野球部

2017.08.14

夏季オープン戦 8月13日 神奈川・ENEOSとどろきグラウンド

攻撃のミスが響き屈辱の完封負け/JX―ENEOS戦

TEAM
早 大
JX-ENEOS x
(早)●早川、柳澤-小藤
◇(二塁打)岸本

 この夏唯一の敵地で行われた夏季オープン戦。社会人と大学生との力の差が見えた試合であった。相手は、『挑戦』というスローガンのもと、都市対抗野球大会出場を逃した悔しさによって、強いチームづくりに一層熱の入るJX―ENEOS。昨夏、今春も敗れた相手だったが、今回も力及ばなかった。3回にバッテリーミスによって、1失点。5回には先頭打者にソロ本塁打を許し、2点目を奪われると、その後も7回に一挙3点を失う。また、攻撃でも好機はあったものの、それを生かすこともできず、無念の零封負け。夏季オープン戦初黒星を喫した。

 先発マウンドには、この夏1軍初先発の早川隆久(スポ1=千葉・木更津総合)。1回、2回と安打を打たれながらも無失点に抑えたが、3回に暴投で先制点を許すと、5回には先頭打者に中越えソロ本塁打を浴びてしまう。そして0-2で迎えた7回、死球と一塁手の失策により無死一、二塁となった場面で早川は降板。柳澤一輝(スポ4=広島・広陵)が2番手として登板する。二人の走者を置いた場面で早川からマウンドを譲り受けた柳澤だったが、このピンチで踏ん張ることができない。犠打で1死二、三塁とされると、2本の適時打とセーフティスクイズで3点を献上。2点をリードされて迎えた終盤だっただけに、早大にとってはあまりにも痛い3点であった。

暴投で先制点を与え表情を曇らせる早川

 一方の攻撃は、社会人屈指の強豪の擁する投手陣に苦戦。1点を追いかける4回、先頭の1番・八木健太郎(スポ4=東京・早実)が中前打で出塁したが、けん制球により一、二塁間に挟まれ、タッチアウト。その直後には2、3番に連打が飛び出し得点機を迎えたが、中軸が倒れ得点には至らない。5回にもこの日指名打者で起用された6番・岸本朋也(スポ3=大阪・関大北陽)が無死から右翼線への二塁打を放ち好機を演出。しかし、犠打を試みた次打者・檜村篤史(スポ2=千葉・木更津総合)の打球は投前と転がってしまい、二塁走者・岸本が三塁でタッチアウト。絶好の得点機が一瞬にしてつぶれてしまった。7回には、5番・宇都口滉(人4=兵庫・滝川)が1死から中前打を放ち出塁するが、続く岸本は遊ゴロ併殺に倒れこの回も無得点に終わる。上位打線から始まる好打順だった最終回も、あっけなく三者凡退で試合終了。この日はいつにも増して本塁が遠かった。

社会人の投手を前に本塁が遠かった

 完封負けである。放った安打は6本のみ。そして、攻撃のミスが目立った。巡ってきた好機を自分たちのミスでつぶしてしまっては、勝てる試合も勝てなくなってしまう。もっとも、東京六大学秋季リーグ戦において1点を争う緊迫した展開になれば、一つの小さなミスが命取りになる。相手のレベルが高くなれば、一試合の中での好機はそう多くない。防げるミスをなくし、少ない好機をいかに得点へつなげられるか。次戦以降の修正に期待したい。

(記事 江藤華、写真 浅海佑佳子、石﨑開)

関連記事

主力が躍動 投打がかみ合い快勝!/神戸学院大戦(08/11)

序盤波に乗れずも中盤に逆転/天理大戦(08/10)

好機つくるも勝負を決め切れず/駒大戦(08/03)