野球部

2017.08.11

夏季オープン戦 8月10日 安部球場

序盤波に乗れずも中盤に逆転/天理大戦

TEAM
天理大
早 大 x
(早)○小島、増田圭、柴田-小藤
◇(三塁打)檜村

 夏季オープン戦第3戦、相手はことし6月の全日本大学選手権でベスト8の好成績を残した天理大。4回に1点の先制を許したが、すぐさまその裏で1点を返し同点に追い付いた。同じように5回も1点取られたものの、その裏で1点を返し同点に。6回には敵失に加え満塁の好機で檜村篤史(スポ2=千葉・木更津総合)の適時三塁打があり、一挙5点。最終回に3失点はしたものの、4点差をつけて勝利した。

 この日の先発は小島和哉(スポ3=埼玉・浦和学院)。序盤は制球が定まらず、5回まで全ての回の先頭打者に出塁を許してしまう。3回まではなんとか無失点に抑えていたものの、4回に四球で先頭打者を許すと、2死二塁から2球目の甘く入ったカーブを中前に弾き返され先制点を取られてしまった。しかし失点した分を味方が取り返してからは、その後の得点を許すことなく、投球を安定させた。

先発の小島は毎回のように走者を背負いながら7回を投げ2失点に抑えた

 攻撃は序盤、天理大の投手に手も足も出ず。走者すら出すことができない。4回、四球で初出塁をし、また次の敵失で1死一、二塁。この好機に4番・加藤雅樹(社2=東京・早実)に打席が回るが、これを生かすことができず三直に終わる。この回は敵失による1点のみであった。しかし6回、またもや先頭打者が四球で出塁するという好機が訪れる。犠打を確実に成功させ、八木健太郎(スポ4=東京・早実)の中前打で好機を広げると、満塁の好機に檜村が走者一掃の中越え適時三塁打で応えた。この回は一挙5得点のビッグイニングになり、このまま早大は逃げ切った。

6回に走者一掃の中越え適時三塁打を放つ檜村

 序盤は点差こそないものの、攻守ともに押され気味であった。しかし、敵失に乗じながら、走者を置いた場面で適時打が出たことで天理大を突き放した早大。4点差をつけての勝利となった。先発・小島は全体的に高めのボール球が多く、また甘い球を痛打され失点に直結している面がある。とはいえ、走者を出しても大崩れしないのはさすがのひと言。決して好調とは言えない中、先発として7回を投げ2失点にまとめた。東京六大学秋季リーグ戦(秋季リーグ戦)でも先発候補に挙げられる小島。夏季オープン戦期間での制球面の課題の克服、そして秋季リーグ戦での活躍を期待したい。

(記事 今山和々子、写真 中野泰成、江藤華、小松純也)

関連記事

好機つくるも勝負を決め切れず/駒大戦(08/03)

4投手による完封リレーで守り勝つ/明治安田生命戦(08/02)