庭球部

2017.08.11

全日本学生選手権 8月10日 岐阜メモリアルセンター

第1シードの上も敗北、ダブルスは上位進出なるか

 蒸し暑い中行われた大会4日目。女子シングルスは3回戦、ダブルスは2回戦が行われた。女子シングルスは4人が出場し、上唯希(スポ3=兵庫・園田学園)を含む3人の選手が敗退するという波乱の展開に。一方ダブルスでは出場した6組中4組が3回戦へと駒を進めた。

 第1シードの上が3回戦にして姿を消した。上は接戦となったファーストセットから相手のペースに引っ張られ、ゲームカウント3-3で5回にも及ぶジュースをものにできず、このゲームを落としてしまう。その後も立て直すことができず、一気に3-6でファーストセットを失った。セカンドセットでは2ゲームを連取し流れが変わったかと思われたが、相手の強いストロークに揺さぶられ徐々に相手ペースに。結果的に4-5で相手のマッチポイントを迎えてしまった。「ここで負けるわけにはいかない」と奮起した上は何とかピンチをしのぎ切り、7-5でファイナルセットにつなぐ。しかし、ファイナルセットは余裕のなさから打ち急いでしまう場面が多くなった。結局、主導権を握れないまま試合終了。2回戦の細沼千紗(スポ4=東京・富士見丘)に続き、シード勢の早過ぎる敗戦であった。また、大矢希(スポ3=愛知・名古屋経大高蔵)もファイナルセットまでもつれ込むシーソーゲームをものにできず。「ことしは学生大会で一番結果を残せるチャンスがあった」と調子が良かっただけに悔しい敗戦となった。金井綾香(社4=東京・早実)はファーストセットから相手の一方的な展開に苦しむ。最初のキープ以降、6ゲームを連取されセカンドセットへ。セカンドセットこそ粘りを見せたものの3-6で敗北したが、「最後のポイントまで諦めずにやったので、そこに対して悔いは残っていない」と振り返った。その中でも、清水映里(スポ1=埼玉・山村学園)は6-3、6-3と実力を遺憾なく発揮し勝利している。

上にとっては早過ぎる敗戦となった

 一方で、ダブルスは接戦をものにできたペアもあり、順調な勝ち上がりを見せている。廣川真由(社3=埼玉・浦和学院)・大河真由(スポ2=千葉・秀明八千代)組はファーストセットこそ大事な場面でのジュースを取り切れず2-6で落としたが、セカンドセットでは第2ゲームのジュースをものにすると流れに乗り6-1でスーパータイブレークに持ち込む。勢いそのままに10-4で勝利した。関東学生トーナメント(春関)でベスト4の剱持梓(社2=東京・早実)・森川菜花(社2=山口・野田学園)組もファーストセットは落としてしまったが、剱持のボレーが次々と決まり6-1でセカンドセットを奪取。スーパータイブレークも10-2と勝ち切ることができた。また、シングルスで負けてしまった細沼・上組、金井・下地奈緒(社1=沖縄尚学)組、大矢・清水組もしっかりと3回戦進出を決めた。山添絵理(人4=千葉・渋谷教育幕張)・辻紘子(教3=東京・早実)組は3-6、4-6で2回戦敗退となった。

今大会で3度目のペアリングとなった山添・辻(右)組

 「勝ちたいというより勝たなければいけないという思いが強かった」(上)、「自分では緊張していないと思っていても、体は緊張していた」(細沼)と言うように、日本一の庭球部を背負うことは計り知れないプレッシャーがあったのであろう。シングルスで早大勢のシードダウンが相次いだ今、覇権を示すにはダブルスでの奮起が不可欠だ。大きなプレッシャーに打ち勝ち、学生ナンバーワンの座につけるのか。これからの戦いに期待したい。

(記事 平松史帆、写真 佐々木一款、熊木玲佳)

結果

▽女子

シングルス3回戦

●金井綾香2-6、3-6高橋未来(立大)

●上唯希3-6、7-5、3-6加藤慧(日大)

●大矢希6-3、4-6、4-6城間安実(慶大)

○清水映里6-3、6-3高橋玲奈(亜大)

ダブルス2回戦

○細沼千紗・上唯希6-1、6-4木村優布子・田中虹河(園田学園女大)

●山添絵里・辻紘子3-6、4-6緑川由紀子・西里夏子(山梨学院大)

○金井綾香・下地奈緒6-1、6-3橘梨子・加藤慧(日大)

○大矢希・清水映里6-0、6-2佐野結花・鈴木麻緒(中京大)

○廣川真由・大河真由2-6、6-1、10-4宮田みほ・竹本琴乃(明大)

○剱持梓・森川菜花4-6、6-2、10-2川瀬瞳・太田千晶(中京大)

関連特集

インカレ直前特集『Let Waseda Reign Again』/全日本学生選手権

関連記事

第2シード細沼が陥落、女子は4人が勝ち残る/全日本学生選手権(08/09)

熱戦続くインカレ、女子シングルスもスタート/全日本学生選手権(08/08)

インカレ開幕!女子ダブルスは順調に勝ち上がる/全日本学生選手権(08/07)

コメント

金井綾香(社4=東京・早実)

――まずシングルスについてですが、昨日の試合を受けてどのような準備をして臨みましたか

昨日の試合は相手に助けられたというか、自分のいいところを出せなかったなというのが率直な感想で、きょうは昨日よりいいプレーをしようと思ってやることを整理して試合に入りました。

――ファーストセットは第1ゲームをキープした後苦しい展開となりましたが、振り返ってみていかがですか

初対戦の相手で、相手の球筋やプレースタイルがイメージできていなくて、思った以上にボールが速かったです。本当に相手がいいプレーをしてきて何もさせてくれなかったなという感じです。

――その感触はセカンドセットに入ってからは変わりましたか

セカンドセットは0-3でスタートしたのですが、ファーストセットを取られて切り替えるしかなかったので目の前の一本をやり切るということだけでした。最後の1ポイントまで諦めずにやっていって、その中でファーストセットよりはラリーとかもできていたのですが、相手の方がいいテニスをしていたなと思います。

――次のダブルスの試合まではどのように切り替えましたか

(シングルスでは)最後のポイントまで諦めずにやったので、そこに対しては悔いは残っていませんでした。ダブルスはペアもいるものですし、最後のインカレになってしまうので落ち込んでいる暇があったら切り替えて準備してダブルスを頑張ろうという気持ちでした。

――ペアの下地奈緒選手(社1=沖縄尚学)とは試合前にはどのような話をしましたか

下地もシングルスで負けていたので「ダブルスしかないよね、頑張ろう」という話をしました。

――ダブルスは終始リードした展開でしたが、良かった点はありますか

相手は2人ともシングルスで勝ち残っていて油断できない相手だったので、うまくいった点としては自分たちの良さを2人で引き出せたかなと。私が後ろで打って下地がポーチに出るというかたちがうまくできていました。

――下地選手はきのうの試合後に「金井さんとのペアは心が通じ合っている感じがする」とおっしゃっていましたが、金井選手は下地選手とのコンビネーションはどのように感じていますか

本当に楽しくやっていて、ちょっと性格も似ているのかなというところがあって。お互い末っ子で負けず嫌いだけど甘えん坊みたいな(笑)。性格的にも気が合うのですごくやりやすいです。

――最後に次の試合への意気込みをお願いします

次回は同士打ちになってしまうのですが、結果よりは楽しんでやることを考えて、自分のテニスを出し切ってそれに結果がついてくればいいなと思います。

上唯希(スポ3=兵庫・園田学園)

――きのうから引き続きの試合でしたがどのように臨まれましたか

 トーナメントなので勝てば次があるということで、先はあまり考えずに一戦一戦挑んだつもりでした。

――ジュースが続いていた展開でしたがファーストセットを振り返っていかがですか

 3-3のときの長いジュースを落としてしまって、気持ちが切れてしまって3-6までいってしまいました。長いジュースで勝負をかけて、攻めるところと攻めないところを考えてラリーすることで、やりたいこととしていることがかみ合っていなくて、ファーストはうまくいかなかった感じです。

――セカンドセットに向けて気持ちの切り替えなどは

 ファーストセットを落としても負けたわけじゃないので、気持ちの面では落ちていなかったのですが、相手がストロークの強い選手でストロークで勝負してしまっていたのでそこで3-5、4-5となり相手のマッチポイントになりました。そこから、ここで負けることわけにはいかないと奮起して7-5でセットは取ったのですが、納得のいくプレーはできていなくて。自分の中で何でゲームを落として、何でゲームを取れたのかが分かった状態でプレーはできていなかったと思います。

――ファイナルセットはいかがですか

 ファイナルは2-0になってそこから相手を突き放さなければいけないところを2-1、2-3となってしまって。もっとギアを上げなければいけないところを分かってはいたつもりだったんですけど、打ち急いだりして。実際にできていなかったことが気持ちの面でも弱さが出たのがきょうの試合だったのかなと思います。

――前の対談で体力的にシングルコートを守り切れないとおっしゃっていたんですけどそちらはいかがでいたか

 自分から打っていく分には大丈夫なんですけど、相手に先手を取られてから逆襲ということが課題でした。きょうはボールが重かったわけじゃないので返すことはできなかったので、ただストローク戦にもっていっただけで逆襲できなくて。そこからネット戦にもっていくことが理想だったのですが、それもできずにただ相手のやりたいようにしていただけだったのかなと思います。試合中に気づいていたのにできなくて。

――一戦一戦勝っていくとおっしゃっていましたが、やはり第1シードということで、プレッシャーはありませんでしたか

  感じないようにはしていたんですけど。勝ちたいというより勝たなければいけないという思いが強くて。プレーにも出てしまったと思います。

――シングルスは負けてしまいましたが、ダブルスの試合が残っていました。切り替えなどはできていましたか

 シングルスは第1シードということで気負わなくしようとしていても気負ってしまっていて、自分のテニスができなくて。ダブルスは周りから連覇ということはあったんですけど、シングルスでは自分のテニスができなくなっていたので、ダブルスでは予選からということで、予選からのチャレンジャーなんだという気持ちでいました。ダブルスはそういう面でもシングルスとは違い、自分たちのテニスができたと思います。

――試合が始まる前にペアの細沼千紗選手(スポ4=東京・富士見丘)から何かお話などはされましたか

 細沼さんもシングルスは負けてしまっていて私も負けていたので切り替えて、私たちはダブラーだと。ダブルスに専念できるとプラスに考えて、ダブルスしかないのでうまくプラスには捉えられていると思います。

――ダブルスの試合内容はいかがでしたか

 ファーストセットはいいかたちで終えることができました。セカンドセットは私のサーブから始まったのですが、ダブルフォルトを2本してしまって、そこから0-1とブレークされて、キープされて0-2となってしまって。ファーストセットのままテニスができればセカンドセットも本当はスムーズに勝てる相手だったと思うのでそこは気が緩むというか、ミスを連発してしまったので。そこがきょうのダブルスでの課題だったと思います。

――体力面ではいかがでしたか

 予選からではありましたが雨とかで試合が伸びて1日おきとかだったのできょうは動けていたのですが、あした以降はきょうのシングルスの試合の疲れが体にきていると思うのでしっかりケアして万全な状態で挑みたいなと思います。

大矢希(スポ3=愛知・名古屋経大高蔵)

――どういった意気込みでインカレに臨みましたか

シングルスはもっと攻撃的なプレーをしたいと思っていて、清水(映里、スポ1=埼玉・山村学園)みたいなプレー理想としているのですが、その理想に近づこう近づこうと思ってきました。その中できょうは自分が今できることと自分のやろうとしていることがマッチしていなくて、そこを相手に突かれてしまったと思います。

――きょうの試合について伺います。ファーストセットは6-3で奪いましたが、セカンドセットはその勢いを続けることはできませんでした。どう振り返りますか

ファーストセットは緊張が解けなくて、セカンドセットはその緊張も解けてファーストセットでは入っていなかったショットも入るようになったのですが、相手もミスが減ってきて簡単にポイントは取れませんでした。ファーストセットの勢いのままいければよかったのですが、相手も調子を上げてきて自分のボールに対応してきて、セカンドセットで締めるべき試合だったのですが、そこで波に乗れなかったですね。

――セカンドセットはゲームの流れがいったりきたりの展開でした

4-3までは相手のミスでポイントを取れていたのですが、そこのリターンゲームで自分が簡単なリターンミスを2本続けてしてしまって、そこが流れを手放してしまったポイントだったかなと思います。

――ファイナルセット途中では過呼吸になってしまう場面も見られました

ファイナルセットが始まったときから気持ち悪いなとは思っていて、だんだんうまく呼吸することもできなくて、2-5くらいの時に過呼吸になってしまいました。ぼーっとしていてあまり覚えていないのですが、とにかくそこを乗り切ろうという気持ちだけでプレーしていました。相手もひるんでいたというか、このままいけると思ったのか変に(ボールを)入れにいったり無理に決めにいったりしてミスをしていたので、そこで負けてしまったのは残念です。

――試合後涙を流していたと思います。やはり悔しさは大きかったですか

最近シングルスでも結果が出てきて、ことしは一番学生大会で結果を残せるチャンスだったと思うので、残念な気持ちはすごくあります。

――シングルスからダブルスへどのように切り替えたのでしょうか

コーチ陣の方からも、終わったことはもう仕方がないから切り替えて、と言われて、もうシングルスのことは忘れようと思って臨みました。コートに立てば目の前のポイントだけを見て、(シングルスのことは)思い出さないように頑張りました。

――関東学生トーナメント(春関)の優勝ペアとして周りからの注目も高いと思いますが、意識はしますか

あまり意識はしてないですね。清水も初めてのインカレですし、わたしもダブルスではこれまで結果を残せていないので、チャレンジャー精神で、誰と当たっても自分らしさを出せるように頑張ろうと思っています。

――きょう試合を振り返って

相手は昔からよく知っている選手で、大学になってからは初めて当たったのですが、あまり研究されていない分、自分たちのプレーをさせてもらえたと思います。

――ダブルスの次戦以降の意気込みをお願いします

チャレンジャー精神で、一戦一戦清水と勝ち上がっていきたいです。相手は筑波大の強敵なので自分たちの良いプレーを見せられるように頑張りたいです。清水はシングルスでも残っているので勝ち上がってもらいたいですし、ダブルスでは私が引っ張っていきたいと思います。

大河真由(スポ2=埼玉・秀明英光)

――昨日のシングルスの試合を簡単に振り返ってください

ファーストセットを簡単に落としてしまって、セカンドセット切り替えてファイナルにいい流れをつくれたんですけど、そこで勝ち切れなかったので課題の残る試合だったと思います。

――セカンドセットで持ち直したポイントはどこでしょうか

相手のゆっくりなペースに合わせてしまっていたので、自分から攻撃していくようにしました。

――最終セットで4-1から5ゲーム落としてしまいましたが、その場面の振り返りをお願いします

4-1で大きくリードして油断したわけではないんですけど、逆に少し固くなってしまって自分からのミスが増えてしまったのかなという感じです。もちろん相手もファイトしてきましたし、仕方のない部分もあったとは思うのですが、もう少しできたこともあったのかなと思います。

――きょうのダブルスに関して、ファーストセットではジュースまでもつれて取り切れない場面が目立ちましたがご自身で振り返っていかがでしたか

ジュースがなかなか取り切れないうちにファーストさらっといっちゃって。相手の方が大事な場面でセンターアタックしてきたりして先に仕掛けてきて、流れを取り切れないという感じだったのでそんなに気にはしていなかったです。

――セカンドセットの第2ゲームを粘って取ってから流れが変わりましたね

あそこは大きかったですね。ファーストセットはそこを取れなかったのかな。セカンドセットでそこを取れたのは、マッチゲームといっても過言ではないかなと思っています。特にリターンゲームだったのですが、やることをやれたゲームだったかなと思います。

――ファイナルセットに入る前にペアの廣川真由選手(社3=埼玉・浦和学院)とはどんなお話をされていたのですか

セカンドをいいかたちで取れて、ファイナルもその流れでやるだけだな、となって、もう一度ファースト、セカンドを振り返って、あとは楽しむだけだねとなったのですごく良い入りだったと思います。

――スーパータイブレークを勝ち切ったファイナルセットを振り返ってください

「やるしかない、出だし集中、自分たちから」と言っていて3ポイントぽぽーんとうまくいって、あとは気持ちと声で勝とうと思っていたので、真由さんと一緒に声出して元気出していけて良かったと思います。

――ガッツポーズもたくさん出ていましたね

ファイナルセットのスーパータイブレークでリードはしていたのですが、きのう逆転されてしまったこともあって消極的ではないですけど、固くなってしまった部分があって、そこをしっかり廣川さんが引っ張ってくださったのでありがたかったです。

――ここまで勝ち上がってきましたが、ここから先の目標を教えてください

一応私たちのペアは予選から上がってきているので、どんな相手と当たっても挑戦者の気持ちを忘れずに自分たちのいいプレーをやるだけだと思っています。その中で勝ちにこだわって頑張りたいと思います。

剱持梓(社2=東京・早実)

――インカレではきょうが初めての試合でしたが、待ち疲れなどありませんでしたか

 結構ありました。一昨日、森川(菜花、社2=山口・野田学園)とかシングルスの試合の応援があって。いろんな人の試合を見ている分、いろんないいイメージもあったのですが、練習もそんなにできていなくていいイメージがありながらも自分のテニスがあまりできていなかったので、実際に自分のテニスができるのかというのは不安があって。きのう入ったとしたら遅い時間に入っていたと思うので、それこそ待ち疲れでもっときつかったというのはあります。きょうは3周り目に入れたので疲れもなく体もいい感じにつくれて入れたのは良かったのかなと思います。

――ファーストセットを振り返っていかがですか

 私が初戦ということもあり、正直このコートでの練習が空き日の30分くらいしかなくてあまり分からない状態で入ったので、ファーストセットは地に足がついてないというか、ふわふわとした感じでした。相手のミスを待ってポイントを取る、ということが多くなってしまって、自分たちから動けていなかったです。40-15、40-0の時にポイントを一本取らなければというところで自信を持って出られていなかったというところで、ふわふわした状態で終わってしまったというのがファーストセットですね。

――ファーストセットの最後の方もふわふわしていて取り切れなかった部分が大きいということでしょうか

 もうひとつ何か思いっ切り一発でいいからストレートをぶつけるとかなにかあればよかったという感じでした。全体的にそうでした。

――セカンドセットで切り替えはできましたか

大矢さんとか清水とか今村(南、社2=大阪・城南学園)も途中から来てくれて、その辺から元気がないと言われて。いつも通り楽しんでと言われたことをきっかけに、0-1から6-1まで取れました。飲み込まれていた部分があったので、何も気にする必要はないと思って意識的に体も結構乗ってきたので、それがいいプレーにつながったということもありました。周りの応援に助けられたという感じですね。それで体の緊張も取れたのかなという感じです。ファーストセットでは中途半端なプレーが多かったのですが、セカンドはそれがあまりなくできたのはいいことだなと思います。4-1まで離せてからは結構楽にできたのかなと思います。

――ファイナルセットの前でとても楽しそうだったのですが何をされていたのですか

 森川が素振りを始めて(笑)。そこからエアテニスが始まって、イメージをつくっていました(笑)。トイレットブレークを取られて、座っていたので足が止まったままいるのは良くないというということで、立っていました。普通に素振りをしている人もいると思うのですが、そこは楽しく乗れるかなということでやっていました。

――ファイナルセットは勢いもありました

  最初0-2になってしまったのは固くなり過ぎたというのもあります。取りたい気持ちもあって、最初から無茶をするのも良くないと思って、相手も思い切りきたのでそこから切り替えました。その後はボレーで得点したのですが、周りからも、私が動くと目障りと言われていて、動くしかなくて。意外にプレッシャーもなくできて、離してからは楽にできました。あとは変なミスがなかったです。

――明日に向けてお願いします

 相手が関西で優勝していますが、私たちはノンプレッシャーでできるので、去年ベスト16で負けてしまったので、ここで勝って越えたいというのはあります。

山添絵里副将(人4=千葉・渋谷教育幕張)・辻紘子(教3=東京・早実)

――ダブルスとしては関東学生新進選手権(新進)、春関と悔しい思いをしてきました。どのような思いで今大会を迎えましたか

山添 ペアとしては3大会目になって、これまでいい結果が出せてきていなかったのですが、インカレに向けて二人でお互いの良さを出せるように話し合って一つでも多く勝てるようにと思っていたのですが・・・。チャンスがありながら負けてしまってすごく悔しいです。

 山添さんの言っていた通り何大会も組ませていただいたのですが、新進だとシードをいただきながら1、2回戦で負けてしまって不甲斐なかったので、今回こそはと思っていました。山添さんは4年生で最後のインカレだったので、それも含めて上を目指していましたが、不甲斐ない負けだったなと思います。

――きょうの緑川由紀子・西里夏子組(山学大)との試合を振り返って

山添 辻が後ろで私が前というのが自分たちとしては好きなかたちではあったのですが、ストロークで押されたりポーチに先に出られる中で、先にそのかたちにしていけなかったところが自分たちのペースにもっていけなかったなと思います。

名前2 いろいろなところでチャンスがあったのですが、セカンドで私のサーブがキープできないときがあって、そこがもしキープできていたらセカンドセットはもう少し取れるチャンスがあったと思うし、私が後ろで山添さんが前と分けてやっているのですが、もっと生かせてできたかなと思います。

――辻選手はきのうシングルスの試合もありました

 きのうは結構ガッツのある選手だったのですが、プレースタイルが若干似ている部分があって、自分のやりたいことを相手に先にやられてしまって自分が無理をしてしまうという、理想としている得点パターンをそのまま相手がやってきて。あまり対戦したことのないタイプの相手だったので、考えている間にどんどんゲームを落としてしまって。私は守ってばかりなのですが、もっと打って前に出るとか、そういうプレーをしていかなくては今後もっと上の選手に勝てないかなと思いました。

――インカレが終わった後は関東学生選手権(夏関)、関東大学リーグ(リーグ)と続いていきます

山添 私は個人戦が終わってしまったのですが、チームとしてはインカレで多くの選手が勝ち残れていないので、たくさん連覇といったプレッシャーが一人一人あると思うのですが、チームの副将として一人一人を支えながら全員がもっと元気よくチャレンジャーの気持ちで戦えるようにサポートしていきたいと思います。

 私も含めて結構シングルスでシードをもらっている選手が負けてしまったので、ワセダとしては清水しか残っていない状況で、本当は勝たなくてはいけなかった立場からするとこれから夏関、リーグに向けてどれだけ自分たちを上げていけるかというところが今後のこのチームがリーグ、王座(全日本大学対抗王座決定試合)で勝てるかというところに懸かってくると思います。もう一度東京に帰ってからの練習でもチーム力を大事にしてやっていけたらいいなと思います。