秀明英光)でしたが、対策などはありましたか

相手はインカレ2位の三好さんなので、思い切っていこうと思っていました。序盤は相手のミスも多くてチャンスはあったのですが、相手がうまく修正してきて、負けてしまったと思います。

――第2セット、5-4で迎えたサービスゲームを取り切れませんでした

5-4のサービスゲームで最初2本はいいかたちでポイントが取れたのですが、相手のリターンがすごくうまかったですね。

――ファイナルセットを振り返って

序盤はブレーク合戦が続いて、一度キープされて2-5になってしまったのですが、まあワンブレークアップだからまだまだ大丈夫だと思って、自分でもう一段ギアを上げてプレーすることはできました。4-5まではいけたのですが、相手の方が僕を振り回していましたし、ボールにも威力があったなと思います。

――ラリー戦でもほぼ互角だったと思いますが、勝敗を分けたポイントはどこだと思いますか

そうですね・・・やはりリターン力が物を言ったと思います。なかなかサービスキープができなかった中で、僕はリターンが甘くなったりミスしてしまったりがあったのですが、相手はほぼリターンミスがなくて、リターンからつないでラリー戦で展開していくというかたちにうまく持っていかれてしまいました。あとは展開力ももっと必要だと思いました。相手のボールは外に逃げていって、深かったので、そこが勝敗を分けたかなと思います。

――シングルスで今後へ向けた目標は

インカレで初戦負けしてしまって自信を失っていたのですが、きょうここで勝ち切ることはできなかったにしてもプレーは少しずつ良くなっていると実感できたので、リーグ、王座(全日本大学対抗王座決定試合)、インカレインドア(全日本学生室内選手権)にも出られたら頑張りたいですし、学生大会以外の大会にも出られれば、しっかりきょうのように良いプレーをして、ファイトして、自分らしさを出していきたいと思います。

――最後に、明日のダブルスへの意気込みをお願いします

シングルスで負けてしまってもうダブルスしかないので、優勝したいですね。ダブルスの方が好きですし(笑)、また同士打ちにはなるのですが、しっかり得意なボレーやサービスダッシュをうまく組み合わせてプレーできればいいかなと思います。