庭球部

2017.08.08

全日本学生選手権 8月8日 岐阜メモリアルセンター

熱戦続くインカレ、女子シングルスもスタート

 全日本学生選手権(インカレ)では本戦2日目が行われた。女子シングルスには6人が出場。木村優子副将(教4=千葉・秀明八千代)、今村南(社2=大阪・城南学園)、倉持美穂(社1=東京・早実)の三選手が実力を発揮してストレート勝利を収めた。一方で、森川菜花(社2=山口・野田学園)、下地奈緒(社1=沖縄尚学)、米原さくら(スポ1=埼玉・秀明英光)の三選手は接戦の末に惜敗。1回戦敗退となった。

 初めてのインカレとなった米原は、3時間に及ぶ試合を戦った。序盤からジュースが続く展開となり、シーソーゲームとなる。ファーストセットを取ったのちのセカンドセット、ここぞという場面で好機をものにできず、なかなか流れをつかめない。そのままこのセットを落とし、試合はファイナルセットへ。相手の左右に振り分けるショットに、「私の方が疲れが少し先に出てしまった」(米原)と翻弄(ほんろう)され、惜しくも敗戦した。また、同じく1年生の下地も立命大の伊藤沙弥を相手に多彩なプレーを見せてファーストセットを奪うが、「相手のショットへの対応が甘くなった」(下地)と伊藤の好プレーにも阻まれてセカンドセットを落とす。ファイナルセットでも自信を取り戻すことはできず、二人のルーキーは初戦で姿を消した。

米原はフルセットの末敗北した

 森川の試合は高校時代の先輩との対戦となった。序盤はショットが決まらないなど苦しい展開となり、ファーストセットを落としてしまう。しかしその後、森川が粘りを見せた。セカンドセットも1-5と劣勢な展開が続いていたが、ここから一気に巻き返し、5-5に。さらにもつれ込んだタイブレークでも、多彩なショットを繰り出してセットを奪った。しかし、中盤から全身をつってしまった森川。思うように自らのプレーを発揮できず、勝ち星は得られなかった。森川は、「もうダブルスしかないので、優勝を目指して頑張る」と次戦へ意気込んだ。

勝ち切れず悔しげな表情を見せる森川

 接戦を落として涙をのむ選手もいたが、三人の選手が2回戦へ進んだ。女子シングルスは次戦よりまた新たに早大勢が登場し、レベルの高い試合が待ち受けている。シード枠で出場する6人の選手にも注目だ。また、明日には女子ダブルスの試合も始まり、より一層熱い戦いが予想される。頂点を目指し、し烈な戦いを繰り広げる選手たちから目が離せない。

(記事 中村朋子、写真 佐々木一款、平松史帆)

結果

▽女子

シングルス1回戦

◯木村優子6-1、6-3中塚桃子(関大)

◯今村南6-2、6-0宮地李奈(安田女大)

●森川菜花2-6、7-6(5)、3-6前田夢佳(日大)

◯倉持美穂6-1、6-0三浦萌香(北星学大)

●下地奈緒7-6(3)、1-6、3-6伊藤沙弥(立命大)

●米原さくら6-2、1-6、5-7宮田みほ(明大)


関連特集

インカレ直前特集『Let Waseda Reign Again』/全日本学生選手権

<

関連記事

インカレ開幕!女子ダブルスは順調に勝ち上がる/全日本学生選手権(08/07)

コメント

森川菜花(社2=山口・野田学園)

――初戦でしたが、どのような意気込みで臨まれましたか

相手が高校の先輩で、地元も一緒で小さい時から一緒にやっていたのですが中学生の時から勝ったことがなくて。大学4年生で引退してしまうと思うのでこれが最後のリベンジということで気合が入りすぎた部分があったのですが、絶対に負けない気持ちはありました。

――試合について、ファーストセットを振り返っていかがですか

気負いすぎて消極的になってしまったので、自分のミスが増えて自分のテニスができなかったです。セカンドセットも1-5までいってしまって。そこから挽回できたのも応援の力とか自分が後悔ないようにしようと思ってやったからという感じですね。

――1-5からタイブレークまで持ち込みましたが、スタミナの面ではいかがでしたか

セカンドセットから全身がつってしまっていて動ける状態ではなかったのですが、どうにかして一本ずつ取ろうと思っていました。

――ファイナルセットにもつれ込んでからは日没による中断がありました。どのようなお気持ちでしたか

気持ちは切り替えができたんですけど、ファーストが消極的になりすぎていたので思いっ切りいこうと思って打ちすぎてしまった部分があって、そこでミスが出てしまったことはどうにかしないとなと思いました。

――場所がインドアコートに変わったことによる影響はありましたか

外のコートよりも少し速いので、速いだけに打ちすぎてしまったかなという感じですね。

――あと一歩のところで惜しくも負けてしまいましたが、具体的な敗因はありますか

自分の調子が悪くなったときや相手がいいときに(プレーを)変えられなかったのが敗因かなと。同じことをしすぎたかなという感じですね。

――ダブルスが残っていますが、意気込みをお願いします

 もうダブルスしかないので最初から剱持(梓、社2=東京・早実)と元気出していこうかなと思います。優勝目指して頑張ります。

――シングルスで次に向けて課題などあればお願いします

ゲームやセットを取られる前に自分でどうにかして考えてギリギリのところを取れるようになりたいなと思います。

下地奈緒(社1=沖縄尚学)

――シングルスは予選からでしたが、疲れはたまっていますか

疲れもあったのですが、体に痛みがあって、万全とは言えないかなという感じでした。

――伊藤沙弥選手(立命大)との対戦となりましたが、試合展開のプランはありましたか

事前に先輩方に聞いたりして、どういうプレーをすればいいかということだったり、前に当たったことがあったので。でもやってみないと分からない状況で、どういう風にしていこうというよりかはしっかり自分のテニスをして気持ちを入れてやっていこうという感じでした。

――ファーストセットは競り勝ちました

体も結構動けて、相手が打ちづらいコースに自分のショットもいいものがいっていて、その中でタイブレークで大事なポイントを強気でいけたところがセットを取れた原因かなと思います。

――セカンドセットはミスが増えましたね

気持ちが引いてしまった部分があったので、相手のすごくいいショットがくる中で対応が甘くなったり、自分の攻撃があまりうまくいかなかったりして自信がなくなって、攻めているのにポイントを取れないという精神的に苦しい状況でした。

――ファイナルセットはどう振り返りますか

いい時間帯もあったのですが、そこでまた自信を持ってプレーするということであったり、攻めている時のポジショニングとか足の運びであったり判断力であったりが、疲れもあったと思うのですが技術としても足りない部分があったのかなと思います。

――課題として出たということですか

これまでの課題としてもあったのですが、強い人や同じくらいの相手に勝つためにはそこをしっかりしないと勝ち切ることができないなと改めて思いました。

――ダブルスに向けて意気込みをお聞かせください

4年生の先輩と組ませていただいているので、その先輩が最後ということもありますし、プレッシャーもある中でどれだけ自分たちのダブルスができるかとか、強気でできるかというところがカギになってくると思います。自信を持って楽しんで頑張りたいと思います。

――その金井綾香選手(社4=東京・早実)は1、4年生のペアリングでも気にならないとおっしゃっていましたが、下地選手はいかがですか

綾香さんと組めて良かったなと思います。心が通じ合っている感じがします(笑)。

米原さくら(スポ1=埼玉・秀明英光)

――長時間の激闘となりました。試合を終えて、いかがでしたか

もっと自分にできることがあったかなと思ったのと、今まで練習してきたのですけど、やはり最後で自信がなくなってしまったのが駄目でしたね。

――もっとできることがあった、とは具体的にはどのようなことでしょうか

例えば、単純にただ自信を持ってラケットを振るとか、ファーストをもう少し速く打つ、とか。相手からポイントをもらうのではなく、自分からもっと攻められるようにしたかったです。

――具体的な敗因は何ですか

自分の気持ちが途中で引いてしまったことだと思います。

――相手選手の印象は

前から知っている選手だったので、前に入って打ってくることとか、あと低いボールの対処がうまかったので、自分がその中でスピンを使ってラリーをしていたのですが、弱気になって甘くなってしまったのと、同じコースにしか打てなかったのが敗因だと思います。

――ジュースが続いて長い試合となりましたが、スタミナ面ではいかがでしたか

あの暑い中で、私が真ん中にしか打たなかったので、相手があんまり動かなくて、私の方が少し疲れが先に出てしまったのだと思いました。

――チャンスで取り切れない場面もありましたが、その点は

やはりそこで、自信を持ってプレーできればよかったのかなと思います。

――きのう終えたダブルスに関しては関東学生選手権(夏関)でも同じペアになります

きのうは、私たちの持ち味である元気とか、声を出すことがあまりできずに少し悔しいかたちで終わったので、夏関ではいい結果を残して、二人でどんどん声を出して、元気良くやっていきたいと思います。

――きょうは同期の方々も含めて、たくさんの応援がありました。いかがでしたか

本当に、応援の力というのは本当にすごくて、私は感情があらわになってしまうことがあるのですが、そんな時でも「ここで頑張れ!」という一言で気持ちが軽くなったりだとか、もっともっと頑張らなければという気持ちが出てきたので、応援の力ってすごいなと思いました。感謝しかないです。

――初めてのインカレでしたが、何か収穫などはありましたか

やはり自分の弱い部分が特に出た試合で課題がたくさん見つかったので、この試合を生かして次の夏関で頑張りたいということと、来年の夏、またリベンジしたいということですね。たくさん強い人がいるのでいい刺激にはなりました。

――どのようなところを特に修正したいですか

やはりメンタル面で、自信を持って元気良くプレーできるように頑張りたいです。