庭球部

2017.08.13

全日本学生選手権 8月12日 岐阜メモリアルセンター

単ベスト4、早大勢が独占!

 全日本学生選手権(インカレ)も残すところあとわずかとなり、この日は準々決勝が行われた。シングルスに出場した6人のうち4人が準決勝進出を決め、早大がベスト4を独占する結果に。ダブルスには2組が出場し、河野優平副将(スポ4=福岡・柳川)・坂井勇仁(スポ3=大阪・清風)組がストレート勝ちで4強入りを果たした。

 シングルスで先輩後輩対決となった三好健太副将(スポ4=埼玉・秀明英光)と田中優之介(スポ1=埼玉・秀明英光)のファーストセットでは、両者一歩も譲らぬ状態が続く。そのままタイブレークへと突入したが、長時間に及ぶこのセットを制したのは三好だった。「このファーストセットを取ったほうが流れを変えるなと思った」(三好)。互いに疲れも見え始めていたが、このセットをものにした三好がここからさらにギアを上げ、最上級生の意地を見せつけた。また逸崎凱人(慶大)と対戦した島袋将(スポ2=三重・四日市工)は、最後まで強気な姿勢を崩すことなく勝利を収めた。そしてきょうの試合で、先輩の坂井を相手に圧巻のプレーを見せたのが千頭昇平(スポ1=愛知・誉)だ。「展開が早くて、自分のプレーをさせてもらえなかった」(坂井)と語るように、メリハリをつけた試合運びで同士打ちを制した。髙村佑樹(スポ2=千葉・東京学館浦安)も落ち着いたプレーで順調に勝ち上がっている。

ベスト8の成績で初めてのインカレを終えた田中

 ダブルスに登場した河野・坂井組はファーストセットを危なげなく取ったものの、セカンドセットではゲームカウント2-5まで追い詰められてしまう。しかし何としてでも勝利を手にしたい早大ペアは一気に巻き返しを図り、最後は7-5で準決勝進出を決めた。一方小林雅哉(スポ2=千葉・東京学館浦安)・島袋組は、ことしの関東学生トーナメント(春関)で優勝した中大の大和田秀俊・望月勇希(中大)組と対戦。「出だしが良くなかった」(島袋)と語るように、ペースがつかめないまま0-6でファーストセットを落とす。しかし徐々に息の合ったプレーを見せ始め、スーパータイブレークに持ち込んだ。それでもやはり出だしが良くなかった。最初の2ポイントを取られ、なかなか調子を上げることができない。その後3-4とし何とか1点差まで詰め寄るも、自分たちのミスで4連続ポイントを許してしまう。完全に主導権を握った相手に対し、「気持ち的に守りに入ってしまって、思い切りできなかった」(小林雅)と悔しさをあらわにした。

中大ペアに惜敗した小林雅(左)・島袋組

 あすのシングルス準決勝2試合は同士打ちとなる。普段から一緒に練習しているだけに、お互いの弱点は分かっているはずだ。どちらが先に攻略の糸口を見つけられるだろうか。またダブルスで唯一勝ち残っている河野・坂井組は、ここまできたら優勝を目指すのみだ。いずれもハイレベルな試合が予想される。あすはどんなプレーで観客を湧かせてくれることだろう。早大勢の活躍から目が離せない。

(記事 田中佑茉、写真 熊木玲佳、吉田優)

結果

▽男子

シングルス

◯三好健太7-6(4)、6-3田中優之介

◯髙村佑樹6-1、6-0加藤隆聖(関大)

◯島袋将6-1、7-5逸崎凱人(慶大)

◯千頭昇平6-1、6-2坂井勇仁


ダブルス

◯河野優平・坂井勇仁6-2、7-5寒川雄太・鈴木保貴(法大)

●島袋将・小林雅哉0-6、6-4、6-10大和田秀俊・望月勇希(中大)

関連特集

インカレ直前特集『Let Waseda Reign Again』/全日本学生選手権

関連記事

有力ペアが敗北も、ベスト8に6人残る/全日本学生選手権(08/12)

男子シングルスは早大劇場、圧倒的な層の厚さ見せつける/全日本学生選手権(08/11)

町田が第1シードを撃破!白熱した戦い続く/全日本学生選手権(08/10)

コメント

三好健太副将(スポ4=埼玉・秀明英光)

――足の調子は大丈夫ですか

きのうの疲労というのはそんなに感じなかったです。疲れはありましたけど、大丈夫でした。

――きのうまでの試合を振り返っていかがですか

きのうは小林(雅哉、スポ2=千葉・東京学館浦安)とやって、去年優勝しているので僕はチャレンジャーという気持ちだったのですが、出だしから相手がすごく良くて、自分のプレーができなかったというのが最初の印象でした。でもそこから徐々に自分のプレーができるようになって、流れを変えることができたのかなと思います。

――ではきょうの試合を振り返っていただきたいのですが、1セット目はタイブレークを制しましたね

時間的にも2時間ぐらいやっていて、このファーストセットを取った方が流れを変えるなと思って、タイブレークはもう自分の気持ちの面だったり、とりあえずコートに入れるということを意識していました。

――その流れのまま2セット目にいけたということでしょうか

そうですね、はい(笑)。

――セカンドセットは振り返っていかがですか

僕自身もすごく疲労があったんですけど、相手にもすごく疲れが見えていたので、引かないで自分からいこうというのは意識してやっていました。

――勝因は何だったと思いますか

やっぱりファーストセットを取れたことだと思います。

――ベスト4をワセダが独占するかたちになり、三好選手もあすは髙村佑樹選手(スポ2=千葉・東京学館浦安)との対戦になりますが

ベスト4にワセダが全員残って、優勝をワセダが持っていけるっていうのは1つ良かったことで、その4人の中で誰が優勝を持っていけるかというところですね。最後の年なので優勝したいっていうのが一番で、あしたは髙村ですけどチャレンジャーの気持ちで頑張りたいと思います。

――普段は髙村選手とはよく練習などされるのですか

はい。髙村とはお互い自主練とかをよくやっていて手の内とかは分かっているのですが、そこをどう崩していくかというところをしっかり意識してやっていきたいです。

――あすに向けての意気込みをお願いします

チャレンジャーの気持ちを持って頑張ります。

坂井勇仁(スポ3=大阪・清風)

――ここまでの試合を単複振り返っていかがですか

ドローを見た時点でダブルスはベスト8、ベスト4まではいきたいなと思っていて。それが今回しっかりベスト4まで勝ち上がれたので、ここまできたらあと2回勝てば優勝ですし、優勝を目指してやっていきたいなと思います。シングルスに関してはドローを見た時には中大の斎藤(和哉)、古田(伊蕗、スポ3=静岡・浜松市立)がヤマ場になると思っていて。あと負けてしまったのですが安上(昂志、スポ2=福岡・柳川)も僕のところ(山)にいたのですごくタフドローだったのですが、斎藤、古田で体力を使い過ぎたというか。きょうの相手の千頭(昇平、スポ1=愛知・誉)の方が展開が早くて、自分のプレーをさせてもらえていなかったなというのが正直な感想で。僕なんかより力を持っている選手だったので、(インカレ直前対談で)注目選手は千頭と言ったのですが、その選手に負けるかたちになってしまったので残念です。客観的に見れば2年前にベスト8に入って、今年の方が3年目でワセダ自体の層も厚くて、学生全体のレベルも上がってきていると思うので、その中でベスト8まで勝ち残れたことは自信にしてことしやっていきたいなと思います。

――きのうの古田選手との試合を振り返って

いつも一緒にいて練習しているので、きのうの試合ではずっと僕が攻めて古田が守ってというかたちになったのですが、しっかり最後までラケットを振り抜けたのが良かったです。ファーストセットを取られていたら負けていたかもしれない試合で、ギリギリ勝ったので、もう一回当たった時にしっかり勝負できるようにまた頑張りたいなと思います。

――きょう対戦した千頭選手の怖いところはどこですか

僕らより試合がうまいというか、試合運びに長けています。相手の一歩先をいった展開をできているなと今大会見て思いますし、それが一番の彼の武器なんじゃないかなと。勝負勘というか、ポイントを取らなくてはいけないところと落としても大丈夫なところが分かっています。後輩ですがうまい選手がたくさんいるので見習ってやっていかなくてはなと思いました。

――きょうの試合を単複振り返っていただけますか

シングルスは1年生にあれだけ大差で負けてしまって悔しいのですが、ネガテイブになり過ぎずにベスト8には入れたので、ポジティブに今後も戦っていきたいです。ダブルスはまだ残っているので、あすもすごく勢いのある法大ペアですが、そこにしっかり勢いでも勝てるように準備していきたいと思います。

――ダブルスはセカンドセットでもっていかれそうになったものの巻き返しましたね

終わってしまったポイントは仕方ないので気にしないようにするのが大事なのですが、きょうみたいにほぼセカンドセットを取られたような流れになる前にどうすればいいか二人で話し合えました。あしたはしっかりやっていきたいと思います。

小林雅哉(スポ2=千葉・東京学館浦安)

――きょうのダブルスはどのような攻撃を考えて臨みましたか

攻めるというよりは自分たちのプレーをすることだけを考えていて、でもファーストセットは相手のやりたいようにやられてしまって自分たちのミスも出てしまった感じでした。セカンドセットからは自分たちの持ち味も出ていたのかなっていうのはあって、そこはしっかりと切り替えてできたのですが、ファイナルセットはやっぱりあちらの方が出だしから勢いがありました。自分たちはやっぱり出だしが悪いのかなというところがあって、きのうも何とか勝つことはできたのですがファーストセットを1-6で落としてしまって。これからリーグ(関東大学リーグ)に向けて、あとはもしかしたら来年も島袋(将、スポ2=三重・四日市工)と組める可能性もあるので、そうなったら出だしからしっかりできればいいのかなと思います。

――セカンドセットでは上手く切り替えられたとおっしゃっていましたが、セカンドセットに入る前には島袋選手とはどのようなお話をされましたか

相手のサービスからだったのでまずリターンを通すことを意識して、リターンを通せばチャンスがあることも分かっていたのでブレークすること。あとは自分たちのサービスゲームをしっかりキープすることを徹底して。ファーストセットは自分たちのファーストサーブの確率が低かったので、セカンドセットはそこの確率を上げることを意識して、そしたら意外とリターンミスをしてくれたり、リターンが浅くなってチャンスがきたりだとかもあったので、そこで上手くキープができたかなと思います。

――スーパータイブレークを振り返って、勝負を分けたポイントはどこだったと思いますか

1ポイント目から僕のリターンミスで始まって、島袋が何とか引っ張ってくれていた部分もあったのですが、3-4から3-5の場面で自分のチャンスボレーをミスしてしまって流れが相手にいってしまったかなというのはあります。スーパータイブレークの時は気持ち的に守りに入ってしまって、緊張もしていましたし、あまり思い切ってできなかったところが少し後悔があります。

――今大会全体を振り返って、収穫と課題はどういったものがありますか

シングルスでは先輩(三好健太副将、スポ4=埼玉・秀明英光)に負けてしまったのですが、(以前対戦した)去年のインカレインドア(全日本学生室内選手権)から比べて、目標であった『攻め』というテニスが良くなってきているのかなというのはあって。まだ締め切れないというのが分かって、シングルスでも5-3でマッチポイントがあったのですが、そんなにチャンスがない中で無駄なミスでポイントを落としてしまっているので、そこでもっと冷静にできるのかなと。ちょっとまだ焦りがあるので、そういったチャンスを1本で取れるようにしたいです。ダブルスではまだ動きが分かっていないところもあるので、もっと自信を持ってできればいいかなと思います。

――今月末に控えたユニバーシアードでの目標はありますか

ユニバーシアードに関しては緊張とかはあまりないので、ノンプレッシャーで思い切りできればいいかなと思います。

島袋将(スポ2=三重・四日市工)

――ここまでの単複をそれぞれ振り返ってみていかがですか

シングルスは全部ストレートで勝ってきているというのは、体力的にも一番いいのかなと思っています。調子自体もそんなに悪くないですし、暑いのですが試合時間はそんなに長くやっていないので、まだここから勝負できるなという感じです。ダブルスはきょう負けてしまったのですが、まだまだ自分のレベルの低さというのを痛感して、もうちょっと勝ちたかったなと思いました。

――体力面は大丈夫ということですね

そうですね。体力的には大丈夫です。でもここからは体力も大事ですけど気持ちの勝負かなと思っているので、気持ちで頑張ります。

――きょうのシングルスの相手は早慶対抗試合でも対戦した逸崎凱人選手(慶大)でした

何回か当たったことがあってお互い分かっている相手だったのですが、ファーストセットではこちらのペースでプレーできました。セカンドセットは向こうが追い上げてきたのですが、あまり引かずに最後まで自分のプレーができたのは良かったと思います。でもまだ単発のミスだったり修正できる点はあるので、あすは悪いプレーが出ないように心掛けていきたいです。

――あすは千頭昇平選手(スポ1=愛知・誉)との対戦となりますが

僕ちょうど2週間前くらいにやったんですよ。国体決めで当たって負けてしまったので、リベンジしたいです。プラス年下には負けたくないので、あしたは勝ちたいです。

――きょうも千頭選手はストレートで坂井勇仁選手(スポ3=大阪・清風)に勝っていましたね

順調に勝ち上がっていて一番乗ってると思うので、タフな一戦になるとは思うんですけど、気持ちで負けずに勝負したいなと思います。

――続いてダブルスについてですが、対談でも意識している選手とおっしゃっていた望月勇希選手(中大)との対戦でした

はい。やる前からめっちゃ楽しみで負けたくないという気持ちはあったのですが、最終的に負けてしまって悔しいですね。

――何か作戦などはあったのですか

やっぱり望月が何でもできるので、なるべくペアの大和田秀俊選手(中大)を狙っていこうと話し合いました。

――ではダブルスの試合を振り返っていかがですか

きのうから出だしが良くなくて、きょうもファーストが0-6というかたちで流れや雰囲気がとても悪い状態で始まってしまって。セカンドで追い上げることはできたのですが、やはりスーパータイブレークの出だしがどうしても悪かったので、出だしの部分が今回の敗因だったかなと思います。

――セカンドセットではどのように気持ちを切り替えましたか

やっぱり負けたくないっていう気持ちが出たのと、あとはファーストセットで全然かみ合わなくて自分たちのミスばかりだったのですが、セカンドセットから相手とも合い始めて、逆に自分たちもミスを少なくしていこうと話していたので、ミス少なくプレーできたし元気良くできました。

――出だしが課題ということですね

そうですね。出だしが課題です。

――最後にあすに向けて意気込みをお願いします

さっきも言ったのが、絶対に負けたくない相手なので、気持ちを前面に出して勝ちたいと思います。

髙村佑樹(スポ2=千葉・東京学館浦安)

――シングルスではここまでフルセットを戦うタフな試合が続きましたが、疲労なども含めて振り返っていかがですか

僕の初戦が岡垣光祐(法大)だったのですが、本当に体力的にきつくて、ファイナルセットでギリギリ勝ちました。これでやっていけるのかなと正直思って、その次も慶大の今村(昌倫)でファイナルにいって。先に相手が体力切れでミスが多くなって勝ったのですが、今村に勝ったくらいから逆に岡崎と競ったことで疲れに慣れたというか、いいプレーができるようになってきました。きのう齋藤さん(聖真、スポ3=神奈川・湘南工大付)とやったときは体力面では疲れというかプレーが戻ってきて、ファイナルにいけば逆に勝てるかなと。で、きょうを迎えて。疲れよりは、動けるなという風に感じました。

――いい感触で試合ができていると

そうですね、ここに入ったときは逆にあまり良くなくて、試合をやるたびに試合勘がすごく良くなってきています。

――きのうのダブルスの試合を振り返って

ファーストセットで僕らはすごくいいかたちでポイントが取れていたのですが、あと一本が取れなかったというか。最終的にファーストセットを取られてしまったのですが、セカンドセットに入る前に雨で中断して。セカンドの入りはすごく大事だなと盛り上げたのですが、盛り上げ切れなくて序盤でかなり差を広げられてしまいました。

――シングルスを振り返って

きのう町田さん(亮、スポ3=福岡・柳川)がやっていて、どんな戦い方かということは聞いていました。少しやりにくさはあったのですが、自分の良さを最終的に引き出すようにプレーできて良かったなと思います。

――次は三好副将との対決になります。以前の対談で4年生に勝ちたいとおっしゃっていましたね

三好さんとは小さい時、大学入る前からずっと練習してもらっていて、すごく強いなと思っていました。大学に入って自主練なども一緒にしていて、いい勝負をしてすごく楽しい試合になるのですが、最終的に勝てなくて。ここで負けてしまったら本当に、夏関(関東学生選手権)はあるのですがラストだと思うので、絶対に勝ちたいです。

田中優之介(スポ1=埼玉・秀明英光)

――きょうの試合は三好副将との同士打ちとなりましたが、どのようなプランで臨みましたか

ストロークがいい選手だということは分かっていたので自分から工夫していかなくてはな、というのはあったのですが、最終的には自分からミスするかたちになってしまってプラン通りにはいかなかったかなという風に思います。

――ファーストセットは長いラリー戦が続いていましたが、その中で意識していたことはありますか

ラリーを続けているうちに(チャンスが)こっちにきそうだなというのは分かっていたのですが、途中から疲れて返すので精一杯になってしまった面もあるので、頭で考えていたというよりは勝手に動いていた感じがありますね。

――疲れというのは、暑さの中での連戦が体力的に響いたということでしょうか

いや、僕はきのう、おとといがそんなに長い試合にはなってないので体力的には僕の方が有利かなと思ったのですが、1セット目、長くもつれたセットを落としたということで、僕が落ちて向こうが上がったという感じでしたかね。

――1セット目のタイブレークで勝ち切れなかった要因はどのように考えていらっしゃいますか

僕の中では(1セット目は)タイブレークというよりは、5-3の30-0も落として5-4も30-15も落として、というのが強いですね。そこで自分の中で気持ちが落ちた感じがあります。

――セカンドセットに入ってからは少しミスも増えてしまった印象でした

集中力が切れてしまって、精神的に弱かったです。

――ダブルスについても伺いたいのですが、ダブルスに関してはどのような目標を掲げていましたか

シングルスは春関(関東学生トーナメント)で上位に進出できていたので優勝を狙える立場にいたと思うのですが、ダブルスは1回戦で負けて予選からというかたちだったので、欲を言わず一戦一戦集中してやろうと思っていました。

――千頭選手とのコンビネーションは改めてどのように感じていらっしゃいますか

いい時はすごく良かったのですが悪い時にとことん弱くなっちゃうので、そこを改善していかなくてはいけないなというのはあります。本当に波に乗ればすごいのですが、乗れなかった時に「あれっ」という感じになるので、そういう時間帯をなくしていければもっといいダブルスができるかなと思いました。

――大会全体を振り返って、初めてのインカレの雰囲気はいかがでしたか

春関で見た時よりも4年生とかのインカレに懸ける思いの強さを感じたので、楽に勝てる試合も全然なくて、一戦一戦本当に集中していかないときついということが分かったので、今回学んだことを生かして来年はさらに上位を目指して頑張っていきたいと思います。

――インカレにおいて技術面で得た収穫や課題はありますか

技術面の課題は、(岐阜のコートは)球足が遅いので拾われてしまうのですが、相手の体勢が崩れた時に僕がボレーにいかないのでまた最初からラリーがやり直しになってしまって。そこで僕がボレーにいけたらもっと楽に取れるポイントが大会を通してずっとあったと思います。ボレーにいくタイミングとかもっと練習していかなくてはなと思いました。

――昨日までの試合でフォアのストロークは非常に効果的だと感じたのですが

そうですね。ストローク面では他の人と互角で戦えるっていうのは分かったので、やっぱりメンタル面であったりボレーやサーブの確率であったりを上げていかなきゃなと思います。

――最後に今後も試合が続きますが、意気込みや目標をお願いします

夏関はインカレのベスト8のうち7人が出場して、インカレと同等なレベルだと僕は思っているので、ここで勝てなかった分を夏関では晴らしたいなと思います。リーグ(関東学生リーグ)はワセダはベスト4が全員ワセダだったり、ベスト16にも10人いて本当に層が厚いので、リーグに出られるとも限っていないのですが、いつ出ても大丈夫なように準備していきたいと思います。