野球部

2017.08.11

夏季オープン戦 8月11日 安部球場

主力が躍動 投打がかみ合い快勝!/神戸学院大戦

TEAM
神戸学院大
早 大 x
(早)○松本、奈須、今西-中林
◇(三塁打)三倉(二塁打)八木、尾崎

 ここまで2勝1分で迎えた夏季オープン戦第4戦、この日は神戸学院大との一戦となった。初回に先制を許したものの、2回に八木健太郎(スポ4=東京・早実)の適時打を含む4連打で3点を奪い逆転に成功。4回にも2点を追加し、合計5得点を挙げた。投げては先発・松本皓(教2=東京・早実)が7回途中2失点の力投を見せると、後を受けた投手が無失点リレー。投打がかみ合い快勝を収めた。

 先発のマウンドを託された松本は初回にいきなり1死一、三塁のピンチを招くと犠飛で先制を許す。その後は走者を背負いながらも、力のある直球とキレのあるスライダーを駆使し、スコアボードに『0』を刻んでゆく。6回には1死から四球と安打で一、二塁とされるものの、ここは一直併殺で切り抜ける。しかし続く7回、初球の甘く入った直球を弾き返され、左越え本塁打を浴びると、その後2死から左中間に三塁打を浴びたところで降板。7回途中2失点と粘りの投球を見せ、先発の役割を十分に果たした。後を任された2番手・奈須怜斗(社4=宮崎・延岡学園)が右飛で後続を断ち切ると、続く8回もピンチを招きながらも無失点に抑える。最終回は3番手・今西拓弥(スポ1=広島・広陵)が持ち前の速球に緩急を交えた投球で2奪三振、三者凡退で締めた。

1軍では初先発となった松本が試合をつくった

 勝負どころでの『あと一打』が課題の早大打線。この日はその打線がつながりを見せた。1点を追う2回、2死から敵失も絡み一、三塁の好機をつくると1番・八木が左中間に適時二塁打を放ち同点とする。その後も2番・山岡仁実(スポ3=東京・早実)、3番・三倉進(スポ4=愛知・東邦)の連続適時打で3点を奪い、逆転に成功した。4回には八木がこの日2本目となる安打で出塁すると、2死から3番・三倉がこの打席でも甘い直球をたたき、右越え適時三塁打を放つ。さらに続く主砲の4番・加藤雅樹(社2=東京・早実)も左前適時打で続き、この回2点を追加。神戸学院大を突き放した。

この日3安打の八木。打点、得点ともに挙げ1番打者として機能した

 持ち前の粘りから好機を演出し、東京六大学秋季リーグ戦(秋季リーグ戦)でも主力となることが予想される選手たちが勝負どころで仕事を果たした。守りの面では、早大の将来を担うことが期待される松本、今西が好投。『守り勝つ野球』を目指す早大にとっては収穫の多い一戦であったといえよう。強みである守りに、東京六大学春季リーグ戦(春季リーグ戦)で課題であった『あと一打』がこの日の試合のように出るようになれば、秋の優勝も見えてくるだろう。

(記事 林大貴、写真 中野泰成、小松純也、三浦彩由香)

関連記事

序盤波に乗れずも中盤に逆転/天理大戦(08/10)

好機つくるも勝負を決め切れず/駒大戦(08/03)

4投手による完封リレーで守り勝つ/明治安田生命戦(08/02)