庭球部

2017.08.15

全日本学生選手権 8月14日 岐阜メモリアルセンター

島袋が、河野・坂井組が、悲願の日本一に!

 長期間にわたって行われてきた全日本学生選手権(インカレ)も最終日を迎えたこの日、運命の決勝戦が行われた。シングルスで早大対決を制したのは、島袋将(スポ2=三重・四日市工)。昨年の関東学生選手権(夏関)とことしの関東学生トーナメント(春関)で関東を制した男が、ついに学生日本一に輝く。また河野優平副将(スポ4=福岡・柳川)・坂井勇仁(スポ3=大阪・清風)組は、宿敵・慶大の逸崎凱人・畠山成冴組を倒し、笑顔で今大会を終えた。

 シングルス決勝には島袋と三好健太副将(スポ4=埼玉・秀明英光)が登場。試合開始早々島袋がブレークし、三好が後を追う展開に。何とか3ゲーム目をキープした三好だが、再びブレークを許し、流れは完全に島袋に傾いた。鋭いコースを突いた正確なショットで相手を揺さぶり、絶妙なタイミングで前に上がる。それに加え、ミスを最小限に抑えたプレーでなかなか隙を見せない。セカンドセットに入ってからも勢いが止まらない島袋に対し、三好は苦戦を強いられる。「先に展開されることが多く、自分のプレーをさせてもらえなかった」(三好)と言うように、ここぞという場面で先にギアを上げるのは島袋だった。ゲームカウント2-2で迎えた5ゲーム目、ブレークチャンスを握った島袋は、技ありのドロップショットを見せる。7ゲーム目にも到来したブレークチャンスはラリー戦になったが、物おじしないアグレッシブなプレーで三好を圧倒。「攻めの姿勢は崩さずにやろうと決めた」という島袋は、最初から最後まで強気な姿勢を貫く。地元・岐阜でうれしいタイトル獲得となった。

今大会もセットを落とさず優勝した島袋

 ダブルス決勝は河野・坂井組と逸崎・畠山組が対戦。坂井は昨年、そして河野は一昨年、この決勝の舞台で涙をのんだだけに、インカレタイトルに懸ける思いは強い。ファーストセットは互いにキープが続いていたものの、終盤にきてブレークを許す。それでもなんとか追いつきたい早大ペアは9ゲーム目で粘りを見せたが、4度あったブレークチャンスも決め切ることができなかった。しかし、「ファーストセットは落としても、セカンドの出だしでがっつりいければなと思っていた」という坂井の言葉通り、セカンドセットで逆襲が始まる。2ゲーム目でいきなりブレークすると、その後は自分たちのサービスゲームをしっかりとキープ。次第に掛け声にも熱が入り、プレーにも落ち着きが出てきた。そしていよいよスーパータイブレークが幕を開ける。坂井の力強いサーブが入ったかと思えば、河野の得意とするボレーも次々に決まってゆく。二人の連携が光り、見る見るうちにポイントを重ねていった。終わってみれば結果は10-0。圧巻のスコアで栄冠を勝ち取った。

勝利を決めた瞬間の河野(右)・坂井組

 早大勢が単複共に優勝を手にし、いいかたちで今大会を締めくくることができた。しかし早くも1週間後には夏関が始まり、勝負はまだまだ続いていく。また、来月には関東大学リーグも控えている。「ここからまた仕切り直しでチームづくりをしていきたい」(河野)。下級生の活躍も目覚ましく、層の厚さが感じられることしの男子庭球部。これからのどのようなチームをつくり上げていくのだろうか。新たな挑戦が、今始まろうとしている。

(記事 田中佑茉、写真 熊木玲佳、矢野聖太郎)

シングルス決勝を戦った島袋(中央右)、三好(中央左)と悲願のタイトルを手にした河野(右)・坂井組

チャンピオンスピーチ

島袋 まずはじめに決勝を戦ってくださった三好健太選手、どうもありがとうございました。出身であるこの岐阜県でインカレという大舞台で優勝できたこと、本当にうれしく思います。このような結果を出せたこと、土橋監督(登志久、平元教卒=福岡・柳川)をはじめ嶋崎さん(徹夫監督代行、平元商卒=神奈川・桐蔭学園)、隼さん(渡邉ヘッドコーチ、平19スポ卒=静岡・庵原)、弥起さん(石井コーチ)、また初日から熱い声援を送ってくださった早稲田大学庭球部員の皆さまのおかげだと思っています。本当に感謝しています。この結果に満足せずに、夏関(関東学生選手権)、リーグ(関東大学リーグ)、王座(全日本大学対抗王座決定試合)、全日本選手権(三菱全日本選手権)とさまざまな大会で結果を残したいと思います。最後になりましたが、全日本学生テニス連盟の皆様をはじめとするさまざまなサポーター、関係者の皆様に感謝したいと思います。本当にありがとうございました。

河野 まずはじめに、この大会を運営してくださった皆さま、毎日遅くなりましたが本当にありがとうございました。支えてくださった方々ありがとうございました。そして、僕のダブルスを見て楽しんでくれた増田(啓孝、政経4=Nido de Aguilas International School)、安心してプレーができました。ありがとう。隼さん、弥起さん、嶋崎さん、本当にありがとうございました。これから団体戦シーズンに入りますが、チーム一丸となって王座優勝を目指していきたいと思うので、これからも応援をよろしくお願いします。ありがとうございました。

坂井 まずはじめに今大会を運営してくださった全日本学生テニス連盟の皆様、並びにスポンサー各社の皆様、本当に長い間ありがとうございました。また毎日応援、サポートしてくださった土橋監督をはじめ、隼さん、嶋崎さん、弥起さん、増田さんをはじめとする部員の方々、ありがとうございました。僕は去年きょう対戦した逸崎(凱人)・畠山(成冴)ペア(慶大)に負けて優勝できなかったのですが、ことしは本当にギリギリではありましたが勝てて良かったと思っています。また団体戦があって、その前に夏関があるので、しっかり勝てるように頑張りたいと思います。予選から長い間本当にありがとうございました。

結果

▽男子

シングルス決勝

◯島袋将6-2、6-2三好健太

ダブルス決勝

◯河野優平・坂井勇仁3-6、6-3、10-0逸崎凱人・畠山成冴(慶大)

関連特集

インカレ直前特集『Let Waseda Reign Again』/全日本学生選手権

関連記事

単は三好と島袋、複は河野・坂井組が決勝の舞台へ!/全日本学生選手権(08/13)

単ベスト4、早大勢が独占!/全日本学生選手権(08/13)

有力ペアが敗北も、ベスト8に6人残る/全日本学生選手権(08/12)

男子シングルスは早大劇場、圧倒的な層の厚さ見せつける/全日本学生選手権(08/11)

コメント

三好健太副将(スポ4=埼玉・秀明英光)

――2位という成績で大会を終えますが、今の率直なお気持ちは

率直に言うと悔しいですね。

――相手は島袋将選手(スポ2=三重・四日市工)でしたが、どういった狙いで試合に臨みましたか

ボールの質はここまでやってきた人たちよりレベルは上だろうなとは思ってたんですけど、予想以上に良くて、自分のプレーができないというのがすごくあって。作戦では自分からどんどん展開しようと思っていたのですが、先に展開されることが多くて、自分のプレーをさせてもらえなかったですね。

――全体を通して島袋選手のペースになっていたということでしょうか

そうですね。もう隙がなかったという感じでした。

――試合を楽しむことを意識していると昨日のインタビューでおっしゃっていましたが、きょうの試合はどうでしたか

試合を楽しむことはできていたので良かったと思うんですけど、もう少しできたんじゃないかというのは自分の中であります。

――全国大会で決勝進出は、大学入学後最高成績ですね

そうですね。高校の時は全国選抜で優勝したんですけど、大学入ってからは初めてですね。決勝までいけたのは日々の練習やトレーニングの成果だと思います。

――最後の全日本学生選手権(インカレ)はどんな大会になりましたか

部内戦でしたね(笑)。ライバルはワセダだったので、小林(雅哉、スポ2=千葉・東京学館浦安)だったり岩崎(歩副将、スポ4=神奈川・湘南工大付)だったり髙村(佑樹、スポ2=千葉・東京学館浦安)だったり田中(優之介、スポ1=埼玉・秀明英光)だったりみんな強くて、そこに勝てたことは率直に嬉しいですし、自分の自信にもなりました。これからリーグ(関東大学リーグ)、王座(全日本大学対抗王座決定試合)があるので、チームのために戦えるようにこれからも練習していきたいと思います。

――実際の大会で部内戦のようになるのはやりやすいのでしょうか、やりにくいのでしょうか

僕の中では町田(亮、スポ3=福岡・柳川)とはやりたくないですね。ここまで一緒に競い合ってきて高めてきたので、上位ベスト4で当たるなら仕方ないと思うのですが、2回戦、3回戦で当たるとなると少し残念ですね。やっぱりワセダがみんな上位に上がってそこで頑張りたいというのがあるので、早めにワセダが当たるのは少し残念です。

――副将として今回のワセダ全体の成績を振り返っていかがですか

チーム全体を見ると、自分の試合以外も選手は他の試合の応援だったりサポートをしてたので、チーム全体としてはすごくいい雰囲気だったなと思って。シングルスに関してもベスト8に6人いて層は厚いと思うので、ここからが本当に勝負だと思います。この結果に満足していたらリーグ、王座はどうなるか分からないので、ここからが本当に勝負だと思います。

――層が厚いとおっしゃいましたが、下級生も強い選手が多く4年生としては気が抜けない状況ですね

去年も小林が優勝して上級生が全然上位に入れないというのがあったので、僕は今回下級生のすごく上の方と当たったのですが、もう絶対負けないという気持ちでやりました。ずっと下級生のチームと言われてきて、上級生の意地を見せようと思ってたので、決勝までいけたことは率直に良かったと思います。

――最後に夏関(関東学生選手権)やリーグに向けて意気込みをお願いします

夏関は1週間後なので、とりあえず体のケアだったり回復だったりに専念して、それから夏関に挑もうと思ってます。やはり夏関で上位にいくことにがリーグや王座につながると思いますし、このインカレが終わったからといって夏関ですぐに負けてしまってはリーグや王座に響くので、夏関ではしっかり勝負していきたいと思います。

島袋将(スポ2=三重・四日市工)

――優勝おめでとうございます!今のお気持ちは

素直に嬉しいという気持ちです。

――先ほどのスピーチは自分で考えたのですか

自分で考えました。以前春関(関東学生トーナメント)でスピーチした時は、表彰式前にあらかじめ考えてたんですけどそれじゃダメだなと思って、今回はもうアドリブです(笑)。

――では全てあの場で

でもだいたい話すことは決めてて、それ以外はもうほぼアドリブです。

――何点ぐらいですか

まあ50点(笑)。

――では次回はもっと上を目指したいですね

そうですね。80点ぐらい取れるように頑張ります(笑)。

――去年のインカレは1回戦敗退でしたがことしは優勝を果たしました。成長ぶりに関していかがですか

去年は初戦負けということですごく悔しい思いをして、そこから1年間隼さん(渡邉ヘッドコーチ、平19スポ卒=静岡・庵原)やコーチ陣と一緒に頑張ってきた成果が出たなと思います。優勝できたことはこれからのさらなるレベルアップにつながると思うので、本当に嬉しいです。

――ことしは去年に比べて成績を残せていますが、きっかけなどはありますか

きっかけとしては、フューチャーズなどで自分よりレベルが高い相手と試合する機会が増えたというのと、海外の試合に出たりしていろいろな経験をさせていただいたというのが自分の中では一番大きいことだと思います。

――きょうの試合を振り返っていただきたいのですが、三好健太副将(スポ4=埼玉・秀明英光)は島袋選手にはどのように映りましたか

緊張していたのか分からないのですが、いつも通りの健太さんじゃなかったかなと。いつもはきょうよりもミスが少なくて、もうちょっとアグレッシブなのですが、きょうはちょっとミスもあって、いつもよりも消極的な部分があったのかなと思うので、やりやすかったですね。

――逆にご自身のプレーを振り返っていかがですか

健太さんがそういう状況だということが分かって、自分はどんどんアグレッシブなプレーをできたのが良かったのと、最後まで集中を切らさずにプレーできたことが良かったです。

――終始攻めの姿勢を貫いていたように思います

基本それが僕のプレースタイルなので、攻めの姿勢は崩さずにやろうと決めたのですが、今大会準々決勝では結構打ち過ぎてミスが増えてしまったりして。その分きょうとかきのうとかはミスを少なくして、その中でどんどん積極的にやっていこうと思っていました。

――優勝を意識した瞬間はありましたか

いや、それはもう思わないようにしました。変に緊張しちゃうので。

――いつも通りということですね

まあいつも通りやったつもりなんですけど、やっぱり最後5-2で自分のサービスゲームの時は、気にしないようにしててもどうしても固くなっちゃう部分がありましたね。でもそこでしっかりと抑えられたのはよかったです。

――ことしのインカレはご自身にとってどのような大会になりましたか

初戦から身内同士の戦いが結構多くてやりづらい部分はあったのですが、その中でも思い切ってできましたし、最後まで自分のテニスを信じてできたかなと思います。

――課題や収穫に関しては

課題はサービスゲームです。自分のサーブですね。サーブの質とかコントロール、確率、全てにおいてまだまだレベルアップできるなと感じました。あとはストロークの安定感をもうちょっと身につけないといけないなと思いました。収穫はやはり優勝して自信をつけられたことだと思います。

――最後に夏関やリーグ戦に向けて意気込みをお願いします

大会のシーズンは終わってないですし、夏関は去年も優勝しているので、連覇できるように頑張りたいと思います。夏関は個人戦なのですが、その次はリーグということで、これからはどちらかというと団体のシーズンに入るので、ワセダが勝てるように全員で頑張りたいなと思います。リーグは去年全然ダメだったので、ことしこそ全勝して優勝できるように頑張りたいと思います。

河野優平副将(スポ4=福岡・柳川)・坂井勇仁(スポ3=大阪・清風)

――優勝おめでとうございます。やっと取れたタイトルですが、今の率直なお気持ちをお聞かせください

河野 本当にできると思っていなかったので、春関で自信を失って優勝なんて考えていなくて。率直にうれしいですし、ずっと支えてくださったコーチ陣の方々やずっと応援してくれた増田(啓孝、政経4=Nido de Aguilas International School)に感謝したいです。

坂井 素直にうれしいですし、河野さんが最後4年生で優勝することができて良かったです。春関で初戦負けした時から優勝できるとは思っていなかったのですが、去年も(インカレ)決勝で負けていて、正直僕の中でも欲しいタイトルではあったので、それが取れて良かったです。すぐ夏関、リーグが始まるので少し休んでもう一度頑張りたいなと思います。

――今朝は決勝を前にどんなお気持ちでしたか

河野 眠かったです・・・。

坂井 (笑)

河野 更衣室で寝ていました。

坂井 僕はきのう眠たくて早く寝てしまって、きょうの朝は6時にぱっと目が覚めたのですが、そこから銀魂を1話見て、いつものルーティーンをこなす時間を自分でしっかりつくれたのでいい感じにリラックスできました。

――きょうの相手は因縁のある逸崎凱人・畠山成冴組(慶大)ということで、どのような狙いを持って試合に臨みましたか

河野 狙いや作戦は正直全くなかったです。とにかく楽しくやるということを。

坂井 きのう言っていた「楽しむこと」ができていたのでプレーもついてきたのではないかなと思いました。これだけ(対戦を)やっていると駆け引きも多くなってくるので、前にこういう作戦で勝っても同じ風にやって勝てなかったり、いい意味でどんどんレベルが上がっていっているのではないかなと思います。

――ファーストセットの展開は想定通りでしたか

河野 やっぱり自分のリターンが下手だったなと。

坂井 (笑)

河野 強いなと感じました。もともとタイトルを意識してきていなかったのですが、坂井がリターンを3ポイント取ってくれたブレークと、僕のサービスゲームの相手のブレークポイントでのナイスボレーのおかげですね。

坂井 ファーストセットは落としてもセカンドの出だしでがっつりいければなと思っていたので、そんなに焦ることなくできたのが良かったです。それに、河野さんもどんどん・・・初めたぶん河野さん緊張していましたよね?

河野 サーブが・・・。緊張してた。

坂井 若干緊張しているなと。僕は河野さんを待っていました。

――セカンドセットは振り返っていかがでしたか

河野 とりあえず増田と叫び合ったので。

坂井 途中から本当に楽しみましょうと言って試合ができたので良かったです。応援もとても力になって、自分たちからも声を出していけたので良かったと思います。

――ファイナルセットは一番楽しんでいるように見えましたが

河野 すごくそわそわしていて、それを隠すための・・・。でも周りからそう見えていたということは良かったかなと。

坂井 僕は本当にセカンドの途中から楽しかったですね。ファイナルに入った時に少しそわそわしていたので、トイレに行きましょうと言って時間を空けてやったのがきょうは良かったなと思いました。

――この試合のターニングポイントがあったとすればどこになりますか

河野・坂井 トイレットブレークですね。

河野 技術的には本当に全然上(の学年)が下手だったので、支えてくれた坂井に・・・。優勝スピーチでも坂井に言おうと思ったのですが、少し頭が真っ白になってしまって言えなくなって。感謝しています。僕にはもったいないペアです。

坂井 ターニングポイントはトイレットブレークですね。河野さんがトイレットブレークの時に「一回落ちつこう」と言ってくれたのが良かったですね。たぶん僕1人だったら普通にトイレに行って普通に帰ってきていたと思うので。河野さんの時間のあけ方、間の使い方にファイナルセットは助けられたかなと思います。

――今大会、特にダブルスは予選から勝ち上がっての優勝でした。単複共に振り返っていかがですか

河野 正直うれしくて、シングルスのことは思い出せないくらいですね。本当にシングルスは早く負けたのですが、ダブルスで勝てて良かったです。

坂井 シングルスはベスト8で負けてしまったのですが、ダブルスの優勝がやっぱりうれしかったですし、僕は来年もう一度インカレがあるので、シングルスは悔いが残らないように戦うことと、ダブルスももう一度挑戦できるようにしっかり頑張りたいなと思います。

――これから夏関、リーグと続きますが、改めて意気込みをお聞かせいただけますか

河野 ここからまた仕切り直しでチームづくりというか、男子はいい状況でくることができていると思うので、自分たちの代の良さを生かしてチームづくりをしていきたいなと思います。

坂井 去年はインカレで準優勝したにもかかわらずリーグでなかなか勝つことができなかったので、そういう結果はコートに立った時点でなくなって相手と白紙の状態で戦わないといけないと思います。常にチャレンジャーの気持ちでできれば一番いいのではないかなと思います。