庭球部

2017.08.12

全日本学生選手権 8月11日 岐阜メモリアルセンター

強敵相手に苦戦・・・ベスト8入りは清水と細沼・上組のみ

 全日本大学選手権(インカレ)も5日目を迎えた。女子シングルス4回戦には早大から清水映里(スポ1=埼玉・山村学園)が出場。2回戦と同様フルセットを制した。一方女子ダブルス3回戦には5組が出場し、細沼千紗女子主将(スポ4=東京・富士見丘)・上唯希(スポ3=兵庫・園田学園)組のみが4回戦に勝ち進んだ。

 清水は3回戦で上を下した加藤慧(日大)と対戦。序盤は清水のペースで試合が進んだ。立ち上がりからほとんどポイントを取られず、勢いに乗ったまま6-3でファーストセットを取る。しかし、清水が「相手が上がってきたのに対して焦ってしまった。結局何回かの好機を取り切れなかった」と言うように、セカンドセットは良い流れを継続できないまま相手に献上。それでも、気持ちをリセットさせて6-2でファイナルセットを取り、4回戦を突破した。

早大の名を背負い戦う清水

 ダブルスで最初に登場したのは関東学生トーナメント(春関)女王の大矢希(スポ3=愛知・名古屋経大高蔵)・清水組。春関で細沼・上組を下した筑波大のペアとの対戦となった。立ち上がりから相手にペースをつかまれてファーストセットを落とすと、そのままセカンドセットへ。序盤こそ勢いに乗るが、自分たちの簡単なミスも響いて徐々に崩され始める。力を出し切れないまま3回戦進出を逃した。4時間にも及ぶ大接戦を繰り広げたのは剱持梓(社2=東京・早実)・森川菜花(社2=山口・野田学園)組。ファースト、セカンドセット共にタイブレークまで持ち越したのちに勝負はファイナルスーパータイブレークへ。最終的に敗れたものの、「良い経験ができた」(森川)と収穫もあった。廣川真由(社3=埼玉・浦和学院)・大河真由(スポ2=千葉・秀明八千代)組は森崎可南子・米原実令組(筑波大)相手にファーストセットでは2-6と引き離されるが、セカンドセットで善戦。しかし、最後は5-7と、あと一歩のところでファイナルへ持ち込むことはできなかった。また同士打ちの細沼・上組と金井綾香(社4=東京・早実)・下地奈緒(社1=沖縄尚学)組の対戦では細沼・上組が意地を見せ、早大勢で唯一ベスト8に駒を進めることとなった。

森崎・米原組に善戦した廣川(右)・大河組

 早大勢で本戦6日目に残ったのはシングルスで清水、ダブルスで細沼・上組のみとなった。これまで以上にレベルの高い試合が予想される上、真夏の長い大会期間の中で、選手たちの疲労はピークに達する頃だろう。この正念場をどう乗り切るのだろうか、女王・早大の意地を見せて欲しい。

(記事 矢野聖太郎、熊木玲佳、写真 田中佑茉)

結果

▽女子

シングルス4回戦

○清水映里6-3、3-6、6-2加藤慧(日大)

ダブルス3回戦

●廣川真由・大河真由2-6、5-7森崎可南子・米原実令(筑波大)

●剱持梓・森川菜花6(7)-7、7-6(1)、1-10小池颯紀・渡邊はるか(園田女大)

●大矢希・清水映里2-6、4-6牛島里咲・並木友花(筑波大)

○細沼千紗・上唯希6-1、6-4金井綾香・下地奈緒

関連特集

インカレ直前特集『Let Waseda Reign Again』/全日本学生選手権

関連記事

第1シード上も敗戦、ダブルスは上位進出なるか/全日本学生選手権(08/11)

第2シード細沼が陥落、女子は4人が勝ち残る/全日本学生選手権(08/09)

熱戦続くインカレ、女子シングルスもスタート/全日本学生選手権(08/08)

コメント

廣川真由(社3=埼玉・浦和学院)・大河真由(スポ2=千葉・秀明八千代)

――筑波大の森崎可南子・米原実令組との対戦となりました。どのような気持ちで臨みましたか

廣川第1シードで強い相手だったので、いつも以上に声出してチャレンジャー精神で思い切っていければいいねと話していました。

――実際に振り返っていかがでしたか

大河最初に私が固くなってしまって、あまり良いプレーができなかったのですけど、セカンドセットからは持ち直して、全体的には楽しめたと思います。

――相手を追い詰めたことに関してはどう思いますか

廣川もう少しいけたかなと思っていて、5ー5になった時に私のサーブでキープできれば6ー5で、もし相手のサーブをキープされてもタイブレークになるので、タイブレークやファイナルスーパータイブレークに持っていければこっちの応援もあったので押し切れたような気がして悔しいです。

――そこまで追い詰められた要因は何ですか

大河日々の積み重ねですね。廣川さんとは春関(関東学生トーナメント)以降正式に組ませて頂いて、試合を重ねるたびに経験を積めています。

廣川練習よりも試合で経験を積めたのが良かったと思います。

大河廣川さんがアドバイスくれて引っ張ってくれます。本当にやりやすかったしありがたかったです。

――試合中も鼓舞してくれることはよくあるのですか

大河あります、あります。私は試合中に下がってしまうので。

廣川試合中に怖がってどんどん引けてくるので、もっと前にと言っています。森崎(可南子、筑波大)のストロークがすごく良いので真ん中にきて危なくなって怖いというのがあるんだと思います。

――相手のどんなプレーに苦しめられましたか

廣川森崎のストロークが良くて、甘くなったところを米原(実令、筑波大)さんが出るというパターンが確立されていて、その時間帯は苦しいですね。ストロークで戦っても無理なのでもっと前に上がってプレッシャーかけられたらもう少しがチャンスあったと思います。

大河ラリーになるとダメなのでもっとショートポイントで取れたらよかったかと思います

――夏関(関東学生選手権)、リーグ(関東大学リーグ)への意気込みをお願いします

廣川ペアは今回と違うけどダブルスだけなので上位目指して頑張ります。

大河私は夏関はシングルスだけなのですが、今回得るものがあったのでそれを生かしてこれから戦っていきたいです。

剱持梓(社2=東京・早実)・森川菜花(社2=山口・野田学園)

――1セット目は接戦の末落としてしまいましたが、振り返っていかがですか

森川 ゲームはずっとリードされていたのですが、追いついてその次のゲームが取れなくて、3-2とか4-3に逆転できなかったというのがちょっと弱気というか、自分たちからポイントを取りにいくことができてなかったと思います。攻める時は攻めるとかをもうちょっと2人で話し合って、最良の選択をするべきだったかなと思いました。

剱持 今森川が言っていたみたいに、まだ思い切りいくとかそういうレベルの話しか試合中にできていなくて。だからこういう時は思い切りいくとか、そういうのはもう当たり前にして、その先の例えば戦術とかまで考えられるようにならないといけないと思います。大事なところでは思い切りいくだけでは取れないポイントとかも、もちろんレベルが高くなるにつれてあると思うので、もうちょっと頭を使ったダブルスができればひと回りもふた回りも強くなれると思います。それだけではないと思うんですけど、そこがファーストセットではまだ足りないところだったかなと思います。

――逆に2セット目は接戦をものにしましたね

森川 私が後ろでつくって剱持が前で決めるというプレーがたぶん一番ポイントを取る回数が多いのですが、セカンドセットはそれが多かったので、流れを自分たちでつくっていけて良かったかなと思います。

剱持 ファーストもタイブレークで落として、セカンドセットでまたタイブレークになったので、1回やっている分同じような心持ちではやっちゃだめだなっていうのが分かっていて。そこはいい意味で考えすぎずにタイブレークに入れました。そこはある意味ファーストを生かしてセカンドセットにつなげられたかなと思っています。最初結構リードして5-1とかでできたので、やっぱり最初に点差をつけられたのがよかったのかなと思います。

――スーパータイブレークに入る前にはどんなことを話し合いましたか

森川 スーパータイブレークは春関(関東学生トーナメント)からやっていて勝てることが多かったので、そんなに嫌な感じではなかったのですが、最初の3ポイントを自分たちのミスなどで取られて、相手に完全に流れを持っていかれたなということは終わってみて感じています。やっぱりサーブリターンの精度をもう酢k添い上げていかないとその流れを変えられないと思ったので、練習します。

剱持 スーパータイブレークはどっちにもチャンスがあるじゃないですか、流れだったりで。だからそこは王道じゃなくてもっと邪道なダブルスをしたいです。森川とかも片手でスライスを打ったり、ボレーで前に上がったりも結構できるので。普通の女子のダブルスならどこでもできるから読まれちゃうので、邪道な感じでもっとできれば相手も対応できないと思うので、そこはもうちょっとギアを上げる練習もしないとなと思っています。男子ダブルスに近いようなダブルスをやりたいなと思っていて、それをスーパータイブレークでも精度良くできればいけちゃう(笑)?

森川 いけちゃう。

剱持 いけちゃうと思います(笑)。

――敗因は何だったと思いますか

剱持 私のファーストのタイブレークのリターンミスです。セットポイントの。

森川 まあまあ。そんなね、いっぱいありますけど、何だろうね。

剱持 すごく長いゲームがいっぱいあって、全部で4時間ぐらい試合してたんですけど、頑張って森川がフォアサイドでアドバンテージとってくれて、また戻ってまたアドバンテージっていうのが多かったです。そこを1本で取り切るっていうのを練習でも意識していて、ゲームポイントきたら1本で1本でっていつも2人で言ってやっているのですが、もっと確実にものにできるプレーができないといけないなと思いました。そこの長いゲームを取れなかったのが何ゲームもあったので。

森川 アドサイドの展開というか、そこをやっぱり1本で取り切るというのが大事かなと思います。

剱持 イーブンでジュースジュースというのが多くて、イーブンだと森川が結構思い切ってやってくれるので、それをアドバンテージがこっちのところでもっと思い切って打てればいいのかなと思います。

――今回のインカレはご自身にとってどのような大会になりましたか

森川 悔しいのが大半なのですが、きょう試合4時間やって4時間楽しかったです。タイブレーク、タイブレーク、スーパータイブレークとかめったにない試合なので(笑)。

剱持 私初めてです(笑)。

森川 なので思い出になったし、良い経験ができたなっていう感じですね。

剱持 私は去年は先輩と組んだのですが、同期で組んで出るインカレは初めてだったので、いい意味で楽でした。けっこうプライベートではふざけてるんですけど、そういう感じが試合でも気持ち的にストレスなくできるっていうのがすごく良くて。去年も16で負けちゃって超えるのが目標だったのでそれはできなかったんですけど、去年の負け方よりはすごくいろいろ試せたし、試合も自信持ってできたので、同じベスト16でも去年とは全然内容の違う試合になって収穫だったかなと思います。楽しかったです、負けちゃったけどね。

――今度の夏関(関東学生選手権)でもお二人はペアを組むと思いますが、それに向けて意気込みをお願いします

森川 夏関では優勝したいです。夏関も1試合1試合楽しみます。そしたら結果はついてくると思うので、目の前の1試合1試合をね。

剱持 そうだね。森川とのダブルスもけっこうもう春関から何回も勝てているので、その分いっぱい試合の経験もできてて、やってるうちにけっこう良くなってる感覚があるので目標は優勝です。手応えがあるので、負けちゃったからって自信を失わないで、夏関は決勝でワセダが当たっちゃうかもしれないですけど、優勝目指します。

清水映里(スポ1=埼玉・山村学園)

――シングルスを振り返っていかがですか

高校2年生の総体で負けている相手だったので、チャレンジャーの気持ちでいきました。ファーストセットは立ち上がりもとても良くて、完ぺきくらいの感じでセットを取ったのですが、セカンドセットで相手が上がってきたのに対して焦ってしまった部分があって結局何回かの好機を取り切れなくて。ファイナルは着替えにいったりでリセットして取り切れたので良かったかなと思います。

――上唯希選手(スポ3=兵庫・園田学園)を下した相手でした

本当は上さんとやりたかったので、絶対に勝ちたいと思っていました。

――ダブルスに関してはいかがですか

立ち上がりに私のサービスゲームで簡単なミスで落としてしまって、そこで流れが向こうにいってしまって。ファーストセットは0-4までいってしまったところから追いつけず落として、セカンドセットも流れを変えて2-0くらいまでいけたのですが、流れを完全にこちらに持っていくことができず、簡単なミスもしてしまってもったいないというか、力が出し切れなかった感じです。

――流れを変えられない傾向がありますか

そうですね、それが課題です。良い時はもっと良くと思い過ぎてしまって、いき過ぎてしまいます。そこで攻めつつも一回落ち着けるようになりたいです。

――きょう全体を通して反省はありますか

1回戦は緊張もあり負けてしまいそうな感じでしたが、それに比べると試合を重ねるごとに良くなってきているかなと思います。