庭球部

2017.08.24

関東学生選手権 8月23日 東京・有明テニスの森公園ほか

最後の個人戦・夏関がスタート

 全日本学生選手権(インカレ)から約1週間、夏の関東王者を決める関東学生選手権(夏関)が開幕した。本戦3日目のこの日は各種目2回戦が行われ、男子はシングルス6人、ダブルスは4組が次戦へ駒を進めた。

 シングルスではインカレで金星を挙げた町田亮(スポ3=福岡・柳川)が、1回戦で田中優之介(スポ1=埼玉・秀明英光)を破った岡垣光祐(法大)と対戦。サーブ、バックハンドでのミスが響き主導権を握れず、「サーブからリズムがつくれなかった」(町田)とストレートで敗北を喫した。ケガをおして出場していた松本貫太朗(社3=東京・早実)は第1セットでは中村進之介(慶大)にストローク勝ちしたが、アンダーサーブから徐々に攻略され3回戦進出を逃している。安上昂志(スポ2=福岡・柳川)は慶大の韓成民を相手に「しんどい中でも我慢することができた」(安上)と辛抱強くラリーしストレート勝ちを収めた。また、2回戦にして早くもインカレ準決勝の再戦が実現。島袋将(スポ2=三重・四日市工)と千頭昇平(スポ1=愛知・誉)の試合は第1セットこそ千頭が奪うが、隙を逃さずギアを上げた島袋が先輩の意地を見せた。他にも三好健太(スポ4=埼玉・秀明英光)らが順調に2回戦を突破している。

ケガを負いつつも健闘した松本

 男子ダブルスでは三好健太副将(スポ4=埼玉・秀明英光)・岩崎歩副将(スポ4=神奈川・湘南工大付)組と坂井勇仁(スポ3=大阪・清風)・田中優之介(スポ1=埼玉・秀明英光)組の同士打ちが実現した。第1セットは序盤からサービスキープが続き、突入したタイブレークはボレーを連続して決めた坂井・田中組が制す。続く第2セットでも、それぞれブレークポイントを握る場面はあったものの勝負所ではポイントを落とさず、終盤までキープキープの展開が続いた。しかし迎えた第12ゲーム、長いデュースの末に三好のサービスゲームがブレークされ、ゲームセット。同門対決は坂井・田中組に軍配が上がった。古賀大貴(スポ2=大分舞鶴)・安上組の試合は見事な逆転劇に。相手は法大の太田悠介・藤井俊吾組。第1セットでは2-6と相手の勢いに押されてしまうが、第2セットでは「その中でもうまく突破口を見つけ出すことができた」(安上)と徐々に盛り返す。何度もにぎられたマッチポイントをしのいでこのセットを奪い返すと、応援にも後押しされてスーパータイブレークを制した。また、古田伊蕗(スポ3=静岡・浜松市立)・樋口廣太郎(スポ1=福岡・柳川)組は慶大の主力である韓成民・山﨑瑛二組と対戦。ストロークから組み立て展開するプレーでストレート勝ちを収め、次戦に駒を進めた。齋藤聖真(スポ3=神奈川・湘南工大付)・千頭組を含めた4組がベスト8入りを果たしている。

慶大の主力を破った古田(右)・樋口組

 今大会は4年生にとって最後の個人戦だ。ダブルスで最上級生ペアとしての意地を見せることができなかった岩崎は「勝てたな、というのが率直なところ」と悔しさをあらわにしたが、団体戦シーズンに向けて、「自分に今何ができるのかを考えて、まずは行動で示していきたい」と意気込んだ。今後もチームを支える働きに期待したい。また、勝ち残っている選手は関東学生トーナメント、インカレに続き夏関でも早大勢の上位独占を狙いたいところだ。

(記事 熊木玲佳、松澤勇人、写真 熊木玲佳)

結果

▽男子

シングルス2回戦

○三好健太6-1、7-5蓮見亮登(明大)

●齋藤聖真6-2、2-6、1-6藪巧光(法大)

○坂井勇仁6-2、6-4小清水拓生(慶大)

○古田伊蕗6-0、6-2斎藤和哉(中大)

●町田亮0-6、3-6岡垣光祐(法大)

●松本貫太朗6-1、2-6、1-6中村進之介(慶大)

○佐藤祥次6-3、6-2高見澤岳飛(亜大)

○島袋将1-6、6-3、6-2千頭昇平

○安上昂志6-4、6-1韓成民(慶大)


ダブルス2回戦

○齋藤聖真・千頭昇平6-2、6-2玉腰敬大・梶本竜汰(上武大)

○坂井勇仁・田中優之介7-6(3)、7-5三好健太・岩崎歩

○古田伊蕗・樋口廣太郎7-6(5)、6-2中村進之介・甲斐直登(慶大)

○古賀大貴・安上昂志2-6、7-5、10-6太田悠介・藤井俊吾(法大)

コメント

岩崎歩副将(スポ4=神奈川・湘南工大付)

――最後の個人戦となる関東学生選手権(夏関)でしたが、単複共にどういった意気込みで臨みましたか

自分がチームに何ができるのかをしっかり考えて臨もうと思っていたのですが、大会2日前に体調を崩してしまって。そこは自己管理不足だったので、自分を責めるしかないのですが。シングルスに万全の状態で臨めず負けてしまったので、満足できませんし悔いが残る結果となりました。4年間で一番勝てなかった夏関だったかなと思いますね。

――体調を崩したというのは、全日本学生選手権(インカレ)後の疲れからでしょうか

インカレもすぐに負けてしまいましたし、帰ってオフももらえていたので、疲れというよりは自分の管理不足だと思っています。

――シングルス1回戦を振り返って

声を出すのも辛くて、脱水症状にもなってしまって、あんまり覚えていないのですが。そこも自分の責任、実力だったと思います。

――きょうの相手は坂井勇仁(スポ3=大阪・清風)・田中優之介(スポ1=埼玉・秀明英光)組でしたが、試合前に対策などはありましたか

相手は二人ともサーブがいいので、自分たちはしっかりキープして、チャンスがあったら攻めて取りにいこうと話していました。第1セットは結構チャンスもあって、セットポイントも2つあった中で、僕のリターンが入らなかったですね。プレッシャーがかかったときにどう自分をプッシュしていけるかというのは永遠の課題ですね。そこが改善できないとワンステップ上にはいけないと思いました。

――きょうの試合ではキープが続いた展開の中、最後の最後にブレークを許しました

勝てたな、というのが率直なところで、悔しいですね。いつも一緒に練習していて手の内も知っていますし、プレッシャーがかかったときにどちらが思い切って打てるかというのがカギだったと思うので、そこが自分たちのできていなかったところかなと思います。

――4年間の個人戦を振り返って

あまり満足いく結果を残せなかったなと思います。途中ケガもありましたし、苦しい時期もあったのですが、もっとできたなと率直に思います。今後もテニスを続けていく方向なので、そこでもう一度チャレンジしていきたいと思います。

――最後に、今後の団体戦シーズンに向けた意気込みをお願いします

リーグ(関東大学リーグ)で勝たないと王座(全日本大学対抗王座決定試合)に行けないので、チームをどうまとめていくかというのもありますし、自分がいま何ができるのかを考えて、まずは行動で示していきたいと思います。

町田亮(スポ3=福岡・柳川)

――今大会にはどのような目標で臨みましたか

どこまで勝ち進もうとかは特に決めていなくて、一戦一戦頑張ろうと思って臨んでいました。

――予選を振り返って

予選の決勝で慶大の今村くん(昌倫)と当たってタフなドローだと思っていたのですが、そこを勝ち切れたのが自信になったというか、自分の中で一歩先に進めたと思いました。そこからインカレも良い流れで臨めたので、予選の決勝は自分にとって大きなターニングポイントになりましたね。

――インカレから間もなく始まった夏関ですが、疲れはありましたか

体力的な疲労はそこまで感じなかったのですが、気持ちの面で集中力を持続できていない場面があったかなと思います。

――1回戦を振り返って

第1セットは少し相手のペースで試合が進んでしまったのですが、セカンドセットから落ち着いてやれば大丈夫だと思っていたので、そこからは自分のテニスができたと思います。

――相手は1回戦で田中選手を倒してきた選手でしたが、何か対策はありましたか

法大の岡垣くん(光祐)の試合はインカレでも見ていて、予選で古賀(大貴、スポ2=大分舞鶴)を倒して本戦に上がったのですが、非常にうまくてしつこくて、頭のいいテニスをするなという印象がありました。彼は粘るテニスで、自分は攻めるテニスをするので、粘る方に合わせないように打っていこうと思っていたのですが、攻めの部分やその前のつなぎの部分でミスが多くて、なかなか思うようにいかなかったです。

――第1セットは0-6で落としてしまいました

気持ちの面で、集中しているつもりでも集中できていなくて、相手ではなく自分のプレーばかりになってしまいました。もう少ししつこく攻めていければよかったと思います。

――セカンドセットは少し立て直した印象ですが

ファーストセットよりはしつこい攻めができていたのですが、自分の武器であるサーブがうまくいかず、なかなかキープできなかったです。サーブからリズムがつくれなかったのはもったいなかったと思います。

――夏関は終わってしまいましたが、全体的にはどう振り返りますか

ここで勝てれば島袋(将、スポ2=三重・四日市工)か千頭(昇平、スポ1=愛知・誉)と試合できたので、もう一個勝ちたかったな、と悔しく思います。

――最後に、今後の団体戦シーズンに向けた意気込みをお願いします

ワセダは層が厚いので自分は出られるか分からないのですが、団体戦では出られない選手の役割が大事になってくると思うので、出るにしても出ないにしても本気で取り組んで、リーグ優勝、王座優勝できるように頑張りたいと思います。

松本貫太朗(社3=東京・早実)

――今大会の具体的な目標はありましたか

肋骨を骨折していて予選の時点でほぼ出ない予定でした。出たら予選では負けると思っていたのですが上がれて。まだ治り切らなくてサーブも打てずアンダーでやったのですが、ドローも岩崎さん(歩副将、スポ4=神奈川・湘南工大付)が負けて、チャンスはあるかなと思ったのですが厳しかったです。

――きょうの試合を振り返っていただけますか

ファーストセットは結構ストローク戦で自分の展開でできたのですが、セカンドからアンダーサーブで前に入られてすぐボレーに出られるという展開になってしまって。相手のボレーがすごく良くて、一球返してもそれをしっかりオープンコートに決められて、打開策が見えないまま・・・。セカンドセットを取られてもファイナルセットで切り替えたのですが、なかなかうまくいかずにずるずるいってしまったという感じです。

――個人戦としては夏関で一区切りつきますが、どのようなシーズンになっていますか

安定してある程度本戦まで勝ち進めているのかなと思うのですが、そこから先ベスト8とか16とかにいくにはもう少し・・・。守備の面では負けていないなと思うのですが、その後勝っていくには攻めていかないと勝てないなという部分があるので、ラスト1年ですがそういうところを磨いていければいいかなと思います。

――これから団体戦シーズンに入ります。チームの一員としてどのように戦っていきますか

サポートに回ることにはなると思うのですが、ベンチコーチであったり分析であったり、上級生になったので自分にできることが以前より増えてきたと思うので、チームのために何ができるかということを常に考えながら行動していきたいと思います。

安上昂志(スポ2=福岡・柳川)

――慶大の韓成民選手を下したきょうのシングルスを振り返って

しつこい相手だというのは最初から頭に入れてプレーして、序盤に3-0リードできたのは良かったのですが、そこから攻め急いだというか、序盤にできていたプレーが少しできなくなってきて。3-3まで追いつかれたのですが、そこから一度落ち着いてしっかりラリーしてラリーして、攻め急がないことを意識したら逆に相手のミスが早くなってきたので、しんどい中でも我慢することができたかなという感じでした。セカンドセットも、スコアは簡単だったのですが序盤ですごく長いゲームが続いて、何とか最後に取り切ってという感じでリードを広げられたのが勝利につながったのかなと。

――ダブルスではマッチポイントをしのぎました

相手がすごくノンプレッシャーでプレーしてきて、ファーストも思い切り打ってくるしリターンも全部たたいてきてボレーも積極的に出てきて、言ってみれば少しダブルスをしている感じがしなかったのですが、その中でもうまく突破口を見つけ出すことができたので、セカンドセット以降はファーストセットよりはいいプレーができました。ただ大事な場面でキープできなかったり、ボレーが一発で決まらなかったりというのがあって4-5まで追いつめられてしまったので、もっと大事なところを見極めるということも必要かなとは思いました。あとは応援が支えてくれたのと、ペアがすごくプッシュしてくれたのが良かったです。

――ダブルスは楽しいですか

そうですね、ダブルスの方が楽しいです(笑)。

――単複共に一部校のレギュラー選手を倒したということで、まだ大会の途中ではありますが自信につながっているのではないでしょうか

そうですね、インカレではシングルスで一度も勝てなくてダメかなと思っていたのですが、勝てたので・・・。試合はまだ続きますが、頑張っていきたいなと思います。

千頭昇平(スポ1=愛知・誉)

――インカレから1週間ほど経ちましたが、体やプレーの調子はいかがですか

レベルの高いところではありませんが、ITFジュニアで毎週試合に出ていたので、その切り替えはうまくできる方だと思います。切り替えはうまくできていました。疲れもあまりなかったです。

――早めに島袋将選手(スポ2=三重・四日市工)と当たるドローになりました

どっちみちいつかはまた当たる相手なので、遅かれ早かれ。優勝者は一人しかいないので、他はみんな負けるのでここで当たっても。当たるような気はしていましたけど(笑)。

――この短期間で3回ほど対戦がありましたね

最初は勝って今2連敗していますが、きょうは相手も疲れているのか分かりませんが最初は僕が良くて相手もファーストセットの途中からあきらめている感じに思えて。実際あきらめていたと思うのですが、絶対このままあきらめてくる選手ではないと思って、案の定セカンドセットからきちんとやってきたしサーブもきっちり入れてきましたし、フォアも・・・。インカレの時よりも自分に課題を持ってできたし、それが前よりもうまくできて、このハードコートでも自分に勝ちが見えました。結果負けてしまったのですが、良かったです。

――具体的に、インカレの時よりもうまくできた点とは

僕はフォアハンドがあまり得意ではなくて攻めることが苦手なのですが、きょうは少しでもいいので自分からしっかりラケットを振って重い球を打つようにして、フォアハンドで展開できればいいかなと思って。前よりはできて、その分きょうは前よりも競れたのかなと。

――ダブルスについても伺います。ここまでを振り返っていかがでしょうか

ダブルスはペアの齋藤さんが引っ張ってくれて、めちゃくちゃダブルスがうまいので、僕は言われたことをやるだけで。ほとんど齋藤さんに任せていますが、自分のできることはやっているつもりですし、ボレーもうまくできていると思います。僕的にもうまく噛み合っていると思うので、もっといけると思います。

――お二人の理想のポイントの取り方は

聖真さんがサーブがいいですし、僕はボレーでしっかり決められたらサービスゲームも楽に進むと思います。僕のサービスゲームは僕がサーブが遅くて聖真さんに迷惑をかけているのですが、その分聖真さんがボレーでカバーしてくれているので、互いがボレーでしっかり決められたら最高のかたちなのかなと。リターンもお互いいいと思うので、二人がしっかりリターンしていけばもっとゲームも楽にできるかなと思います。

――次戦に向けて意気込みをお聞かせください

シングルスは負けてしまったのですがダブルスはあるので。きょうもシングルスが終わって悔しかったのですがすぐに気持ちを切り替えてダブルスをやるぞと思えたので、優勝目指して頑張ります。